• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

international

  • 質問No.3446916
  • 閲覧数88
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 68% (371/542)

「international」という単語に「外国の」という意味はありますか?
「国際的な」が一般的ですよね。辞書にも「国際的な」とは載っていましたが「外国の」という意味は持っている辞書にはどれにも載っていませんでした。しかし、ある単語帳には「外国の」という意味も掲載されています。勿論「国際的な」と「外国の」では意味が違いますよね。
「international」にそのような意味があるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 37% (4288/11421)

んと、厳密に言うと「外国の」という意味とはちょっと違います。ただ、先進国で、日本人ほど「外国」という言葉を多用する人たちも珍しいです。多くの国は、さほど“国境”を意識していません。というか、先進国は、とかく人種の坩堝になりやすいので、国境は意識していられなくなるのです。

というわけで、意訳として英語の「international」が日本語の「外国の」になることは、多々ありますよ。“文化的にそう訳す”とでも申しましょうか、そのほうが文脈上、しっくり来る場合があるんです。

ニュアンスとしては、こういうことです。英語で「foreign」というと「よそよそしい」というニュアンスを含んでしまうので、できるだけ日常生活では使わないようにしている傾向があります。例えば、「外国人の学校」と言わずに「international school」と言いますよね。同様に、「このスーパーって、外国の製品をたくさん揃えてるんだよ」なんて言いたい時に「international productsをたくさん揃えている」なんていう言い方をします。これを「このスーパーって国際的な製品をたくさん揃えてるんだよ」と訳すと、なんかヘンでしょ。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 40% (1414/3521)

ご存じだと思いますが、「international」は「inter - 間の」と「national - 国の」が組み合わされた言葉です。ほぼ100%「国際の」国際的な」と邦訳しておけば間違いはありません。 ただ、慣習的に使われている日本語に「外国の」と使われている言葉もありますが、その時は「なるほど、外国でも良いんだな」となる下記の様な希なケースも。

international trade - そのまま訳せば「国際貿易」何ですが、なんだか「馬から落ちて落馬」「腹痛の腹が痛い」みたいですね、それもあってかどうかは不明なれど、時々「外国貿易」と少し昔は普通に使われていました、今でもかな?。こちらの方がなんだか雰囲気は出てるちゃーでてるんですよね、なんだか判らんけど。勿論、「外国貿易」という時は「foreign trade」ってのが普通なんですけどね。



的はずしているかも知れませんが、ご参考までに。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 19% (658/3306)

>「international」という単語に「外国の」という意味はありますか?
ありません。
internationalは外国などの国を指すことばではなく、「外国の国々
の間の」という関係を指します。
international airpprtなら、国と国を結ぶ論戦の空港の意味です。
  • 回答No.1
例えば、外国に電話をかける事を、

international phone calls国際電話

と言いますがそういう意味で単語帳に「外国の」と載っていたのでは?

兎に角例文は、載っていなかったのでしょうか?

普通は、やっぱり「国際的な」「国家間の」等ですね。

あとは、他の回答者に任せました。

おやすみなさい、ムニャムニャ・・・ZZZ
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ