• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

2階変数係数線形微分方程式

 (x^2)*y"-3xy'+5y=4/x    この問題はオイラー型の2階変数係数線形微分方程式というようです。 この問題の解法を教えてください。お願いします。 とりあえず左辺=0と置いたときの一般解として   y=(x^2)*{A*cos(log x)+B*sin(log x)} (A,Bは任意定数) までは出したのですが、特殊解の求め方が分かりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1685
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

(x^2)*y"-3xy'+5y=4/x---------------(ⅰ) 式(ⅰ)は (x^2)(d^2y/dx^2)-3x(dy/dt)+5y=4/x---------------(ⅱ) だから ここで d/dt=D,e^t=xとおけば d^2y/dx^2=(d/dx)(dy/dx) =(d/dt)(dt/dx)y(d/dt)(dt/dx) =yD(D-1)e^(-2t) dy/dt=y(d/dt)(dt/dx) =yDe^(-t) ((2))式を書き直すと {D(D-1)y-3D+5}y=4e^(-t) (D^2-4d+5)y=4e^(-t)------------(ⅲ) 基本解を求めるために右辺を0とおくと ζ(λ)=λ^2-4λ+5=0 λ=2±i よって基本解λ=2±i これから余関数を求めると Y=e^(2t)(e^(2±1i)) =x^2{(C1cost+C2sint)+(C3cost-C4sint)} =x^2{(C1+C2)cost+(C3+C4)sint} C1+C2=A,C3+C4=Bとおけば Y=x^2(Acost+Bsint)---------* ここでe^t=x より logx=t Y=x^2(Acoslogx+Bsinlogx) また*で発展して Y={√(A^2+B^2)}(sint+α) √(A^2+B^2)=C Y=C(sinlogx+α) と書く方法もあります. 特解の求め方ですが ξ(D)φ=4e^(-t)    =4e^(-t)/ξ(D) ここでe^(-t)のtの係数(-1)をDに代入すると    =4e^(-t)/ξ(-1)    =4e^(-t)/((-1)^2-4(-1)+5))    =4e^(-t)/10    =2/5x よって y=Y+φ=x^2(Acoslogx+Bsinlogx)+2/5x もしくは y=C(sinlogx+α)+2/5x

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧に解説していただいてありがとうございました。大変参考になりました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

式の形を見て (1)  y = c/x の形が特解になりそうだな,という見当がつきます. 左辺の3項とも,(1/x)の定数倍の形になりますから. あとは右辺と合うように c を決めればOKですので,お任せします.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 変数係数2階線形微分方程式

    変数係数2階線形微分方程式の問題です。 x^2*y(x)''+2x*y(x)'-iαy(x)=0 i:複素数,α:定数 この微分方程式はどのようにして解けばよろしいでしょうか? できるだけ計算過程を詳しくお願いします。 解にはベッセル関数が用いられるみたいです。 自分でベッセルの微分方程式と同様にして解いていっても途中でつまずいてしまいます。 お手数ですがよろしくお願いしたします。

  • 未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 

    未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 一階の線形微分方程式の解き方は dy/dt + p(t)y = g(t) のとき e^∫p(t)dt を両辺にかけて そのあとで両辺を積分してyについて解く と習いました。 そして、未定係数法は2階の線形微分方程式を解く方法の一つとして、 習いました。 ここで疑問に思ったのが、 この未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? だとしたら下のような手順でよいのでしょうか? 同次式: dy/dt + p(t)y = 0 の一般解を求める (積分定数が残る) 非同次式: dy/dt + p(t)y = g(t) の特殊解を求める (積分定数はない) yの一般解 = 同次式の一般解 + 特殊解 よろしくお願いします。

  • 1階線形微分方程式

    y’-2y/x = xy^3 は y’/y^3-2/x*1/y^2と変形できる。 ここで、1/y^2 = uとおくと、この微分方程式はx、uに関する1階線形になることを示せ。 次にそれを解くことにより、この微分方程式の一般解を求めよ。 この問題なのですが1階線形になることは示せたのですが、その次の1階線形微分方程式の解法がよく分かりません。 教えてください。よろしくお願いします。 ↓ y'-2y/x=xy^3 y'/y^3-2/xy^2=x u=1/y^2とおく ∴u'=-2y'/y^3 これを上式に代入すると -u'/2-2u/x=x ⇔u'+4u/x=-2x

  • 斉次線形微分方程式

    はじめまして。 斉次線形微分方程式の解と一般解はどうちがうのでしょうか?? 一般解とは、微分方程式の解で、その階数と同じ個数の任意定数を含むものをいうらしいのですが・・・ 初歩的ですがよろしくおねがいしますm(__)m

  • 4階の微分方程式の解き方を教えてください!

    問題で与えられる微分方程式は画像として添付しました。 (1) f(x)=0 のとき、この微分方程式の一般解 (2) f(x)=sinx のとき、この微分方程式の一般解 それぞれの求め方を教えていただけませんか? 自分で計算した結果 (1)y=(C1x+C2)cos2x+(C1x+C2)sin2x (A,Bは任意定数)となりました。 間違っているでしょうか?詳しい一般解の導き方を教えてください (2)特殊解をどのようにおけばいいのか分かりません  おき方と解法を教えていただきたいです

  • 変数係数線形微分方程式

    変数係数線形微分方程式の問題です。 与えられた特殊解を利用してこれに独立な他の特殊解を求める 一つの解は「t」 回答のほうよろしくお願いします。

  • n階線形微分方程式

    こんな問題です。 定数係数n階線形微分方程式 y^(n) + p1y^(n-1) + p2y^(n-2) + … + pny = 0 (ただしp1,p2…pnは定数)の解y1,y2…ynの線形和 y =ΣCiyi(Ciは定数) が再び解になることを証明せよ。 これってどうすればいいのでしょうか?

  • 微分方程式の質問です。

    微分方程式の質問です。 定数係数2階線形D.E.の一般解を求める問題で、特殊解は定数変化法で求めなければいけません。 y″+4y=4/sin2x です。 解けなくて困っています。 回答おまちしております<(_ _)>

  • 2階線形微分方程式の問題なんですが…

    かなり初等的な問題だと思いますが、教科書を読んでもさっぱりなので質問させていただきます Q. 関数 y(x) において次の微分方程式を解け  y'' + y = 2*sin(x) 右辺を0とおいて y_t = C * cos(x) + D * sin(x) (C,D は任意の複素定数) が解の中に含まれる事は解ったのですが、この後どうすればいいのかがわかりません。 多分、CとDを何か適当な関数に置くのでしょうが、どんな関数にすればいいのかさっぱりです。 ためしに C=u(x), D=v(x) とおいて強引にやってみたところ y_s = -( (x+E)*cos(x) )/2 ( y = y_t + y_s , Eは任意の定数) と出たのですが、yは周期関数になるはずなので(コンピューターに微分方程式のままでシミュレートさせました)多分違うと思うんです。 どうかご教授願います。

  • 2階非同次微分方程式の問題

    2階線形非同次微分方程式 y"-9y=3x^(3) 基本解y1=e^(3x),y2=e^(-3x) 基本解の定数係数の線形結合を u1(x)=a11*y1(x)+a12*y2(x) u2(x)=a21*y1(x)+a22*y2(x) とするとき、u1(x),u2(x)が2階定数係数同次微分方程式y"-9y=0の基本解となる条件を述べ、理由を説明せよ。 という問題があり、どこから手をつけたら良いかわからない状況です。どなたか教えて頂けたらと思い、質問しました。宜しくお願いします。