• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

【醤油の歴史】 醤油は日本発祥?中国発祥?韓国発祥?

先日、中国人・台湾人・韓国人、アメリカ人などの友人たちとご飯を食べに行きました。 「醤油はSoy sauceと呼ばれ、世界的に有名な調味料だよ。」とアメリカ人(クリス)が言ったので、 私は「醤油は16世紀に和歌山県(紀州)で発明された日本独自の調味料だよ。」と言うと 隣の中国人(プーチン)が「ちょっと待て!醤油はおよそ3000年前の中国で発祥したんだよ。中国発祥だ。」と言いました。 すると韓国人(パク)が「醤油は韓国発祥だ。」と言いました。 そこにいた全員が「韓国人が言う歴史だから・・・」といつものように無視したのですが、 醤油は日本発祥?中国発祥?韓国発祥?なのでしょうか? 調べてみると、中国にも大豆から作る「ジャンユ」があります。 韓国ではカンジャンと呼ばれる醤油があります。 インドネシアでも大豆を原料としたケチャップマニス・ケチャップアシンが使われています。 タイでも魚醤であるナンプラーがあり、大豆から作られた醤油(シーユー)もあります。 日本人が多く移民し、現在も日系人が多数在住しているハワイでも独自の醤油が生産されています。 日本では1640年代頃の寛永年間に、1年で製造できるこいくち醤油の生産が開始され、うすくち醤油は、1666年、円尾孫右兵衛によって開発されたとされています。 また「醤油のルーツは、古代中国に伝わる“醤(ジャン)”である。」という説から、「醤油は日本独自の調味料文化である。」という説など、多数ありました。 もし日本の薄口・濃口醤油が中国発祥なら、タイのナンプラーやインドネシアのケチャップマニスも中国発祥ということになりますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数4
  • 閲覧数4729
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Scull
  • ベストアンサー率26% (248/951)

ルーツ・発祥などは「伝搬ルートが解明される事」によって特定出来る物だと言えます。 たとえば日本の麺類、蕎麦・うどんは明らかに中国にルーツを持ち、伝搬時期より前の物はありません。この場合、明確に「日本の蕎麦・うどんは中国に起源を持つ」と言える(うどんは中国で言う「雲呑」の訛ったもの)訳です。 さて、今回の醤油で「明確にルーツを特定出来る」でしょうか。 私は存じませんでしたが、質問者さんの調べた所に寄ると「明確な伝搬ルートは特定出来ず、同時発生的に生まれたとしても無理はない」のではないでしょうか。 先に生まれていたとしても伝搬がつまびらかでなければ、起源を名乗るのは異な物なのではないでしょうか。 これはたとえば日本の足軽と、イングランドのKnightについて、どちらかが先に生まれたとしてもそれを以て起源とする事は無理がある事と似ています。醤油について先に生まれたという事だけではなく、交易・文化交流の有無、文化伝搬などと併せて考える必要があるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

全くその通りだと思います。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

出典がどこか踏めいですが、私のきいている範囲では 日本には中国からぎょしょうとして醤油が輸入された。 ところが、平安時代の仏教思想の普及により、殺生をきらう、 つまり、ぎょしょうの生産ができないので、代用品として大豆から作られる味噌の絞り汁が使われるようになった 日本の醤油は味噌の絞り汁なので味噌を調べたほうが早いかもしれません。 味噌がどこの発祥かはしりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「魚醤(ぎょしょう・うおびしお)」は日本で作っていましたし、中国から輸送している間に腐ので、それはないですね。 トンデモ説ではないですか? ありがとうございます。

  • 回答No.2

・中国発祥説 今から約3000年前の中国の周王朝初期の文献にある、獣や鳥の肉に麹と塩を混ぜ、瓶に詰め込んで発酵させた「ひしお」が、醤油のルーツではないかと言われています。 しかし、残念ながらこれは「大豆原料」ではないので「Soy sauce」ではありません。別物です。 (soy=soybean、大豆の事。Soy sauceは「大豆のソース」なのです) ・日本発祥説 鎌倉時代にさかのぼり、禅僧・覚心が中国から金山寺味噌を持ち帰って製法を広めていた時に、桶に溜まった液の美味しさを知り、醤油を発見しました。醤油の事を「溜まり」とか「溜まり醤油」と呼ぶのは、ここから来ています。 ・どれが発祥か 「発見」「発祥」と言うのは実に不思議で、あるタイミングで「同時多発的」に起きたりします。まったく情報交換の方法が無い2つの場所で、同時に似たような物が発見、発明されたりします。 なので「大豆醤油の起源は日本らしい。但し、それに似た調味料は他にもある。とは言え、その似た調味料は日本の大豆醤油とは別物で、それにはそれの起源が別に存在する」と言うのが結論でしょう。 「似たものだけど別物」を、ちゃんと区別せずに一緒くたにしてごちゃまぜにして論じるので「どれが起源か揉める」のです。 「中国醤油の発祥は中国、日本醤油の発祥は日本、ナンプラーの発祥はタイ、ケチャマニスの発祥はインドネシア」で良いじゃないですか。全部「別物」なんですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。 私の説明不足です。 chie65536には全く同意します。 全部「別物」なので、各国発祥でいいと思います。 中国発祥の意見を要約すると 「日本の醤油のルーツは醤(ひしお)であり、醤(ひしお)は中国発祥だ。」 と書いています。 だが、醤(ひしお)らしきものは、日本でも製塩が始まった弥生時代には、すでに作られていたようです。 つまり、醤(ひしお)は中国発祥ではなく、製塩が始まったアジア各地に発見されたのが、醤(ひしお)です。 仮に、醤(ひしお)が中国発祥だとしても、それが日本の醤油のルーツだと言えるのでしょうか? 当時の醤(ひしお)は材料別に、「魚醤(うおびしお)」「肉醤(ししびしお)」「草醤(くさびしお)」「穀醤(こくびしお)」の四種類に大別され、その中でも米・小麦・大豆などを原料とした「穀醤(こくびしお)」が、しょうゆやみその原型と考えられています。 また、当時の中心的な醤は、魚介類を主な原料とした「魚醤(うおびしお)」と考えられており、現在も秋田に残っている「しょっつる」や、香川県の「いかなごしょうゆ」、能登地方の「魚汁(いしる)」なども魚醤が原型になっていると言われています。 ベトナムにある「ニョクマム」もその一種と考えられています。 従って、先に日本が「魚醤(うおびしお)」を作ったら、タイのナンプラー(魚醤)は日本発祥になるのか?と聞きたかったのです。 醤(ひしお)らしきものは、日本でも弥生時代にすでに作られていますが、中国の方が先に作っています。 つまり、中国が一番最初に醤(ひしお)を作れば、世界に知られた日本発の Soy sauceも、タイのナンプラー(魚醤)も中国発祥になるのか? と聞きたかったのです。 説明不測ですみません。 手間を取らせますがよろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • k-f3
  • ベストアンサー率31% (945/3036)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。説明不足のようでした。 私が聞きたいのは、そういったことではないのです。 ↑の3つの説明では 「醤油のルーツは醤(ひしお)であり、醤(ひしお)は中国発祥だ。」 と書いています。 だが、醤(ひしお)らしきものは、日本でも製塩が始まった弥生時代には、すでに作られていたようです。 つまり、醤(ひしお)は中国発祥ではなく、製塩が始まったアジア各地に発見されたのが、醤(ひしお)です。 仮に、醤(ひしお)が中国発祥だとしても、それが日本の醤油のルーツだと言えるのでしょうか? 当時の醤(ひしお)は材料別に、「魚醤(うおびしお)」「肉醤(ししびしお)」「草醤(くさびしお)」「穀醤(こくびしお)」の四種類に大別され、その中でも米・小麦・大豆などを原料とした「穀醤(こくびしお)」が、しょうゆやみその原型と考えられています。 また、当時の中心的な醤は、魚介類を主な原料とした「魚醤(うおびしお)」と考えられており、現在も秋田に残っている「しょっつる」や、香川県の「いかなごしょうゆ」、能登地方の「魚汁(いしる)」なども魚醤が原型になっていると言われています。 ベトナムにある「ニョクマム」もその一種と考えられています。 従って、先に日本が「魚醤(うおびしお)」を作ったら、タイのナンプラー(魚醤)は日本発祥になるのか?と聞きたかったのです。 醤(ひしお)らしきものは、日本でも弥生時代にすでに作られていますが、中国の方が先に作っています。 つまり、中国が先に醤(ひしお)を作れば、世界に知られた日本発の Soy sauceも、タイのナンプラー(魚醤)も中国発祥になるのか? と聞きたかったのです。 説明不測で手間を取らせて、すみませんがよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 【文化起源の境目】 どこまでが中国文化で、どこからが日本文化なのか?

    以前、中国人・韓国人・台湾人の友人と議論していました。 韓国人(パク)「日本発祥の文化って何がある?」 私 「仮名だね。日本民族の古典には万葉集がある。」 韓国人(パク)「仮名?仮名は中国文化の漢字を元に作られらんだよ。漢字を元にしているから、仮名は中国文化だ。 ハングルは漢字など参考にしないで、韓国人が独自で作った。ハングルは誇るべき朝鮮文化だ。 ハングルは世界一優秀な文字だ。(←これが口癖)」 私「醤油は16世紀に和歌山県(紀州)で発明された日本独自の調味料だよ。」 中国人(プーチン)「醤油はおよそ3000年前の中国で発祥したんだよ。醤油は中国発祥だ。」 【醤油のルーツ】 http://www.yamasa.com/soydoc/history/history01.html http://www.kikkoman.co.jp/soyworld/museum/rekishi/print_rekishi.html ↑の「醤油は中国発祥」の意見を要約すると 「日本の醤油のルーツは醤(ひしお)であり、醤(ひしお)は中国発祥だ。」 と書いています。 中国から醤(ひしお)を輸入していたから、醤油は中国発祥だという説です。 だが、醤(ひしお)らしきものは、日本でも製塩が始まった弥生時代には、すでに作られていたようです。 つまり、醤(ひしお)は中国発祥ではなく、製塩が始まったアジア各地で醤(ひしお)は発見されています。 仮に、醤(ひしお)が中国発祥だとしても、それが日本の醤油のルーツだと言えるのでしょうか? 当時の醤(ひしお)は材料別に、「魚醤(うおびしお)」「肉醤(ししびしお)」「草醤(くさびしお)」「穀醤(こくびしお)」の四種類に大別され、その中でも米・小麦・大豆などを原料とした「穀醤(こくびしお)」が、しょうゆやみその原型と考えられています。 また、当時の中心的な醤は、魚介類を主な原料とした「魚醤(うおびしお)」と考えられており、現在も秋田に残っている「しょっつる」や、香川県の「いかなごしょうゆ」、能登地方の「魚汁(いしる)」なども魚醤が原型になっていると言われています。 従って、先に日本が「魚醤(うおびしお)」を作ったら、タイのナンプラー(魚醤)は日本発祥になるのか? もっと遡って、タイのナンプラー(魚醤)は中国発祥になるのか? 醤(ひしお)らしきものは、日本でも弥生時代にすでに作られていますが、中国の方が先に作っています。 つまり、中国が一番最初に醤(ひしお)を作れば、世界に知られた日本発の Soy sauceも、タイのナンプラー(魚醤)も中国発祥になるのでしょうか? 日本の醤油は中国発祥でしょうか? また“仮名”についても同じです。 韓国人(パク)は「仮名は日本文化ではない。」と言っています。 確かに仮名は漢字をくずして作られたものです。 中国から醤(ひしお)を輸入して、そこから日本独自の「醤油」を作ったのと似ている過程です。 “仮名”と“醤油”は日本発祥の文化ですか? “仮名”と“醤油”は日本発祥の文化ではないのすか? 文化起源の境目はどこでしょうか? どこまでが中国発祥の文化で、どこからが日本発祥の文化になるのか? よろしくお願いします。

  • ワンランク上の醤油

    現在我が家では ・薄口=ヒガシマル特選丸大豆醤油 ・濃口=キッコーマン特選丸大豆醤油 といった定番な醤油を数年愛用しています。 ここからワンランクアップしたような ちょっと"だけ"値が張るけどこれは美味しいね的醤油を探しているのですが おすすめの「濃口」と「薄口」を教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 薄口しょうゆと濃口しょうゆ?

    こんにちは! http://cookpad.com/mykitchen/recipe/316147/ こちらの方の調味料を作ろうと今準備してるのですが しょうゆうって一般的には濃口のを使うんですか? ちらっとググってみたところ、薄口は関西が主流?なようで 薄口使おうと思ってたので慌てて止めました。 やっぱりこのタレ作る時は濃口ですか? 至急教えて下さい!

  • しょうゆの使い分け

    最近料理を始めた男です。 調味料も一通りそろえたのですが、しょうゆは濃口だけしか買っていません。 みなさん薄口、濃口を使い分けていますか? どのように使い分けていますか? 片方しか使わない方はどちらを使っていますか?

  • 西の濃口醤油と薄口醤油、味について。

    関東住みの者です。 普段はキッコーマン・ヤマサ等のメーカー品の醤油を使用しています。 たまには西の醤油やぽん酢を取り寄せてみようと思ったのですが、気になったことがって質問しました。 東日本にも濃口・薄口がありますが、私のイメージでは薄口のほうが塩分が高めと思っています。 西日本の醤油は甘いものが多いと聞いています。 メーカーのHPで見ても、醤油によっては甘味料なども入っているようで甘いというのがうかがえます。 ただ、上位クラスだと東日本と同じく大豆・食塩・塩だけを表記しているものがあります。 こういったクラスでも東日本と比べて甘いのでしょうか? 普段の使い方から濃口を買おうと思っているのですが・・・ フンドーキン・チョーコー・マルキン等のメーカーを買ってみようと思っていますが、味比べなどしたことがある方は

  • セブンプレミアム 特選 丸大豆しょうゆ 500mlは、濃口?薄口?

    セブンプレミアム 特選 丸大豆しょうゆ 500mlは、濃口?薄口? セブンプレミアム 特選 丸大豆しょうゆ 500ml http://www.7premium.jp/products/detail.php?product_id=1540 こちらは濃口でしょうか?薄口でしょうか? パッケージを見ても、どちらの表記もないようなのですが… 料理本どおりに使うと、いつも濃い味付けになってしまいます。 薄口なのでしょうか?

  • 濃口醤油の使い方

    こんにちは。 私は普段の料理に薄口醤油を使っています。一応濃口醤油も買って置いてありますが、使うのはお刺身の時だけ。 何かいい料理方法があれば教えて下さい。 なお私は西日本育ちなので、関東風の味付けは苦手です。 よろしくお願いします。

  • 季節によってしょうゆを使い分けるとは?

    古い(20年程前)の料理本を見ておりましたところ、「かやくご飯」の材料に、「しょうゆは冬は濃口、夏は薄口を用います」と書かれてありました。 しょうゆは地方により好みが分かれると思いますが、季節によって使い分けるというのは聞いたことがありませんでしたので、その理由を教えていただければうれしいです。よろしくお願いいたします。

  • 醤油とだしの使い分け

    料理の作り方の中に調味料が書かれていますが、醤油と書かれていても薄口、濃い口とは書かれていないのでどちらの醤油を使えば良いのかわかりません。  間違って使えば「小さじ1」と書かれているので「小さじ1」の量の醤油しか入れてないのに辛すぎたり、「大さじ1」の醤油を入れても味が薄かったりして失敗します。失敗して捨てるのももったいないし、作り直すのもいやだし、どうすれば良いのでしょうか? また、醤油と同じようにだし汁と書かれているのは、「かつおだし」、「かつおと昆布の合わせだし」どちらを使えば良いのでしょうか? 野菜の煮物、煮魚、汁物(すまし汁など)、天つゆ、などにはどちらの醤油、どちらのだし汁を使えば良いのでしょうか? 家族に味が薄いとか濃いくて食べれないと言われます。 醤油とだし汁の使い分け方を教えて下さい。 ちなみに私は関西人です。

  • ラーメンの醤油タレでチャーシュー味付けできますか?

    お世話になります。 ラーメン屋を始めましたが、悩んでいます。 チャーシュー味付けと調理法についておうかがいします。 チャーシュー用のタレにも使えて、それをラーメンの醤油タレにも 使う方法はございますか? ラーメンダレで使うには、チャーシュー用のタレは甘すぎるのです。 チャーシューを煮込んだ醤油ダレをラーメン用に使い回したいのです。 ちなみに肉は豚肩ロース、 ラーメンの醤油タレは(濃口醤油、薄口醤油、ミリン、ナンプラー等)です お客様に柔らかくてジューシーな 美味しいチャーシューを提供したいのです。 ネットや本で色々探しましたが、両方のタレにマッチするものが見当たりませんでした。 何かご存じのかたがいらっしゃいましたら ご教授いただければ嬉しい限りです。