• 締切
  • 困ってます

中学古典の問題について

  • 質問No.3415588
  • 閲覧数250
  • ありがとう数2
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (3/6)

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直す問題で、
「向かひゐたらむ」がでました。
私は「むかいいたらん」と回答しましたが、
正答は「むかいいたらむ」でした。
「む」→「ん」に変えると習いましたが、なぜ最後の
「む」は「ん」にならないのでしょうか。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 42% (17/40)

これは、何の問題でしょうか?
学校の定期試験ですか?模擬試験ですか?それとも参考書・問題集ですか?
また、その際、解説ではどうして「・・・らむ」なのかの解説はありましたか?
補足コメント
JavJavJava

お礼率 50% (3/6)

地方の模擬試験です。解説はありませんでした。
投稿日時:2007/10/16 17:47
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (247/639)

 「現代仮名遣い」の「前書き」の1には
 この仮名遣いは、語を現代語の音韻に従って書き表すことを原則とし、一方、表記の慣習を尊重して一定の特例を設けるものである。
とあり、また4には
 この仮名遣いは、主として現代文のうち口語体のものに適用する。原文の仮名遣いによる必要のあるもの、固有名詞などでこれによりがたいものは除く。
とあります。
 この原則に従えば、文語体の文章はどうすべきかが、曖昧になっています。
 学校で出された問題は、こうした現代仮名遣いにこだわらず、学習の一環として「どう読むか」を教えるためのものと理解しておきましょう。

 国語史の上で、「む」という助動詞は少なくとも平安時代の頃には「む」としか表記されませんでした。「ん」という文字がまだ使用されていなかったからです。「なるめり」という語句が変化して「なんめり」と発音していたものが「なめり」と表記されていたのも、そういう事情があったからです。以後「ん」が使用されるようになっても、歴史的仮名遣いでも、「む」・「ん」の間で表記が揺れていたと考えられます。「向かひゐたらむ」という語句は「徒然草」で見たような気がしますが、それなら「む」を「ん」と読んでいた可能性はあります。
 この表記と発音の「揺れ」は、近代に至っても残っていたようです。

 教育勅語(明治23年10月30日)の一部

朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

 第一通常議会開院式ノ勅語(明治23年11月29日)の一部

朕又夙ニ各国ト盟好ヲ修メ通商ヲ広メ国勢ヲ振張セムコトヲ期ス

 このように、公式の文章においても「ン」「ム」の揺れがあったのですから、どちらも正しいというべきかも知れません。しかし、この勅語の場合は言うまでもなく、「徒然草」の文章でも「ん」が正しいとわたしは思います。「現代仮名遣い」では「む」を「ん」と表記するなどの事柄には触れておらず、これは「現代仮名遣い」上の問題ではないことは、最初にことわったとおりです。
お礼コメント
JavJavJava

お礼率 50% (3/6)

なるほど。これだと「むかいいたらん」と書いても間違いとは言えませんね。参ってしまいます。ありがとうございます、引き続き回答を募集します。
投稿日時:2007/10/11 17:55
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ