• 締切済み
  • すぐに回答を!

高校物理 開管が定常波になる理由

気柱管について教えてください。 気柱管内に音波を流し続けた場合ですが、 閉管の場合は閉じたほうは固定端となり反射して定常波になるのは納得がいくのですが、開管の場合は調べてみると、開いた部分が自由端となり反射して定常波ができるということですが、どうして開いたほうは反射して波が戻ってくるのでしょうか? 教科書には何の説明も書いてありません。 そもそも縦波の自由端反射というのがどうもイメージしにくいのですがどなたかわかりやすく教えていただけないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数4
  • 閲覧数2523
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

波動実験器で自由端反射を見るのは簡単です。でも空気の場合には難しいです。 試験管を吹いて音を出すのはすぐ出来ますがガラス管を吹いて音を出すのはしんどいです。ほとんどが抜けてしまい戻ってくるのが少ないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>やわらないばねが気柱内、硬いばねが外の空気ということですね。 逆ですよ。管内が硬いバネ、外の空気が柔らかいバネです。 管内の空気は、ちょっと流速が変化しただけで、圧力が大きく変化します。バネでいうと、ちょっと引っ張っただけで、ものすごい力がかかる、つまり硬いバネということです。 外の大気は、流速が変化しても、圧力はあんまり変化しません。バネでいうと、たくさん引っ張っても、あんまり力がかかりません。つまりやわらかいバネです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ていうか、もっと極端な例として、管外の空気は (圧力の変化)/(流速の変化)=0 つまりバネではない、と考えることにすれば、 開管というのは、単に、両端とも自由端のバネです。 つまり、長いバネをどこにもつなげないで床の上に置いてあるだけ。 で、このバネの一方の端から縦波を送れば、もう一方の端で反射しますよね。 >そもそも縦波の自由端反射というのがどうもイメージしにくいのですが てことですが、イメージできますか? #なんでイメージばっかでちゃんと数式を使った説明がないんだ、て思うかもしれませんが、高校範囲の数学では単なる振動(微分方程式)は扱えても、波動(偏微分方程式)は扱えないんです。大学に行って勉強してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどなんとなくイメージがわいてきました。ありがとうございました。それにしてもこんなことも計算で説明できるなんて、大学で習う物理は恐るべきです。たぶん計算で説明されてもわかりません。 また何かありましたらよろしくお願いします。 丁寧な回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

管内の空気は、管壁によって閉じ込められてるので、ちょっと流速が変化すると大きく圧力が変化します。 一方、管外の大気では、さえぎるものがないんで、流速が変化しても圧力はあまり変わりません。 つまり、 (圧力の変化)/(流速の変化) が管内では大きく、管外では小さいです。 この、比は言うなれば空気によるバネのバネ定数に相当します。 というわけで、開管というのは、つまり、 硬いバネと、柔らかいバネが、直列につながっている状態に相当します。で、硬いバネの端に縦波を起こしてやると、硬いバネと柔らかいバネのつなぎ目のところで、反射が起こる(一部はそのまま柔らかいバネへ透過していきます)ことが直感的に納得できますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、やわらないばねが気柱内、硬いばねが外の空気ということですね。なんとなくわかってきました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 気柱にできる定常波

    閉管に息を吹き込み振動を与えた場合、その閉管中で定常波ができると言われています。定常波は逆向きに進む2つの波の重なりから生じるものです。弦にできる定常波の場合は、両端で反射して何度も弦上を左右に進む波が生じることにより、定常波が一定時間存在することは理解できます。一方閉管の場合、閉端では音波の反射が起こることはよく分かりますが、開口端でも音波の反射は起こっているのでしょうか。音波にしてみれば、開口端に来たとき、管で囲まれたせせこましい空間から、制限されない広い空間に出る訳なので、その空気の状態が急変するので、反射波が生まれることもなんとなくわかりますが、反射波が生じたとしても、そのエネルギーは反射前に比べ非常に弱くなるように思います。 開管に息を吹き込んでも管内に定常波ができるわけですから、そしてその定常波は進行波と逆進行波との重なりからできるわけですから、そう考えると、開口端で反射波が生じることになりますが、壁に当たって反射するのに比べると、反射で帰ってくるエネルギーは反射前にエネルギーに比べ格段に少なくなっているのじゃないかと、思います。そんな弱い反射波で定常波が生じるのかなぁと私は疑問に思います。 管に息を吹き込むとき、そこの空気に様々な振動数の振動を与えるわけであり、それらの振動数のうち定常波を生じるものだけが残り、定常波を生じない振動は消えてしまうと、私は考えてきましたが、その考えは正しいのでしょうか。 以上の2つの疑問について、お分かりの方がおられましたら、よろしくお願いします。

  • 気柱の振動(開管)

    こんにちは。高校物理1分野に関する質問です。 参考書の説明によれば「両端が開いている管を開管という。開管に音波を送り込むと、両方の管口で反射して音波が往復し、それらが干渉して定常波ができる。」とのことです。 ここで質問ですが、 <両方の管口で反射して音波が往復し>←なぜ開管なのに反射するのでしょうか?開いていれば波がそのまま進行して広がりながら管の外へ進むきがしますが…。素朴な疑問です。よろしくお願いします。

  • 気柱(閉管)の定常波

     片側だけが閉じている閉管(コの字)に、強く息を吹き込むと管内に定常波ができる。吹き込んだ息が入射波となり管の閉じた側で反射波となり返ってくるというものでした。  図はhttp://www15.wind.ne.jp/~Glauben_leben/Buturi/Hadou/Hadoubase5.htmの「14-4 気柱振動」に載っているものと同じです。そこで思ったのですが、入射波が反射波になって返ってくる間に、その反射波の元になった入射波と同じ波が同時に存在してしまい互いに打ち消しあってしまうことはないのでしょうか?つまり上記のURLの図の「14-4 気柱振動」の「閉管」の「基本振動」の図において、この図はおそらく上側の波と下側の波が交互に発生していることを意味していると思うのですが、交互ではなく同時にこれらの2つ形の波が存在してしまい互いに打ち消しあってしまうことはないのでしょうか?その理由も教えていただければ幸いです。

  • 物理、開管への反射について

    物理。閉管で光が反射されるのは、管の閉まっている底で反射されると理解できますが 開管で光が反射されるのはなぜですか。どこで反射されているのでしょう

  • メガホンで声を出すと必ず共鳴しますか?

    開管について質問させてください。 開管は両方とも自由端反射して、定常波ができますよね? 例えばメガホンで高い声をだして、波長を変化させていっても 必ず定常波ができるのでしょうか? もしくは特定の振動数にして波長を調整しないと定常波は できないのでしょうか? メガホンの先で自由端反射し、反射波はさらに口の部分で 自由端反射しますよね。これを繰り返していくと波の合成が わけがわからなくなってしまいます。

  • 音叉の共鳴箱から耳へどんな進行波?

    次の文は正しいですか。できれば補足と綺麗な文をお願いします。「音叉の共鳴箱に限らず閉管で共鳴している波が音として外に出てくる場合、定常波はほとんど管内部分のみで、管口から外は管底から出てくる波(反射してきた波でもある)、当然、進行波が出てくる。周波数はf=vλが適応される。」 管内部分とは通常の開口端補正をしてそれよりなお、外へ影響しているかも知れないと思いそのような表現をしました。実際はどうでしょうか。また、管底では固定端として反射していますか。

  • 高校物理の気柱の振動について

    開管の場合、反射波がないのに、なぜ定常波ができるのかがよく分かりません。 よろしくお願いします。

  • 音叉の共鳴箱は閉菅で定常波。耳にも定常波が届く?

    先ずテーマが正しいかどうか。定常波が耳に届くには、初めの1波長だけが共鳴せずに直接の波として届きその後(1波長遅れの)壁からの反射波が合成されながら、波の独立性を保ちながら進行してくるのかな。だから、定常波も聞くときは進行波と同じなのですか。 後になりましたが、共鳴箱の奥壁は自由端ですか、固定端ですか。よろしくお願いします。

  • 音は定常波ですか?

    高校物理<波動>について *定常波・・・筒の長さと波長の位相の整数倍になるところで音が出る実験のようなことで確認できると学びました。 ということは必然として音が定常波だと思えるですが どこにも言及がなく不安です。 教科書にもネットにも「音は縦波」としかありません。   質問の異議がない場合。  定常波は波の「性質」であるから「音が定常波か」という疑問は意味をなさない  という回答も考えました。しかし例えば他の波の性質である  ex.音は「屈折」か    音は「干渉」か  という疑問が意味をなさないのはわかります。  が本件のことに関しては明確なイメージもつきません。  この場合明確な説明を与えてくれると助かります。 <参考> 教科書 ウィキペディア波動、音波、 教えてgooスレッド

  • 定常波、屈折率について

    教えてください。 1:定常波 定常波を確かめるために、物理の授業ではウエーブマシンで実験をしました。 定常波はできたのですが、ここで僕が疑問に思った点があります。 実験者が腕を上下することで作り出した波は今回の実験では固定端反射で反射されました。 そこまでは理解できるのですが、この定常波のもう一端はどこですか?? 実験者が上下し続けている箇所が端になるのですか?? だとしたら、始めに作った進行波の「反射波の反射波」は自由端反射でしょうか?? しかし、パルス波で確認した自由端反射というのは、水面波が壁にぶつかる時の反射に 代表されるような、壁のような動かないものに対する反射で、今回のような「人の力によって常に動かされていて、そこから進行波が作られ続けている」ような箇所ではないような気がします。 2:屈折率について これは単に疑問なだけですが、 屈折率n12=v1/v2 としたのはなぜですか? n12=v2/v1でも構わない気がします。 考案した人の気まぐれですか?? 日本語が「3分の2」のように分母から書くから、しっくりきません。。 舌足らずで稚拙な文章ですが、おっしゃっていただければ補足をしていきたいと思います。 ご教授ください。