• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

大型貨物自動車のバックミラーは?

 私は普通免許のみを持つ者で、大型自動車については無知です。ですが、普通自動車を運転していて、大型自動車について気になったことがありましたので、質問します。  普通自動車の場合は座席の後ろに、後ろの窓ガラスがありますから、バックミラーで反射することによって、後ろがどういう状況になっているかが把握することが出来ます。また、バックすることも窓から目視もしますが、バックミラーも参考になります。  しかし、ダンプやトレーラーのような大型貨物自動車は後ろが荷台になっているために、座席の後ろに窓ガラスを設けて、バックミラーを運転席の上に設置する、ということは出来ないような気がするのですが。  そこで、大型貨物自動車について詳しい方、運転している方にお聞きしたいのですが、大型貨物自動車の場合、普通自動車で言うバックミラーに相当する機能はどういう風にしてクルマの後ろの状況を把握するのでしょうか。それとも、大型貨物自動車にもバックミラーが運転席の上にあるものなのでしょうか。  分かりにくくて申し訳ありません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1050
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 大型トラックですが、ghq7xyさんの疑問の通り後ろを室内のルームミラー から確認する事は出来ません。 乗用車にもありますが、バスやトラックでは後部の屋根にCCDカメラがあり、 ギアをバックに入れると運転席のモニターに画像が映し出され、距離なども 分かるものが結構ありますが、通常はバックミラー(サイドミラー)と窓からの 目視だけになります。 でも、バスやトラックを見ればわかると思いますが、乗用車と同じように ルームミラーはちゃんと付いています。 これは、不必要だからと取ってしまうと型式を取り直さないとならないし、 車検にも通らなくなってしまうためと、トラックなどは車体とボディを別に 作っている場合も多く、荷台の無いフレームだけの状態で走っているのを 見た事があると思いますが、そうした場合にはルームミラーが必要だから です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 なるほど、CCDカメラとモニターを使えば、バックミラーと同様の効果を得られますね。

関連するQ&A

  • 大型貨物自動車等通行止め

    大型貨物自動車等、通行止めの標識 道路交通法で、大型貨物自動車等とは、 1.大型貨物自動車 2.特定中型貨物自動車 3.全長8mを越える普通貨物自動車 4.大型特殊自動車 を指します。 さて、大型自動車、特定中型自動車、 全長8mを越える普通自動車の中で 最大積載量が無くて 乗車定員10名以下の物 いわゆる特種用途車は通行は可能ですか? 車輛総重量8t以上。 代表例:トラッククレーン車。8ナンバー ただし運転席と荷台の中間に設置した 補助クレーン(代表的なブランド:古河ユニック)と 大型特殊自動車であるクレーン車、 代表例:ラフター は、含みません。 トラッククレーンは運転席とクレーン席が別 ラフターは運転席とクレーン席が一緒 ※大型乗用自動車とは乗車定員30名以上 ※中型乗用自動車とは乗車定員11名~29名

  • 大型貨物自動車等通行止めの標識がある時、

     大型貨物自動車等通行止めの標識がある時、大型貨物自動車、特定中型貨物自動車及び大型特殊自動車は通行できない、ということでよいでしょうか。  また、この場合、バス(大きいものでも小さめなものでも)が通るのは、法律上は問題ない、と捉えていいんでしょうか??

  • 大型貨物自動車のパワステについて

    大型貨物自動車で、重量物を積載したとき、 方向変換などでステアリングを限界まで廻しきったままにすると キキキキキ、キキキキキ、といった金属音が聞こえる車があります。 そこで質問です。 すえ切り(停まったままステアリングを廻す)のは大型貨物自動車にとって、好ましくない操作と理解してますが、どうなのですか? このキキキキキという異音は、どこの部品からですか? パワステポンプ? すえ切りで左いっぱいから右いっぱい廻す操作は、操舵装置の寿命を縮めませんか? 整備士や詳しい方、教えて下さい。 宜しくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#2748

#1の方が答えられているとおりで、取り外してしまうと車検に通らなくなってしまいますので役には立たなくてもちゃんと付いています。また、他の方のお答えにあるバックモニター(最近は乗用車にもついていますね)を装備した車も多いですね。バックモニターはダッシュボード上などの視界の邪魔にならないところにモニターを取り付けてありますが、より自然な後方視界を確保するという目的でキャビンの中に車の前方を向けてモニターを取り付けてルームミラーに映してみるというチョット変わった物もあります。これは後退時のみでなく常時映しておきルームミラーの代わりをする物です。直接ルームミラーの位置にモニターを取り付けないのは車検の問題と、外光が入り込んだ時にモニターの画面が見えなくなるのを防ぐためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 フォローありがとうございました。

  • 回答No.4
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

大型車にも運転台の後ろに窓があります。幌をたたんだときなどは、ルームミラーを使用しています。 確かに後方は確認しにくいですが、右左折しながら後進するなどにより、サイドミラーで進行方向を確認することができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 幌をたたんだ時にルームミラーを使うのですね。

  • 回答No.3

乗車する前には前方と後方を目視確認することが義務ずけられていますから 目視に頼るしかありません。 #1にあるモニターとは「バックアイモニター」などと呼ばれています。 荷台後部の最上部にカメラが取付けられていて バックギアと連動して運転席のモニターに後部が映し出されたり モニターのボタン操作により常時後部を確認することもできます。 ダンプカーなどでも荷台下にカメラが取り付けられているものもあり 後方を確認できるようにしているものもあります。 今度、トラックの後ろで止まったときなどよく見てみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 モニターを使えれば便利ですね。

  • 回答No.2
  • hima-827
  • ベストアンサー率24% (1087/4413)

通常、トラックは、皆同じです。 小型トラック(普通免許で運転出来る車)でも、後ろに幌が付いていたり、アルミ荷台の場合も後ろは、見えません。 ですから、バックする前に後ろをちらっと確認するだけです。 要は、バックするときは、左右のバックミラーだけで、ばっくします。(状況により、窓から顔を出して、後ろを見る) ですから、車が長くなっただけで、小型も大型も変わりません。 大型の場合、一人でバックするときは、相当注意が必要です。 ですから、事故に巻き込まれない為に、大型がバックしてたら、近寄らない方がいいです。 また、余談ですが、普通免許で、4t車まで(正確には、5t未満)、乗れます。その4t車トラックのロングボディーだと、ほとんど、大型トラックと同じ大きさになりますよ。 大型免許所持者より。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 基本的にバックは左右のミラーを使うのですね。結構技術が必要そうですね。

関連するQ&A

  • 「大型貨物自動車等通行止」の標識について

    駅前などの市街地で、 赤い規制標識、「大型貨物自動車等通行止」があって、 補助標識として「特定の最大積載量以上の貨物自動車等通行止」(3t)が付いていたとします。 当該標識のある道路に、実際3tのトラックが通行した場合、 信号無視やシートベル等のように警察に捕まって、点数が累積されるなんてこと 実際あるのでしょうか? 3tといっても様々で、本当に大きいものから、2t台のトラックと変わらない大きさのものもあります。 例えば、私の家の近所の駅前商店街は、 駅前のスーパーや飲食店へ納品するためのトラックが行きかいますが、 「特定の最大積載量以上の貨物自動車等通行止」(3t)の標識があるにもかかわらず、 当たり前のように3tのトラックが通行していますし、 2950kgといったへたな3tより大きいんじゃないかな、と思うようなトラックも走っております。

  • 11人以上乗れる中型貨物自動車って???

    時代と共に変わりゆく道路交通法なのですが、 今は中型自動車というカテゴリーがあるそうです。 そこで、現在の教本を見る機会があったのですが、 『乗車定員11人以上の中型貨物自動車』 という表現があるのですが、想像できません・・・ 出ている項目的には、 「高速自動車国道の本線車道における最高速度」 の項目で、80km/hとなっています。 (普通乗用車などは100km/h) 普通の中型貨物車(4tトラック)、 普通の中型乗用車(マイクロバス)は分かるのですが・・・ 中型ではありませんが、 前席、後席のある5人乗りくらいの荷台がピックアップ等に なっているトラックは見たことありますが、 これは普通貨物になると思うので中型ではありません。 どのような車なのかご存知の方、 なにか写真かその車体メーカーさんなり、車名など、 教えていただけますか? ちなみに、 <中型自動車とは> 大型自動車、大型特殊自動車、大型および普通自動二輪車、 小型特殊自動車【以外】の自動車で、 次の条件の【いずれか】に該当するもの 車両総重量:5t以上、11t未満のもの 最大積載量:3t異常、6.5t未満のもの 乗車定員 :11人以上29人以下のもの さらに上記範囲内で、 車両総重量8t以上11t未満 最大積載量5t以上6.5t未満、または、 乗車定員11人以上29人以下の中型自動車は、 【特定中型自動車】というそうです。 よろしくお願いいたします。

  • 貨物の積み位置について

    宜しくお願いします 大型貨物自動車において、 荷台に荷物を載せる際 (1)キャビン(運転席)寄り (2)荷台の中央 (3)荷台の後方 不安定はどこですか? 安定するのはどこですか?

  • 大型自動車免許 返納

    宜しくお願いします。 元自衛隊の方が、「下位免許」を申請しようとした場合、どうなりますか?   昭和時代に自衛隊に入隊し、運転免許は最初に取得したのは「大型自動車」で、普通自動車(現在の中型自動車8t限定)は取っていません。 質問(1)。「大型自動車免許のみ」から下位免許にすると、「現行の免許制度」の中型自動車、普通自動車、小型特種、原付。で良いですか? 質問(2)。当時の中型8t限定にはならない? 質問(3)。「大型自動車(自衛隊車に限る)」の下位免許はどうなりますか?

  • 自動車の最大積載量について

    教習所で配られた練習問題に次のようなものがありました。 貨物自動車の荷台に、自動車検査証に記載されている最大積載量の80%の荷物を積むことは許されている。(答え:○) 教本には大型自動車・中型自動車・普通自動車・大型特殊自動車の積載物の重量は「自動車検査証か軽自動車届出済証に記載されている最大積載量」と書かれています。80%という数値は教本のどこを読んでも載っていません。 最大積載量の80%に限らず、最大積載量の100%まで積むことが許されているのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 大型車と二輪を同時取得できる合宿所を探しています。

    大型自動車と二輪を同時に取得できる合宿所を知っている方いらっしゃいますでしょうか。 現在、普通自動車運転免許を持っているのですが、 できれば短期間で安く大型自動車と二輪を取得したいと考えております。 何か良い方法など教えて頂ければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します。

  • 自動車専用道路では小型特殊自動車通行できるか?

    自動車専用道路は総排気量126cc以上のオートバイおよびミニカーを除く4輪自動車貨物自動車大型特殊自動車トレーラー通行できますが、なぜ小型特殊自動車に限って原動機付き自転車と同様自動車専用道路通行出来ないのか教えて下さい。

  • 大型特殊自動車の免許取得について質問です。

    大型特殊自動車の免許取得について質問です。 この度、大型自動車の免許の取得を検討しておりますが、取得内容について詳しく教えて下さい。 (1)大型特殊自動車は、試験場での学科試験も有るのでしょうか? (2)大型特殊自動車は、試験場での実技試験も有るのでしょうか? (3)現在、普通自動車運転免許証は持っています。 (4)普通自動車運転免許証を持っていれば、免除科目が有るのでしょうか? (5)現在、フォークリフト運転技能講習修了証とローラー運転特別教育修了証は持っていますが、一般  道路を一部走行しないと駄目なので、大型特殊自動車免許も必要でしょうか? 以上のないようですが詳しくご回答を宜しくお願いします。

  • 大型自動車

    今度、大型自動車で配送する仕事に就こうと思っているのですが、(大型免許は持っています)経験がないので、車の運転に多少不安があります。そこで実際ドライバーの経験のある人に質問なのですが、運転になれるのにどれくらいかかりますか?また会社では練習?のようなことはしてくれるのでしょうか?また運転のコツのようなものがあれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 貨物自動車の積荷の落下による事故

    実際に事故があったわけでは無いのですが、自動車保険の冊子を読んでいて以下のこと疑問に思い質問します。 貨物自動車に原動機付き自転車をのせて運んでいる条件下で 1、原動機付き自転車を落下させてしまい人や物あたって被害が出てしまった場合、対人なり対物の保険は支払いの対象になるのか。 2、落下を原因として二次的に交通事故が起きてしまった場合その交通事故の被害についてはどうなのか。    3、載せている原付の自動車保険の加入の有無によってもちがってくるのか。   (原付の保険から支払われることがあるのか。) 4、積荷の落下ではなく、運転している自動車のオイル漏れによりが二次的な交通事故が誘発された場合、交通事故の被害についてはオイルが漏れた自動車の保険が支払われるのか。 ご存知のかた、回答下さい。