• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基礎工事大丈夫でしょか?

べた基礎で建設してます(在来2F建て) 1週間前に全ての型枠?が外されましたが、不安な点があるので教えてください。 ・基礎の幅が同じじゃない。一応15cmのハズですが内周?の基礎は12~13.5cm位とバラツキがある。ここに12cm角の土台をひいても問題ないですか?あと、角の部分が削れています。 どなたか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数171
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • 44kz
  • ベストアンサー率42% (3/7)

基礎幅の標準が150ミリというのはまだまだだと思います。 半分以上が120ミリ幅だと感じております。 おそらく、図面上は外周150ミリ、内部基礎120ミリとなっているものと思います。 角の削れは、通常の施工なら鉄筋が見えてなければ問題ありません。 気になったら、スグ現場監督に聞くのが良いと思います。 溜めておくと本来信頼できるものも、どんどん疑う傾向に進んでしまいますよ。 気にしすぎるもの問題なので難しいところですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

44Kzさん ありがとうございます。 >気になったら、スグ現場監督に聞くのが良いと思います。 溜めておくと本来信頼できるものも、どんどん疑う傾向に進んでしまいますよ。 気にしすぎるもの問題なので難しいところですが。 そうですよね。ただ、あまり聞きすぎると『こいつ、信用してないな!』と思われそうで・・・一回気になりだすと、とことん調べたたくなっちゃうので・・・ 有難うございました

関連するQ&A

  • 2x4の基礎と在来の基礎の違い

     友人から 我が家の基礎を見て 「これ 在来の基礎だよ」 といわれました 我が家は 2X4なのですが、 在来の基礎と 2X4の基礎と 何か明確に違いがあるのでしょうか? 建築したメーカに伺っても 違いは無いといっていますが・・ ご存知の方いらっしゃれば教えてください ちなみに ベタ基礎 で 立ち上がりは 建築基準法で12cm以上といわれているところを 15cmの厚みをもった厚みで作っています。

  • 基礎工事のチェックポイントについて

    布基礎です。明日上棟予定です。 下記2点心配です。ご教授お願い申し上げます。 ○地面に対して垂直な面で、気泡と、コンクリート内の石ころがむき出しになって見えるところがあります。大丈夫でしょうか? (だいたい石ころが中にはいっていていいものなんでしょうか?) ○地面に対して平行な面(土台がのっかるところ)で、コンクリートがかけているところがあります。およそ幅15cm程度のうちの1/4程度くらい、ですが、大丈夫でしょうか?  ○アンカーボルトで、真ん中に均一にたっているものはほぼ中心に位置しているのですが、重要と思われる長いアンカーボルトは、基礎の中心に位置していないものがあります。そのアンカーボルトは基礎の端まで3.5cmくらいでした。柱が立つやつだと思うのですが、大丈夫でしょうか?

  • 秋の長雨?での基礎工事について

    初めまして 現在、在来工法べた基礎で建築中です。 基礎工事が進んでいるのですがここの所の長雨?で心配になっています。 9月14日にベースコンを打ち、その後養生をしていました。昨日18日の朝に見に言ったところ立ち上がり部の型枠が設置されいました。 そこで質問です。 (1)ベースコンを打った当日は曇り(25度位)翌日は快晴(29度位で後夕方からブルーシートで養生されていました。)翌日からは霧雨~小雨です。コンクリの強度の為に雨が降ると最適だと聞きますが恵の雨でしょうか? (2)昨日(忙しく営業さんと連絡を取り合えませんでした)か本日あたりに立ち上がりコンを打つ予定ですが、霧雨~小雨という天候ですが、あまり気にしないほうがいいでしょうか? (3)立ち上がりを打ったあと、3~4日程度で型枠を外すようですがこれも普通でしょうか? どなたかご教授下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

150mmという設計になっているのでしたら、120~135と幅がバラバラなのはおかしいですね。設計と違うわけですから。 又、基礎の角欠けも、少しは仕方がないのですが、たくさんあるというのは、丁寧な施工とは言い難いです。 とはいえ、公庫の基準でも基礎幅は120mm以上かつ土台の大きさ以上となっていますので、基礎幅120mm以上あれば強度的には問題ないかと思われます。が、設計図書と違うならば何故違うのかは施工者に確認しておいた方がよいでしょう。この施主は結構ちゃんと見ているぞという緊張感を施工者には与えておいた方が後々の為にもなるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

inonさん ありがとうございます >この施主は結構ちゃんと見ているぞという緊張感を施工者には与えておいた方が後々の為にもなるかもしれません。 そうですね。誤解や不快感を与えない程度にしたいと思います。

  • 回答No.2
  • hroronD
  • ベストアンサー率34% (632/1827)

 問題ありません。設計どおりと思われます。心配なら基礎の施工図面を見せてもらうと良いでしょう。基礎の一箇所毎について幅が記載してあります。削れているのも多少は問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

hroronDさん ありがとうございます。 内周が15cmと書かれていたので・・・場所によって多少変わるものなのですね。勉強になりました。

  • 回答No.1

問題ありません。12cmあれば上等です。少々削れているのも問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

gooinodenさん ありがとうございます。安心しました。 WEBなどで見てみると15cmが標準?見たいに書かれているので心配になりました。

関連するQ&A

  • 基礎配筋における建築基準法って・・・

    いつもお世話になっております。 教えてください。 現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、ベース基礎が終了した段階です。 立ち上がり基礎の型枠(基礎幅は150mm)が完成し、アンカーボルトなどの設置も終わり、コンクリートを打設する前に、配筋を確認した所、これで良いのかという点がありましたので、皆さんのご見解をお聞かせ下さい。 人通口付近の配筋についてです。 連続した立ち上がり基礎の型枠の中に基礎幅と同じ幅(150mm)の木の板(厚さ10mm程度)を2枚500mmの間隔で入れ込み、空間を開け、人通口を作っている状態です。 その連続した立ち上がり基礎の型枠内の配筋は、人通口を作るために切断され、補強などは何もされていないようでした。 配筋が切断され、その配筋の切断面と人道口を作るための木の板とのかぶりが非常に狭く、ひどい所は木の板とほぼ接しています。 たまたま、同じ業者が近所で建設中の物件があり、そこの基礎を見たところ、我が家と同じような基礎の施工がされており、完成した立ち上がり基礎の人道口の側面から鉄のサビがにじみ出ていました。 工事監理の方に上記の事項を報告しました。 その回答は以下のとおりです。 ・人道口付近の配筋の補強は、その上に柱などが来ないような設計になっているので、必要ない。 ・配筋と木の板とのかぶりは、建築基準法では30mm以上とされているが、外気にあまり触れない箇所であり、問題にならない。また、基礎配筋を設置するのが困難な箇所であり、この位は黙認する箇所と言える。 ・現場では、なかなか教科書(建築基準法)とおりには出来ないものである。 だそうです。 その回答を私に告げ、そのままコンクリートを流す作業へ進んでいきました。 これって、普通ですか?

  • 基礎立ち上がり2mmのクラック

    120mm幅の立ち上がりで基礎立ち上がりを打ちました(気温19度午後)。その後当日夜9時くらいから雨が降りました。翌朝確認したところ、15箇所くらいの天端に最高長さ70cm最高幅2mmの亀裂がありました。亀裂の方向は基礎幅120に対して直行方向(型枠に平行)です。 このサイトも拝見させていただきましたが、どうしたらいいかわかりません。養生はしてありおません。ホールダウン、アンカーボルト付近に多く見られ、それらの金具も型枠に固定されていませんし、少し曲がっていたりします。金物の周辺にスキマも見られます。 建築は、地元工務店です。建坪は28坪強、べた基礎で、13mm20mmピッチ、立ち上がり主筋は13mm、縦は10mmです。レベル出しのコンクリートを打ってしまうとわからなくなるので、ビデオ、写真で撮影済みです。 レベルコンクリートはすぐ打たなくてはならないのでしょうか? 水が型枠内にたまっています、このまま夜を迎えるとクラック部分の水が凍ってしまいそうで心配です。 今回前にも少しもめたので、心配です。よろしくお願いいたします。

  • 基礎工事直前での立ち上がり基礎幅の変更

    教えてください。 新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、現在、基礎工事に取り掛かっている段階です。 次の日より基礎のベースの外枠組み及びベースの鉄筋組みを行なう予定となっていました。 そこで、問題が発生しました。 打ち合わせの段階で私が営業の方に確認しなかったのが、そもそも良くないのですが、基礎の立ち上がり幅(高さではありません)120mmが標準だと言うことが分かり、急遽オプションで150mmへ変更してもらうことになりました。 そこで質問です。 (1)次の日にベース基礎が行なわれる段階で基礎の立ち上がり幅を急所変更しても、基礎の強度など、問題はないのでしょうか? 業者は120mmの予定で準備していますので、150mmに変更すればそれなりに再度準備し直す必要があるのでしょうか? (2)変更による請求金額です。 業者からの請求金額が10万円との提示がありました。 通常、基礎幅を120から150mmに変更する程度であれば、10万円は高すぎるような気がします。 営業の方に聞いたところ、図面の変更等があり、この位はかかるとの返答を頂きました。 この請求金額は妥当なのでしょうか? 以上2点の質問です。 よろしくお願いします。

  • 布基礎の型枠

    お世話になります。DIYで小屋を作成中です。 遣り方等が一通り終わり、布基礎部分の生コン型枠を作っています。 建設場所の都合上、一辺が既存の建物の基礎に数センチしか余裕がありません。 ここに型枠を収めると、要請後にこの部分のみ型枠を外すことができなくなりますが、そのままでも大丈夫でしょうか? 素人質問で申し訳ございません。宜しくお願い致します。

  • コンクリート基礎の亀裂

    築28年の和風ほぼ総二階です。最近無料チェックに来た業者の職人さんが床下の基礎立ち上げ土台部分に数箇所の亀裂を発見しました。一ミリほどの隙間があるようです。地震があれば危険です!と、ここにガラス布をあててエポキシ接着する補修工事を勧めてきました。数十万の見積もりです。 べた基礎で、その台部分の上にも横木が乗っていて基礎ボルトで止められてあり、通気穴(長方形)も開いているので何もクラックくらいで神経質になることはない、と思っているのですが、以来、業者は執拗に電話をかけてきます。基礎そのものに偏沈下は見られません。 きっぱりと断るべきでしょうか?

  • 基礎のコンクリートに関して

    基礎について質問です。  基礎の立ち上がりの   コンクリート幅が12cmということで   ネット上では15cmくらいにしたほうがいいと・・・。  すでに建築確認が通っているので変更できないといわれました。  そこで   質問ですが   基礎の図面には    鉄筋 SD295A D13@200    コンクリート FC21N/mm2           21-15-20    とありました。  これは一般的な仕様でしょうか?  また、この場合のコンクリートの強度は設計強度なので  実際に使用するさいのコンクリートの強度は大きめのものを   使用するのでしょうか?  どのていどのセメント比ですべきなのしょうか? 以上、よろしくお願いします。      

  • 基礎のセパレータ

    いつもお世話になっております。 教えて下さい。 現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、現在、基礎工事に取り掛かっている段階です。 基礎のセパレータにはいくつか種類があると思うのですが、我が家の基礎では、立ち上がり基礎の最上部と最下部の2点でフックセパレータ?を使用しているようです。 フックセパレータ http://kanamono.ocnk.net/product/227 のような物。 ネット上でいくつかの基礎の写真を見ましたが、だいたい、どの基礎もB型もしくはC型セパレータで固定されており、型枠を外した後は丸い穴があいています。 しかし、我が家の基礎は、B型・C型のセパレータを利用していない為、そのような丸い穴は有りません。 その代わりに、フックセパレータ?の端が基礎から剥き出しになっている状態です。 ちなみに、ベース基礎の下部にも同じ物が剥き出しになっています。 ですので、基礎を外側から見ると、フックセパレータ?の端が最下部とベース基礎及び立ち上がり基礎の間の2点に見られると言う事です。 この状況は、普通ですか?

  • 土留めの工事 これって変では?

    土留めの工事をしたのですが、その1、コンクリを型枠に流して2日おきますと担当者はいったのですが、下請けは1日だけあけて次の日にすべてはずしてしまいました。ふつうは24時間でうちははずします、強度は問題ありませんという解答でしたが、下請けとの連絡ミスでは・・・強度に問題ないのかどうか、その2、幅を確かめると15センチのはずが12センチしかない・・・これって誤差?じゃないですよね、上に煉瓦をのせるのですが、煉瓦もずいぶんはみ出ます。施工ミスでは・・・。その3、なにやら枠をはずした後モルタルをつけている。下半分厚さ3センチほどで3メートルほど、下に細い木で受けてモルタルを上にのせている。次は上半分やるつもりか・・・そしてよく見るとその当たりは何となくゆがんでいる感じ、コンクリを入れるときに支えをちゃんとしなかったからでは・・・と思うのですが、それにモルタルも付け足しじゃはがれやすいのでは・・・これってやはりミスとして指摘すべきなのではとおもっているのですが、アドバイスお願いします。

  • 中古住宅における基礎の亀裂について

    現在購入希望の物件についての質問です。築14年木造住宅です。業者がリフォームをして売り出していますが、基礎に亀裂があります。換気口の角からで、幅0.5ミリ長さ15センチほどが2箇所です。 その一箇所だけなのですが、コンクリートの収縮でしょうか?判断基準があれば教えてください。

  • 基礎のベース部と立ち上がり部がズレています

    現在新築中(ベタ基礎・2×4、床組みまで完成)です。基礎に関して教えてください。 一部ですが、基礎のベース部に対して、立ち上がり部が外側にズレています。基礎幅は12センチ、ズレ量は最大約3センチです。ベース部の型枠の寸法が出ていなかったためズレたようです。ベース部型枠設置後、鉄筋は型枠から4~5センチの位置(ほぼ中央)にあることを確認しました。(立ち上がり部型枠設置後の配筋は確認できていません)おそらく、立ち上がり部の内側の鉄筋のかぶり厚が不足(2センチ程?)しているはずです。 ちなみに、このずれている基礎の壁は耐力壁ではありません。(五角形を半分に切ったように飛び出た部分で平屋)この場合の必要最小限のかぶり厚さは何センチでしょうか?  耐力壁でない&直接土に触れない(立ち上がり部分)の二点より、かぶり厚さは二センチあればよい。と解釈するといいのでしょうか?(下記建築基準法施行令をどのように理解すればよいか迷っています) 既に床組み完了している段階ですが、基礎内側の補修を要求した方がよいのでしょうか?基礎外側はモルタルで補修すると聞いていますが、このような場合、モルタル補修が適切なのでしょうか?業者と話し合うためにこちらの要求をはっきりしておきたいと考えています。上手く説明出来ていないかもしれませんが、アドバイスいただけましたら助かります。よろしくお願いします。 建築基準法施行令(鉄筋のかぶり厚さ)より 第七十九条  鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあつては二センチメートル以上、耐力壁、柱又ははりにあつては三センチメートル以上、直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあつては四センチメートル以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあつては捨コンクリートの部分を除いて六センチメートル以上としなければならない。