• ベストアンサー
  • 困ってます

ブラックホール

ブラックホールは、物質の圧縮限界の状態でしょうか。 物質に、圧縮限界は、ありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数404
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

★アドバイス ・特異点という言葉が出ていますが、最初に『ブラックホール』とは何かを話します。  『ブラックホール』とは、太陽と同じ自ら輝く天体(恒星)です。  つまり太陽よりも物凄く大きい恒星は色的には『黒色』に見えてこのような天体を  ブラックホールと呼んでいます。昔はまだブラックホールの正体が分からなかったために  名づけられた呼び名ですが、この言葉は正体が明らかになった今でも使っているのです。 ・さて、上記のことを踏まえると巨大な恒星で『黒色』に見てるものはブラックホールですが  別に圧縮の限界には到達していないことになります。普通のお星さんです。  我々が住んでいる『地球』は太陽を回り、太陽系全体が『天の川』銀河の中心にある  巨大なブラックホールを回っています。それでこの中心にある『ブラックホール』は  既に吸い込みを停止していると聞いています。その理由として中心のブラックホールは  銀河全体の0.2%(だったかな?)の質量になったために吸い込めなくなったという事らしい。 ・私も専門化ではないため10年前に『ニュートン』という科学雑誌を読み、最近ではNHK教育の  『サイエンスZERO』を見ながらの知識です。  それで銀河の中心にあるブラックホールが周りの質量によって吸い込めなくなるということは  これが『圧縮の限界』と考えても良いような気がしますね。もちろん私的の考えですが…。 最後に: ・星が最後『死』を迎えるとき巨大な恒星は『超新星爆発』を起こすようです。  この爆発は自分自身の『重さ』に耐え切れず内部から爆発するそうです。  この爆発こそ『圧縮の限界』という感じではないでしょうかね。  自分自身の重さ(質量)により内部圧縮が高まっての爆発なので。 ・これを考えると『ブラックホール』も普通の恒星と同じ天体ですので物質を吸い込みすぎると  それが引き金になって内部から圧縮限界を引き起こしても『あり』だと私は思うのです。 ・以上。参考に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解りやすいご回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ブラックホールを使えば、データを圧縮できるんですか

    ブラックホールを使って、データを圧縮するという話を見たんですが、 そんなことできないですよね。 物質と違って、データに質量なんてないし、 そもそも「圧縮」の意味というか原理が違うような気がするんですが。

  • ブラックホールとダークマターについて

    ブラックホールとダークマターについて ブラックホールは超圧縮されてできた凄まじい引力を持つ星というのは存じておりますが、その超圧縮っていうのがピンときません。 物質というのは原子?分子?からできていて、それ以上の小さくはできないと言われていますよね。 太陽が何万分の1?(具体的な数字はわかりません)かに圧縮されるとブラックホールになるといわれてますが、そもそもそのサイズまで圧縮できるのかどうか。 この矛盾が納得できません。 ダークマターについて ダークマターはブラックホールと同様に宇宙空間において直接観測できないが、何かの物質がなければ星の運動が説明できないからという消極的に説明されてる感があるのですが、それが実は観測方法が正確ではないということが考えられないのでしょうか? ついでに、木星が恒星に成り得たという話がありますが、 仮に木星が生成過程で恒星になっていたとするならば、土星やその他のガス性の星は存在していなかったのでしょうか? 恒星に近い位置であるならば、火星や地球など岩盤を持たないガス性の星は形成されないと聞きましたがどうでしょう。 最後に馬鹿な質問をお願いします。 木星のような星はどこまでガスなのですか? 星の中心はなんなんでしょうか? 地球から核爆弾を飛ばしたら簡単に引火したり変形するんじゃないですか?

  • ブラックホールの矛盾

    天文学にも物理学にもド素人の私です。 おバカな質問にて失礼します。m(_"_)m 何かの書物で、(うろ覚えですみません) ブラックホールというのは、例えば、 地球をゴルフボール程度にまで圧縮 すれば自身の重力により、アリ地獄のように 縮小し続ける天体である、というような 内容のことが書いてありました。 イメージ的にはとても分かりやすいのですが、 ただ、ここで疑問があります。 高校 (だったかな?) の物理の時間に教わったような 気がするのですが、『気体は圧縮ができるが、 液体や固体は圧縮することはできない』という 法則 (?) です。 すべてがうろ覚えの記憶なので、いい加減な質問に なってしまいそうですが、基本的には気体以外は 圧縮出来ないはずですよね…。 となると、ブラックホールが誕生するほど「物質」を圧縮出来る はずがない…と素人は思いますが…。 一体どうなっているのでしょうか…?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

ブラックホールは大きさによっては密度が高いとはいえませんが、ホーキングとペンローズが正しいとすれば、ブラックホールの中心には特異点があり、これは大きさが0で密度が無限大です。したがって圧縮の限界はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

#1 にあるように, ブラックホールの密度は質量が大きいほど小さくなります. 確かブラックホールの Schwarzschild 半径は質量に比例したはずなので, Schwarzschild 半径内の体積は質量の 3乗に比例します. ということは, その密度は質量の 2乗に反比例して小さくなります. 極端には, 「宇宙質量」レベルのブラックホールを考えると, 今の宇宙の平均密度とたいしてかわらないって話を聞いたことがあります... が, 計算はしていません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5854)

圧縮限界とは必ずしもいえないと思います。 もし銀河系ほどの質量を小さくしてゆくとブラックホールになりますが、そのときの平均密度は水(1g/1cm3)程度です。 ただ、小さな質量でブラックホールを作るとなると、とてつもない密度になったりしますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホール

    終わりの近い星の中心にできるという、ブラックホールはなんでも吸収してしまうそうですが、ブラックホールには原子というか物質が存在できるんですか? 変な質問ですみません。

  • ブラックホールの温度って?

    ブラックホールってどのくらいの温度なのでしょうか。 物質が身動きできないくらい詰まった状態で温度は絶対零度に近いのでしょうか? それとも、めちゃくちゃ高温と考えるべきでしょうか?

  • ブラックホールの蒸発について

    よくブラックホールが蒸発して消えてしまうことがあると聞きますが、一度物質を飲み込み始めたものがどうして飲み込みをやめてしまうのでしょうか それではブラックホールとは言えないような気がするのですが 強大なブラックホールに小さなブラックホールが飲み込まれるというなら、私の知識で理解できるのですが

  • ブラックホールの蒸発について

    開いた宇宙での最終段階に訪れると思われるブラックホールの蒸発について質問です。 ブラックホール近辺で発生(?)した物質と反物質の内、反物質が落ちて対消滅がおこりエネルギーとして蒸発するってことだとおもいましが、なぜ反物質の方が多くブラックホールに落ちるのですか? 無から発生した(ほんとはエネルギーから?)物質と反物質は同数だと思うんですけど・・・

  • ブラックホールは、時間が止まっているそうですが、

    ブラックホールは、時間が止まっているそうですが、 ブラックホールが出来上がると同時に、時間が止まるのですか? だんだんとゆっくりになって、最後に止まるのだと思いますが、 時間が止まる、あるいは限りなく遅くなるとすれば、「ブラックホールができる」といった言い方は、「できつつある」としたほうが、矛盾がないかと感じます。 なぜなら、できる直前くらいの段階で、ほとんど時間が止まっている(それこそ天文学レベルに遅く流れる)状態とは、これ以上ないくらいの遅さであるので、その一歩先が「ブラックホールの完成」だとしても、そこにいくことができない、いえ、まだその途中の段階ではないでしょうか? つまり、止まるに1番近い「遅さ」とは、「宇宙が生まれてから現在までの時間」よりももっと遅く進んでいないと、「遅さ」がまだまだ足りないのでは? ああ、それとも時間なんて止まっていないのでしょうか?

  • ブラックホールが地球に

    もし、ブラックホールが急に地上に出現したら(ありえない!)どーなるのでしょう?ブラックホールの大きさは、1m位。(事象の地平面の直径) 周囲の物質を吸い寄せながら地球の中心まで落ちていくのでしょうか? それとも、一瞬で地球を飲み込んでしまうんでしょうか?

  • ブラックホールの収縮

     ブラックホールは重力で収縮すると聞きます。周りの物質を吸収していきますが、その吸収が終わった後はどのような状態なのでしょうか?収縮している状態なのでしょうか?ずっと収縮し続けていて、最終的に無になってしまうのでしょうか?それとも、収縮がある時点で止まってしまうのでしょうか?物理にはぜんぜんど素人ですので、わかりやすく説明ください。

  • ブラックホール

    ブラックホールに吸い込まれるロケットは、外から見ると次第に動きが遅くなってついには止まってしまうと聞きました。 ということは外から見ると、ロケットは永遠にその場所にいて、あたかも吸い込まれていないように見えることになります。 これが正しいとなりますと、今までブラックホールに吸い込まれた物はすべて、吸い込まれていない状態(止まった状態)で観測されることになりますが、どうなのでしょう? 見当違いな質問かもしれませんが、どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。

  • ブラックホールと電磁波について

    科学初心者ですが… こんな質問をして、すいません。 ブラックホールから、X線を含む電磁波が出ることが、よくわかりません。 光は、重力の影響を受けて、引きずり込まれますが、X線などの、電磁波は、重力の影響を受けないのでしょうか? あるいは、ブラックホールの重力から、抜け出せる、物質があるのでしょうか? 重複していたらすいません…。 あほなことばかり言ってすいません。

  • ブラックホールに落ち込む過程の解釈

    思考実験として、物質がブラックホールに落ち込むことを考えてみました。 物質はブラックホールに近づいていき、事象の地平面に近づきます。 そしてついには事象の地平面に差し掛かるわけですが、この様子を外部から見たとしたら、物質はいつまで経っても事象の地平面に到達しないかもしれません。 しかし落下する物質の視点では他の天体に落下するのと同様に、何事もなく事象の地平面に近づいていくわけです。 慣性質量と重力質量が完全に一致するなら、事象の地平面に到達した時点で落下する物質と外部の観測者との間の相対速度は光速度に達すると思われます。 外部の観測者にとっては落下する物体はいつまで経っても事象の地平面に到達しないのですが、これを物質の視点から見るなら、物質が事象の地平面に到達した瞬間に、事象の地平面の外側の時間経過が無限大になることを意味するはずです。 もしブラックホールは蒸発するというのが事実であるなら、どのような質量のブラックホールも有限の時間内に蒸発してしまうはずです。 ですから物質が事象の地平面に到達する直前に、まず外側で非常に長い時間が経過し、蒸発が進むと思われます。 蒸発が進んで事象の地平面の大きさが小さくなると、物質にとっての地平面外部の時間経過の早さが緩むことによって、遠のいた地平面に近づくことが可能になり、再び地平面に向かって落下するものと思います。 そしてまた地平面の直前まで落下したところで外部では大きな時間が流れ、蒸発が進み、以下同じ過程を繰り返すことによって、最後はブラックホールとともに蒸発するのではないでしょうか? もちろん実際にはこのように断続的な過程を経るわけではなく、事象の地平面に到達するか、あるいは直前の位置で、ブラックホールが蒸発するのに合わせて連続的に特異点の方向に向かっていくものと思います。 このような解釈は正しいでしょうか?