-PR-
締切済み

お金を持って行く方法は??

  • 困ってます
  • 質問No.33702
  • 閲覧数41
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 20% (2/10)

3月の始めにニュージーランドへ行くのですが、お金はどうやって持って行くのが一番いいのか教えてください。海外へ行くのも初めてなので、いろいろ分からないことがあります。旅行で持っていったら便利なものとか、旅行好きな方マメ知識を教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全8件)

  • 回答No.3

補足です。

NZではオシャレは必要ありません。
気ままな服装で歩いて旅行のかばんを身軽にすることをすすめます。
北島のオークランドはそこそこ都会ですが、それ以外は(クライストチャーチも
ふくめて)田舎町です。
バックパッカーが殆んどで、実際歩く機会も多いかと思うので
ハードケースはちょっとつらいかもしれません。しかしそのあたりは
chiroさんの目的もあるでしょうから・・・・・

もし行く場所がまだ未定なら【ダニーデン】を候補地に入れることをおすすめ
します。それと長期旅行なら【OAMARU(オマル)】に立ち寄れれば
きっと素敵な雰囲気を味わえるはずです。OAMARUはマイナーな町なので
あくまでも時間がある旅行だったらお勧めです。

日本食に恋しくなったらチャイニーズがおすすめ。
もちろん日本食店も最近は増えてきましたが、
チャイニーズのほうがリーズナブルでけっこういけます。
チャイニーズ人口もかなりの数ですから、食材もたくさんあるんです。

では!


  • 回答No.2

日本円です。
NZは現地でNZドルに交換した方がレートが断然いいです。
これはもう絶対です。大きな都市では外貨専用の交換所がありますが、
地方都市ではあまりありません。しかし、銀行は必ずあるので
そこで交換できます。わざわざAUSドルとか米ドルにして持ち込まなくても
大丈夫。日本円からNZドルにするのが一番レートがいいです。

トラベラーズチェックを使う人も多いですが、その場合も日本円の
トラベラーズチェックを用意した方がいいです。

でも、日本円をそのまま受け付けてくれるお店は、お土産やさんぐらいしか
ないので、必ず現地に着いたらNZドルに換金してくださいね。
空港では手数料がかかるので、最低必要な分だけで、あとは街中でどうぞ。

そもそも日本でNZドルを手に入れようとするとANZ銀行の日本支店で
しか手に入らないはずです。その他の銀行では数日待たされてヨウヤク換金
できるのでとても手間がかかります。

NZは最近治安が悪くなりつつありますが、日本の東京とかに比べたら
まだまだぜんぜんいいほうです。海外旅行で現金を持ち歩かないのは
常識だといわれますが、NZに限ってはあんまり過敏にならなくても
いいでしょう。しかし、用心をするのに越した事ありません。

現金以外にはカードを持っているのが海外旅行の常套手段ですね。
NZは田舎町ばかりですが、クレジットカードはどんな田舎でも
使えますから安心してください。

ちなみにNZドル紙幣は紙状のプラスチックで出来ていて、燃えにくく
水にも強く、破れにくいっていう画期的なものです。一部分が透明に
なっているんですよ。お土産にあまった紙幣を持ってくるのもいいかもね。

それでは気をつけて行って来てください。

3月だと寒い日は上着が必要です。
  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 40% (40/99)

お金は「トラベラーズチェック」が良いと思いますよ。
ニュージーランドに行く時の「旅行前の注意」というページがありましたので 参考にしてください。結構いろいろ書いてありますので。
http://www.hakuyo.com/nz/before.html

下の参考URLは↑のサイトのトップページです。
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 30% (4/13)

ニュージーランドいいですね。
海外へ行くなら、T/C(トラベラーズチェック・旅行小切手)がいいんじゃないでしょうか。
CASH(キャッシュ・現金)で持って行くより安全だし、レートも若干お得です。
T/Cは大きなショッピングセンターや免税店で、現金と同じ感覚で使えます。
2箇所サインするところがあるんですが、1箇所を購入時にサインし、もう1箇所は支払い時にサインします。その2つのサインを照合し、確認します。
おつりはキャッシュでもらえます。
万一紛失したり、盗難にあっても再発行してもらえます。
でも到着後タクシーに乗ってチップが必要だったり、ちょっとコーヒーが飲みたいなんて時に小額紙幣が無いと不便なので、キャッシュも少し持って行かれた方がいいでしょう。
T/Cは外貨取り扱い銀行で購入できますが、ニュージーランドドルは取り扱っている所が少ないかもしれませんね。
東京三菱の為替レートを載せておきますけど、これにもニュージーランドドルのT/Cのレートは載ってないですね・・・。
両替に行かれる前に、電話で確認したほうがいいかもしれないですね。
どうしてもニュージーランドドルのT/Cが無くて、高額のキャッシュを持って行くのも不安なら、USドルのT/Cや日本円のT/Cを持って行かれるのもいいかもしれません。(1%手数料取られるので、ちょっと損ですが)
あと、海外ではやっぱりカードも便利ですね。
楽しんできて下さい♪
  • 回答No.5

2000年と2001年の年またぎにNZへ行ってきました。
まずはNZのトラベラーズチェック(T/C)を持っていくことをお勧めします。初めて海外に行くので銀行や両替に行って失敗はしたくないですもんね。だって、空港から一足出たらタクシー、エアポートシャトル、電車、バス、いずれにせよお金が必要です。特に長い空の旅で疲れてるんだから、最初はあんまり動きたくないですよね。それに時間も取られたくないし。NZのT/CはCITIBANKに行けば東京三菱みたいにセットで買わなくてもいいんでお得です。セットで買っても使い切れないですから。例えばNZ$200くらいだけ日本で買っておいて、現地で日本円を両替してはどうでしょうか?前の人も書いている通り、現地で両替した方が得です。それに、T/CはNZではcashに両替の手数料が取られないんで、助かりました。オーストラリアでは手数料を取られましたから。いい方法は、CITIBANKでT/CをNZ$200くらい買って、後は日本円とカードを持っていき、足りなくなったら両替を街でする。カードは発達してますのでほとんどどこでも使えます。NZ$200もあれば現金の方は大丈夫だと思います。分からないことがあればまた言ってください。答えられる範囲でお答えします。
  • 回答No.8

関連質問された方ですね(^O^)。

昨年家族でNZツアーに参加しましたが、いろいろ検討しましたが、「キャッシュ」と「クレジット・カード」にしました。「キャッシュ」は3人だったので、分散して持っていきました。
T/C(エン、ドル、NZドルも含めて)は安全でしょうが、手数料とか考えると損であると判断しました。

更に、レートに関しては以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
昨年6月は¥50位でしたが、その後変動があるようですね!

mokochiさんの「CITIBANK」の利用も良いかもしれませんね・・・(詳細な検討はしてません)?

Have a nice trip!
  • 回答No.6
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/5)

年に何回も出張で海外に行くと毎回持っていくお金の管理も馬鹿になりません。私の一押しお薦めはこれ!!

三和銀行の普通預金口座開設しそのカード(ただの普通預金のキャッシュカード)のみを持っていく。
世界のほとんどのATMでまるで日本でおろしているかの様に
現地の通貨をおろせます。もちろん口座にそれに見合う残高がないとだめですが。しかもおろすたびに手数料200円とられるだけで全然手間が掛からない。本当に便利!!

別に私は三和の営業ではありません念のため。
  • 回答No.7
レベル13

ベストアンサー率 38% (496/1279)

私も銀行カード(CITIBANK)を主に使っています。
ただ、現地引出しのときのレートが若干悪いんですよね。ですから、数ドルでも無駄にしたくないと思ったら、現金を持っていくしかないのですが。

同様に、クレジットカードでのキャッシングもさらにレートが悪くなっています。
カードで直接買い物をする分には、レートは普通です。

*NZでは目立った犯罪など聞きませんが、クレジットカードの管理には気をつけてください。詳しい注意事項などは旅行ガイドにも書かれていると思いますので、熟読されたうえ、トラブルのない楽しい旅行を。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ