締切済み

在日外国人の地方参政権

  • 暇なときにでも
  • 質問No.33819
  • 閲覧数37
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 20% (7/34)

在日外国人の地方参政権問題に最初に取り組んだ政党は「新党さきがけ」で、島根県支部が1994年1月に外国人の入党を認めることにしたと発表した。その入党規約としては「適法に県内に5年以上在住した人、もしくは配偶者が日本国籍を持ち、県内に2年以上在住している人で党員2名以上の推薦を持った上、党費年間3千円払い込むこと」と定められた。
ある文献でこのようなことがあったと初めて知ったのですが、実際に在日の方でこれを機に入党された方はいるのでしょうか。何でもいいので回答お願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/0)

佐賀新聞のデータベースに記事がありましたよ。
94年11月の辞典で,50人以上の外国人党員がいたようです。
http://www.saga-s.co.jp/pubt/ShinDB/Data/1994/11/13%5f02%5f01%2ehtml

あと未確認ですが,東大の蒲島ゼミの
『「新党」全記録』 のなかの学生レポートに,94年
5月に46名の入党があったとの旨がかかれています。
http://politics.j.u-tokyo.ac.jp

さきがけのサイトに連絡先が書いてあるので詳しくは
直接たずねてみてはいかがでしょうか?
http://www.coara.or.jp/~sakigake/
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ