• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

標準生成エンタルピーとは?

大学のレポートで 『メタンを酸化させた時の反応熱を標準生成エンタルピーから求めよ』 という問題が出たのですが、標準生成エンタルピーというものを授業で習った事がありません。(物理化学、熱工学と習いましたが物理化学では式の導出が主でしたし、熱工学は物質収支が主でした。)  一応そうレポートを出した教授に言ってはみたのですが自分でHP等でわかりやすい解説を見て勉強してからやってくれ、との事。 具体的な値は資料として配られましたが、まず標準生成エンタルピーとは何なのか、といった所からわかりません。  標準生成エンタルピーとはなんなのか、どうやって求める物なのか、またそれを使った計算法等をわかりやすく説明している参考書、HP等ありましたら教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数2687
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

標準生成エンタルピーとは高校化学で学習する生成熱のことです(ただし、符号の付け方は逆になる)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

生成熱! なるほど!生成熱の事でしたか! なんというか、盲点でした。 これならできそうです!

関連するQ&A

  • 次の式の生成熱の素人でもわかる説明をしてください

    化学を履修していないのですがどうしてもやらなきゃいけなくてわかるように努めています教えてください。 メタンの燃焼生成物が期待の時、標準燃焼エンタルピーは-890kJmol^-1 メタンの標準生成エンタルピーを-75kJmol^-1、水の標準生成エンタルピーを-286kJmol^-1として二酸化炭素(気体)の標準生成エンタルピーを求めなさい。 という問題がありました。そこで燃焼熱と生成熱の定義をwikiで知りました。 反応式がメタンの燃焼熱では ⊿H_1とすると CH_4 + 2O_2 → CO_2 + 2H_2Oより ⊿H_1つまりはCO_2+2H_2Oが-890 生成熱においてメタンは C + 2H_2 → CH_4 この生成熱を⊿H_2とすると ⊿H_2つまりはCH_4が-75 そして水の場合は H_2 + 1/2 O_2 → H_2O ⊿H3 つまりはH_2O が-286 そこまではちゃんと理解できたのですが問題はこの問題の答えの導出です 計算式が ⊿H = ⊿H_1+ ⊿H_2 - 2⊿H_3 = -393 となっていたのですがなぜですか。 この等式はつまり (CO_2+2H_2O) + (CH_4) - 2(H_2O) ということですよね。 これをやると当たり前ですが 二酸化炭素とメタンが生成物としてでますよね。 でもなんで二酸化炭素+メタンになってしまうのに この答え=二酸化炭素の生成熱 になるのでしょうか。 本当に化学の教科書すらもっていなかった人間なのでお恥ずかしい話ですがしっかりと理解をしたいのでご教授お願い申し上げます。

  • 標準燃焼エンタルピーの求め方

    標準燃焼エンタルピーを知りたいのですが、化学便覧等では載っていないものがあります。そこで標準生成エンタルピーから、標準燃焼エンタルピーを求めようとしたのですが、それもすべては載っていません。どのようにして燃焼エンタルピーを求めれば良いのでしょうか? 燃焼エンタルピー及び生成エンタルピーがすべて載っている文献等あるのでしょうか?お教えください。

  • エンタルピーの問題の解き方と答えを教えてほしいです

    以下の物質の標準燃焼熱(ΔcH° kJ·mol-1)を用い、メタンの標準生成熱(標準生成エンタルピー)ΔfH °を求めなさい。 C(graphite) -393.51、H2(g) -285.83、CH4(g) -890.35

  • エンタルピー、ギブス

    標準燃焼エンタルピー、標準反応エンタルピー、標準生成エンタルピーがそれぞれどのように関係して、どういうことを意味しているのかシックリきません。標準生成エンタルピーから燃焼エンタルピーや標準反応エンタルピーが求められることとかもいまいち理解できませんし....。もし、可能ならば具体的な原子、分子などの反応式を使ってそれぞれどのように関係し合っているのか詳しく教えてください。お願いします。(ちなみに私は物理化学を自分なりに勉強しているのですが、エンタルピー・エントロピーのところが資料など読んでもいまいち納得できていません。) また、問題をといていて次の問題の導き方がわかりませんでした。→ 質量50kgの人が50cm垂直に飛び上がった。この時消費されなければならないグルコースの質量は少なくともどれだけか。1molのグルコースが完全に酸化された時のギブスエネルギー変化は-2828KJである。    という問いでした。 グルコースの分子量は180gだと思うのですが、その後どういう風に考えていけばいいのかよくわかりません。 いろいろ質問してすいませんが、どうか教えてください。

  • 生成エンタルピー

    グルコース0.3212gを熱容量が641J/Kのボンベ熱量計の中で燃やしたところ、7.793Kの温度上昇があった。グルコースの(a)標準モル燃焼エンタルピー、(b)標準燃焼内部エネルギー、(c)生成エンタルピーをそれぞれ計算せよ。 という問題で、まず熱容量が641J/Kだから、内部エネルギーが641J/Kになる。 標準燃焼エンタルピーはΔcH=ΔcU+ΔνgasRTで、Δνgas=(6+6)-6=6 だからΔcH=641+6×0.082×(7.793+273)=687.9??? 答えは(a)=-2.8M/mol (b)=-2.8M/mol (c)=-1.28なんですが、とりあえず(a)のどこが間違っているかを教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 標準燃焼ギブスエネルギー・標準燃焼エントロピーの求め方

    物理化学を勉強していてわからないことがありました。 ベンゼンの燃焼に関する問題に、あらかじめ標準生成エンタルピーと標準生成ギブス自由エネルギーが与えられています。 そして、標準燃焼エンタルピー・標準燃焼ギブスエネルギー・標準燃焼エントロピーを求めよという問題で、標準燃焼エンタルピーは求められたのですが、その他二つの求め方がわかりません。 また、物理化学の分野で”標準”の後に"燃焼”や”反応”、そして”モル”がついていますが、特に”標準燃焼”と”標準反応”の違いがわかりません。 以前にも似た質問をされている方がいらっしゃいましたが、失礼ながら回答者様のおっしゃっていることを理解できなかったため、改めて質問させていただきました。 是非よろしくお願いいたします。

  • 化学・燃焼反応・標準燃焼エンタルピー

    教えてもらいたいです。 ジメチルエーテルの燃焼反応は、次式で表される。ジメチルエーテルの標準燃焼エンタルピー はいくらか? ただし、ジメチルエーテル、二酸化炭素および、水(液体)の標準生成エンタルピーは、それぞれ -184kJ/mol、-394kJ/molおよび-286kJ/molとする。 CH3OCH3+3O2→2CO2+3H2O(1) 解答:題意の式は、1molのジメチルエーテルCH3OCH3の燃焼反応であり、標準状態    (25℃、標準大気圧)下でのこの燃焼反応式のエンタルピー変化△Hc°が      ジメチルエーテルの標準燃焼エンタルピー△Hc°である。    △Hc°=〔生成系の標準生成エンタルピーの総和〕-〔原系の標準生成エンタルピーの総和〕    △Hc°=〔2mol×(-394kJ/mol)+3mol×(-286kJ/mol)〕-          〔1mol×(-184kJ/mol)+3mol×(0kJ/mol〕          =-1462kJ          得られた値は1molのジメチルエーテルについての値であるから、答えは、          -1462kJとなる。 問題を解く事は出来ますが、良く分からない事があります。 CH3OCH3+3O2→2CO2+3H2O(1) 上の式の最後にある(1)とは、1molという意味でしょうか? あと、初歩的と言うか、小学生並みの事で申し訳ありませんが、 (-1646)-(-184)=-1462とは、どうやって計算するんでしょうか? -1830と間違えそうです。 何か、アドバイスや考え方や覚え方など、ありましたらよろしくお願します。 毎回、毎回申し訳ありません。 過去に質問した内容はすべて理解してすごく身になっています。 よろしくお願いします。    

  • 燃焼熱から生成熱を求めるとき

    炭素・水素・メタンの燃焼熱から、メタンの生成熱を求めるとき、「メタンの生成熱=炭素の燃焼熱+水素の燃焼熱ーメタンの燃焼熱」で答えが導き出せるようなのですが、どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。 炭素の燃焼熱=二酸化炭素の生成熱、水素の燃焼熱=水の生成熱だということは分かります。 これは、(反応熱)=(生成物の生成熱の和)-(反応物の生成熱の和)という式と何か関係があるのでしょうか。 また、基礎的なことなのですが、生成物はどういったもので、反応物はどういったものだという理解ができていません。簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。 教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 化学工学でエンタルピー収支の問題なのですが

    一酸化炭素の酸化反応の標準反応エンタルピーは-283kJ/molである。原料の一酸化炭素及び酸素が298Kで供給され、生成物の二酸化炭素が800Kで排出される場合の反応のエンタルピーを求めよ。また、二酸化炭素の生成量が300kmol/hの場合反応器に供給すべき熱量を求めよ。 なお、二酸化炭素の平均定圧分子熱は20J/mol・K、定常状態の反応率100%とする。 初めの供給量とCO2以外の平均定圧分子熱がなくても解けるのでしょうか…そこがイマイチわからなかったので教えていただきたいです。

  • 反応エンタルピーと仕事量

    化学の問題で、 「25℃、1気圧で1.00モルのエタンを燃焼させたときの反応エンタルピーを求めよ。また、この時の反応の仕事量と内部エネルギー変化も求めよ。ただし、化合物は全て気体として考える。それぞれの標準生成エンタルピーは、エタン:-84.68kJ/mol、二酸化炭素:-393.51kJ/mol、水:-241.82kJ/mol、である。」 というのがありました。二つ質問があります。 (1)最初の反応エンタルピーを計算するとマイナスになります。それはいいのですが、一定気圧なのでΔH=QだからQがマイナスになります。Qがマイナスになる事はあるんでしょうか? (2)2つ目の仕事量ですが、この反応における全体の物質量は4molと変化していないので、状態方程式より、ΔV=0と考えました。(一定気圧、一定温度のため)だからW=0でいいのでしょうか? まだまだ勉強したりないので、足らないところがあるかと思いますが、よろしくお願いします。