-PR-
締切済み

岡崎フラグメントを証明する実験法とは?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.32696
  • 閲覧数2491
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 84% (21/25)

DNA鎖の合成において、岡崎フラグメント(DNAは5'→3'の合成が断片的に行われ、後にDNAリガーゼにて繋ぎ合わされるという説)を証明するためにはどのような実験をすればよいのか、あるいは岡崎氏は実際にどのような実験をなさったのか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご返答お願いいたします。簡単な回答で構いません。
友人の話によると、RNAが有用であるとかないとか。これは本当なんですか。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 58% (7/12)

どうもこんばんは。
詳しい事は解らないですが、簡単でいいんですよね?
放射性物質の3H-チミジンを分裂中の細菌に加えると、
複製フォークの新生DNA部分が放射性標識されます。
細菌の複製フォークには1000~2000ヌクレオチドの断片(岡崎フラグメント)
が一過性に存在する事がわかった。らしいです。

一過性に存在するということは、3’→5’の合成ではありえないわけです。
もしもそうなら順序良く端から合成されてゆくはずですから。
ここで何故切れ切れになっているかというと、ラギング鎖の合成が
リーディング鎖より遅れて起こるために5’→3’に合成される。
(というか、されざるをえない)
ところが5’→3’にはつながらないから、
(別につないでもいいけど、もしも複製が誤っていた場合に修正がきかないから、
生体は賢いのでそんなリスクは排除したいからつなげない)
リガーゼで繋ぐんじゃないかという結論に落ち着くんじゃないですかね。
ほんと、それが証明したって事になるのかは解りませんけど
放射性標識での実験は1960年代にあったそうです。

おじゃましました。もっと詳しい事の解る専門家の方、後お願いします。
お礼コメント
ume_pyon

お礼率 84% (21/25)

ありがとうございます!なるほど、放射性物質を使用するという方法もあるのですね。それに、岡崎氏がリガーゼの存在を強調した理由もわかりました。とっても勉強になりました。
他の実験法はあるんでしょうかね。もう少し他の方の回答を待ってみます。
投稿日時 - 2001-01-27 04:29:16


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ