• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

潜水艦から発射された魚雷

映画U-571で敵潜水艦を魚雷攻撃で水中で仕留めるシーンがあるのですが、当時の潜水艦から発射された魚雷は本当にほぼ同一深度で進み続けることが出来たのでしょうか?すぐに浮上するような気もするのですが、ご教示ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数1
  • 閲覧数644
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#58790
noname#58790

当時は、 駆逐艦などの小型艦は深度3m 航空母艦などの大型艦の場合は深度5mに設定されていたようです。 一応は、ジャイロでまっすぐに進むみたい。 http://www.geocities.jp/kyo_oomiya/gyro.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。 そうですか、ジャイロ装置で当時もまっすぐ進むのは可能だったのですね。 深度設定は、3mから5mですか。けっこう深いといえば深いのかもしれませんね。参考になりました。

関連するQ&A

  • 潜水艦&魚雷

    沈黙の艦隊を読んで疑問が生まれました。 潜水艦(非原子力潜水艦)&魚雷にかんして質問です。 潜水艦と魚雷の推進力はどうやって得てるのでしょう? 非原子力潜水艦ということは、ディーゼル式潜水艦になると思うのですが 燃料を燃焼する際に必要な酸素はどうやって得るのですか? また、燃焼したときに発生する二酸化炭素とかは、どの様に排出するのでしょうか?(敵に見つからないように) また、魚雷も敵艦に命中させるには、それなりの推進力が必要だと思うのですが? なにぶん、水中なので燃焼するための三原則の酸素が十分に無いと思うのですが 知識のある方は教えてください。

  • 潜水艦の眼上の敵に対する武器

    幾つか潜水艦映画を見て思ったのですが、駆逐艦等、海上艦船と戦う時、相手の攻撃が一段落したら、浮上して魚雷攻撃(船尾、又は船首からの水平攻撃)というワンパターンです。潜水艦で、水中から海上艦船への攻撃武器というのは、考えられなかったのでしょうか? あるいは、何か困難な問題が在るのでしょうか?魚雷発射管の水密性、管理等、鑑みると難しそうですが、技術的にそれ程困難とも思えませんが。 武器にかんするカテゴリーを探したのですが、無かったのでここに質問しました。 宜しくお願いいたします。

  • 戦艦から潜水艦を攻撃する方法

    「U-571」という映画を見ました。 駆逐艦?が、潜水艦を攻撃するのですが、その方法がとても原始的でした。 水深何メートルで爆発するかをセットしたドラム缶のような爆弾を沢山落とすのですが、ぜんぜんあたりません。 潜水艦めざして魚雷のようなものを発射すればよいのにと思ってみていました。 当時はレーダー技術も未熟だったようです。 さて、現在では戦艦から潜水艦を攻撃するのにどのような兵器がありますか? 潜水艦の音や熱を感知して追尾する魚雷のようなものを積んでいますか?

  • 潜水艦モノの映画で。。。

    潜水艦モノの映画で、攻撃された潜水艦がダメージを受けてどんどん沈んでいってしまうシーンをよく見ます。「危険深度を超えました!」などと言いつつ深度計の針を見つめるシーンです。「浮かべ!浮かべ!」と。 ああいうとき、主人公達が乗る潜水艦は、ほとんどの場合、どこかのバルブを閉めてやることで浸水が止まり、再浮上しますよね?とっても疑問です。 「何なんだ?その配管&バルブは!?」「そんな危険なバルブは最初から閉めとけ!!」 と思ってしまうワケです。 下らない疑問ですみませんが、どうも気になってしまったので、投稿させて頂きました。質問というより、ご意見を頂きたいです。お願いします。

  • 第二次大戦中の潜水艦からの魚雷攻撃は?

    第二次大戦中のUボートやその他各国の潜水艦が敵船に魚雷攻撃をかける時、どのくらい接近しなければならなかったのですか? それとその時の潜水艦は水深どのくらいに位置取りしたのでしょうか? また、潜水艦の船首は敵船に対して垂直に向けるのですか?(素人的考えですが斜めから魚雷を撃っても信管にちゃんとヒットしないような。。。) 宜しく御願いします。

  • 潜水艦が海面に浮かんで魚雷を撃つ意味

    このカテゴリにふさわしい質問かは分かりませんが。 現在の海上自衛隊イージス艦「みらい」が太平洋戦争のど真ん中にタイムスリップするというジパングという漫画があり、そこでの一場面で気になったことがあります。 物語中、滝という帝国海軍少佐が「みらい」を沈めようと画策し、伊号潜水艦で雷撃を行おうとする場面があります。 しかし、潜水艦は高速の「みらい」についていっている間に電池切れとなり、潜水での魚雷発射は不可能となりました。 そこに、角松二佐が滝少佐に向かい「電源が底をついた以上、浮上して内燃機関(ディーゼル)で航行するしかない。潜水艦が海面に姿をさらして魚雷を撃つことの意味は貴様にも分かるだろう」と言っている場面がありました。 その場にいたのは全員帝国海軍もしくは海上自衛隊員だったため、特に説明も無くそのままスルーしてしまったのですが、この意味が分かりません。 浮上して魚雷を撃つのに、どのような問題があるのでしょうか。 そのシーンの直前と直後には、伊号が「みらい」の前で浮上していたので、浮上すること自体は問題が無いはずです。 アメリカの艦隊もいるにはいましたが、いたのは肉眼での確認が不可能という遥か遠くに、トマホークミサイルにて撃沈された空母「ワスプ」を含めた艦隊がいただけ。 特に浮上して問題があるようには思えないのです。 どなたか、この理由が分かる方、お教え願えますでしょうか。

  • 敵潜水艦ってどれ位怖いものですか?

    太平洋戦争中、日本もアメリカ西海岸を 潜水艦とその艦載機で攻撃していたと伺いますし、 現在アメリカの潜水艦はミサイルで相当遠くまで 基地などを攻撃する事が可能だと伺います。 今はまだ日本の潜水艦は性能が良いそうなのですが、 将来必ずしもそうとは言えない敵潜水艦が増えた時、 敵潜水艦によって陸上の部隊が攻撃されて混乱したりと なる事はあるのでしょうか? 何やら飛行機やヘリからでも撃てる魚雷があるそうですが 敵潜水艦は脅威になるほど頻繁に活動すれば、 簡単に見つけて魚雷を当てる事ができるのでしょうか? それとも大量の戦闘機やミサイル兵器で守られて 攻撃どころではなくお手上げになってしまうんでしょうか?

  • 海上自衛隊の対潜水艦対魚雷装備?

    海上自衛隊の対潜水艦対魚雷装備? 日本近隣の悪の枢軸ならずもの国家による潜水艦での魚雷攻撃でにわかに緊張が高まっていますが、 日本の海上自衛隊の防御能力はどれほどなのでしょうか? 敵魚雷をすぐに回避したり爆破したりして、 敵潜水艦を迎撃することは可能なのでしょうか?

  • 映画の潜水艦で浸水するとき

    映画で潜水艦が爆雷などで攻撃を受けたとき、大体パイプのつなぎ目から浸水すると思います。 普通だったら、攻撃の衝撃で船体がが損傷して、そこから浸水すると思うのですが、なぜでしょう? また、なぜ外とつながったパイプが船体中にあるのでしょう? メインタンク、バラストタンクなどのためだとしてもこんなにもいるんでしょうか? つなぎ目は船体と比べても、そんなにも衝撃に弱いのでしょうか? それと、余談ですが、魚雷発射官は魚雷を発射するごとに注排水しているのでしょうか? よろしくお願いします。

  • この洋画のタイトルを教えてください。潜水艦モノです

    かなりうろ覚えなのですが、 若い艦長(?)に対して、壮年の乗組員が 「艦長は部下にとって親父のような存在であるべきです。 さっきのように”どうしたら良いかわからない”なんて二度と口にしないでください!!」 と叱咤するシーンと、 海面に浮上中に敵の航空機が接近してきて、 部下は「撃墜しろ!撃て!撃っちまえ!!」と叫び 艦長は「待て!撃つな!打つんじゃない!!」 と言い争うシーン。 あと、コレはもしかすると別作品かもしれませんが 敵潜水艦のソナーに気付かれないよう艦内で極力大きな音を出さないように行動している時に、 ワイヤーか何かを射出したらそれが絡まってギギギギギーーーー!!と凄まじい騒音が鳴って、 慌てて止めて息を潜めるも、気付かれて魚雷を発射される・・・というシーン。 お分かりになる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。