• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

CD-Rの音楽用と、データ用の違い

  • 質問No.327669
  • 閲覧数497
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 9% (122/1234)

上記のCD-Rに音楽(CD)を焼く場合、どちらが、音質はいいでしょうか?(違う、変らない等)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 38% (192/498)

ほとんど皆さんが言われているのでちょっと補足をしたいと思います。
音楽CD用とデータCD用では、CDの焼き方(フォーマット形式)が違います。ですから、EASY CD CREATOR といったライティングソフトで焼く場合は、音楽・データと選択して焼くようにしているのです。

ところで、音楽用CDを焼く場合、倍速(2倍速)以下で行うことが暗黙の了解となっていることをご存じですか?

結構、8倍速とかで焼いている人も多いようですが、まだ、機械の能力が足りない部分があり、正しく焼けないこと(トラックエラーが出ること)が多いのです。
というのは、8倍速などの速いスピードで焼こうとするとデータ量が多いために書き込みエラーを起こしやすいんですよ。そのため、そのエラーを修復する操作が行われ、結局余計な時間がかかってしまうのが現状です。(容量も増えてしまいます。)下手すると完全に書き込みエラーとなって使えなくなるものも中には出てきてしまうので気をつけてくださいね。(特に安物のCD-Rの場合はです。)

最後にです。「音楽用」は音楽を焼くために特化されたものですから、音質を気にするのであれば、音楽用で音楽CDを焼いた方が一番いいと思いますよ。

ご参考になさってみてください。

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
#4の回答ですが、著作権料は払われていません。
ですから音楽用CD-Rでも私的利用のコピー以外はだめですよ。

含まれているのは、私的録音補償金です。
補足コメント
sora0106

お礼率 9% (122/1234)

皆様、ありがとうございました。
違いがわかったと言うか、音楽CD-Rを使うメリットは、あまりないようですね。
ありがとうございました。
投稿日時:2002/08/08 21:05
  • 回答No.4
>音楽用と、データ用の違い
 データー用とは、大手家電販売店等でパソコン コーナーに置いてあるCDRのことでしょうか?

 もしそうでしたら、「音楽用と、データ用」の違いは著作権料が支払済みと未払いの違いと解釈された方が早そうです。

 記録面の色素は、以前 雑誌で取り上げられていました。データの読み/書きしノイズの発生具合を表にまとめてありました。


>結構、8倍速とかで焼いている人も多いようですが、まだ、機械の能力が足りない部分が
>あり、正しく焼けないこと(トラックエラーが出ること)が多いのです。
 当方は、Bs GOLDを使用して最高書込み速度 32倍速で書込みましたが、全く問題ありませんでした。異常なのでしょうか?!
  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (873/3452)

まず法的な回答。
音楽用CD-Rは音楽用CDレコーダで使える、私的録音保証金の上乗せされたメディアです。音楽用CDレコーダは音楽用メディアにしか録音できません。

物理的な面での回答。
音楽用CD-RメディアはPCでもデータ用としても音楽用としても使えます。
安いやつだと品質は変わりません。
しかし、カセットテープに安いのや高いのがあるように、音楽用CD-Rメディアにも、音楽で使うことを考えて設計された高級タイプのメディアもあります。どの程度の違いがあるかというのはご自分の耳で評価するしかありませんが、オーディオ雑誌の座談会の記事などでは音楽用高級タイプは“違う”とされています。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (60/271)

ずばり!!
ちゃんと作成すれば(ホコリやキズを付けず適正な環境で)同じです
音楽用は著作権料が含まれていて、そのデータが書込み済みなので、オーディオ用レコーダーで録音ができます。
データ用は上記データが書込まれていないので、上記デッキでは録音ができません
PCのCD-RWドライヴでは、両方使用することが可能です。
*ちなみに、DVDはデータとビデオでフォーマットが違うのでPCでも用途によって使い分ける必要が有ります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ