-PR-
解決済み

CONSISTENCYとは?

  • 困ってます
  • 質問No.34301
  • 閲覧数142
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

大学院の学生です。
数値解析手法の論文で、解析解に対する誤差評価と共に、CONSISTENCYについて述べているところがあります。
CONSISTENCYとはなんでしょうか?
またCONSISTENCY(一貫性??)についての議論は、どのような目的で行われるのでしょうか?
関連する本またはHPを教えていただきたいのですが
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 57% (1014/1775)

アリさん問題ではsiegmund先生と一蓮托生でずっこけたstomachmanです。

consistency check。辻褄の合った答かどうか検討する。場合によっては検算する、という程度の意味です。数値計算に限らず、理論や近似式を作ったときには必須のチェックです。
 簡単な例では、2次方程式に帰着した問題。2個の解のうちどっちを採るべきかを考えるのもconsistency checkですね。
 ことに数値計算は、問題の性質がよく見えないで行うとトンでもない答が出ること、ままあります。
 確率の総和が1を越えるとか、マイナスの確率が出てくる。伝熱のように振動する筈がないものの振幅がどんどん大きくなっていく。振動の周波数が時間の刻みと同程度まで細かくなってしまった。満たすはずの保存則(奇偶パリティや、エネルギー保存則、平均値の保存則など、それぞれの問題に依ります)が満たされない(下記URL↓の保存則と軌道の部分ご参考)。
 またconsistencyとはちょっとニュアンスが違うけれど、数値計算では計算の精度や離散化の刻みを少し変えるだけで答がまったく違ってしまう、というのもよくある事で、条件を変えて必ず2度は計算してみるのが常識とされています。古い本ですが、伊理正夫他「数値計算の常識」共立出版 という冊子は具体例が多くて分かりやすく、たいへん勉強になりました。
お礼コメント
taka73

お礼率 100% (3/3)

詳細なお答えをいただき、ありがとうございます!

今後consistency check、
特に物理現象との整合性を気にしながら数値計算を行いたいと思います。
投稿日時 - 2001-01-31 01:19:11
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 24% (47/191)

consistensy には整合性、無矛盾性という意味があります。 consistency についての議論は、 ・その数値解析手法が正しい手法であること(解析解と矛盾しない結果が得られる) ・正しく用いるための条件(整合性が保たれるのはどういう条件のときか) を示すために行なわれるのだと思います。 とりあえず、ぱっと思いつくのはこんなところです。 ...続きを読む
consistensy には整合性、無矛盾性という意味があります。

consistency についての議論は、
・その数値解析手法が正しい手法であること(解析解と矛盾しない結果が得られる)
・正しく用いるための条件(整合性が保たれるのはどういう条件のときか)
を示すために行なわれるのだと思います。

とりあえず、ぱっと思いつくのはこんなところです。
お礼コメント
taka73

お礼率 100% (3/3)

早速のお答え、ありがとうございました!
論文読み直します。
感謝感謝です!
投稿日時 - 2001-01-31 00:21:55
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 64% (700/1089)

CONSISTENCY とは,首尾一貫しているとか,無矛盾であるとか, そういう意味です. 何らかの問題を解くときに,厳密に解ける場合は稀で, たいてい近似が入っていたりします. 例えば,x を求めるときに x が十分小さいときに使える式を用いていたら 求めた結果の x がその条件を満たしているかどうかは, 当然チェックしなければなりません. x 自身でなくて,他の量がチェックに使われること ...続きを読む
CONSISTENCY とは,首尾一貫しているとか,無矛盾であるとか,
そういう意味です.
何らかの問題を解くときに,厳密に解ける場合は稀で,
たいてい近似が入っていたりします.
例えば,x を求めるときに x が十分小さいときに使える式を用いていたら
求めた結果の x がその条件を満たしているかどうかは,
当然チェックしなければなりません.
x 自身でなくて,他の量がチェックに使われることもあります.
また,式を立てるときに無視している要素だってあるわけで,
結果を見て最初から無視してよかったのかどうか
そういうこともチェックしないといけません.

こういうチェックはいわば常識ですから,
本なんてあるかな?

ホームページ?
ぎくっ,冷や汗(^^;).
最近,物理のアリさんのスカイダイビングのところで,
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=32670)
適用条件の数値的チェックを怠ったアホがいまして,
アリさんを屋上から落とすと秒速何百メートルの速度で落ちてくる,
なんて答を出して平気な顔をしていました.
(危ないよ,当たったら死んじゃうよ).
CONSISTENCY のチェックを怠るとこういうことになるという悪い見本です.
そのアホは私です(^^;).
お礼コメント
taka73

お礼率 100% (3/3)

ありがとうございます!

おかげさまでとてもCLEARになりました。

確かに論文の中で、想定する場において数値的手法が、ある誤差範囲の中に矛盾なく成立するのかチェックしています。
感謝いたします!!
投稿日時 - 2001-01-31 00:12:51
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ