駐車禁止除外指定車標章を掲出していて駐車違反

本日、「身体障害者等駐車禁止除外指定車標章」を掲出しているにもかかわらず黄色の「放置車両確認標章」を90ccのバイクに貼...

buchi-dog さんからの 回答

  • 2007-11-13 17:32:02
  • 回答No.4
buchi-dog

ベストアンサー率 42% (757/1772)

No3の方が言われるように、「駐停車禁止場所」に駐車したから「身体障害者等駐車禁止除外指定車標章」の有無に係らず「放置車両確認標章」を貼られたのでしょう。

警察(または駐車監視員)は、「放置車両確認標章」を貼る前にきちんと写真を撮り、状況を記録している筈です。警察に行って確認なり説明するのは結構ですが、時間の無駄に終わる可能性が高いでしょう。

また、
「天下り先の開発、天下り先との癒着、ノルマ、面子もあるでしょうからどうも信用できません」
「デジカメですから画像処理して証拠を捏造(掲出していなかった様に)されてしまうでしょうか?」
などという、「敵対意識」を持って警察に行くと、あちらも人間ですから心証を害します。本来より厳しい処分になったりし兼ねませんので、くれぐれも冷静に。質問者様には申し訳ないですが、今回の取り締まりは正当なもののように思えます。素直に反則金を納付した方が賢明ではないでしょうか。

今回の件は「教訓」として「身体障害者等駐車禁止除外指定車標章」の効力範囲をよく確認されることをお勧めします。「22年間無事故、無違反」は途切れてしまい、ゴールド免許もなくしてしまいますがこれは諦めるより他ありません。
補足コメント
matwhite

お礼率 83% (5/6)

本来より厳しい処分になったりすることがあるとは警察国家ですね。恐ろしい!出頭せずに納付すれば減点はないと更新時講習の時に教官が言っておられたので状況をみます。
投稿日時 - 2007-11-13 17:43:55
お礼コメント
matwhite

お礼率 83% (5/6)

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2007-11-13 17:36:33
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ