• ベストアンサー
  • 困ってます

積分の計算

次の計算式が解けないです。 ∫(9x+4)^2 √{(9x+4)^2-36}dx ((9x+4)^2-36までルートの中です。) 9x+4をtとおいてt^2√(t^2-36) として計算すればいいのかなと 思ったのですが、答えが5択でどれも 1/72[(9x+4){2(9x+4)^2 -36}] √{(9x+4)^2-36}-1296ln|(9x+4)+√{9x+4(^2)-36}| といった解答なのでとき方が正しくないのかなと思ってしまいました。 この積分の途中式と答えを教えていただけますか? また、lim x→0+ (e^x + 9x)^(4/x) をL'hopital's Ruleを使って解いたんですが、答えがe+9になりました。自信がないので、途中式と答えを教えてくださるとうれしいです。 よろしくお願いします。

noname#121308

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数116
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

微積の教科書または演習書を参照していただくと、 (1/9)∫t^2√(t^2-36) dt  の解法の1つとして、 s=t+√(t^2-36) と置換する方法が載っていると思います。 こうすると、 s-t=√(t^2-36) →s^2-2st=-36 →t=(s/2 + 18/s) dt=(1/2 - 18/s^2)ds 、 s-t=s/2 - 18/s などから (1/9)∫(s/2 + 18/s)^2*(s/2 - 18/s)(s/2 - 18/s)ds/s =(1/9)∫(1/s)(s^2/4 - 324/s^2)^2 ds =(1/9)∫(1/s)(s^4/16 -162 + 104976/s^4) ds =(1/9)∫(s^3/16 -162/s +104976/s^5) ds =(1/9)(s^4/64 -162log|s| -26244/s^4) =s^4/576 -18log|s| -2916/s^4 で、s→t→xと変数を戻すと答えです。 連続有界であるとして、 y=(e^x+9x)^(4/x) とおくと logy=(4/x)log(e^x+9x)=4*{log(e^x+9x)}/x →4*(e^x+9)/(e^x+9x) →4*10/1=40 (x→0+) y→e^40 (x→0+) だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解答ありがとうございました。 1番目の問題の解き方について教科書を見てみましたが、なかったので勉強になりました。本当にありがとうございます。 教科書の問題を解き直さないといけないですね。。。 本当に解答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 次の積分を適当な積分路をとって計算せよ。

    次の積分を適当な積分路をとって計算せよ。 ∫[0→∞] dx/(x^2 + 1)^2(x^2 + 2) という問題なんですが、''適当な積分路''の意味がよくわかりません。 lim[r→∞]∫[0→r] dx/(x^2 + 1)^2(x^2 + 2) とやるだけではダメなんでしょうか?

  • 定積分の計算です。

    定積分のこんな問題です。 定積分 ∫(-2 1) 2x/(x+3) dx の値を求めよ。        上記の(-2 1) とは 2x/(x+3) を -2 から 1 まで積分するということです。 解答は  6-12 log 2 となっていますが、どのように計算するのか分りません。 初心者なので、少し詳しくお教えてください。よろしくお願いします。

  • 置換積分?

    (1)∫1/√(e^x+1)dx (2)∫1/x(3√x+1)dx ※3√はルート3乗根の意味です (1)はe^xをtとおいて計算してみたのですがうまく行かず さらに√(e^x+1)を丸ごとtとおいて計算したのですがどうしても 答えにたどり着けませんでした (2)は3√x+1とtとおいてみたのですが余計に複雑なってしまい そのほか多数試してのですがこちらもよくわかりませんでした それぞれ答えは (1)log(√(e^x+1)-1/√(e^x+1)+1) (2)3log(3√x/3√x+1) とのことですがよろしくお願いします また、積分計算の学習にわかりやすい本がありました 同時に教えていただけないでしょうか

  • この計算は何か公式使ってるんでしょうか?

    確率統計の参考書を読んでいて積分の計算でわからないところがあります。 指数分布(連続型)の計算です。 確率密度f(x)= λe^(-λx) (0=<xの時)、f(x)= 0(x<0の時) xが-∞から∞のとき、f(x)= 0(x<0の時)なのでxが0から∞の時を考える。 ∫f(x)dx = ∫λe^(-λx) 上の式より、 a→∞の時、0からaまで積分するとすると、 lim∫λe^(-λx)dx =lim[e^(-λx)] lim∫λe^(-λx)dx =lim[e^(-λx)] ここの変形がわかりません。 普通に積分するなら、lim∫λe^(-λx)dx =lim[(λ/(-λx+1))e^(-λx+1)] となるような気がしているのですが・・・。

  • 不定積分

    ∫{(x+3)/(x^2+3x+2)}dx 答えは・・・ ln【(x+1)^2/|x+2|】+C で合っているでしょうか?? 答えが無いので困っています。 lnの真数部分の分母の|は絶対値を表しています。 積分の問題において、真数条件よりxの値域を求めることってしませんよね? 今まで特段気にすることなく積分の問題をしてきたんですが、どうも最近絶対値の処理にいちいち引っかかってしまいます。

  • 広義重積分の計算

    広義重積分の計算 領域D = {(x,y)|0≦x≦y≦1}における関数、f(x,y) = x / ((x^2 + y^2)^1/2) の広義の重積分Vを求めよ。 という問題です。 原点で不連続になることが分かります。 解答には、lim{c→+0} ∫{c→1} ∫{0→y} f(x,y) dx dy と載っていました。 自分は先にyで積分した方法で解こうとしたのですが、以下で正しいでしょうか? lim{x→+0} ∫{0→1} ∫{x→1} f(x,y) dy dx xとyの両方が0の時に不連続になるので、x方向とy方向の両方を0に近づけたlimitを取らなければならないのではないかという疑問もあります。 そこのところがよく分かりませんので、よろしくお願いします。

  • 数学II 積分

    数学II 積分 次の曲線とx軸で囲まれた図形の面積を求めよ。 y=(x+1)^2(x-1) 二通りの方法で計算したら答えが違ってしまったので どちらかがどこかで間違っているのだと思うのですが なんどやっても違う答えになってしまい、どこが違うのかが分からないので 間違っているところを教えてください。 図を書くと、できる面積はx軸より下なので S=-∫[-1&#65374;1] (x+1)^2(x-1) dx =-∫[-1&#65374;1] (x+1)^2{(x+1)-2} dx =-∫[-1&#65374;1] (x+1)^3-2(x+1)^2 dx =-2∫[0&#65374;1] -2(x+1)^2 dx =4∫【1/3(x+1)^3】 [0&#65374;1] =28/3 これが一つ目のやり方です。 S=-∫[-1&#65374;1] (x+1)^2(x-1) dx =-∫[-1&#65374;1] (x+1)^2{(x+1)-2} dx =-∫[-1&#65374;1] (x+1)^3-2(x+1)^2 dx =-【1/4(x+1)^4-2/3(x+1)^3】 [-1&#65374;1] ←ここから違います。そのまま積分して計算しました。 =4/3 間違っているところを教えてください。

  • 大学の定積分について

    以下の問題がわかりません、解答お願いします<(_ _)> ・次の定積分を求めよ。(n&#8714;N) 1)∫[-1,1]{(3-x^2)(1-x^2)^(1/2)}dx 2)∫[0,2a]{(2ax-x^2)^(1/2) }dx (ただしa>0) 3)∫[0,1]{(1-x^2)^n} dx 4)∫[0,1]{x^(2n+1)(1-x^2)^n} dx 解答は答えだけでなく計算過程もよろしくお願いします!

  • 3次の定積分の問題です。

    (1) ∫(x-α)(x-β)g(x) dxの定積分(区間:-1→1)が0となるときのα、βを求めよ。    ただし、g(x)は1次関数である。 (2) ∫f(x) dx = f(α)+f(β) (積分区間:-1→1)を証明せよ。    f(x)は3次関数である。 という問題です。 (1)はg(x)=ax+bとおいて計算してみたのですが、  a≠0よりα+β=0  b≠0のときα=1/√(3)、β=-1/√(3)      またはα=-1/√(3)、β=1/√(3) というスッキリしない回答になってしまいました。 また、(2)を見据えた答えにならずよくわかりません。 途中計算も含めて御解答していただけると助かります。 よろしくお願いします。  

  • 以下の不定積分ができません

    dx/√(2x^2-1)(インテグラルの記号がわかりませんが不定積分です)を求めよ。という問題がわかりません (1)まず分母の√2をくくり出して√(x^2-1/2)としてから不定積分の公式?を用いると 1/√2×ln{x+√(x^2-1/2)}+Cとなります。 (2)しかし、ln{√2x+√(2x^2-1)}の微分が√2/√(2x^2-1)であることから求めると 1/√2×ln{√2x+√(2x^2-1)}+Cとなります。解答にもこちらが載っています (1)はどこか間違えているのでしょうか?