• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

無添加は安全・・・・?!

最近通販で、髪に良いと言われている無添加のシャンプーを選んで買って使っています。今まで何種類か試してみました。そこで疑問を持つようになったんですけど、無添加とは指定表示成分が含まれていないものを言うんですか??指定表示成分を含んでいないと謳われている商品でも、成分が表示されていて、例えば、フェノキシエタノールというものとかが含まれていました・・・・しかし私が知っている情報としてフェノキシエタノールとは、防腐剤、抗菌剤、溶剤を用途とし、皮膚や粘膜を刺激し体内に吸収され、麻酔作用があるということです。私の情報不足のせいもありますが、無添加といったら安全という考えは間違っているのでしょうか??分からなくなってしましました。又、成分が表示してある商品は、その成分が毒性だから表示しているので、裏を見てみて成分があまり表示していないものが安全だと聞いた事があります。となるとその商品は何を原料にして作られているものなのか・・・と疑問に思ってしまいます。 このような事に詳しい方がいましたら、教えて下さい!!どの商品を信頼していいのか分かりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんばんは。 1番の方のおっしゃるように「無添加=安全」じゃありません。 結構勘違いされてる方が多いようですが、添加物というのは、そもそも何らかの目的があって使っているものです。 それを敢えて使わない以上、その性質は当然機能しません。 例えばそれがもし、防腐剤や成分の酸化や変質を防ぐようなものなら、その製品はバイ菌が繁殖しやすく、あるいは、空中の酸素などで変質しやすくなります。 その結果有害物質を生じる事は珍しくないですし、時には腐ったものを使う事になってしまいます。 当然その製品はそうなる前に使い切ってしまわなければ安全ではありませんね。 これはほんの一例ですが、無添加を選ぶのなら、その添加物が何ゆえ使われていたのかを考え、それがなくても安全に使えるだけの知識、テクニックが不可欠です。 使い方を今までのままで、添加物だけ取り除いたものを使えば当然そういう事故が起こります。 無添加はいいと思います。でもそれを使うには使う方法をしっかり勉強してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

添加物は有害だと思っていましたが、確かに無添加を何も知らないまま、腐ったり黴菌が繁殖したものを使ってしまったりしていたらほんと怖いですね・・・。無添加を選ぶにはそれなりの知識を持って判断しなけらばならないんですね。勉強になりました。ありがとうございました!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • AF2
  • ベストアンサー率25% (43/167)

フェノキシエタノールは、”無添加の化粧品”に入っている事が多いです。ではどのような物なのでしょうか。答えはパラベンもどきです。パラベンはその様々な毒性ゆえに敬遠されていますが、それと構造が似た物質が表示指定成分から漏れました。つまりパラベンでは無いパラベンと言う訳です。これなら使っても表示指定成分では無いので無添加と表示できる。そんな良い話をメーカーが見過ごす訳がありません・・・ 第一ジュースや加工食品の”香料”は100種類近い化学物質を混ぜ合わせて作っているんですよ。しかもその添加する量に関して食品でさえも規制値が無いのですから。そのような物が安全だと思える人は・・・ 最終的には102種類の化学物質+香料が入っていなければ無添加なのです。 本物の意味での無添加化粧品やシャンプー等を探す事は大変難しいので、太陽油脂社等の無添加派メーカーの商品をインターネットやデパートで購入してはいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか~!勉強になりました。もう少しインターネットなどで調べてみようと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.3

>成分が表示してある商品は、 >その成分が毒性だから表示しているので、 >裏を見てみて成分があまり表示していないものが >安全だと聞いた事があります。 今は全成分が表示されているはずです。 (医薬部外品を除く) なので、きちんとしたメーカーなら何が無添加なのか 書いてあるはずです。 (防腐剤無添加とか、パラベン無添加とか) 成分の毒性については 人によって言ってることが違ってることが 多いので、複数の出典をお調べになった方が いいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね~。確かに人によって言ってる事は違います。おっしゃる通り、複数の出典を調べてみようと思います。アドバイスありがとうございます!

  • 回答No.1
  • Akiko_H
  • ベストアンサー率26% (42/159)

こんばんは。私は無添加=安全とは限らないという本を読みました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そんな本があるんですか??本屋に行って探してみます。読んでみたいです。

関連するQ&A

  • フェノキシエタノールという成分の危険性

    化粧品に入っているフェノキシエタノールという成分は、 表示指定成分ではないのに、 表示指定成分のパラベンよりも、強い防腐効果があり、 石油から抽出しているということを聞きました。 ということは、表示指定成分無添加の化粧品でも、 フェノキシエタノールが入っていたらキケンだということなのでしょうか??

  • 無添加のヘアカラーを購入しました。

    無添加のヘアカラーを購入しました。 成分表示を見ると 「HC青2 HC黄4 塩基性青99」 とあります。 青色1号のような悪いものではないと思うのですが、由来や毒性の有無が分かりません。 (ネット検索したり、問い合わせをしたのですがイマイチはっきりしません。) 最近、無添加を売りにしながら「フェノキシエタノール」を使用している商品が多いですが それと同じ感じなのでしょうか? お分かりになる方、教えて下さい。 

  • 無添加の化粧品の防腐剤について

    肌が弱っていてほとんどの化粧水が合わないので成分を見るようになりました。 アルコール、ハーブ類にも刺激を感じるので選択幅が狭いです。 それでわからないことがあるのですが・・・・ 無添加をうたっている化粧水はパラペン以外の防腐剤であるフェノキシエタノールや 1,2-ヘキサンジオールを使っている物があるんですけど、調べたらこれらはアルコールだと書いてあるんです。 でもノンアルコールの化粧水に使われているのです。 なぜでしょう???? アルコールとしての刺激を感じることはないということなのでしょうか?

  • 化粧品の成分の、悪いものについて

    最近化粧品の成分を気にしだしました。パラベン、フェノキシエタノールなどがここのサイトでよくないと聞きました。それで、なるべく無添加のものを使おうと思い最近無添加物を探しているのですが、無添加と書いてある化粧品に、フェノキシエタノールが入っていました。やはりこれはあまり肌によくないのでしょうか?  また、パラベンのほかにも、あまりよくないものがあるならば、パラベンと比較してどのくらい悪いか教えてもらえるとありがたいです。お願いします。

  • 超敏感肌です。化粧水探してます!

    こんにちは。 私は超がつくほど敏感肌で困っていて、 いま自分に合う化粧水&乳液を探しています。 アルコールを使っているものがダメです(><) 肌も弱いのでできれば添加物をあまり使用したくはありません。 成分表示に、ノンアルコールと書いてあっても、エチルアルコールと書いてあったりすると矛盾してるよなぁーなんて思います。 ・ノンアルコール ・防腐剤なし(パラベン・フェノキシエタノール等含まない) ・無鉱物、弱酸性、無香料、界面活性剤無添加・・・ なしの化粧水&乳液はないのでしょうか? また防腐剤等は微量なら大丈夫なのでしょうか? 無添加のお化粧品を作るのは大変だと聞きました。 もしなにかオススメな化粧水&乳液ご存知でしたら教えてください。

  • 無添加シャンプーについて

    Haruシャンプーは納得完全無添加商品になりますか? 成分表にたくさんの材料が書いてあります。 これらが全て無添加のものなのか?と思います。 無添加シャンプーでもトリコフェタノールなど防腐剤の材料が入っていたりします。 無添加シャンプーのオススメがあれば教えて頂きたいです。よろしくお願い申し上げます。

  • アルコールアレルギー

    私はアルコールのアレルギーなのか、注射の消毒では赤くなって 熱を持ち、痒みを感じます。 ボティークリームなどでも、つけるとちょっとスッとしてピリピリしたり 痒いものには、表示成分に○○○アルコールと名称に「アルコール」と 書かれているものが含有されています。 「エタノール」「フェノキシエタノール」はアルコールと同類かと 思っていましたが、アルコールほど痒くなったりせずに比較的 大丈夫な感じです。 化粧品などに含まれるエタノールはアルコールアレルギーでも 使用して大丈夫なんでしょうか? どの商品も保存用に多少なりともアルコール系の成分は入っているようで、 避けようもないのですが。。。 ちなみに、「無添加」と表示されている石鹸などは、逆にカサカサして 痒いです。 無添加でそんなアレルギーっぽい反応っておかしいのでしょうか?

  • 無添加について、素朴な質問。

    少し前に「無添加」というものに興味を持ったのですが、どうしても解決できない疑問があるので質問させてください。 たとえば、「無添加」であるかどうかの指標?みたいになっている「パラベン」。これって、目薬にも使用されていますよね?目薬でトラブルを起こす人って、あまり聞いたことないですが、化粧品のパラベンでトラブルを起こす人って、実際どのくらいいるのでしょうか?さらに目薬ですら外せない「パラベン」を加えていない化粧品は、どのようにして雑菌対策を行っているのでしょうか?どう考えても化粧品の方が、目薬より雑菌汚染の可能性が格段に高いような・・・ 以前、有機合成を行っている人にパラベンの代わりの防腐剤の開発は行われているけれど、「パラベンの代替物質の研究は行われてはいるが、パラベンより優れた防腐剤の合成には成功していない」みたいな言葉を耳にしたことがあり、気になっています。(おそらく生産コストなどの問題もあるのかな?) 「無香料」等には多いに賛成ですが、「表示指定成分(今はないみたいですけど)」には化粧品作りに欠かせない物質もあったはずでは? これらを考えると「無添加」というものは「表示指定成分」に認定されなかった、独自で開発した物質なだけで、安全性については広く議論されていないのかな?と思ってしまいます。 以上、理系学生ですが専門外なので変な考えかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • アメリカへシャンプーを送りたいのですが

    アメリカのロサンゼルスに液状のシャンプー、クリームのトリートメント、液体のトリートメントを宅配をする方法を教えてください。m(__)m クロネコヤマトさんに、エタノールは送れませんと言っています。 防腐剤として使われるフェノキシエタノールは送れないのでしょうか。 今回送る商品は国内ではかなり安全性の高いものですが、確実に送るためにはどうしたら良いのか分かりません。 送る方法を教えてください。 よろしくお願い致します。

  • 無添加せっけん

    信用できる品質の無添加せっけんを探してます。アトピーで苦しんでいるので体に全く害の無い安全な物。通販ではなくドラッグストア等で簡単に購入できる物を探してます。 「無添加」と表示されている商品を多数見かけます。安く手頃な物から高価な物まで・・・どれがいいのかわかりません。何を見て選べばいいのでしょうか?成分を見てもさっぱりわかりません。ご存知の方ぜひ教えてください。