• ベストアンサー
  • 困ってます

親告罪が非親告罪に法改正されたら?

早速ですが質問です。 法は、過去にさかのぼらないことは私も知っているのですが、もし親告罪の罪を犯し、時効までに法の改正で非親告罪になった場合も、やはり罪を犯した時点では親告罪なので時効まで親告罪扱いなのでしょうか。それとも非親告罪として扱われるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1781
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#61929

#2が概ね正解です。 判例の考え方は基本的に「手続に関する規定は手続の時の法を適用するのが原則」ですから、「親告罪というのは訴訟条件であり起訴を適法とする手続規定である」ことを考えれば、改正後は改正後の規定を適用するとなる可能性は高いです。 つまり、「親告罪を非親告罪にすれば告訴がなくても起訴できる」逆に「非親告罪を親告罪にすれば告訴がなければ起訴できない」ということ。 もっとも実際にそのような改正をする場合には、「改正附則で経過規定をおき、改正前の事件には改正前の法律を適用する」という措置を採るでしょう。そうしたところで格別、被疑者被告人に不利益にはならないですし、何より「現在手続中あるいは既に一応の終結を見た事件の処理が問題になる」ことを避けるにはそうするのが一番紛れがありません。つまり、手続安定の原則の要請に従えばその方がいいということ。 ところで法律不遡及の原則を考える時に一つ注意しなければいけないのは、「手続規定で法律不遡及の原則の問題が生じることは実は少ない」ということ。 手続の時点の法律を適用している限り、それは「現在の事実に現在の法律を適用している」だけであり、決して遡及適用しているのではありません。遡及適用というのはあくまでも「過去の事実に」現在の法律を適用することであり、実体法が時間の流れと無関係に過去の事実を適用対象とすることがよくあるのに対して手続法は「現在の事実」を適用対象とすることがほとんどなので遡及適用の問題を生じることはそれほど多くないのです。 また、手続の時点での効果は法律の適用時の効果に他ならず、効果も遡及していないのだから遡及効の問題にはならないのです。 そして、「改正前の法律を適用する」という特例は「過去の法律を現在の事実に適用しているあるいは効果が発生するのは現在であるだけ」なのでこれまた遡及の問題にはならないのです。 本件においても実のところ、遡及の問題ではないのです。親告罪であっても「犯罪事実があった時点で告訴の有無に関わらず実体法上犯罪としては成立している」のです。手続の時点で手続時の法令を適用してその効果としての適法性が決まる限り、適用も効果も「適用時のもの」なので全く遡及していないのです。すなわち、「手続時に適用する法令は原則として手続時の法令」という判例の基本的な考え方は、「不遡及原則どおり」なのではなく「不遡及原則の問題となる過去の事実に対する適用あるいは過去の時点での効果の発生ではなく、純粋に今の事実に今の法令を適用するという当たり前の話でしかない」のでそもそも「不遡及原則とは関係がない」ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅れてすみません。 詳しい説明ありがとうございます。 法律不遡及の原則についてよくわかりました。

関連するQ&A

  • 親告罪について

    単純な事を聞いてすみません。 例えば、刑法に規定されている名誉毀損罪は親告罪であり、告訴の期間が6ヶ月と知りました。 一方では、名誉毀損罪の時効は3年間だとも知りました。 で、ここで質問。 告訴期間の6ヶ月であれば、時効も6ヶ月でいいのではないでしょうか? 6ヶ月過ぎてしまったら、相手を罪に問うことが出来ないのであれば、残りの2年と6ヶ月に何の意味があるのかを教えてください。

  • 労災隠しは親告罪ですか?非親告罪ですか?労働安全衛

    労災隠しは親告罪ですか?非親告罪ですか?労働安全衛生法100条違反です。労災隠しは、、、しかし親告罪なのか非親告罪なのかよくわかりません。刑罰があるから刑事事件になるのです。きっと親告罪か非親告罪のどちらかです。根拠や理由や条文引用して教えてください。

  • 親告罪について

    親告罪は相手がわかってから6ヶ月経過すると告訴できない、経過日時に関係なくいつでも告訴できる、どちらが正しいのでしょうか、両方の見解のホームページがあるのですが? また6ヶ月すると告訴できないとすると、もしかして時効になるのですかお教え下さい。 宜しくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

端的に答えれば、ケースバイケースではないかと思います。 >法は、過去にさかのぼらない これについてですが、法の不遡及はそれほどいつでも通用する普遍的法理ではありません。 絶対に不遡及禁止(事後法禁止)なのは刑罰に関する規定で、 刑罰を受ける側に不利になる場合だけです。 憲法39条もこのような条件に限定しています。 (この場合でも刑罰を受ける側に有利になる事後法は認められています=刑法6条) そして、親告罪は(起訴の条件という)訴訟手続に関する問題なので、 刑罰を定めた法律に関する原則と必ずしも同列に論じられない部分があります。 手続の変更は手続が行われる時点での事情を反映させたものですから、 あくまでも起訴するときを基準にする、という判断でもおかしくないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • n_kamyi
  • ベストアンサー率26% (1824/6765)

事件が起きた日時の法で裁かれることになります。 法の施行日前に起きた事件であれば、親告罪のままということですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 親告罪の時効

    親告罪の時効は、犯人を知った時から6ヶ月以内となっていますが、犯罪発生日は無関係なのでしょうか? 極端な話、50年前の犯罪であっても、犯人を知ったのが今であれば、告訴出来るのでしょうか?

  • 親告罪の自首について

    親告罪において、被害者の告訴がないのに、加害者が自首した場合は、被害者、加害者それぞれどのような手続きがとられるのでしょうか? 罪の内容によって違う場合も合わせてお願いいたします。

  • 著作権侵害の親告罪について

    著作権侵害の親告罪について 侵害者が、著作権者に対して著作権譲渡契約をしてほしいと言いながら、 侵害者は具体的な契約をしようとせずに、 親告罪の時効(侵害を知って相手に通知してから半年)を過ぎしまいました。 そうすると、侵害者は一転して著作物は使用していないので 譲渡契約はしないと言い出しました。 著作権譲渡契約をするということで、刑事告訴せずにいましたが、 この場合、親告罪の時効は過ぎたとみなされて刑事告訴できないのでしょうか? ご教示のほどよろしくお願いいたします。

  • 親告罪とは?

    タイトル通りですが、親告罪とは どのような事例があるのでしょうか? 名誉棄損などは公の場、会社や 張り紙やネットなどで真偽を問わず 相手の社会的立場に支障がでる場合のみ で友達や親類や守秘義務がある警察に 誹謗中傷などを言っても罪にはならない とのことですが、侮辱罪とのちがいが はっきりと解らないので質問させていただきました。 侮辱されたとしても証拠がなければ 立証はできないと思いますが どのように成立させることが できてきたのでしょうか? 検索すれば解るようなことかも知れませんが お願いします。

  • 刑法の未遂罪、親告罪などについて

    刑法では、未遂でも罪のものや親告により罪になるものなどがあると思いますが、これは刑法の章ごとに分けられたくくりのなかに親告罪や未遂罪などの説明があったら、その章の中の罪は未遂でも罪のものや親告により罪になるものに該当するということなのでしょうか? また、未遂罪の表記はなくても章の中に未遂も罰すると書かれているものがありますが、おれはなぜ未遂罪という表記があるものやないものが存在するのでしょうか? どなたか詳しい方回答よろしくお願いします。

  • 親告罪について

    親告罪は、 6ヶ月以内に犯人知ってたら 訴えようと言うことみたいですが、 6ヶ月以内に訴えて、 2年9か月後に裁判なり アクションを起こす事はできますか? その間は潜伏期間みたいな感じです。(素人なので意味の不明な質問ですいません。) (別件と考えて下さい) 例えば話しになりますが、 兄弟喧嘩でサイフ破られた。 破った証拠はない。指紋くらい? ただ以前に触ったこがあると言われたらどうなりますか? 6ヶ月以上は過ぎたとします。

  • 親告罪と非親告罪・強姦と集団強姦

    皆さま、おはようございます。お世話になります。 強姦は親告罪で、集団強姦は非親告罪だと知りましたが、 結局、被害届を出すんですよね? 強姦・集団強姦の被害にあってしまった女性は、 警察に対して、まず、どうすれば良いのでしょう? どうぞ宜しくお願い致します。

  • 親告罪について

    親告罪について調べていくうちに疑問に思ったことがあったので質問させて下さい 「親告罪は、被害者による告訴がないと、公訴提起が出来ないだけであり、捜査することは出来る」とありました。 性犯罪については被害者の告訴がない限り 犯罪も認知されないでしょうし、警察が動くことがないというのは理解出来ます。 では、比較的目にしやすい、ネット上での著作権侵害、 誹謗中傷(名誉毀損罪・侮辱罪、内容によっては信用毀損罪)については ほぼ野放しにされている状態ですよね。 とくに後者のネット上の誹謗中傷でしたら、 当事者(被害者)が気付いていないケースがほとんどだと思います。 ネット上における親告罪の告訴受理前の捜査は、 捜査出来ないことはないが、実際は捜査せず、 被害者による告訴待ちというのが現状なのでしょうか? (被疑者を先に特定しても、被害者の告訴意思なしだと捜査の無駄になる、 または実在しない人物への中傷かもしれないなどの理由から) ご教授よろしくお願い致します。

  • 親告罪の「犯人を知った日」について

    刑事訴訟法235条に 親告罪の告訴は、犯人を知った日から6ヶ月を経過したときは、これをすることができない。 とあります。 次に本来、横領というのは親告罪ではないのですが 親族間で行われると横領が親告罪になると知りました。(刑法244条2項・255条) http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3351270.html 詳しくは↑にありますが要約すると今年の1月に父親が亡くなり その時の香典を叔父が管理し返す約束をしては破り結局そのまま持ち逃げし音信不通になりました。 先日警察へ行き横領で叔父を刑事告訴したいと申し出たら既に6ヶ月経過してるから 告訴できる権利は消滅していると言われました。 1月当時に叔父が香典を管理してる時点では私も叔父自身も香典を横領しているとも思っていません。 一応、返す約束をお互いに交わしていました。 四十九日後、ゴールデンウィーク後、初盆後というようにです。 結局、初盆にも現われず音信不通で約束も交わす事もなくなりました。 私はこの時点で叔父はもう返す気はなく横領と判断しそれが冒頭の「犯人を知った日」だと 思うのですが警察の言うように叔父が香典を持って行き管理した1月が親告罪の告訴権の発生時期 なのでしょうか?警察の云う事が本当に正しいのかどうも納得がいきません。 この件に関しての犯人を知った日の解釈が解る方がいましたらどうかお教え下さい。 よろしくお願いします。

  • 親告罪の自首について

    親告罪について勉強してるので教えてください。 たとえば、性犯罪(強姦事件)で、 Aが警察に出向き、強姦をしたことを自首し、さらにその被害者の所在について把握していない場合は刑法上の扱いはどうなるのでしょうか?被害者は特定できないけれど、強姦をしたと自首してきた人間がいた場合です。