• 締切済み
  • 困ってます

本の題名も著者も出版社もわかりません(><。)

20代半ばの者です。 小学生の時に読んだ絵本だったと思うのですが、 主人公がある家の主人に何かを話すと「とうさんにきいとくれ」と言われる。次から次へとおじいさんが小さくなってゆき、出てきては「とうさんにきいとくれ」と言われる・・・というお話だったと思います。題名も著者も出版社もわからないのですが、もしご存知の方がいらっしゃったらお願いします。 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数683
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3

こんにちは。 ご質問からかなりたっているのでもう解決されているかと おもいますが、これかな?と思う本があったので ご参考までに。 『ノルウエーの昔話』世界傑作童話シリーズ  アスビョルンセン/モー編 大塚勇三訳   エーリク・ヴェーレンシオル 他 絵  福音館書店 ISBN 4-8340-0828-2 この中に 「お屋敷の七人目の父さん」という作品が入っています。 たぶん公共の図書館にはあるんじゃないかと思います。 でもこの本自体は出版年が2003年なんです。 参考URLを一度見ていただけますか? 「お屋敷の~」の挿絵は見られませんが他の作品の挿絵が見られます。 runa-さんの読まれた年代に絞れば 『フィンランド・ノルウェーのむかし話』 ISBN 4035351202 という本もあります。 1990年に発行されたみたいなので。 でもこの本の中では「7人目のご主人」というタイトルなのです。 なんだか中途半端な情報ですみません。  

参考URL:
http://www.litrans.net/maplestreet/p/fukuinkn/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

bamuse-s さん 期間が長すぎるから締め切れ~ っていう通知が来てました。 迷惑かなぁ~ と思いながらも諦めきれず、待ってました!!! 本当に嬉しいです! 父さん・・・ って覚えていたので期待大です♪ 探してみますね♪ 有難うございます!!!

関連するQ&A

  • 「真夏に降る雪(?)」著者と出版社を教えてください。

    たしか「真夏に降る雪」という題名だと思いますが、お分かりの方いらっしゃいましたら、著者と出版社を教えてください。宜しくお願いいたします。

  • 本の題名と著者

    偏差値関連の本 平成7.8年~12.13年発行 東京薬大?教授(阪大 化学 卒) 題名.著者.出版社を教えて下さい。

  • 「てんぐ石」 の物語 ご存知の方 著者・書名・出版社・等情報があれば教えてください。

    「てんぐ石」 の物語 ご存知の方 著者・書名・出版社・等情報があればなんでも教えてください。 私が子供のころに読んだ物語に、「てんぐ石」というお話がありました。初めて読んだときは、とてもこわくて、でもそのお話に引き込まれていきました。 超うろ覚えのあらすじ断片。 緑深い山間の盆地の小さな村のお話。 てんぐ石 天狗が奢った人間に戒めのために授けた石。赤い布に包まれ、持ち主の神棚に ある日突然現れ、その家には、身内が死ぬなどの不幸が。だから村人達は石のことは公に話をしません。 登場人物 主人公 母 恋人 村人A 家の神棚にある日赤い布の包みが置かれている。主人公は赤い布の中身を想像し戦慄する。 むかし人間達は天狗の領域である山を侵したようです。天狗の禁じた領域に入った、またそこで必要以上に獣を狩った、木を切った、そんな感じと思われます。 母親は亡くなったかもしれません。主人公は結婚し身内となった恋人が死んでしまうことを恐れて・・がむしゃらに穴を掘ります。あかい包みの石を捨てるために。不幸をもたらす石から逃れるために。主人公はその石を埋めることはできたのでしょうか。すみません、今日は眠くて話の断片ははこの辺までです。ごめんなさい。

  • 回答No.2
noname#89529
noname#89529

全く同じ内容で題名も同じ「七人さきのおやじさま」はのら書店の世界のむかしばなしに入っています。 私が持っているものは、2000年10月10日発行()初版です。 年代的にも、これを読まれた可能性が高いのでは? もともとは、「学研71年刊「世界のむかし話」の改題」でしたが、のら書店から改題されて発行されたものです。 表紙に見覚えありませんか? http://www.bk1.jp/product/1930266

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

RAKUDAMAMA さん 先日、のら書店の『世界のむかしばなし』「七人さきのおやじさま」をみてきました。お話はまさにこれでした!しかし絶対に絵が違います・・・。 けれど、小さい頃の記憶ですのでさだかではありません。ただ、‘おやじさま’ではなく‘とうさん’だったのは確かだと思います。 ノルウェー(?)のお話だと言うことがわかっただけでも感謝いたします!もう少し探してみます。

  • 回答No.1
  • MAY1814
  • ベストアンサー率71% (1816/2527)

 こんにちは。その話私も子どもの頃に読んだ記憶があります!(年代は違いますが)。たしか最後のお爺さんは赤ちゃんみたいに小さくなっていて、何か(ゆりかご?)に入っていて、その旅人に「どうぞ」って小さな声で言ったので、旅人は無事そのお屋敷に泊まる事が出来たという話だったと思います(違ってたらすみません)。  それで検索してみると「世界のこわい話」という本の中に「七人先のおやじさま」という題で入っているようです。 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=997794413X  ただ私はこの本で読んでないと思います(物語集の1つに入っていたのは同じですが、絵が違うような気がします)。ノルウェーの昔話ですので、タイトルがちょっと違っている別の本があるか、以前の本は絶版になって検索しきれないのかなと思いました。  ご参考までにm(__)m。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

MAY1814 さん 有難うございます。こちらの本はまだ見られていないのですが・・・みてみます!

関連するQ&A

  • 出版社・書名がすべてわかりません

    題名、著者名、出版社名がすべてわかりません。どなたかご存知の方、教えてください!! ・外国の病気の男の子が書いた本 ・表紙の絵も彼が担当 ・長野県あたりの小学生と交流がある 病気の男の子が病床で書いた本としてTVで紹介されたそうです。翻訳されて日本で出版されているのは確かなようですが・・・。それ以外の情報がないので困っています。

  • 絵本のタイトル・作者さん・出版社を教えてください。

    小さい頃に読んだ絵本を探しています。 タイトルも出版社も覚えていなくて、なかなか見つかりません。 ライオンのちょっと悲しいお話です。 皆から嫌われているライオンが風邪をひいて、ひとりぼっちで泣いているときに、誰かからパイが毎晩届けられて、そのパイを食べてライオンはとても元気になりました。 ライオンはそのパイを贈ってくれた相手にどうしてもお礼がしたくて、原っぱにいるカモシカ(この辺は曖昧です)さんを殺して、シチューを作りました。 けれど、実はそのパイをいつも贈ってくれていたのはそのカモシカさんだったのです。 ライオンはおなかがすいても、ずっとずっとパイを贈ってくれた友達を待ち続けるのですが、勿論やってきません。 ライオンはそれでも何も食べず、待ち続けて、最後は死んでしまうというお話です。 ちょっと悲しいお話で、昔これを読んでずいぶん泣きました。もう一度読みたくて仕方ありません。 絵本を出している出版社のホームページなどを調べたものの、なかなかみつかりませんでした。 もしご存知の方がいらっしゃったら、情報をお待ちしています。

  • 小説の作者や出版社を探しています。

    小説の作者や出版社を探しています。子供の頃、道徳の教科書に、短編で「仏の話」というのがありました。仏像自身が主人公で、まず、自分が作られていくのがあり、目が入ったところで、自分の視界がひらけていき、その後転々とするのですが、最後に「今、私の足元には、次の立て札がある。○○仏 作者不明 国宝」という形で終わるものです。とてもいい話だなと思って、もう一度読みたいのですが、作者名がわからなくて・・ もし本にでも入っていたら、出版社とかもわかるとありがたいです。ネットでいろいろなワードで検索しているのですが、どうしてもみつからなくて。心当たりのある方、よろしくお願いします。

  • 売れない方が儲かるという理不尽な出版契約・・・?

    次のような出版契約は有効でしょうか。 (残部の買取り) 甲(著者)は、本件書籍の増刷部数1,000部のうち700部について、契約終了時点で残部があった場合、甲は残部すべてを定価1,000円の80%にて買い取ることとする。 補足します。 出版社の解釈 ⇒ 増刷した1,000部について売れ残りがあった場合、700部を上限としてそのすべてを著者が定価の80%で買い取る。 すべて売れた場合の出版社の収益は、  1,000円×*70%×1,000部=700,000円( ← 書店・取次のマージンが*30%) 300部売れた(700部売れ残った)場合の出版社の収益は、  1,000円×70%×300部=210,000円( ← 販売による収益)  1,000円×80%×700部=560,000円( ← 著者の買取りによる収益)  210,000円+560,000円 =770,000円 出版社は、1,000部すべてが売れた場合よりも、300部しか売れなかった(700部が売れ残った)場合の方が大きな収益を手にします。 果たして、こういう「売れない方が儲かる」という契約は正当な商取引と言えるのでしょうか。 売れない方が儲かるということになれば、出版社は売ろうと努力するはずがありません。何もしない方が儲かる訳だから当然です。その一方で、一人でも多くの人に本を読んで貰いたいと思う著者は、個人的に書店を回って本を置いて貰うように努力します。出版社が売れない方を望んでいることも知らずに。 まさに出版社の経営姿勢は、著者の思いを踏みにじっています。果たして、こういう出版社は良心的と言えるのでしょうか。そもそも、この出版契約は有効でしょうか。 皆さんのご意見をお聞かせください。 添付した図表に間違いがあります。 100部売れた場合、70,000円+560,000円=630,000円の収益です。

  • 題名を覚えていない本を探してます

    15年ほど前に図書館で読んだ、題名、著者、出版社などまったく覚えていない児童書を探しています。 内容もおぼろげで、冒頭と最後あたりしか覚えていないのですが、 冒頭 ・主人公は女の子 ・クラスに男の子の転校生がやってくる ・男の子は人を探しているらしい ・探している人物には肩に桜の形のあざがある ・主人公、一緒にその人物を探してあげることになる 物語の佳境 ・同じクラスの女子Bが、自分の肩にはあざがあるという話をしているのを、主人公が小耳に挟む ・主人公がアザを見せて欲しいと頼むと、Bは頑なに断る ・すったもんだの末(このすったもんだを覚えていません)主人公の女の子の肩に突如、桜のあざが出る。 ・男の子が探していたのは自分だったのだ、とわかる ・実は過去に(平安時代あたり…?)主人公と転校生と悪者は関係があった三人であった ・主人公、桜のあざが出るとともにその過去の記憶がよみがえる 対象年齢は、私が小学生低学年のときに読んだので、恐らくそのあたりだと思います。 冒頭数ページがカラー漫画で、中身は文字、小説です。 サイズは20センチ程度のハードカバー。 検索ワードを様々考えて探したのですが見つからず、途方に暮れています。 はじめて読んだ小説で、自分の中でとても思い出深い本なのでどうしても、もう一度読み直したいのです。 「これじゃないかな?」と少しでも心当たりがある方、お願いいたします。

  • この本の著者やタイトルなどわかる方いませんか?

    とても印象に残っていて、大事にしていた本があります。 数年前、図書館で借りたのですが、年月が過ぎるにつれ自分にとって大事な本になって行き、 どうしても手元にほしいので探しています。 内容は覚えていても、著者や出版社・タイトルがわからないのです。 どなたか、覚えている方がいらっしゃればぜひ情報をいただきたく投稿いたします。 よろしくお願いいたします。 ・ストーリ:高校の時の先生に片思いしていた主人公。卒業後も、昔先生が住んでいたマンションの部屋に住んでいた。ある日先生が結婚すると聞き、先生に昔もらったペンダント?と持ち、夜中の学校へ。なぜか鏡から過去へタイムスリップしてしまう。家に帰ると(過去のため)先生が住んでいて、居候することとなる。互いに惹かれあうが、主人公は元の時間に戻らなければならない。 ・背表紙が白くて、文庫サイズ。 ・数年前(4~8年前)の出版だと思います ・著者の頭文字は あ・い・う・え・お のどれかだと思います(図書館配置時の記憶より) なにかお気づきになられましたら教えて下さい。

  • 著者(アメリカ在住)への手紙

    ある本の著者に質問があり、手紙を出したいと考えております。 その方は作家ではないし、オフィシャルウェブサイトもありません。また、アメリカ在住で住所も全くわかりません(検索しましたがそのような情報は全く見つかりませんでした)。出版社に問い合わせたところ、会社に書いた手紙を送れば著者に送ってくださるというお話でした。 まず、出版社を通して手紙を送るとき、封筒には何と書いたよいのでしょうか。また、お返事を期待できそうなときには、切手を同封した方がよろしいのでしょうか。 また、出版社を通して以外に何か方法はあるでしょうか。詳しい方がいらっしゃったらぜひお答えいただきたいです。よろしくお願い致します。

  • ロシア文学で題名と著者が思い出せず苦しんでいます。どなたかご存知の方が

    ロシア文学で題名と著者が思い出せず苦しんでいます。どなたかご存知の方がいたら教えてください。 なんらかの紛争や戦争で脱走したか、とり残されたかした一人の青年兵士が森(?)のなかで、息絶えてゆいくまでの24時間だか72時間だかを描いた作品で、登場人物は青年兵士一人です。 兵士は負傷しているために、動きが取れない状態だったかと思います。 近くに、敵あるいは味方の兵士の死体があったかと思います。 途中でそう遠くない近くを誰か人声がして通りかかり、たぶんその兵士は大声をあげたかしたんじゃないかと思いますが、声は聞こえませんでした。 この著者はあまりメジャーではなかったような感じで、残した作品も少なかったように思います。 長い小説ではなく、短編です。私は、思い出せませんがどこかの出版社のロシア文学集というもので読んだ記憶があります。 もう一度読みたいのです。どなたかご存知の方がいたら、どうか教えてください。

  • 題名「クリスマスのかね」という絵本探しています

    出版社や出版された国などもわからないのですが、 この題名の絵本を探しています。 やまあらしが登場するということしかわかりません。。 どなたか何かご存知でしたら教えてください。

  • 本の題名を教えてください

    次の2つの短編の著者・題名が分かる方いらっしゃったら教えてください。 1.主人公の妹が描く絵が未来を予測し、飛行機事故の絵を描いた後に、両親の乗った飛行機が事故に遭う 2.女子高生の主人公の家に年下の従姉妹が引き取れれてくる。その従姉妹は両親と妹を亡くし、天涯孤独だった。その従姉妹を嫌っていた兄が死に、主人公は、すべてその従姉妹の超能力で殺されたと知る。 以上2件、よろしくお願いいたします。