• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

相続における未成年者の遺留分

遺言書を書きたいのですが、疑問に思うことがありますので、よろしくご教示下さい。 妻と子供(幼児)一人が法定相続人ですが、妻の相続分が子供の遺留分を侵害する遺言の場合、幼児が遺留分減殺請求を行うことは不可能ですし、特別代理人がいても、本人の意志を確かめることは出来ませんが、法律ではどのように規定されているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数734
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#61929

>代理人は義務として、遺留分減殺請求を行わなければいけないという事でしょうか? 違います。それも含めて「その具体的状況でもっとも利益となるように」です。一番分かりやすいのは「借金の方が多い」場合。まず遺留分減殺請求などしません。 実際に何がもっとも利益かは、実際にその時になって初めて分かるのであり、残念ながら「未来のことなど誰にも分かりません」。 >幼児期から不相応な個人資産を持つことは、子供の将来にあまりいい影響を与えない可能性があると思い、遺言書を書こうと思ったのですが、遺留分を侵害するような遺言はしない方がよいのでしょうか? まあどういう遺言をするのが良いか悪いかは法律論ではないので「自分が良いと思えばそれで良い」です。 ただし、「幼児期に個人資産があってもどうせ幼児はその意味は理解できない」ですし、ある程度歳をとって経済的意味が理解できるようになっても「未成年者が資産と呼べるような財産を浪費したりしないように別の大人(通常は親権者、つまり親)が財産を管理するのが普通」なのですから、財産を所有しているからと言ってそれが直ちに悪影響を及ぼすとは到底思えません。もし自分の自由になりもしないような資産があるという程度のことで成長に悪影響があるとすれば、はっきり言って、何をやっても悪影響があると思います。 それに、もし仮に両親がいずれも亡くなったら結局、全て子供の財産になるわけでしょう?そういうことまで考えれば、重要なのは「成人するまでの間、本人に代わって財産をきちんと管理してくれる人がいること」と「本人がいずれ成人したら自分で財産を浪費したりしない大人になれるようにきちんと育つような方策を講じておくこと」です。これはもはや法律論ではありませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よく理解できました。法律論以外での考え方も、全くその通りだと思います。お忙しい中ご回答頂き感謝致します。

関連するQ&A

  • 相続の際の遺留分について

     主に遺留分についてお願いします。 1.遺留分に特別受益(生前贈与)は考慮されますか? 2.10年後に「相続分が少ない」と言ってくる場合があると聞きました。遺留分減殺請求の時効は1年だと思いますが、どうでしょうか? 3.遺留分を侵害する場合、遺言書に「これまで多額の援助をしてきた」「争うことのないよう遺言する」などと記載しておいても効果はないのでしょうか? 4.公証証書遺言または秘密証書遺言にすれば、遺留分を侵害していても遺言書どおりに分割できるのでしょうか? あるいは、遺言執行者を選任しておけばそのように分割できるのでしょうか? 5.生前に被相続人がある相続人に「争うことなく遺言書のとおり行う」という誓約書を書かせた場合の有効性はどうでしょうか? その場合の誓約書は、ある相続人から被相続人あて、あるいはある相続人からもう一方の相続人あて、どちらにするのでしょうか。  よろしく回答のほど、お願いします。

  • 遺産相続の遺留分について

    遺言書に何と書かれていても「遺留分」=法定相続分の半分は、法定相続人は受け取ることが出来るのでしょうか?。「例えば」遺産4000万円(不動産評価額=2000万円、預金2000万)で相続人がご婦人(遺族の妻)と子供2人の場合:子供の遺産相続遺留分は預金の8分の1=250万と 不動産の8分1の権利となりますが、遺言書で「子供2人」には各人100万と書いて有っても無効でしょうか、遺留分の額が優先されるのでしょうか?。法律に明るい方にお尋ねします、よろしくお願いします。

  • 遺留分侵害の遺言書について

    遺留分侵害の遺言書について 亡父が自筆遺言書で「死後遺産の全部を配偶者へ遺贈する」ー とだけ書き記してありました。 1)この遺言書の内容が配偶者に全部」という記述をもって相続人(子供4名)の取り分を侵害された・・・という解釈が成立するのですか。 2)遺留分侵害、つまり、減殺申立ては遺言書だけでは生前贈与その他の一切を合算して判定(判断)するときに遺留分減殺申立てができるのですか(死後遺産よりも生前贈与が数倍多い)。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#61929

代理人と言っても色々ありますが、基本的には「本人に変わって意思決定をし、当該意思決定に基づき法律上意味の在る行為をする人」ですから、「本人の意思を確認する必要はない」です。幼児などに代理人を付ける理由がそもそも「本人が意思決定ができないから」なのにそこで「本人の意思」を問題にしても全く無意味なのです。 代理人は「合理的に考えれば本人にとってもっとも利益になるであろう」行動をするだけです。それが代理人の仕事なのです。そこで「本人の意思が確認できない」ことは「法律的にはむしろ前提であり当然のこと」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答をいただきありがとうございます。 <代理人は「合理的に考えれば本人にとってもっとも利益になるであろう」行動をするだけです。>とありますが、上記のような場合、代理人は義務として、遺留分減殺請求を行わなければいけないという事でしょうか? 私個人としては、幼児期から不相応な個人資産を持つことは、子供の将来にあまりいい影響を与えない可能性があると思い、遺言書を書こうと思ったのですが、遺留分を侵害するような遺言はしない方がよいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 遺留分はなくても相続権はある?

    遺産を最低限これだけはもらえるという権利、遺留分。 実はこれ、親とか子、配偶者などにしかなくて、兄弟姉妹にはないというのを見かけました。 配偶者か直系尊属か直系卑属ってことですよね。 でも、兄弟姉妹も法定相続人になると思っていたのですが違うのでしょうか? 法定相続人なのに遺留分はない? それとも法定相続人にもなれない? 例えば僕と弟がいて両親が死んでいるとします。 僕がとんでもない金持ちで、子供を作ることも結婚することもなく、生涯独り身で死んだ場合、遺言書で弟に相続させるということを残しておかないと、弟は相続できず、遺産は国庫に入ってしまうということでしょうか? それとも何も遺言書を残していなければ弟が自然と法定相続人になり、もし他人に譲ると遺言書に残していれば弟は泣き寝入りという形? 下手な遺言書を残さなければ、弟に自然と渡るのでしょうか? 兄弟姉妹のいる独り者は、兄弟姉妹に譲るという遺言書を残しておいた方が良い?

  • 相続方法を争っているときの遺留分減殺請求の書き方を教えてください。

    相続方法を争っているときの遺留分減殺請求の書き方を教えてください。 現在、遺産分割協議の合意について裁判中です。 被相続人は私の父、相続人はその後妻である配偶者と、子2人です。 遺言書による後妻への指定相続か、遺産分割協議による遺言書を使用しないという法定相続という合意かで裁判で争っています。 そろそろ被相続人が亡くなって一年を迎えますが、法定相続になれば、遺留分減殺請求は必要ないと思いますが、万が一、指定相続になると、遺留分減殺請求をしなければなりません。 しかしながら、こちらとしては遺産分割協議の合意で遺言書を使わないと主張していますので、今、遺留分減殺請求をすると自分たちの主張と相反するところもあります。 かといって、万が一判決で遺言書による指定分割が認められたときには、もう既に遺留分減殺請求の時効を超えてしまっています。 そこで、今遺留分減殺請求を万が一確定判決が指定分割となったときのために、今、遺留分減殺請求をしておくと言うことは可能でしょうか? 又、その場合は内容証明でどのような内容で意思表示をすればいいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 遺留分について

    相続人の中に、既に死亡している者(代襲者なし)がいる場合の遺留分についてご教示願います。 被相続人は父で、母は既に他界しています。 自書の遺言書(検認済み)には「財産は全てBへ相続させる」とありました。 法定相続人は子供4名A、B、C、D(全て被相続人の嫡出子)ですが、A(未婚、子供なし)は父の遺言にある日付の後に死亡しています。 この場合のCとDの遺留分はいくらなのでしょうか。 遺言を書いた段階ではAは生存しており、そのときのCとDの遺留分は「8分の1」なような気もしますが、実際に相続が開始された時点の相続人は3名なので、「6分の1」と考えて良いのでしょうか。

  • 相続の遺留分をもらいたい

    遺言書に、相続人3人のうちAさんだけに全て相続させます、と記してあった場合について、どなたが教えていただきたいです。 遺言書の検認が終わって、遺言書は有効だと証明されれば、 被相続人の土地や預貯金の名義をAさんに変更する手続きが始まると思うのですが Aさん以外の人が遺留分減殺請求をした場合、 被相続人からAさんへの名義変更に、待ったを掛けることはできるのでしょう? と言うのも、私は遺留分減殺請求をする方ですが Aさんに全て承継された後だと、 お金がないとか、待ってくれと言って、遺留分請求に Aさんはなかなか応じないと思うからです。 (Aさんは何事においてもそう言う対応をする人で…ほんの小さな事から大きな事まで…例えば、トイレのリホームをした時に業者に落ち度がないのに色々理由をつけてなかなか支払わないとか、葬儀業者の対応が悪かったと支払いを3か月延ばしたとか、、お金があるのに支払いを延ばせるだけ延ばすってやり方の人なのです。) Aさんは私の実兄ですが、 両親も他界してしまいましたので、もう繕ってまで付き合う気はありません。 早々に相続の件を終わらせて、実兄と絶縁したいと思っています。 どなたか知恵をお願いいたします。

  • 相続の遺留分について

    相続で遺言書で実子の一人に相続をさせたくない場合、遺言書にその旨を書けば、相続をさせなくできますが、しかし、現実として、その半分は慰留分として相続できます。 しかし、その遺留分すら相続させたくない場合(どんなことがあっても一円もやりたくない場合)、 どういう条件があればそうさすことができるのでしょうか? また、これは家庭裁判所などで、届けるとかする必要があるのでしょうか? 遺言に遺留分すらわたさない「条件付き遺言」はできるのでしょうか? 例えば、親の面倒を見ない、激しく浪費する、親の支持に全く従わない、素行が悪い、親に暴行をする、相続人に重大な前科があるなど、そういう場合は遺言書で「遺留分すらやらない」と書けば十分なのでしょうか? ちなみに、この条件が私の実子にあてはまる質問では全くありませんが、 私が将来、例えば痴呆になって、親(私)の面倒を全くみないとかなれば、遺留分すら相続させない方法があるのでしょうか? こういう場合、親身に面倒をみてくれたお手伝いさんとかに財産をあげたいと言うようなことが起こるかもしれないと思うのです。 ぜひ、教えてください。

  • 遺留分に関して

    遺言がない相続で 遺産分割協議成立のあとに 遺留分相当が侵されている相続人(上記協議で同意している相続人)は 遺留分減殺請求はできますか? 通常、遺留分の話がでてくるのは 遺言が遺留分を侵しているケースばかりですので 上記の場合はどうなのか明確にしたいです。 どうぞよろしくおねがいします。

  • 遺産相続の遺留分について

    遺産相続の遺留分の事でお聞きしたいと思います。質問の当事者は私の母なのですが、母の父(祖父)は3年前に「全財産は長男に・・・」という遺言書を残して亡くなっています。しかし相続人による遺産分割協議などの遺産に関しての話し合いはいまだ何もしていません。ところが最近読んだ本の中に「遺留分減殺請求の行使は、相続開始と減殺すべき遺贈があった事を知ってから1年で時効」という所を読みびっくりしてしまいました。母も私も法律に関しては全くの無知で、もちろん母は遺留分が長男に侵害されているにもかかわらず長男に対して遺留分減殺の意思表示すらしていません。 上記の場合、私の母は祖父が残した財産を全くもらえないという事になってしまうのでしょうか?いくらかでも財産をもらえる方法はないのでしょうか?

  • 相続 遺留分について

    遺産相続で遺留分として割合をお教え願います。 父が亡くなり配偶者はおりません相続人は子が3人です 遺言書は無いようですが相続額でもめそうです最低遺留分がとれると 聞いたのですが遺産額の割合分をお教え下されば幸いです。

  • 遺留分減殺についての質問

    遺留分減殺についての質問 遺留分減殺請求ができるのは、相続分が全部遺言によって他人へ相続させる場合なんですか? 例えば、相続財産の内一部の現金だけを遺言されている場合は相続人(この場合は配偶者がいなく子供一人だけとして)は遺留分減殺請求できますか?教えてください。

  • 遺留分減殺請求について

    去年被相続人が死亡し、相続開始時の遺産総額 5,000万円(土地4,750万円、現金等250万円)あり、被相続人の妻は被相続人より先に死亡、相続人はA・B・C・Dの子4人です。 A⇒遺言書記載により3,750万円相続する(内、相続後に土地3,500万円分名義書換済みです) B⇒遺言書記載により900万円相続する(内、相続後に土地900万円分名義書換済みです) C⇒遺言書記載により350万円相続する(内、相続後に土地350万円分名義書換済みです) D⇒遺言書記載無しで遺留分減殺請求をする。 この場合、A・B・C各者が土地を名義書換した後にDが遺留分減殺請求をした場合、Dの遺留分減殺請求額は、誰に、いくら請求できるのか。を教えてください。 なお、遺留分減殺請求書は、各者が名義書換する前に郵便内容証明にて提出済みですので、よろしくお願いします。