• 締切済み
  • 困ってます

債権の回収方法を教えて下さい

だいぶ昔に友人にお金を貸しました。が、時効などがあると聞き、 公正役場へ連れて行き、公正証書を書かせました。 合計金額は2.000万円を超えています。 公正証書は3枚あり、1枚は9月末日に全額1括払い。 1枚は9月末日から分割。 もう1枚は来年3月末に1括払いと記載(約束)されています。 ところが今現在、友人は支払い能力がないと思われます。 定期的な収入もなく、個人資産もなく、奥さん名義のマンションに住み、奥さん名義の車に乗っています。 奥さんは大手外資系企業でバリバリのキャリアでお給料もいいのですが 保証人になっていないので奥さんには請求できないのですよね? 弁護士さんに相談した方がいいのでしょうか? 債権回収を得意とする弁護士さんはどのように見つけたらいいのですか? ネットではどこも自己破産や債権整理ばかりが出ていて。。。 来年には奥さんと住んでいるマンションが地上げで数千万円が 入ってくるらしいのですが、奥さん名義のマンションだから 奥さんのお金になるのでしょうか? ちょっと聞いた話では結婚後の収入は夫婦2人の共有収入だから 地上げされたマンションが購入時より高く売れた場合、差額分の 半分は友人の財産になるのでしょうか? そうだとしたらそれを差し押さえる事は可能なのでしょうか? 今時、2.000万円は痛いです。全額は無理でもせめて半分は返してもらいたいと思います。 いいアドバイスをお待ちしています。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数38
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • t-t-t
  • ベストアンサー率34% (14/41)

難しいですねぇ その公正証書には、「返済できなければ、強制執行されても構いません」というような文言は、入っていますか? もし入っているのであれば、その公正証書をもとに強制執行の手続きができます。 しかし、そのような文言がなければ、裁判が必要になるでしょう。 でも、働いてもおらず、資産もないのであれば、強制執行しても取れるものはないですよね。 不動産を売却したとしても、それが奥さん名義であるのであれば、その代金を差し押さえるというのは難しいと思います。 もし、あなたがお金を貸して以後に、共有名義だったものを奥さん名義にしているのであれば、詐害行為として、取り消すこともできるかもしれません。 相手にどのような財産があるのか調べるのは結構タイヘンですし、普通ではできません。 弁護士に依頼するのがいいです。 専門分野で探すのであれば、各都道府県の弁護士会に問い合わせれば、その分野の弁護士を紹介してくれたりしますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスをありがとうございました。 PCの不具合でお礼が遅くなり申し訳ありませんでした。 強制執行に関しての文言は入れてありますが、おっしゃる通り差し押さえる財産がないので。。。 弁護士会に問い合わせて専門の弁護士さんを紹介してもらえばいいのですね。 早速尋ねてみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 債権の時効

    8年前にお金を貸しました。そのとき公正証書(債務弁済契約公正証書)を作成しました。その後 返済をいないので給料を差し押さえしましたが 2回払って、退社しました。 相手が 遠方であるためと、電話が無い為時々郵便で催促する程度でしたが 今回訪問しました弁護士を通じて時効を主張してきました。債務者が飲食店(スナック)の経営資金として借りたから 商事債権よって5年で時効が完成しているとの主張です。 債務名義による債権の時効は10年と書いてありますが 公正証書の場合は ちがうのでしょうか? また1度 最押さえした債権の時効は 10年にならないのでしょうか? どこに聞けば いいのかわからないので 相談します 裁判所等に聞けば 教えてくれるでしょうか?

  • 養育費の請求権の債権譲渡

    前夫と離婚の際、公正証書を交わし、養育費の請求権を得ましたが、弁済が滞っています。 自分で強制執行をする気力もなく、時効も近いので、請求額の全額は回収できなくても、銀行に債権譲渡をして、すっきりしたいのですが、そもそも養育費の請求権は債権譲渡の対象になるでしょうか? また、弁護士費用の相場はいくらくらいでしょうか。

  • 債権回収方法

    一度質問しました.本日,弁護士の所へ相談したのですが,こちらで受けたアドバイスのようには行かないと言われました. そこで,弁護士の話と合わせて改めて質問します. まず, 友人に400万程貸しましたが,一向に返金されないため支払督促をしたところ,分割で払う約束だったと異議申立をされてしまいました.そのため,現在訴訟になっています. ところが,最近になって友人には相続財産が入る予定だという情報を得ました.そこで,予定する相続分で一括返済をしてほしいのですが,遺産分割が終わって友人の手元に現金が渡ってしまうと絶対に返してくれないと思います. そこで,こちらの掲示板で債権者代位権を使って保全が出来ると伺ったので,弁護士に方法を問い合わせたところ,相続の予定では保全は出来ないといわれました.弁護士としては,名義が被相続人である以上,差押さえは不可能であり,財産目録にあるどれを相続するか決まっていないのであれば,差押さえ動産(預金)を特定できないといわれました.相続が決定すれば差押さえは可能だが,申立をしている間に隠されるか使われるでしょう.おそらく回収は不可能でしょうといわれました. このような場合,弁護士の言うように相続予定の動産(預金)にたいしては仮差押といった保全処置は出来ないのでしょうか?

  • 債権回収の成功報酬を受け取ることについて

    詐欺被害に遭ったのですが、借用書が無かったので、借用書取得までという契約で探偵社にお願いし、結果、詐欺を認めさせ、仮の借用書を取得することができました。 「仮の」というのは、まだ連帯保証人の記載が無いため、探偵が加害者との窓口となって、これから完全な借用書を作成することになっています。(窓口になることに関しては探偵社の独断です) 調査契約では、借用書取得まで、となっているのですが、「無事回収できたら返済額の20~30%を報酬として探偵社に支払う」という新しい契約を結ぶように言われています。 契約の詳しい説明はこれから受けるのですが、探偵社が債権回収=取立てまで行い、その報酬を得てもいいのでしょうか。弁護士法に触れることはありませんか? そもそも、債権回収の成功報酬というのが、どのような業務に対する報酬なのかもよくわかりません。 加害者は、借用書を公正証書にすることに同意しているので、私としては、公正証書を作成して取立ての必要がないようにし、探偵社との調査契約はこれ以上結びたくないと考えています。 探偵社にはお世話になったので断りづらいのですが、額が大きいので、もし違法ということなら断りやすいと考え、ご質問しました。 よろしくお願いします。

  • 債権譲渡登記事項証明書での債権回収について

    譲渡人の協力が得られないので、債権の譲受人(私)が、「登記事項証明書」を添付して、譲渡人の債務者に、譲渡債権を自ら取り立てる場合の通知文書の書き方を教えていただけませんでしょうか。 ネットで検索しても、そういった雛形にヒットせず困っております。 また、添付する「登記事項証明書」はコピーではなく、原本を使用しなくてはいけないのでしょうか? 弁護士費用がままならない状態になっているので、自ら手続きをしようと思っているのですが、無謀でしょうか?そういったことを判りやすく説明しているサイトがあれば、教えていただければ、幸いです。 ちなみに債務承認及び弁済契約公正証書は譲渡人と交わしており、既に期限利益の喪失をしております。

  • 債権回収の手段について。

    友人の経営をしている会社に対して、約4000万円の貸付けを行いました。もちろん金銭消費貸借契約書(公正証書作成の承諾委任状付き)契約者は会社で連帯保証人は代表取締役である友人となっています。担保は設定しておりません。 今月まで滞り無く返済をしてもらっています。 ところが、友人の会社の企業調査を依頼したところ、経営状態が非常に悪く、事業縮小を検討していることが発覚しました。 友人にも確認をしたところ、上記の件を事実と認めた上で私に対する返済は最優先だから、心配は無いと申してくれました。 とても誠実な方で、仕事上でも付き合いがあるので、信用はしているのですが、やはり貸付金額は非常に大きいのでとても心配しています。 できることなら、担保の提供や万が一の時に備えて確実に債権回収できる手を打っておきたいのですが、どのような方法があるのでしょうか?友人の会社は不動産業を営んでおります。(仲介業が主で売買は行っていません)4000万は自分の事業のために売った所有マンションの売買代金の一部から貸し付けを行っております。どうか知恵を貸していただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。

  • 商事債権ではないという判例

    私は商人ですが個人の貸金業として、友人の商人に250万円貸しました。しかしながら、債務者は公正証書作成後すぐに破産申請してしまいました。連帯保証人に強制執行をかけたのですが、貸し付けからすでに5年が過ぎていると商事債権だと主張され、請求異議訴訟を起こされました。借主が商人でも、貸金の性質上商事債権ではないという判例があると聞きました。 ご存知でしたら、教えて下さい。公正証書作成時にはすでに破産申請の準備をしていた友人を許せません。

  • 債権回収について教えて下さい!

    友人がとある店に、商品の販売委託をしたのですが、その店が盗難に遭い、約20万相当の商品(代金)が未返却(未払い)のままです。 先方の弁護士の指示により、昨年裁判所に書類を提出し、先日やっと「4年間で、約5万を分割で返済する。よって、それ以外の債権は放棄して欲しい」との連絡が、その弁護士から届いたそうです。 友人は、金額の全額返却は無理にしても、このまま先方の言いなりになるのは納得がいかないと言います。(但し、少額なため、裁判等を起こすつもりはないです)その理由として 1、委託中、何度も「売れないならば返品して欲しい」と頼んだが、一言も「盗まれた」とのコメントはなかった。よって、友人の商品が「盗まれた」という証明もなく、その売掛金を着服していたのかもしれないという疑いもある。 2、「巨額な借金のため、返済が厳しい」と弁護士が言うが、その証拠もない。 (保険等で幾ら補填されたとかの説明も無い) という事があります。 先方に、 a 債務状況、盗まれた物の内訳、現在の債務者の生活状況など、こちらが情報開示を請求できる権利はあるのでしょうか?(ある場合、その方法も併せてお願い致します) b 返済金額の上乗せ、一括支払いを強制できる方法はないのでしょうか? どうか、良きアドヴァイスをお願い致します。

  • 債権譲渡に関する金銭消費貸借の契約

    金銭消費貸借契約書を公正証書にする場合、 (1)将来、債権者はその債権を第三者に譲渡することを債務者はみとめる。 (2)今契約に際し、債務者が根抵当権にて債権者に不動産担保提供する場合、将来の債権譲渡の際に、根抵当権の移転登記(旧債権者→新債権者)が必要なので、必要な書類(債務者の印鑑証明)の提出と実印押印にて新債権者に同じ根抵当権を設定させることを約束する。 (3)債権譲渡の際に債務者が(2)を拒否した場合は、期限の利益を失う、(要は全額即座に返却しなければいけない)といったような契約は債権者、債務者の両者が合意すれば、公正証書にすることが可能でしょうか? 要は、(質問の主旨は)債務者側からみて、将来債権を譲渡する時に、根抵当の担保の権利も譲渡して新しい債権者の担保として登記することを確実なものにしたい、というのが主旨なのですが、このような主旨で公正証書にするのが可能か、(現在はこの方法しか浮かびませんが)、これ以外にも何か、この主旨を満足させるよい方法があれば教えてください。 よろしくおねがいします。

  • 破産債権に入れないことを前提にした金銭貸借は破産債権として免責がおりるか

    先日、知人に「破産あるいは個人再生予定だが、破産債権には入れない。」との約束で2回に分けて150万を貸しました。数ヶ月ですぐ、返済が滞ったため公正証書の作成を迫ったところ、「自分は破産する。破産するのだから破産債権として法的には支払い義務がなくなるから返さなくても良い。弁護士にそう言われた」と言うのです。破産債権に入れないことを前提にした、金銭貸借は破産債権として免責がおりるのですか? 免責不許可事由申し立てで対抗手段を講じたいのですが上記のような例でも免責されてしまうのですか?