• 締切済み
  • 暇なときにでも

ディストリビューターにオイル漏れ、ショート

アイドリング中にフードから煙が出てきて走行不能になってしまいました。 ディーラーへ持ち込んだところ、ディストリビュータにどこかしらオイルが漏れて来てショートしてしまったらしいです。交換ということで10万近くかかってしまいました。 半年前にガスケット交換しているのでオイル漏れはどうしても考えられないのですが、ディスビがショートすることって、整備業界ではよくあることなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2248
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#2748
noname#2748

teletteさんへ、確かにオルタネーター(発電機)やスターター、パワーステアリングポンプなどは比較的小さな部品でもリビルト品で対応する場合が多いのですが、ディストリビューターのリビルトというのはあまりきいたことがありません。車種が不明ですし、ディストリビューターの交換以外の作業が不明なので金額については、なんともいえませんが、シグナルジェネレーター・イグナイター・イグニッションコイルなどがすべて組み込まれているタイプであれば、ASSYパーツで5万円前後が一般的な価格でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ディストリビューターの交換について

    以前、国産車のカテゴリーで別の質問をさせていただいたのですが・・・。 現在H6年式のカローラに乗っています。走行距離は12万とかなりの年代物ですが、3月に車検直後、エンジンの不具合があり、整備工場に戻したところエンジンルームを水洗いした際、プラグに水が残っていたとかでプラグ4本を交換。「試乗もして大丈夫です。」と戻ってきましたが、やはりアイドリング時のショックなどがあり再度見てもらったところプラグコードを交換して「今度は大丈夫!」 それでも違和感があったのですが「テスターでも検査して問題ありませんので、しばらく乗ってみてください。」といわれました。 (プラグの交換は無料、プラグコード交換は部品代のみ) ところが先日、30~40分ほど乗ったら  ・いつものショックより大きくがたがたと震え だした。  ・水温計が走行中なのに下がってきた。  ・アクセルを踏んでも回転数が上がらない などの症状が出て、整備工場に見切りをつけ、以前のオーナーが購入したディーラーが近くにあったので見てもらったところ ・サーモスタットが開きっぱなしでオーバークール状態。サーモスタットの交換(¥10,000-) ・ディストリビューターの交換(¥70,000-)          いずれも工賃込み を指摘されました。が、ディーラーに、そろそろ寿命ですか?ときいたところ  ・購入後、ワンオーナーですべてディーラー車検できれいに乗ってある。  ・この頃のカローラ自体、程度がいい。  ・エンジンを一度積み替えたようで、比較的新しい。 との理由から、「まだまだ寿命の車ではありません。年式と走行距離から下取りは出来ませんが、次の車検もだいじょうぶです。乗ったほうが良いです。」と言われました。 車検後の約¥80,000の出費は痛いのですが、買い替えも出来ないので交換をお願いしてこのまま乗ろうかと思いますが、サーモスタット・ディストリビューターなるものの不具合は車検時の整備では気づかないものでしょうか。又これらの部品は通常どのぐらいの頻度で交換するのでしょう。今の年間の走行距離は5千kmほどです。 うまく説明できず長文になってしまいましたがご意見をお願いします。

  • オイル食い(喰い?オイル下がり?)に関する質問です

    オイル食い(喰い?オイル下がり?)に関する質問です 中古で購入した車がアイドリング中に振動(エンジンの回転数が安定しない?)感があり ディーラーに調べてもらいました。 ※タコメーターは気になる程の振れは無し 15分程?調べた…ディーラー曰く 「アクセルを吹かすと青白い排気ガスが出てるのでオイル食いですね~」 「エンジン載せ換えになります」 と言われました。 原因?として考えられるのは… ・前オーナーのオイル交換の怠りによるエンジン内の汚れ ・ガスケット?の劣化によるヒビ・割れ らしいのですが… 近所の自動車整備工場に電話で症状を説明したところ… 「スパークプラグかも知れませんね~」 とのコトでした。 実際に見てみないと的確な判断は出来ないかも知れませんが… エンジン載せ換え・プラグの交換 処置としてはどちらが正しいのでしょうか? 車は…15年式のキューブキュービックになります

  • スカイウエイブのオイル漏れ

    教えてください スカイウエイブのオイル漏れについて オイル交換後(鉱物オイル) 後輪タイヤやマフラーにオイルが付着し、走行後 マフラーに付着したオイルが焦げ 煙が出ました。洗浄後エンジンをかけたら オイルガスケット、縦のつなぎめからオイルがにじんできました。 エンジンを止めておけばオイル漏れは、なさそうです。 オイルガスケットはエンジンをおろさなくても マフラーや外装を外せば交換できるのでしょうか? エンジンを下ろさなければだめでしょうか? 車種はバーグマン250(スカイウエイブ CJ42 海外モデル) お願いします。

  • 回答No.2

私も依然乗っていた車で発電機を交換したことがありますが、 もっと安く済んだような気がします。 確か2~3万円 そのときはおそらくリビルトパーツ(中古のパーツを再生したもの)に交換したような気がするんですが。 このような修理方法が一般的だと思っていました。 最近の車は新品に交換するのが当たり前なんでしょうか? それとも再生利用ができない特殊な車にお乗りなんでしょうか? もしくはディーラーは新品部品しか使わない。 町の修理工場なら中古品を使って安く済ませてくれる?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#2748
noname#2748

通常ディストリビュータはカムシャフトによりドライブされていますが、カムシャフトとの接合部はエンジンオイルにより潤滑されています。このままではディストリビュータ内部に、オイルが流入してしまうのでディストリビュータ内部にオイルシールが設けられており、それより先にオイルが流入するのを防いでいます。したがって、ヘッドやカバー類などのガスケットからのオイル漏れとは無関係です。オイルシールは通常弾力性に富んだ耐油性の樹脂でできており、シャフトと密着する面は精密に加工されています。さてディストリビュータ内にオイルが流入してしまうトラブルは決して発生頻度の高いものではありませんが、なくはありません。たいていの場合オイルシール自体の劣化と言うよりディストリビュータシャフトのベアリングの不良により、シャフトがブレてシールに無理な力がかかり破損すると言った事例が多いようです。 10万円近くの出費は決して小さなな物ではないので、ご懸念もごもっともかと思いますが、現在のところディストリビュータ内部の構造部品を細かく設定している(例えばベアリングやオイルシール単品)メーカーは殆どないのでアッセンブリー交換となり、高額な修理費となったのでしょう。少しでも安くと言う場合は解体部品と言う手もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくご説明いただき、ありがとうございました。 これで納得がいきました。 約9万キロ走っているので、各部の劣化は否めないですね。

関連するQ&A

  • ZZR1100Dのオイル漏れについて

    96年式のZZR1100に乗っています。 プラグホールからのオイル漏れがあり、先日ショップでガスケット交換などしてもらいました。 しかしその後一度ツーリングに行き念の為オイル漏れが無いか点検してもらったところ、オイル漏れがあり、再度ガスケット交換をしてもらっている最中です。 そこで質問なんですが、通常?はガスケット交換などをするとどの位オイル漏れがなく走行し続けられるものなのでしょうか? 何となくですが2万キロくらいはオイル漏れなく走って欲しいなぁと 思ってます。

  • エンジンからオイルのにじみや 白い煙

     10万キロ前後走行の車で  オイルのにじみがひどい車や  白い煙がすごく出て、オイル食いをする車があります (表現間違っていたらすみません) 10万キロ前後で オイルのにじみや白煙が起きてしまう車もあれば 一方で 20万キロでもにじみや白煙のない車もあります 車種の違いもあるかもしれませんが メンテナンスをしていない車に にじみや白煙が多いように感じます 質問ですが  にじみや白煙が出てしまうのは オイル交換を怠るせいでしょうか? そのほかにも なにか理由があるのでしょうか? ご存じの方教えてください

  • コマジェでオイル下がりの修理代

    マジェスティ125(台湾ヤマハ製・タコメーター無し)に乗っているんですが、総走行距離があと少しで2万5千kmになろうかという昨日、アイドリング時に白煙が出るようになってしまいました。 一日経った今日、またエンジン始動してみたところ、約一分ほどでマフラーの下側というか地面に面しているとこからジュッ、とかシュボッとかたまに音が出ると共にチラチラと白煙が出てきました。 ここの相談室で同じような症状を探したところ、オイル下がりというのが原因だと思うのですが、それは合っていますか?? ちなみにあまり関係ないと思うのですが、2万4千kmの時点でランプが赤になっていたのでオイル交換はしました。 台湾ヤマハだし走行距離も距離なので、もうお釈迦なのか、それとも重整備に出して乗り続けてもまだまだ現役大丈夫なのか、困っています。 整備に出した場合、その修理代はどれくらいかかるのでしょうか? それと、色々考慮して値段が張っても新車目指してお金を貯めるのが良いのでしょうか。 みなさまのアドバイスを頂きたいです。 よろしくお願いします。

  • ポルシェカイエンV6ディーラーによるオイル入れ過ぎ

    現在、平成20年ポルシェカイエンV6(後期型)に乗っております。 結果から申しますと、平成24年4月中旬ディーラーBでの12ヶ月点検後、アイドリング不調が続くため、1週間後、別の一般整備工場に車を見てもらったところ、ブローバイホース~インマニ内にオイルが吹きまくり、インテークバルブに大量のカーボンが付着した状態が判明。ディーラーの慢性的なオイル入れ過ぎ(冷間時オイルレベルH上1.0cm、暖気後1.2cm)が判明し、レッカーでディーラーBに入庫し、作業に入らず話し合いをしております。 慢性的なオイル過多で1年2ヶ月走行してしまい、このような状態となってしまった場合、見えないところを含め、どのような場所がやられている可能性があり、どこを点検すべきか、どのような修理・交換が必要となるか、詳しい方からご助言を頂けると助かります。 以下、少し長くなりますがこれまでの経過です。 平成22年4月、12ヶ月点検をディーラーAで行いました。点検後のオイルゲージレベルはH-Lの中間よりやや下で経過しておりました。 平成22年11月頃(走行距離50000km)から、冷間時アイドリング高回転時(1200回転)に、アイドリングのブレと車体の振動が出始めました。「ドドッ、ドッ、ドドッ・・・」と50回転程度落ちては戻るをくり返し、エンジンが温まり700-800回転程度にアイドリングが落ち着くとブレは落ち着き、走行中や信号待ちなどではエンジン不調は感じなかったため、初回車検まで様子を見ておりました。 平成23年3月車検をディーラーBにお願いし、アイドリング不調の原因調査も願いしましたが、テスター上原因不明のため、スパークプラグの全交換、オイル&フィルター交換、WAKO'S吸気系洗浄システム(RECS)を施行し「これで様子を見て欲しい」と言われました。このとき、フィルター交換込みで、持ち込みオイルmobil1RP0W-40を8L使用し、余りは返却されませんでした。営業からは「カイエンはオイルを食うので、オイルが減らないように気をつけて下さい。減ってきたら足して下さい。」と言われました。 車検引き揚げ翌日からもアイドリング不調は続き、次第に頻度の増加および、エンジンブレーキを掛けた際にスムースに回転数が落ちない(2-3度エンブレがかかる感じ)、自走式駐車場など急な坂道でのハンチングが起こるようになりました。 平成23年5上旬、ディーラーBへ再入庫。しかし、「テスターに異常が出ず原因不明」「個体差と思われ、乗っても問題ない」と言われ、経過を見ることにしました。 しかし、冷間時アイドリング不調は徐々に進行。平成23年秋頃からは、アイドリング不調が毎日起こるようになり、「ドドッ、ドッ、ドコッ、ドコン」と振動・音も徐々に大きくなっていきました。また低速時のエンジンのバタつきが目立ち始め、平成24年3月からは、冷間時アイドリング中(1200回転)のブレと振動がさらに大きくなり、エミッションコントロールランプが点滅するようになりました。エンジンが温まり700-800回転になってしばらくすると、アイドリングが安定し、ランプが消灯。3月末にはほぼ毎日ランプが点滅する状態となりました。 平成24年4月上旬、ディーラーBへ12ヶ月点検と、アイドリング不調悪化およびエミッションコントロールランプ点灯の点検整備を依頼。12ヶ月点検前のオイルレベルは、冷間時ゲージレベルH1cm上程度で極端に減ってはいませんでした。 点検の結果、「ガスケットシーリングからオイル漏れがある」「今回初めてテスター上4番、6番シリンダーのミスファイアが確認された(イグニッションコイル、エアマスセンサーは正常)」「インジェクター不良の可能性がある」「インジェクター交換で20-30万」「エンジン載せ換えで150万」と言われました。そこまでやらない場合は、「fuel-1などのガソリン添加洗浄剤を加えるのも良い」「あとは、インジェクターの直接洗浄を試す価値もあるが、ディーラーではやっていない」と言われました。しかし、「このまま乗っていても問題ないので安心して下さい。」と言うので、オイル漏れ修理&オイル交換7Lを行い、インジェクター不良の可能性は、まずfuel-1を今後検討することとして、経過を見ることとしました。 12ヶ月点検後、エミッションコントロールランプは点灯しなくなったものの、悪化したアイドリング不調は続きました。GWに家族旅行もあったため、12ヶ月点検の1週間後、街のポルシェ専門整備工場へ点検を依頼したところ、その場で「オイルが多い」「これまでの不調の原因がオイル過多の可能性があるかもしれない」と言われ調べることとなり、結果は冒頭にお書きした通りです。 話し合いの結果、ディーラーはオイルを入れ過ぎたことは認めており、また、インマニ内にオイルが吹いていたのも、インテークバルブにカーボンが付いていたことも、今回12ヶ月点検時のオイル漏れ修理の際に確認していたと後から知らされました。 しかし、「オイルは常にゲージmaxを目標に入れている」「カイエンV6のエンジンは、全てのエンジンでオイルが吹いているのが普通である」「オイルが吹いていないのは見たことがない」「これぐらい(真っ黒でアスファルトのようにしっとりしている)カーボンもほとんどのカイエンで見かける程度」「直噴エンジンの特徴である」「普通のことだったのでお知らせしなかっただけである」「オイル過多でガスケットシーリングからオイル漏れする可能性はゼロに近い」とのコメントで一切謝罪なし。 「これがうちでやれる限度です」と『ご提案作業』という名目で、「インマニ清掃」「エンジンオイルレベル調整」「RECS;エンジン吸気系洗浄」「エンジンおオイル・エレメント交換」を提案。また店長からは、「オイル漏れはオイル入れ過ぎとは関係ないので返金しない」「代車は出さない」「これで不満があるなら法的手段に出たらどうですか?」というような、とても横柄な対応でした。 もともとのアイドリング不調は別に原因があったとしても、私としては、アイドリング不調の悪化、オイル漏れ、低速時エンジンのバタつき、急な坂道でのハンチング、今回12ヶ月点検時のホース内&インマニ内ブローバイオイル、インテークバルブの大量カーボン付着、アイドリング中の異音「ドコッ、ドコン」(おそらく逆火)、インジェクター不良など、すべてが「オイル入れ過ぎ」でつながるような気がしますがいかがでしょうか? また、今回の12ヶ月点検でオイルが吹いていたのを確認しておきながら、再度オイルを入れすぎると言うことは、日常的にオイルを多く入れ過ぎていて、それが良くないことと分かっていないため、他にも被害者がいるような気がします。ちなみに、調べたところ、カイエンV6はウェットサンプで、オイル交換量は、フィルター交換ありで6.9L、フィルター交換なしで6.0Lが推奨とのことです。 大変長く、読みづらい文章となってしまいましたが、是非ともお知恵を拝借できれば幸いです。 何卒宜しくお願い申し上げます。

  • オイル交換について

    宜しくお願いいたします。 昨日、スズキディーラーに、一ヶ月前に新車で購入したワゴンRのFT-S(ターボ)の一ヶ月点検に出したのですが、ちょうど走行距離も約1000Kでしたので、オイル交換もしたほうが良いのかなと思い、 整備の方に聞いたところ、今のワゴンRは一昔前の車ほど神経質に ならなくてもいいので、3000K位で交換でもいいですよと言われたので、そのままオイル交換はせずに、帰ってきたのですが、 そういうものなのでしょうか? 周りでは、1000Kで交換したという人が多くて、少し不安なもので。。

  • ATオイル交換について教えて下さい

    約8万キロ走行してまだATオイルを交換していません。 ディーラーに工賃を聞くと1.5万だそうです。 そこで自分でオイル交換をと考えていますが、トルコンや ミッションのドレンが何処にあるのか、新オイルを入れる 注ぎ口は何処にあるのか、そして入れ方もただ入れるのではないとディーラーに聞かされいまだに腰が上がりません。素人は止めたほうが良いのか?ATオイルを交換したことのある方のご意見をお聞かせ頂きたいのです。 私は整備は素人ですがエンジンオイル交換、ブレーキパッド交換、調整、軽整備、ユーザー車検等自己満足の領域内で車に接しています。今回もその喜びを味わいたく計画ばかりで中々実行に移せずに居ます。 良い方法、アドバイスが有ったらお願い致します。 追  車は平成2年コロナAT車

  • カブ50のオイル上がり

    連続投稿申し訳ありません。 2000年に新車で購入したカブ50なのですが、走行8000で白煙を吹くようになってしまいました。 始動時は問題ないのですが、数キロ走行後にみるとマフラーより白煙を吹いています。 見た目、臭いを確認してみてもオイルに間違いないようです。 ここで質問なのですが、 1.走行8000でオイル上がり(下がり)とは、いわゆるハズレだったのでしょうか? 2.エンジン始動時は白煙が全く出ませんが、オイル上がりとは通常そういうものなのでしょうか?(クリアランスが大きい始動時の方がオイルが上がるのでは・・・?) 3.オイル上がり以外に白煙を吹く原因はないのでしょうか? オイル管理、アイドリングは常に行っており、CDI以外はノーマルです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • オイル量過多による不具合について

    質問:8年式レガシィGT-B 走行20万km(18万km時オーバーホール)。エンジンオイル量は4L(エレメント交換時4.5L)でいいと思いますが、例えばこれが5L、6Lと異常に過多となった場合、どのような不具合が発生する可能性があるか教えてください。具体的な量はわかりませんが、ゲージで言うと先端から10cm位です。もっとあったかもしれません。通常3~4cmくらいが適正範囲かと思います。以下参照願います。 詳細:今週日曜日スバルディーラーで、スロポジセンサー交換のため入庫ついでにエンジンオイル交換してもらいました。月曜夕方受け取りに行ったのですが、そこで見たのは、今までに見たことない信じられないぐらいにマフラーから白煙を上げる愛車でした。サービス担当が言うには、「インタークーラーを外す時に、溜まっていたオイルが回って白煙になっているんだと・・・」。帰りは全くフケず加速せず、踏み込むたびにプスプスと息継ぎしていました。昨日は少し症状はよくなりましたが、アクセルベタ踏みしないと過給が正圧になりませんでした。それでも0.5です。設定1.2。今日、何気にオイル量チェックしてみたところオイル量の異常に気づき、ディーラーで入れなおしてもらいました。確かに白煙はなくなりました。過給圧は直らず。オイル過多での走行延べ3日、約80~100km、たまに高回転。暫く様子を見るつもりですが、このまま過給が掛からない状態が続いた場合、その原因と対策も合わせて教えていただければ幸いです。HKS・EVC3を装着しています。よろしくお願いします。

  • オイル上がりで白煙の出る車の今後の利用方法

    以前オイル交換の遅れが原因で走行中白煙がでるようになってしまいました。(オイル上がりというもののようです)ターボのタービンを交換したのですが、その後、数万キロ走行したのですが、再度走行中白煙があがるようになってしまいました。走行距離78000km程度です。 こういったことになってしまった車は、中古車ディーラなどで下取りしてもらい、値段をつけてひきとってもらうことなどは可能なのでしょうか?(他の装備などはとくに異常なし)また、廃車にしてもらう場合などは、いくらぐらい費用がかかるものなのでしょうか? 車に詳しいかたおしえてください。

  • これってオイル下がり?

    エイプのボアアップ車に乗っている者です。   通学で乗っているのですが、毎朝暖気のためしばらくアイドリングさせていますが、 5分くらい経ってから軽くスロットルを開けてやると白煙(湯気?)を吹きます。 (エンジンかかってすぐの間は煙のようなものは出ていません) その後走り出してこれまた5分くらい経つと煙のようなものは完全に出なくなります。 走行中も出ていないかミラーなんかで確認しながら走っていますが出ていないようです。 これはオイル下がりなのでしょうか? オイル下がりはエンジン始動直後に白煙を吹くと聞きますが・・・・。