• 締切済み
  • 困ってます

気密テープの施工法

 現在、在来工法で住宅を建築中です。  現場監督のミスでいくつかの問題があるのですが、気密工事のことで 教えていただきたいのです。  ダイライトを施工しています。 当初の気密テープの張り方としては、外壁部分のダイライトの継ぎ目に気密テープを貼る、その後防水シート、サイジングとなっていました。  内壁にはウレターンフォームを施工する事になっています。 今日、確認した所、内側に気密テープを張りその上にウレタンを吹いた ともことです。現場監督が気密工事を勘違いして、テープを内側に施工したとの事でした。  今から、外壁のダイライトの継ぎ目に気密シートを貼り、当初の通り やり直す事になりました。  そこで心配なのは内側に気密テープを間柱の周りにも張った場合、 ウレタンがきちんと施工されたかどうかです。  テープがきちんと貼られていればいいのですが、たるみがあった場合、ウレタンが浮く事になるのではと考えたからです。  これは施工ミスにはならないでしょうか?折角隙間無くウレタンを吹いてあるのに、下地が原因で結露などの原因にならないでしょうか?  長々となってしまいましたが、ぜひ、お知恵をお貸し下さい。  お願いします。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • guchi-
  • ベストアンサー率28% (13/46)

NO1さんと同意見です。湿気は壁内に室内側から侵入します。気密をとるべきは壁の室内側で、外壁側は湿気が逃げる工夫が必要です。そうでないと壁内に湿気がたまり、壁内結露の原因になります。外壁下地にダイライトを使ったのは、透湿抵抗を下げるためではないのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ご質問者、施工者ともに勘違いしていませんか。 そもそも気密シートはなんのために必要なのかご存じですか? 気密シートとは通常は「防湿気密シート」を指しますけど、この必要性は、昔断熱先進地域の北海道で大問題となったなみだたけ事件に始まります。 これは冬の問題です。 室内は暖かく湿度がそれなりにあることになります。 ところが外は寒いです。 結露とは暖かく湿度のある空気が冷たい部分に接触すると発生します。 つまり、内壁がわは暖かいが、断熱材では大きな温度差が生じ、その外側は温度は低いです。 つまり、そこで結露が生じます。 結露すれば、どうなるかは自明です。木は腐るし、カビは生えるし、キノコも出来ます。 つまり、一番大事なのは室内の空気を壁内に入れないための防湿シートの施工です。そのための気密です。 外壁側? こちらは防水のためのものでしかなく、「透湿防水シート」(つまり湿度は通過し、水は防ぐ)を施工します。 室外側は逆に湿度をためないように、気密してはだめです。 湿度は透過して、でも外側からの水は防水しなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 気密シートの施工

    押出法発砲スチレン(ミラフォーム)を使った外張り断熱の住宅を新築しています。 充填断熱は天井にはしません。勾配天井で室内側から垂木、天井材兼野地板材(杉板10mm)、ミラフォーム、透湿防水シート、通気胴縁(高さ18mm)、野地板(構造用合板12mm)、金属製の横葺き(横断ルーフ)となっています。 発砲系の断熱材で、躯体の外側ですが、天井材と断熱材の間に気密シートを施工すべきでしょうか? また外壁においても、枠組み構造でPBボード漆喰塗り仕上、構造用合板、90mmのツーバイ材、構造用合板、断熱材、透湿防水シート、通気胴縁、金属製サイディングとなっていますが、 同様にPBボードと内側の構造用合板の間に気密シートを施工すべきでしょうか。 気密フィルムの施工をすると、シートの中にどうしても水蒸気が侵入し、フィルムの外側に水滴がつく現場がよく見られると聞きます。 どなたかよいアドバイスをいただけないでしょうか。

  • 外断熱の施工法

    初めて外断熱住宅の現場監督をします。 外壁側は 柱→OSB→スタイロt60→タイベック→通気胴縁→窯業系サイディングt15 との仕様になっております。 このとき3×6のOSBを使う場合、上の継ぎ目部には 貫かなにかを下地に流したほうが良いでしょうか? あとスタイロはビス止めでしょうか? スタイロの継ぎ目部は気密テープで処理したほうが良いでしょうか? あとタイベックはスタイロに何で止めていけばいいでしょうか? 下地が木ならガンタッカーでやってますが、 スタイロだと効きませんよね?テープで止めていくのがよいでしょうか? その辺の細かいやり方が良くわかっておりません。 どなたかよろしくお願いいたします。

  • 根太レス工法の場合の床の気密シートの位置

    根太レス工法の場合の床の気密シートの位置 「在来工法+根太レス工法」で、気密住宅の場合の質問です。 気密シートを部屋に覆う場合、床の気密シートの位置は24mm厚合板の下に 施工するのが一般的ですか? 断熱材(GW)の内側に貼る気密シートとどうやって気密テープで気密する のでしょうか? 24mm厚合板の上に気密シートを施工した方が、気密テープで気密しやすいと 思うのですが、いかがですか?

  • 気密住宅の第三種換気の給気口周りの気密は必要ですか?

    木造の外断熱で住宅建築中です、 冬は-10℃位まで冷えることがある場所です。換気は第三種換気です。 給気口の穴を外壁のガラ板、内部の石膏ボードを施工してから 開けた為に、パイプの周りの発泡ウレタンが周り全部に施工できていなくて、 ガラ板にあたる所が切れている事に今日気がつきました。 周りの4分の1くらいはウレタンが付いていません。 給気口は常に外気を入れている所なので、このままでもいいのでしょうか?、 それとも石膏ボードをはがして内部から発泡ウレタンをしたほうが いいのでしょうか? 内部結露とかは大丈夫でしょうか? 現在、外壁塗り壁の準備で防水シートと網が付き始めました。 気密住宅で換気扇や給気口の穴を開ける前に気密検査して C値0.5位でした。完成時には気密検査しない予定です。 断熱材は基礎、屋根、壁スタイロエース50mmです。 どうしたらいいのでしょうか。

  • エアコン工事の気密処理について

    エアコン工事の気密処理について 新築のエアコン工事に際して、ハウスメーカー現場監督さん、エアコン工事担当者(ダイキン)の両方に確認したところ、壁に穴をあけた後、室内機と室外機をつなぐ配管を通したら、穴の中には特別な気密処理はしない(要らない)と説明を受けております。しかし、他のサイトでは、発泡ウレタンで気密処理をした方が良いような記事も見受けます。 建物の構造次第で異なるのでしょうが、ミサワ九州のスマートスタイル「O」の場合は、発泡ウレタンで気密処理をした方が良いのでしょうか。それとも、発泡ウレタンの効果はないのでしょうか。 http://www.misawa.co.jp/kodate/seinou/mokusitu/kaiteki/koudannetsu.html?dr=7100 2-3日後が工事予定で、今更ながら悩んでいます。 ご教示頂ければ幸いです。

  • 気密と壁内結露について教えてください。

    いつもお世話になってます。 新築で上棟したところです。今更ながら教えてください。 木造在来工法で、ピコイという会社のパネルをプラスしています。 普通、内断熱の壁の構造は、内壁→気密シート→断熱材→空気層→透湿防水シート→外壁サイディングでいいんですよね? でも、気密シートや断熱材が安定的に確実な施工をするのは難しく、不十分だと壁内結露がおきるんですよね? それは避けたかったために、パネル工法をプラスしたのですが、施工例とある図を良く見ると、 内壁→空間→ウレタンフォーム系断熱材→構造用パネル→透湿防水シート→空気層→外壁サイディングの順なのです。 構造用パネルに断熱材がくっついていて、柱の間に外側から貼り付けるような感じです。柱ほどの厚みの断熱材でないので、内壁から断熱材まで空間ができるのです。(イメージがつくでしょうか?) 建築する業者の人は、外側で気密をとっているといいます。外側から気密パッキンとか気密テープを貼っていました。 が、そもそも、室内と壁内の温度差が室内結露をうみ、内壁の隙間から壁の中に湿気が入り、壁内結露になるんですよね? で、あれば、断熱材が内壁に接しておらず、内壁と断熱材の空間に壁内結露おきませんか? 外側で気密をとっていても、内壁からの隙間が問題に思えるんですけど・・・。 よくわかっていないので、質問の意味がわからないかもしれませんが、汲み取りいただき、教えていただけませんか?

  • 気密シート(ベーパーバリアシート)の施工について

     現在、ハウスメーカーにて自宅を新築中の者です。2×4工法で建てていて内部の造作工事中なのですが、施工している気密シート(ベーパーバリアシート)に10センチ弱の切れ目が入ってしまっているのを発見しました。  大工さんに聞いたらこれくらいなら問題ないとの解答でしたが、これによって気密性が低下したりしないのでしょうか? それとも補修や施工のやり直しを要求した方がよろしいのでしょうか?

  • 床合板と柱の間の隙間について

    現在、木造従来工法、次世代省エネの高気密高断熱(関西地区)で建築中なのですが、 先日、現場に行った母に(私は遠くていけないので時々お願いしている) 「1階の床合板と柱の間に隙間があったよ」と言われました。 見に行った後2週間後に聞いたのであわてて現場に行くと、もう、そこに引き戸の建具が施工されていて確認できませんでした。 ネットで調べたところ、床は気密シートの変わりに床合板で気密をすると書いてありました。 現場監督に確認すると、建具やフローリングで隙間を埋めているので大丈夫との事でした。 本当に大丈夫なのでしょうか? ネットでは気密テープや発砲ウレタンなどで補修しているのを見かけたのですが、そこまでしなくてもいいのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 断熱材の施工について

    現在新築工事中なのですが、断熱材の施工方法に疑問が有ります。 監督者は全く問題ないと言っていますが、不安なので第3者の意見をお聞きしたく思います。 写真は、軒下で左が外壁側右が室内側です。 室内からの断熱材がむき出し状態で、透湿防水シートはついていません。 このままでは、湿気をもろに受けて将来のカビ等に問題があると思うのですが、現場監督は石膏ボード内で、通気も十分に有るし、外壁(サイディング)が来れば大丈夫と言われています。 自分は、透湿防水シートは張って通気層を確保して、ボードを張るべきだと思ってます。 お願いします。

  • 気密シートについて

    現在新築の打ち合わせ中のものです。 家が頼んでいるHMでは気密シートは施工しないと判明しまして 「施工できないのでしょうか?」と聞きましたら 「壁と床の外側なら出来ない事はないみたいですが、それだと気密シートに意味が無いと思いますよ。普通部屋を包むように1個1個していかないと効果でないです。でもそれだと、料金がかなり高くつきますよ」と言われてきました。 確認なのですが設計さんの言うように外側だけの気密ではやっても意味の無い事なのでしょうか? 気密シートって高いものなのでしょうか? 取り扱っていないHMに依頼するのは無謀というものでしょうか? 「断熱材に気密シートが付いているものがありますよね?」と質問してみたところ「それも意味がありません」とも言われました。 品物が存在するのに意味がないと言う言葉にどうも納得がいきません。どなたか詳しい方がいましたら説明して頂けるとありがたいです。 宜しくお願いします。