• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

30歳、専業主婦です。 今年春子供を無事出産し、今後の生活設計をしているところです。 主人の保険の見直しや、子供の学資なども考え中なのですが 今回は私の保険の見直しにアドバイスをお願いしたく書き込みしました。 出産までは働いていましたが現在は夫の収入のみで生活しています。 若い時に親に言われるまま、遠い親戚の外交員の叔母さんから契約した 保険で、今の自分には2000万(主契約、特約合わせて38歳までですが)の 死亡保障は不要だし、入院5日目からの入院保障も今の医療制度からすると 結局使うことなさそう・・と思っています。 保険について今まで考えることがなかったのでこの保険を更新して続けるのがよいのか (今のニッセイではこのタイプの保険はないので解約するともったいない と叔母が申しております)、8年後の特約の更新をせずに足りない部分を 別に補うのがよいのか、今この保険を解約して別の保険に入るのがよいの かその場合どんな保険がよいのか・・もやもやと悩んでおります。 どうかアドバイスお願いします。 現在加入中の保険 日本生命 ニッセイ終身保険(重点保障プラン) 主契約 終身保険 300万円 定期保険特約保険 1700万円 新災害入院特約  入院5日目から5000円 新入院医療特約  入院5日目から5000円 加入時期 1995年(平成7年)18歳 主契約保険料払い込み期間 40年払い込み満了(2035年) 定期保険、特約の更新 2015年 (38歳) 現在の月払い保険料 7529円 更新(8年後)   9854円  家族構成 夫 30歳 子  0歳 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数170
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • satozz
  • ベストアンサー率34% (9/26)

終身保険部分を解約すると、もったいないということですね。 Consultantさんや、pietro0221さんの意見に反してしまい、申し訳ないのですが、 私の考えでは、死亡保障は、まぁ、あまり必要ないかと思います。 お葬式代が出ればいいくらいでしょうか? 万が一の時の生命保険ですが、大丈夫、ご主人が一生懸命働いて、お子さんを立派に育ててくれるでしょう。 保険料の支払いに余裕があるようでしたら、もちろん死亡保障は多いに越したことはありません。 万が一の時には、ご主人に感謝される(保険を掛けていてくれたという意味で)と思います。 ご主人の会社の共済で、安く掛けられるものはありませんか? 一度、確認してみてください。 この保険を継続するかどうかについては、終身保険部分をどうするかという事を考えればいいと思います。 終身保険を残そうとするならば、現時点で定期保険特約を出来る限り減額して、更新の時(2015年)に定期保険特約を外してしまう方法がいいと思います。 もし、現在の保険を解約することを考えるのでしたら、終身保険を払込済みに変えるといいでしょう。 今回のことをニッセイさんに相談された場合、転換を勧められる可能性があります。 転換というのはいわゆる、今の保険を下取りにとか、変更とか、言い方はいろいろです。 転換があなたにとって得かどうかはよく調べていただいたほうがいいですね・・・ 含みのある言い方ですが、あくまで予想ですのですみません・・・ 医療保険に関しては、使う予定の無い預貯金がある、もしくは貯めることができれば、それを医療保険の代わりにすることができます。 考え方なのですが、 医療保険は保険料を先に払って病気のときにある程度戻ってくる。 病気をしたときの貯金があれば、病気をして経済的に負担になったらおろして使う。 健康だったら、お金は残る・・・・ これから先、支払う医療保険料は幾らなのか?一回の入院で、幾らまで受け取ることが出来るのか?ということを考えていただければ、答えはでてくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

保険だけがイザというときの保障ではないですよね、 今加入している保険では、入院となっても支払った 額よりも保険金を多く受け取ることはまずないだろう なと思っていました。 良く考えて生きたお金の使い方を考えたいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    40歳サラリーマンです。 契約内容確認活動で生保の営業の方から転換を進められました。 独身時代に契約した保険です。 6月に結婚し、妻と2人の子供が家族となりましたので保険の見直しを考えております。 皆様のアドバイスをお願い致します。 平成11年12月契約(31歳時)に契約した終身保険です。 ○ニッセイ終身保険(重点保障プラン) ・生活保証特約       120万(年間)x10年 ・新生存給付金付定期特約  100万 ・定期保険特約      1000万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 100万 ・疾病障害保障定期保険特約 100万 ・介護保障特約       120万 ・特定損傷特約         5万 ・新成人病入院医療特約  5000円(5日目から) ・通院特約        3000円 ・新災害入院特約     5000円(5日目から) ・新入院医療特約     5000円(5日目から) 保険料が¥13,961 47歳時更新(15年)で保険料が¥27,355 今回、下記保険への転換を勧められています。 ○ニッセイふれあい家族EX ・生活保証特約       220万(年間)x10年 ・定期保険特約       200万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 200万 ・疾病障害保障定期保険特約 200万 ・特定損傷特約         5万 ・新災害入院特約α    7000円(1日目から) ・新入院医療特約α    7000円(1日目から) ・がん入院特約     10000円(1日目から) 保険料¥13、980 50歳更新(10年)で保険料が¥27,814 他に下記のガン保険に加入しています。 ○スーパーがん保険 特約MAX 主契約2口 終身 ・診断給付金   200万 ・入院給付金     3万 ・在宅療養給付金  40万 ・通院給付金     1万 ・死亡給付金   300万 ・死亡払戻金    30万 特約MAX184日 疾病入院給付金    5000円(1日目から) 手術給付金   5.10・20万 災害入院給付金    5000円(1日目から) 保険料¥4、915 生保の営業は、転換しても「予定利率は良くなる」とか「200万位の終身の 予定利率を気にしてもねえ」等と言葉巧み?に転換を勧めてきます。 気になっているのは、今現在の保障だと入院が5日目からの支給となっている部分と死亡保障が2700万な点です。 何分、勉強不足で保険に関しては無知なので、アドバイスいただけたら ありがたいです。 宜しくお願い致します。

  • 生命保険の転換について

    私の夫が入ってる生命保険についてです。 数日前に ニ○セイさんからお電話を頂き 新しい保険の事で説明しなければならないっと言うことで 家に来られたのですが、説明を聞けば  以前から入ってる終身保険(重点保障プラン)から 今に合った良い保険へ転換しませんか。との事でした。 担当の方はよくして下さってるので 本当にこちらの方が良いと勧めて下さっているとは思うのですが ネットで調べると、この様な転換には否定的に書かれているのが多いので ウチの場合はいかがなものか教えて下さい。 【家族構成】  夫(38才)妻(38才)子ども(15、10、8才) 【現在の保険】  平成4年7月契約 定期保険特約  2850万円 終身保険  150万円 新災害入院特約 5日目から  5000円 新入院医療特約 5日目から  5000円 43才で定期保険特約 更新  53才 終身保険払い込み満了 新災害入院特約、新入院医療特約 80才特約満了 保険料  12688円 43才更新時  17505円 【勧められている保険】 定期保険特約  2300万円 終身保険  100万円 3大疾病  200万円 病気による身体障害  200万円 要介護状態  200万円 特定損傷特約(骨折など) 一回5万円 成人病で入院(5日目から) 5000円 通院特約(入院後)  3000円 けがで入院(1日目から) 10000円 病気で入院(1日目から) 10000円 ガン入院特約(1日目から)10000円 10年後に更新 終身保険 終身払い込み 保険料14327円 更新時(49才)32256円 損害保険は他でも入っているのですが、 医療保険は入院時に1万円はほしいと思っています。 その損害保険も解約しようかと思っているので その分を保障充実したの保険料値上げ分にまわすほうが良いのか それとも転換せず他の医療保険に新たに加入した方がよいのか 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    19年前に父親が知人の生保レディの勧めで、 第一生命の《テンダー》に加入してくれました。 その後、何度か見直ししていたようです。 現在加入の保障内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第一生命《テンダー》 定期保険特約付終身保険(S62) 毎年配当タイプ 60歳払い込み完了 ●主契約 終身保険(S62) 保障額1000万円 期間満了終身 保険料5320円 ●死亡・高度障害保障等の特約 定期保険特約 保障額2800万円 期間満了60歳 保険料11704円 ●災害・疾病関係等の特約 保障額400万円 期間満了60歳 保険料120円 ●傷害特約(S58)<本人型> 保障額100万円 期間満了60歳 保険料44円 ●入院関係特約 :災害入院特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料340円 :疾病特約(S62)本人型 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料1785円 :女性特約疾病入院(S62) 保障額 日額5000円 期間満了60歳 保険料680円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回見直しをしたい部分は、2点あります。 まずは、保険料が高い保障額2800万円の死亡・高度障害保障特約の 定期保険特約11704円を今やめたら、愚かなことなのでしょうか? あと入院関係特約部分をそっくり以下の契約にする 【メディカルエース(終身型)C2型・120日型】無配当・終身払い込み :災害入院給付金 日額5000円 :疾病入院給付金 日額5000円 :女性特定疾病入院給付金 日額5000円 :手術給付金 10万円・2.5万円 :放射線治療給付金 5万円 合計4893円 現在20003円の保険料が、22081円となります。 50歳 女 既婚 です。 父が亡くなり現在の契約者は私で、受取人は未成年の子どもです。 私自身は最低限の保障で、死亡時の保険金より、 病気や手術入院の方に重点を置きたいと思っています。 見直しの2点以外に、具体的にどうしたらよいのか教えて 頂ければ嬉しいです。 どうか無知な私に良い知恵をお授けください。 .

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

>今の自分には2000万(主契約、特約合わせて38歳までですが)の死亡保障は不要だし・・・ 保険を考える時大事な事は<目的>です。 死亡保険の目的は多くの場合、葬儀費用やご遺族の生活費として必要になる事が多いと思います。 少なくとも奥様が必要としているか、どうかよりも、もし自分に万が一の事があったっ場合、何を守ってあげたいか、何を支えてあげたいのかによると思います。 大変つらい事ですが想像してみてください。 ご自分に万が一があった時、お子さんを一人残しご主人は今と同じようにお仕事を続けていく事は可能でしょうか? 奥様が毎日しっかりと家庭を守っていてくれるから、男は外で働く事ができるのだと思います。 育児、家事それらを抱えて仕事に集中できるでしょうか? つまり、今までと同じように仕事を続けるためには、子供を預け、家の中を掃除してもらったりというハウスキーパーなどを依頼する費用は残してあげたいものだと思います。 ですから、わたしの考えも「専業主婦の保険は葬儀代程度で・・・」という事には賛成できません。 死亡保険は自分のためよりは、残された人のために入っておくものですので、ご主人様と良く相談して決めてください。 ただし、現在のご加入の更新部分があるタイプは保険料が高くなってしまいますから、主契約の終身保険は残して、定期特約のみを解約し、今から15~20年程度の逓減定期(保障が年々減るタイプ)に入るのがおすすめです。主契約分も場合によっては払済みによって、保障は残したままで保険料を止めてしまうことが出来ます。 >入院5日目からの入院保障も今の医療制度からすると結局使うことなさそう・・・ 何日目からとか1日いくら給付されるかも大事ですが、現在は医療(入院)部分が特約の形でついている事です。 医療の必要性は今よりも今後40歳、50歳、60歳とその必要性は増していきます。 現在の医療費の個人負担分(3割)が、この先も続く保障もありません。 そのため、大事になってくるのが、今の内容を生涯継続できるのかという事です。 保険のルールに<主契約の満了をもって特約は更新できない>というものがあります。 奥様が58歳のとき終身保険は払込満了となります。 ある方法を除いては58歳以降欲しくても更新できなくなってしまう可能性があります。 また、そのある方法とは58歳以降は年払い、もしくは80歳までの保険料を一括で納めるかになります。 その年齢になりそれだけのお金を普通に用意できるでしょうか? 仮に用意できたとしても保険は80歳まで・・・。 如何でしょうか。 奥様が望むものでなければ、ご健康なうちに新たに考えてみる事も大事かと思います。 これからもご家族で幸せに暮らすために・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

年を重ねるごとに医療保険の必要性が増しますよね。 良く考えて保険選びをしたいと思います。 参考になりました、ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • abubou
  • ベストアンサー率56% (9/16)

ご回答します。 >(今のニッセイではこのタイプの保険はないので解約するともったいない と叔母が申しております) 平成7年時の予定利率の事をおっしゃっておられると思います。 その点は事実です。 ※専業主婦に死亡保障2,000万は不要でしょう。必要性が出てくるとすれば高度障害になられた場合かと思われますが、そこまで考える必要はないでしょう。 ※入院特約についてはお考えの通りです。 ※今後についてですがいずれにせよ終身部分は残す、まず可能なはずです。  保障の上乗せを考えるのであれば死亡保障を増額したいのであれば終身保険か長期定期保険(保険期間20年あるいは30年の保険を必要性がなくなった時点で途中解約(保険期間の後半から8割くらいのタイミング、で返戻金が結構発生します。終身保険より保険料が安い)に必要とお考えの保険金額に加入する。入院保障については現実的にメリットが高いのはガン保険くらいでしょう。入院時の経済的負担が高ければ上記保険から借り入れ等の手段もあります。 18歳で2,000万円の死亡保障は如何にも過大ですが、叔母さんも巨大企業に募集人(契約社員)として雇用されていますのでこの点はむべなるかなでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

予定利率って保険証書には記載がないんですよね、 分かりづらいですね・・ 終身がのこせるかコールセンターに問い合わせてみます。 医療関係の仕事をしていたので普通の入院保険に あまりメリットがないなと思っていましたが、ガン保険は 良く考えないといけないですね。 アドバイスありがとうございました。

  • 回答No.1

>今の自分には2000万(主契約、特約合わせて38歳までですが)の 死亡保障は不要だし、 専業主婦の死亡保障は葬儀費用程度でよい、という意見をよく見かけますが、 私は違うと思っています。 例えが悪くて申し訳ありませが、 >入院5日目からの入院保障も今の医療制度からすると結局使うことなさそう・・と思っています。 5日未満の入院をしても受け取る給付金は最高で2万円です。 そのために保険に加入する必要があるでしょうか。 >今のニッセイではこのタイプの保険はないので解約するともったいないと叔母が申しております。 8年後の特約の更新をせずに足りない部分を別に補うのがよいのか、 今この保険を解約して別の保険に入るのがよいのかその場合どんな保険がよいのか・・ もやもやと悩んでおります。 ニッセイにはないかもしれませんが、他社にはあります。 20年更新の定期付終身でしたら、続けても悪くはありませんが、 別の保険に加入し直す方がベターだと思います。 その場合は、現在の保険の終身のみを残し(残せるかどうかわかりませんが)、 65歳までの定期保険1700万円あるいは家族収入保険10万円、プラス、 終身医療の組み合わせをお勧めします。 商品については各社様々なので、検討し始めると訳がわからなくなると思います。 信頼できる担当者を見つけて相談するのが一番です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりこの入院保障は無意味ですよね、 マネー雑誌の記事を見たり、資料取り寄せてみたり 考えていたのですが訳わからなくなっていましたが ご回答いただき、大分すっきりしました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しについて

    はじめまして。26歳の独身女性です。 今回、母が私のために加入した保険について相談させて頂きたいのですが、 H19年にニッセイ終身保険(重点保障プラン)に加入しました。保障としては以下になります。 終身保険(主契約) 600万 保険料8568円 (60歳払い込み) 介護保障定期保険特約 400万 新傷害特約 200万  特定損傷特約 5万 総合医療特約 日額5000円 新がん入院特約 日額5000円 (特約に関しては、全て20年更新) この保険を続けて行ったほうがよいのか、新たに終身医療保険に加入し直した方がよいのかわからずにいます。 どのようにするのがよいのか、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直し

    こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    20年以上放置している生命保険について、最近担当が変更になり 保険内容の見直しの提案がありました。 自分なりに勉強し、担当者と議論しておりますが、皆さんから いろいろなご意見いただければと思います。 ★現在の保険名称:第一生命 パスポート21(定期保険付終身保険(S62) ◆契約年齢:26歳 ◆現在48歳の男性、会社員 ◆家族構成:妻(46歳)、子供2人(大学3年、同1年) ・毎月の保険料:約20,000円 ・終身保険:死亡(高度障害)1,000万円(S62)、55歳払い込み満了 ・定期保険特約 :2,000万円 ・傷害特約(S58):1,000万円 ・災害入院特約(S62): 5,000円(入院5日目より支給) ・疾病特約(S62): 5,000円 (入院5日目より支給) ・災害割増特約(S58):1,000万円 最初に転換や妻子に引き継ぐなどの案が出されましたが、予定利率が 良い(5.5%)終身をやめるのは損だと考え拒否しました。 その後に現在の終身1,000万円を払済みにして、新たに順風ライフを 契約してはどうかと持ちかけられています。 (終身はそのまま保有でき、55歳以降に年金に移行することもできる。) 今回の終身保険の払済みには、定期保険特約を無くすことによって 保険料を充当できるため、新たな費用は発生しないとのこと。 (↑新たな費用が発生しないで、ちょい割り増しな保険料で最新の備えが できるところがミソかと思います。) ★おすすめプラン:順風ライフ ・毎月の保険料:約25,000円(10年間、58歳まで) ・58歳以降の保険料:約44,000円(10年間) ・終身保険50万円 ・シールド特約:100万円 ・インカムサポート:200万円×最大5年間 ・ケガ/病気による入院:1万円(日帰り入院含む) ・8大生活習慣病入院特約B:5千円(日帰り入院含む) この先、3パターンの進め方があると思っています。 1、現在のパスポート21を継続して、他には何もしない。 2、パスポート21を継続し、足りない分を他社含めて検討する。 私が考える足りない分とは、 (1)入院1日目から1万円の給付 (2)働けなくなった場合のインカム保証(今回の場合200万円×5年間) 3、セールスレディの提案通りに終身を払済みにして、順風ライフを 新たに加入。 生涯設計レポートや、現在入っている終身保険の年別の解約返戻金 も教えてもらっています。 今さら新たな保険に入るのは、年齢も高く割高な保険金額になりますが 手厚い保障になるのは確かだと思います。 どれも一長一短あり、決め切れません。 どうぞよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    昨年の結婚を機に,生命保険の見直しを考えています。13年前に23歳で生命保険に加入し,あまり考えずにいままで来てしまいました。ようやく重い腰を上げたところです。どうぞよろしくお願いします。 36歳男性(会社員) 契約は1993年(23歳) 定期特約付終身保険です 主契約保険料払込期間満了年 H35(2023) 53歳 主契約保険期間満了年 終身 (定期保険)特約等満了年 H25(2013) 43歳 現在の合計保険料 10833円 更新後の合計保険料 16942円 43歳~ 52歳 終身保険(主契約) 120万円 保険期間:終身 53歳払込 保険料1141円/月 定期保険特約 2880万円 保険期間:43歳 保険料8035円/月 (43歳更新後13478円/月:43~52歳) 新災害入院特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料345円/月(5日目から) 新入院医療特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料1030円/月(5日目から) 通院特約 日額 3000円 保険期間:43歳 保険料282円/月(5日以上の場合) ※これにプラスして,3大疾病特約(1263円/月で300万円:10年ごと更新)に加入しています。 現在,子どもはおらず共働きです。子どもができたら,妻はしばらく仕事を辞める予定です。 考えているのは,終身保険が120万円と低く,特約分の支払いが今後大きくなってくることでの経済的負担増。43歳で更新しても,53歳までは健康的には大丈夫かなあという気持ちがあり,定期分の支払いが無駄になってしまうのでは?と。 医療保険も,5日目からしか出ないため,メリットも小さい気がしています。 生命保険会社からは,「生きる力EX(12392円/月:ただし5年前の試算)」というのを勧められていますが,いかがでしょうか? 現在の保険を継続するか,別の保険にするか迷っています。その方法も,解約か転換か・・・ 難しいですね保険って。 なかなか的を得ない質問で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。

  • 生命保険の内容について、アドバイスをお願いします。

    生命保険の掛け金を安くしたいので、下記の保険内容について、アドバイスをお願いします。 文字の配列が乱れ見難いかと思いますが、宜しくお願いします。 53歳 女 日本生命、ニッセイ終身保険[重点保障プラン] 終身保険(主契約)       230万円       保険料    511円   終身    定期保険特約          500万円       保険料   2665円   更新 3大疾病保障定期保険特約  300万円       保険料   4527円   更新 災害割増特約          500万円       保険料    155円   更新 新障害特約           300万円       保険料    132円   更新 総合医療特約[124日型] 日額  10,000円  保険料    6510円  更新 [入院治療給付金あり型][女性特定疾病倍増型]  新がん入院特約        日額  10,000円  保険料  1239円   更新 災害割増特約と新障害特約は似たようなものなので、障害の程度によって貰うことが出来る新障害特約を残して、災害割増特約は外すつもりです。 あと、新がん入院特約を  日額 5000円にしようかと思うのですが、どうでしょうか? よく、3大疾病保障定期保険特約は、必要の無い特約だと言われていますが、それはどうしたらいいでしょうか? また、自分の公的な保険は、国民健康保険です。 以上、宜しくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しを迫られています。

    今入っている生命保険の更新がせまり、2~3日中に 手続きするようにと新しい商品を勧められています。 現在、38歳の会社員(独身)です。 現在の保険: ■パスポート21 定期保険特約付終身保険 15年更新型※平成4年に契約。 死亡・高度障害保障3000万、終身保障300万 災害割り増し特約1500万 傷害特約500万 災害入院特約1日5000円 疾病特約1日5000円 ※終身に移行は55歳 月々の保険料 現在13009円->更新後15806円 勧められている保険: ■堂々人生 5年毎配当付更新型終身移行保険 10年更新型※69歳終身移行 死亡・高度障害時2300万 (一時金1100万+年金として240万×5年) 終身保障:299万 *3大疾病などになった場合 シールド特約300万 傷害保障特約200万 インカムサポート100万×10年 ペイサポート月16000円 新総合医療特約1日5000円 新生活習慣病特約1日5000円 特定損傷特約10万 となってます。※月々の保険料 14238円 月々の保険料は若干安くなりますが、10年後の更新時は 倍以上になってます。あさってまでに返事してと期日が 迫っています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願い致します。

  • 生命保険見直し検討・アドバイスお願いします!

    初めて質問させて頂きます。 33歳・女(独身)です。 加入以来変更する事なく来た生命保険に関して 最近身内の突然の入院で保障内容の重要性を実感する機会もあり 自分の契約内容も見直そうと保険証券を引っ張り出して来て見ました。 以下証券記載の内容です。 ------------------ (1)住友生命「ニューベスト」 (5年ごと利差配当付終身保険ステップ保険料払い込み方式II型) 1999年契約(23歳時) 主契約払込期間37年間(60歳) 月額保険料合計 ¥6.951 内主契約保険料 ¥1.156 内特約保険料  ¥5.795 (主契約は2014年7月以降¥1.503) 主契約 死亡100万(終身) 定期保険特約 死亡800万(15年間38歳まで60歳まで自動更新) 特定疾病特約 死亡300万(15年38歳まで80歳まで自動更新) 重度慢性疾患特約 死亡300万(10年33歳まで 80歳まで自動更新) 災害割増特約 災害死亡100万(57年間80歳まで) 傷害特約本人型 災害保険100万(57年80歳まで) 傷害損傷特約 運動器損傷5万(37年60歳まで80歳まで更新) 新災害入院特約 災害入院5日目~5千円(15年38歳まで80歳まで自動更新) 新疾病医療特約 疾病入院5日目~5千円(15年38歳まで80歳まで自動更新) 通院特約 入院後通院日額3千円(15年38歳まで80歳まで自動更新) 新成人病特約 成人病入院5日目~5千円(15年38歳まで80歳まで自動更新) 女性疾病特約 女性疾病入院5日~5千円(15年38歳まで80歳まで自動更新) 死亡保障は 23~60歳までが1500万(不慮の事故1700万) 60~80歳までが700万(不慮の事故900万) 80歳から一生涯100万 ----------------------- (2)アフラック「新・健康応援団がん保険2000」 2002年契約(25歳時) 保険期間:終身 保険料払込期間:終身 保険料月額:¥3.984 がん診断給付 100万(上皮内新生物10万) 入院1日目~ がん1万円・その他5千円 入院後通院 がん5千円・その他0 手術1回につき がん20万・その他5、10、20万 特定がん治療通院(放射線、抗がん剤、ホルモン治療)5千円 がん高度先進医療給付 技術料に応じて6~140万 がん死亡 10万 ケガ特約 特定損傷5千円 ケガ特約 災害通院3千円 ケガ特約 災害死亡1000万 -------------------- (3)アフラック定期保険 2002年加入(25歳時) 保険期間:10年 保険料払込期間:10年(80歳まで自動更新) 保険料月額:¥855 死亡・高度障害 500万 不慮の事故による死亡・高度障害 1.000万 ------------------------- 以上3つに加入しています。 (1)は先日簡単に更新してしまったのですが 年々保険料が上がって行くものですし、見直すならば早い内かと感じました。 このまま続けていく価値がある内容なのかご意見頂けませんか? (2)に関しては、ガンだけでなくやはり三大成人病をカバーしておきたいと思い 残念ながら後付するようなしくみがないようなので 同じくアフラックのEVERかオリックス生保のCUREあたりに 変更しようかと考えています。 せっかく金額も安い早い内からガンのリスクも気にして契約したモノなので、少し勿体ない気もするのですが・・・ (3)は(1)をやめた時の為にと思ってつけておきましたので、現状無駄になってしまっているのかもしれません。 思い切って住友の様な保険料の負担の増えるモノはやめて 掛け捨て系の60歳払込終了終身保険などで内容を強化させた方が 先々を考えると良いのでしょうか? 掛捨てのみの契約となっても特に心配ないものですか? 以上長くなりましたが、ぜひご意見やアドバイスお聞かせ頂ければと思います。 宜しくお願い致します。

  • 生命保険の見直しについて(転換など)

    15年前に加入し放置したままだったニッセイの生命保険が更新時期なので見直しを考えております。 30代 独身 女性です。結婚の予定はありません。 <現保険> 月額8,500円  主契約(終身保険)  300万円(死亡・高度障害)  定期保険特約    1,700万円(死亡・高度障害)  災害入院特約 日額 5,000円(入院5日目から)  入院医療特約 日額 5,000円(入院5日目から)  通院特約      3,000円  積立配当金 200,000円(適用年利率4.00%) <勧められた保険 生きるチカラフラウEX> 月額11,000円  医療保険終身   主契約(終身保険) 10万円、新災害入院特約   日額5,000円    新入院医療特約  日額5,000円、がん入院特約   日額5,000円  3大疾病定期特約  300万円、疾病障害補償定期特約200万円、介護保険定期特約  500万円  新障害特約     500万円、特定障害特約     5万円、女性入院特約  日額5,000円  通院特約    日額3,000円、短期入院特約  日額5,000円 見直しに当たり、こちらでいろいろ過去の質問を見ました。 何点かわからないところがあるので、教えてください。 ・「予定利率」とは、「適用年利率」のことでしょうか? ・ニッセイには「基本転換方式」で設計書を提案されていますが、こちらで過去の質問を見ると  「転換」はしない方が良いという方ばかりです。  現契約から「生きるチカラ」に転換することで、過去の積み立て分?を充当するため、  当面は保険料が抑えられるけれど、その後は更新ごとに保険料が上がっていくと考えてよいのでしょうか?  (提案書には、10年後の保険料は生きるチカラは15,000円となっています) ・私の場合、現契約の主契約300万円部分のみを残し、医療保険は他の保険会社を検討する方が良いのでしょうか?  独身ですので、死亡保険金は必要ないと考えているため、  配当200,000円の4.00%程度の利率で、主契約を持ち続けている価値があると思えないのですが、  それでも「転換」はしない方が良いのでしょうか?(考え方が間違っていますか?) ・提案書を見ると、現契約の主契約300万円部分は 払込期間が「60歳」、保険期間が「終身」となっていますが、  これは60歳まで現状どおり保険料を払い込めば、終身の保障があるということで良いでしょうか? 当初は、勧められるがままに 入院時の保障の手厚い「生きるチカラ」にしようと思っておりましたが 現在は、3大疾病、介護などの定期特約は必要と思えないので、転換をしない方がお得なのであれば、 主契約のみを残し、アフラックの「レディースEVER HALF」やアリコの「すこしであんしん終身医療保険」の払い済みタイプなどとの組み合わせを考えています。 長文の上、無知な質問ばかりで申し訳ないのですが、皆様のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。