-PR-
解決済み

言葉の意味

  • すぐに回答を!
  • 質問No.32780
  • 閲覧数127
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 32% (30/91)

歎異抄の13章の、さるべき業縁のもよおせばいかなるふるまいもすべし、っていう親鸞の言葉にはどんな意味がふくまれているんでしょうか。どうか意見をお聞かせください。   
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 「海河に網を引き、釣りをして世を渡るものも、野山に鹿(しし)を狩り、鳥をとりて、いのちをつぐともがらも、あきなひをもし、田畠をつくりてすぐる人も、ただをなじことなり…」に続く部分ですね。この少し前には、親鸞が唯円に「人を千人殺せば往生できよう」と言う有名な箇所があります。途中ははしょりますが、「往生のために千人殺せと言われても、実際には一人も殺せないのは、自分がそのようなことをする業縁を持たなかったせいだ」と続きます。それに続けて、猟師や漁師や商人らの生き方を列挙して、ご質問の箇所です。
 文脈に照らせば、
「そういう運命のもとにあるならば、人はどのようなことでもするにちがいない」
というほどの意味になるでしょう。
 中世の頃、商人や漁師・猟師は賤民視されていました。が、彼らとても「業」の故にそうした仕事で生計を立てているのだから、それは仕方がないこと。むしろ、そういう「業」の深さゆえに、「よきひと」よりも弥陀の本願に近いのだ、という内意だと思います。
お礼コメント
mikimitsushi

お礼率 32% (30/91)

ありがとうございました。助かりました。
投稿日時 - 2001-01-27 03:23:19
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ