• ベストアンサー
  • 困ってます

正社員のアルバイト副収入って会社にバレる!?

現在、正社員で働いていますが アルバイトでの副収入があります。 会社の収入は、約400万の年収。 アルバイトの収入は約140万の年収。 このアルバイトの収入が会社にばれては困るのですが どうにかばれない方法はあるのでしょうか? 個人的に集めた知識です。 ・アルバイトの収入を「事業所得」として、確定申告する。   →これは「事業所得」になるのでしょうか? ・確定申告の際、、申告書の住民税に関する事項欄で  「給与所得以外の住民税の徴収方法」で「普通徴収」を選択する。  →そうすると、どうなるのでしょう? ・アルバイト先で年末調整をしてもらう。  →住民税(市県民税)はどうなるのでしょうか? ・働いている県が違うと、ばれない。  →まゆつばものです・・・ ホントに無知で申し訳ありません。 税金のHPを調べても、難しいことがいっぱいで 簡単に理解できませんでした。 ちなみに、知り合いは、アルバイト収入が 正社員の収入と同じくらいあるのに まったくばれていません。 その方は、アルバイト先で年末調整をしてもらって 確定申告はしていないとのことでした。 どなたか、詳しい方教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4208
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • jfk26
  • ベストアンサー率68% (3287/4771)

>・アルバイトの収入を「事業所得」として、確定申告する。 最終的には税務署の判断ですがちょっと難しいかと思いますが。 >確定申告の際、、申告書の住民税に関する事項欄で  「給与所得以外の住民税の徴収方法」で「普通徴収」を選択する。 上のことがうまくいかなければ意味がありませんね。 ”給与所得以外”ですからやはり給与所得であるということになれば該当しませんから。 >・アルバイト先で年末調整をしてもらう。 そうすると本業と副業の両方で給与所得控除を引くということですか? 今そのときはいいけど、そのうち税務署が気が付いて本業の会社に申告を訂正するように通知が来るかもしれませんね。 >・働いている県が違うと、ばれない。 たしかにこれはまゆつばですね。 いずれにせよ2ヶ所以上から給与をもらっているのであれば、確定申告をしなければなりません。 本業と副業の収入を合計して確定申告をすることになります。 その書類が税務署から質問者の方がお住まいの市区町村の役所へ報告されます。 役所はその本業+副業の金額を合計して住民税を計算して、本業の会社へ特別徴収(給与からの天引き)するように、通知してきます。 このときに会社に来る特別徴収の税額の通知書には、主たる給与所得(つまり本業での所得)、その他の所得(つまり副業での所得)、主たる給与以外の合算合計所得区分(つまり副業の所得の種類、給与所得とか事業所得とか雑所得とかの区分)、総所得金額(つまり本業の所得+副業の所得)が書かれています。 つまり副業をしていなければ、その他の所得と主たる給与以外の合算合計所得区分は空欄のはずで、主たる給与所得と総所得金額は同じはずです。 まっとうな会社のまっとうな担当者であれば、数字に間違いがないかこれをチェックするはずです。 ですから副業していなければ本来数字の入っていない箇所や、区分チェックの入っていない箇所に数字やチェックがあればすぐに気づくはずです。 また主たる給与以外の合算合計所得区分が出ていますので、例えば株で儲けたと嘘を言っても、給与所得欄にチェックが入っていればすぐにバレます。 もちろん会社自体がずぼらであったり、あるいは担当者がずぼらであったりすればそのまま通ってしまうか可能性はあります。 そこらの会社の内部事情はわかりませんので、質問者の方自身が判断するしかないでしょう。 ではその場合にはどうしたらいいかというと、役所の住民税の担当部署(徴税課とか収税課とかの部署名ではないか)へいって、訳を話して住民税の支払方法を本業分は特別徴収(給与からの天引き)に副業分は普通徴収(窓口で本人が直接支払う)に分けてくれるようひたすら頼む。 そうしてくれることが役所の義務ではないのでどうしてもダメといわれたら、それまでであきらめるしかない。 しかしラッキーにも原則ではないイレギュラーな形でやってくれるといえば、その手順を詳しく聞いてそれにしたがって本業+副業の収入を税務署に確定申告をする。 そうすればバレる可能性は少ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 事業所得としてのアルバイト代

    今、正社員で働いていますがもうすぐ塾講師のアルバイトを始めることになっていて、その報酬が給与所得ではなく事業所得として入ってきます アルバイトは確定申告や住民税の関係で職場にばれてしまうものだということを他のQ&Aを見て知りました。 これはやはり事業所得としての収入であっても同じようにばれてしまうのでしょうか。 アルバイトが決まってから、今の職場でアルバイト禁止だということを知ったため混乱しています。

  • 正社員のアルバイト

    現在、正社員として働いていますが諸事情から日払い可(パブ等の洗い場とか)のアルバイトをしようと思っています。 過去の質問等からアルバイトの収入を報酬等にして確定申告を行いその際に住民税を普通徴収にすれば、バレにくいと言う事がわかりましたが、日払いの場合でも源泉徴収票は発行されるのでしょうか? あと、もしもアルバイトの方が本業より収入が高い場合はどの様にすれば良いのでしょうか? わかり難い質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 正社員の副業

    同じような過去の質問の回答を読んだのですが、よくわからなかったので誰か教えてください。 今現在正社員として働いています。 しかし不景気で家のローンに追われ、3月中旬から副業も始めました。 正社員として働いている会社は副業のことは知りませんが、副業の会社は他の会社で働いていることを知っています。 副業の月の給料は7万弱で所得税も引かれています。 できたら本業の会社には副業のことは知られたくないのですが、年末調整のときにわかるのでしょうか? 住民税の金額でバレるから、確定申告の時に住民税の欄に事業所得の住民税は普通徴収を選択するといいと聞きましたが、それは本業の住民税も普通徴収になるのですか? それは給料天引きじゃなくなるということでしょうか? 何かいい方法がありましたら教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

その会社の担当者によると思います。住民税を給料天引きにしている場合、毎年5月ごろ会社に納税額の通知が届きます。その中には本人通知用の書類も含んでいます。所得の内訳が詳しく載っています。同じ年収の社員と比較して、税額は多くなるので、気がつく可能性があります。 でも、何とも言えません。仕組み上はバレることになっています。 だからといって、バイトの方を知らん顔していると、税務署や市役所から連絡が行きますので、そのときに問題が表面化するでしょう。 税の仕組みはNO.1の方の回答のとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>個人的に集めた知識です… どこで情報収集してきましたか。 >・アルバイトの収入を「事業所得」として、確定申告する… 一般に、他人に雇われるバイトは「給与所得」です。 > 「給与所得以外の住民税の徴収方法」で「普通徴収」を選択する… バイトは給与所得ですから、本業も給与所得なら、普通徴収を選択できません。 >・アルバイト先で年末調整をしてもらう… 2カ所以上からの給与が並行してある場合は、確定申告をするものと定められています。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm >働いている県が違うと、ばれない… 日本の税制度は、自主申告・自主納税を建前としています。 たしかに、スーパーで万引きしても捕まらない場合がありえますが、だからといって万引きしてもよいとは誰も言いません。 >その方は、アルバイト先で年末調整をしてもらって… 2社の給与が同時進行でなく、1社を退社してその後別の社に就職したのなら、あとの会社で前職分も含めて年末調整をしてもらうことは可能です。 しかし、同時進行の給与はあくまでも確定申告です。 同時進行のうちの 1社分だけを年末調整と言うこともあり得ません。 あったとしたら、その方が本業を隠してバイトのみであると、バイト先に行っているのでしょう。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 正社員、アルバイトのかけもち時の所得税等について

    この度、かけもちでアルバイトをしようと思っております。 私は正社員としてA会社で働いております。 A会社にはアルバイトすることを内緒にしておきたいのですが 不明点があるためお助けください。 1.住民税と所得税を気をつければ大丈夫ですか?? 住民税は普通徴収に、そして自分で確定申告し、 その時に『自分で納付』にする 上記のことをするだけで住民税、所得税については問題ないでしょうか?? 2.2009年5月よりアルバイトを始めた場合 2010年2月~3月に確定申告すれば大丈夫でしょうか?? その他気をつけておいたほうがいいことがあれば ご教授くださいませ。 以上、よろしくお願いします。

  • 確定申告→住民税

    確定申告をすると住民税が上がったという話を聞きます。 これは、 ・平成19年分の確定申告が今年の住民税に反映されるということでいいのでしょうか? ・私の場合は確定申告して還付金が若干ある者です。事業所得がほぼ0に近かったのですが、それでも住民税は上がるのでしょうか? ・事業所得が0なら、確定申告をしてもしなくても住民税は変わらないと考えていいのでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 会社員の状態で個人事業を行う場合の所得税について

    現在会社員です。年収300万程度です。 稼ぎが少ないため来年から個人事業を行おうと思っています。 そこで所得税、住民税についての質問があります。 会社では所得税や住民税が源泉徴収されている状態です。 今後は源泉徴収されながら事業所得については確定申告を行う予定ですが もし、事業所得が赤字の場合は給与所得の方の税金が還付されるのでしょうか? それとも給与所得と事業取得は全く別物扱いでどちらが赤字でも関係ない、ということに なるのでしょうか? 住民税だけは普通徴収に変更する予定です。

  • 正社員とアルバイト・年末調整と確定申告

    正社員として働いている会社、これと平行してアルバイトをしている場合。 会社では年末調整をします。 バイトの分は年末調整をしないから確定申告に行かないといけないですよね? 確定申告のときに源泉徴収票が必要だと思うんですが、バイト分だけでいいんでしょうか? 会社の源泉徴収票も必要ですか? またそのときバイト分の住民税は「普通徴収」にしたいのですが、 所得の種類が「給与」ではダメなので「雑所得」にする必要があると思います。 バイトの収入を雑所得にしてもらうにはバイト先に自分でお願いをしないといけないのでしょうか? それは可能なことですか?

  • 会社員のアルバイトがばれない方法ありますか?(確定申告の方法も)

    この不景気のため、給料もあがらず、アルバイトをしてしまいました。 バイトは飲食業です。それによる年間所得が20万をこえているのですが、 住民税などにより、会社にバレルと大変困ります。 アルバイト収入は給与の形態です。こういうことは絶対に税務署に補足されて しまうのでしょうか?バイト先の社員に聞いたところ、 「確定申告をすれば、ばれないよ」と言ってくれるのですが、非常に不安です。 税務署はどうやって補足するのでしょうか? 絶対に補足されるものでしょうか? 他のHPで調べたのですが、『給与所得』でなく、『雑所得』として申告し、 そして住民税の徴収方法として「普通徴収」を選択しておけば、 アルバイト分についての住民税は、自分の自宅に送付されると書いて ありましたが、この『雑所得』として申告は確定申告をする際、申告書に そういう回答欄があってそこにアルバイトの収入を書けば、 大丈夫なのでしょうか? もしくは、アルバイト先に、給与所得形態を変えてくださいと言って おかないといけないのでしょうか?分からなくて。 また、「普通徴収」にマルをつけておいても、会社に送付される住民税の 通知書の形式が自治体によって異なるので、会社に送付される住民税の 通知書にも副業所得が記載されていることがあるそうなのですが、 大分市の場合はそう言う事はないのでしょうか? それと確定申告を行う際に必要なものは、何が必要なのでしょうか? どなたかバイトをしていて、『確定申告』を行った事がある方、 教えていただけないでしょうか? 確定申告して会社にバレルのを防げるでしょうか? 教えてください。お願いします。

  • 社会人のアルバイト

    現在A社に正社員として勤務していますが月の半分が休日のため、休日のうちの数日を日雇い派遣のB社でアルバイトをしようと考えています。 副業はイメージ的によろしくないかと思いA社にアルバイトをしていることを知られないようにしたいと考えています。 B社は給与を支払う際に所得税を天引きしていて源泉徴収票の発行も行ってくれます。A社とB社の源泉徴収票を持って確定申告へ行きB社の収入分だけ住民税を普通徴収にすればA社にはB社の情報は渡りませんか?B社からの収入も給与所得になってしまうと思うんですが、B社分の住民税だけ普通徴収にすることは可能ですか? 回答お願いします。

  • 会社に内緒でアルバイトをする場合の確定申告について

    よく、「会社に内緒でアルバイトする場合、確定申告のときアルバイトの所得に対する住民税を普通徴収にすれば、会社にはバレない」ってアドバイスがありますよね。 でも確定申告用紙を見ると、「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」となっています。アルバイトの内容が、たとえば原稿料とか雑所得にあたる場合はそれでいいのかな、と思いますが、もし居酒屋でアルバイトをしたとしたら、その給料もやっぱり給与所得ですよね。 居酒屋と本業の給与所得を区別してもらえるものなんでしょうか?(本業の住民税は特別徴収、居酒屋の分だけ普通徴収というかたちで。) どなたかご存知の方、あるいは実際にこのようなケースの確定申告を経験された方、ご教示ください。 よろしくお願いします!

  • 事業所得が赤字の場合、住民税を普通徴収で確定申告すると還付はどのようになるか

    サラリーマンで週末を使って平成20年に初めて個人事業を開業しました。開業したばかりで経費が収入を超えており、確定申告は事業所得が赤字で申告することになりました。 さて、ここで住民税についてわからないことがございます。 申告書に住民税の徴収方法の選択があり、普通徴収にチェックを入れて提出することにしました。当然サラリーマンとしての給与所得は特別徴収で平成21年も天引きされることになると思うのですが、事業所得を赤字で申告している分の還付はどのように行われるのでしょうか。特別徴収の通知書などを使って還付申請をするのでしょうか。

  • 会社に内緒でアルバイト

    現在正社員で勤務しています。 経済面等の事情があり、土日のみ、他でアルバイトをしようかと思うのですが、勤務先にばれない方法を探しています。 自分でもネットで調べたところ、通常、アルバイトがばれるのは自分で確定申告を行った際に申告した前年度の収入の合計額から計算した、住民税の金額が本来の年収よりも高いことを勤務先に気付かれた場合だと知りました。 (1)その場合、確定申告を行わなければばれることはないのか? (2)確定申告を行わないと法律的に問題があるか? 以上の2点を質問します。 あいまいな知識だと、確定申告をしなければ、バイト先の収入から算出された住民税を別途自分で支払うことになる、と理解しました。 恐らく税額自体は高くなるとは思いますが、それでばれずに済むのなら、それはそれでよいとも思っています。

  • 会社員の副収入の確定申告について教えて下さい。

    会社員をしております。わずかばかりの副収入があり、税理士を通して確定申告をしております。 会社からの収入分は所得税、住民税を会社で徴収して貰い、副収入分は確定申告します。で、その時「住民税の徴収方法」の所を「普通徴収」を選択します。 別にやましい事はありませんが、「この選択をすれば自分で住民税を払うので会社に副収入がある事を知られずにすむ」と物の本に書いてありました。 それでずっと行って来たのですが、最近読んだ別の本に、「どうして普通徴収にしたのか」と会社に不思議に思われるかも・・・と書かれていました。会社が「社員の確定申告分の住民税が普通徴収かどうか・・・」なんてわかるのでしょうか・・・・? 長くなりましたが詳しい方お教えください。 宜しくお願いします。