• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

せき髄損傷。障害特約の給付はされますか

生命保険の障害特約について教えてください。 私は昨年の9月交通事故にあってせき髄損傷(腰椎1番)となり、下肢の対麻痺と膀胱、直腸障害の後遺症が残りました。不全麻痺なので股関節とひざ関節はわずかに動きますが、足関節は全く動かず感覚もありません。よって、全く歩けません。但し、弛緩性麻痺なので強直はありません。 そこで、加入している第○生命の障害特約を請求しようかと思っていますが、約款の障害等級の第一級「足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったとき」に該当するのでしょうか。 万一、一級でなければ何級に該当するのでしょうか。 また、高度障害には該当しませんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

79797979です。 生命保険は180日以内に後遺症を認定されないと保険金がもらえないのですね。 でも、病院で後遺症ですといわれるのは半年たってぐらいに症状がのこっていたら、後遺障害が診断されるので重症で180日以内に後遺症が認定されるのはあまりないのでは? 私がリハビリをしていた時に途中で制度が変わり病院側からリハビリをうちきってきました。でも違う病院でリハビリをさしてもらってましたけど。 はやく認定してもらいたかったら病院の先生に相談したら後遺症認定の診断書をかいてもらえるのでは?でも後遺症を認定されるということは症状固定になるのでその後は病院代を保障してもらえないです。 生命保険会社に詳しく聞いてそれに間に合うように話あいをしたほうがいいとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

私も交通事故で第3腰椎破裂骨折をして両足に不全麻痺がのこりました。私の場合は最初は完全麻痺だったのですが、幸い歩けるようになりました。腰ってつらいですよね。。。 交通事故で怪我をされたんでしたら、車の保険会社に慰謝料を請求できますよね?自賠責の後遺症等級は何級になりましたか? 生命保険の特約のことはあまりくわしくないのですみません。 生命保険会社に問合せをして聞かれたほうがいいのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が大変遅くなりました。 同じせき髄損傷ですが歩けるようになられたとのこと、良かったですね。何とか歩けるようにならないものかとリハビリ頑張りましたがダメのようです。 交通事故の相手側とは、まだ私が治療中なので示談に入っておりません。従って後遺障害等級も決まっていません。 生命保険は、180日以内に後遺症が残れば保険金が下りるようですが、かなり条件が厳しく、下りるのかどうかわかりません。保険屋に聞く前にちょっと下しらべをして交渉に臨みたかったので・・・ どなたかわかりませんか?

関連するQ&A

  • なぜ脊髄損傷での膀胱直腸障害は身体障害者にあてはまらないのでしょうか?

    仕事中の怪我により第一腰椎破裂骨折、脊髄不全麻痺、膀胱直腸障害で下半身に麻痺が残ってしまいました。歩行は可能ですが、長時間の歩く、座る、立つが困難で痛み痺れがあり自己排尿できず導尿です。陰部、肛門周辺も感覚がなく勃起もしません。便失禁もあります。日常生活も社会生活も不便で働くことも困難です。身体障害者にはあてはまらないとのこと。なぜ脊髄損傷での膀胱直腸障害はあてはまらないのですか?理由を知りたいです。おねがいします。

  • 脊髄損傷のリハビリテーション

    脊髄損傷で両側の下肢が麻痺している方(受傷後何年も経ち、現在弛緩麻痺の状態)の下肢関節を他動的に動かすことは、リハビリテーションとしての意味はあるのでしょうか?私としては神経が切断された状態でも、筋肉や血管の活性化につながるのではないかと思うのですが、専門家の意見をお聞かせください。

  • 上位運動ニューロンの障害

    上位運動ニューロンの障害では、痙性麻痺を呈するのが一般的ですが、上位運動ニューロンの中で錐体路のみの単独障害では弛緩性麻痺を呈するのはなぜですか?弛緩性麻痺は下位運動ニューロンの障害時に起きると思うのですが。。。脊髄前角細胞をおかすポリオは上位運動ニューロン障害にもかかわらず弛緩性麻痺を呈するのもよく分かりません。どなたか教えて頂けないでしょうか!

  • 上肢に関する後遺障害に詳しい方、お願します。

    後遺障害6級6号に規定する「用を廃するとは、関節の完全強直、健側と比べて可動域が10%以内、神経麻痺等で自動運動の不能」とのことですが、この「用を廃する」とは「関節の完全強直」「健側と比べて可動域が10%以内」「神経麻痺等で自動運動の不能」の3つの要件が揃わないといけないということでしょうか?それともこれらの1つに該当すればよいということでしょうか?具体的には[and」なのか「or」なのかが知りたかったものですので。わかりくい説明で申し訳ありません。宜しくお願い申しあげます。

  • 脊髄損傷の便秘

    脊髄損傷しています。一部損傷なのでーちなみに腰椎が折れて、切っていますー完全麻痺ではない為、歩行は多少できます。 しかし、便秘になっており、排泄にはきっちり障害がありますので、いつも硬い便秘便を思い切りいきんでトイレで出しています、トイレで出せる時はまだまだ全然良い方で、問題なのは、肛門に確実に圧迫感を感じているのに、出せない時です! 不完全麻痺なので、肛門に便秘便が迫って来ているのは感じることができます。 ちなみに便失禁です、排泄のcontrollは自分ではできません。 軟らかい便ではないので、あ!出てしまった!ということは下剤を飲んでいない時にはほとんどありません。 硬い便が肛門の寸前で留まっているので、気持ち悪いです。 下剤を飲んだ時は、コロコロのやつが、ゴロゴロ出て来ます。 なるべく下剤を飲まないで出したいワケです。 ありますよね、お茶、便秘解消のお茶です、ドカーン!と出るとかいうやつです。 ホントに出るんでしょうか?出るんだったら買うつもりです。 下剤がなぜイヤか、というと、紙オムツに出てしまうと、始末がタイヘンだからですね。 大惨事です、まさに。大惨事に至らないように、事前にトイレにdushするのですが、これがキツい。しかも、いつまで出るかが予測がつかないと来てる。 コロコロのやつがゴロゴロ出た後にヘチマのようなものが必ず出るんです。 普通のやつですね。ヘチマが出てくれたらそれはそれで良いです。スッキリするので。 下剤はイヤ、でもスッキリと出したい、おススメのお茶ってありますか? よろしくお願いいたします。

  • 後遺障害等級が何級になるか予測できますか。

     交通事故で第一腰椎破裂骨折、馬尾損傷不全。5か月入院間に4か月リハビリ。 退院後通院中。もうすぐ2年目で症状固定に成るとのことです。  脊椎固定術に蝶骨採取、事故当初脊髄ショックのため、両下肢麻痺で歩行障害。今は歩けるが、つま先立ち不能、採取の切開をした部分、両下肢の痺れ、灼熱感、痙攣、冷熱鈍感、などの自覚症状あり。  職種は建設労働のため現在も復職復帰はむずかしです。  神経系の薬と便の通じや消化剤を飲用しています。  後遺障害の等級をある程度知っていたいのでお教えください。

  • 交通事故後遺障害について

    昨年10月に玉付事故に遭い、「腰椎椎間板ヘルニア」の診断を受けました。諸事情により1月より病院を転院しました所、「これは麻痺症状だから」と手術を薦められました。しかし手術をしても回復するかどうかは分からないと言われて悩んでいます。 現在の症状としては、腰痛+1下肢の足関節が自動での底背屈不能(力を入れると筋肉がピクリぐらいの反応は有り)。指に関しては低周波治療後のみ、かろうじで反応有り。捻挫用のサポータ+ハイカットのスニーカーで足関節を固定し、どうにか歩ける(普通の人の1/2程度のスピード)。階段の昇降は手摺り無しでは怖くて出来ません。スリッパはすぐ脱げる。 そこで質問ですが (1)手術をしないで症状固定となった場合、後遺障害(下肢の3大関節中1関節の用を廃したもの)の認定はありえるのでしょうか?またそれ以外に予想出来る等級の認定は? (2)手術が成功したが、麻痺が残った場合の症状固定のタイミングは? (3)麻痺を立証する為に必要なテストは? 以上3点、出来るだけ詳しく解説していだければ幸いです。宜しくお願いします。

  • 高度障害

    高度障害について教えてください。。 生命保険の期限が来年の2月で切れてしまうため困っています。 1月半ばに手術を予定しているのでいつごろ申請したほうが良いのか? リハビリの担当医に頼んだほうがよいのか?それとも手術をお願いする担当医にお願いしたほうが良いのかも教えてください。 父が7月に脳梗塞で倒れました、 現在の状態は 右半身麻痺、左側は動けます。 常時車椅子でリハビリでは4本杖を使い手助けがないと歩けません。 食事はやわらかい、たまに手助けが必要なときがありますがだいたいは 自分で食べれます。 トイレは自分ではできません。 失語障害、字は読めますが会話の途中テレビなどの音声が耳に 入ってくるとごちゃまぜになります。 物忘れがある、10分前に食べたものが思い出せない、お見舞いに 来た人を思い出せない。などです。 下記の条件全部あてはまらないと高度障害保険はおりないのでしょうか? 1)両目とも視力が0・02以下もしくは失明したこと。 2)言語・そしゃく機能を完全に失ったもの。 3)中枢神経系・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残し、食物の摂取・排便・排尿その後の始末、衣服着脱・起居・歩行・入浴のいずれもが自分ではできずに、終身常に他人の介護を要する状態。 4)両上肢とも、手関節以上で完全にその用を失ったもの。 5)両下肢とも、足関節以上で完全にその用を失ったもの。 6)1上肢の手関節以上、かつ1下肢の足関節以上で完全にその用を失ったもの。 7)1上肢と1下肢の足関節以上で失ったもの。

  • 関節の完全弛緩性麻痺

    交通事故の後遺障害等級における「6級6号」若しくは「8級6号」で規定する「関節の用を廃した」とありますが、この「用を廃した」とのことで「関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの」とあります。(1)「関節の完全弛緩性麻痺」って何でしょうか?筋緊張がなく弛緩性であることは理解できるのですが。 (2)「関節の完全弛緩性麻痺」であると診断されるためにはどんな検査が必要なんでしょうか?(3)因みに、頚椎C-4、C-5、C-6、C-7のヘルニアでも「関節の完全弛緩性麻痺」になる可能性はあるのでしょうか?(4)「関節の完全弛緩性麻痺」について参考になることがあれば参考までに補足説明もお願い致します。 「関節の完全弛緩性麻痺」について詳しい方、(1)~(4)をお願い致します。

  • 後遺障害等級について

    四年前、交通事故で、第三腰椎破裂骨折、両下肢不全麻痺で入院しました。 前方固定術、骨移植(腸骨を採取)の手術をして、下肢の麻痺はなくなり歩けるようになりました。一年位して固定していたボルトが折れ検査の結果、今度は、後方固定術、骨移植をしました。今年二月に、 症状固定をして、等級が、腰椎部の運動障害で運動可能領域が、すべて1/2以下として8級2号と腸骨採骨の為骨盤骨に著しい奇形を残すものとして12級5号 併合第7級と認定されました。 腰椎の変形、荷重障害も含まれているそうです。 今の症状は、強い腰痛が常にあり、動作時同一姿勢時起床時疲労時よけいに強くなります。 あと左足太腿全面に痺れと痛みがあり、さわると強くなります。 8級が妥当なんでしょうか。