-PR-
締切済み

やりきれない気持ちになる本

  • すぐに回答を!
  • 質問No.32361
  • 閲覧数137
  • ありがとう数47
  • 気になる数0
  • 回答数14
  • コメント数0

お礼率 64% (154/239)

読んだ後、やりきれない気持ちになるような本を紹介してください。

たとえば
柳美里「命」、遠藤周作「深い河」、ジュンパ・ラヒリ「停電の夜に」
のような作品です。
通報する
  • 回答数14
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全14件)

  • 回答No.5

ドキュメンタリー系でもよければ、 石牟礼道子著 「苦海浄土 わが水俣病」 タイトルの通りの内容で、公害の被害で障害を負った人々の生の声が ぎっしりつまったウルトラヘビーな内容です。 日本文学でいうと、 車谷長吉著 「赤目四十八瀧心中未遂」「抜髪」 著者の実体験から生まれる最低辺の生活の描写、 著者自身を巡る出口無しの道々巡りのような悩みと、 その全てを美しく平易な言葉でまとめあげる筆力 ...続きを読む
ドキュメンタリー系でもよければ、
石牟礼道子著 「苦海浄土 わが水俣病」
タイトルの通りの内容で、公害の被害で障害を負った人々の生の声が
ぎっしりつまったウルトラヘビーな内容です。

日本文学でいうと、
車谷長吉著 「赤目四十八瀧心中未遂」「抜髪」
著者の実体験から生まれる最低辺の生活の描写、
著者自身を巡る出口無しの道々巡りのような悩みと、
その全てを美しく平易な言葉でまとめあげる筆力は、
類をみません。

海外でいうと、
ウィリアム・バロウズ著 「裸のランチ」
ぶっ壊れた生活とぶっ壊れた文章が生むダイナミズムは
あなたをやりきれない疲労と妄想の世界へいざなうでしょう。

マンガも可ですか?
もしOKなら、ジョージ秋山著 「ゼニゲバ」「アシュラ」
「捨てがたき人々」手塚治虫著 「きりひと賛歌」などもお勧めです。
お礼コメント
chill

お礼率 64% (154/239)

ご紹介ありがとうございます。

昨日図書館に行って、苦海浄土と裸のランチ借りてきました。
苦海浄土は、思っていた以上に重いですね。
2年ほど前、桑原史成氏の写真展に行ったこともあり
水俣病についてはすごく興味あったんですが、
土地の言葉で書かれると辛さ倍増です。

裸のランチは映画見たことあるんですが、
小説もあったんですね。
文章になるとどうなるのかちょっと楽しみです。
投稿日時 - 2001-02-05 10:59:21


  • 回答No.6
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/1)

大江健三郎の『死者の奢り』『飼育』なども読んだ後やり切れなくなるような本ではないかと思います。
大江健三郎の『死者の奢り』『飼育』なども読んだ後やり切れなくなるような本ではないかと思います。
  • 回答No.4

帚木蓬生(ははきぎほうせい)さんの「閉鎖病棟」は如何でしょう。 精神病院の話ですが、文庫本の裏表紙には「原液精神科医の作者が、病因の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作。」と書いてあります。 たしかに感動しますし、やりきれない気持ちにもなりますよ。(新潮文庫) ...続きを読む
帚木蓬生(ははきぎほうせい)さんの「閉鎖病棟」は如何でしょう。
精神病院の話ですが、文庫本の裏表紙には「原液精神科医の作者が、病因の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作。」と書いてあります。
たしかに感動しますし、やりきれない気持ちにもなりますよ。(新潮文庫)
お礼コメント
chill

お礼率 64% (154/239)

ご紹介ありがとうございます。

閉鎖病棟と一緒に、臓器農場も借りてきたのですが
あまりのおもしろさに、一気に読んでしまいました。

閉鎖病棟のほうは、知人に精神分裂病の人がいるせいか
すごく辛いですが、やりきれなさにかけてはピカイチですね。
投稿日時 - 2001-02-05 11:02:46
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 28% (10/35)

ウィリアム・シェイクスピア『リア王』『ハムレット』 ゲーテ『若きウェルテルの悩み』 エドモン・ロスタン『シラノ・ド・ベルジュラック』
ウィリアム・シェイクスピア『リア王』『ハムレット』
ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
エドモン・ロスタン『シラノ・ド・ベルジュラック』
  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 33% (1/3)

わたしの、個人的な意見ですが・・・。 ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』
わたしの、個人的な意見ですが・・・。

ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』
  • 回答No.2
レベル4

ベストアンサー率 100% (1/1)

津本陽の『深重の海』は、かなりやりきれない気持ちになりました。
津本陽の『深重の海』は、かなりやりきれない気持ちになりました。
  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 12% (83/664)

岩波少年文庫からでている、『あのころは、フリードリヒがいた』普通のドイツ市民が、ユダヤ人を排斥していく過程が書かれた本です。題名をはっきり覚えていないのですが、三部作として書かれた他の二作も、お奨めします。
岩波少年文庫からでている、『あのころは、フリードリヒがいた』普通のドイツ市民が、ユダヤ人を排斥していく過程が書かれた本です。題名をはっきり覚えていないのですが、三部作として書かれた他の二作も、お奨めします。
  • 回答No.8
レベル8

ベストアンサー率 57% (11/19)

有名なところで、ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」、「狭き門」とか・・・。
有名なところで、ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」、「狭き門」とか・・・。
  • 回答No.11
レベル8

ベストアンサー率 21% (7/32)

個人的で申し訳ないですが、 私のおすすめは、京極夏彦「嗤う伊右衛門」です。 ラストシーンでは大泣きしました。
個人的で申し訳ないですが、
私のおすすめは、京極夏彦「嗤う伊右衛門」です。
ラストシーンでは大泣きしました。
  • 回答No.12

桑原史成氏の写真展にいかれたのですか? うらやましい.... ならば、水俣関連の写真集で、もうひとつ。 やや、希少な部類の本になりますが、 ユージン・スミス「MINAMATA」はいかがでしょうか? 悲しみと愛と憎しみと悲惨がいっしょくたになった ものすごい写真集です。 ...続きを読む
桑原史成氏の写真展にいかれたのですか?
うらやましい....
ならば、水俣関連の写真集で、もうひとつ。
やや、希少な部類の本になりますが、

ユージン・スミス「MINAMATA」はいかがでしょうか?

悲しみと愛と憎しみと悲惨がいっしょくたになった
ものすごい写真集です。
補足コメント
chill

お礼率 64% (154/239)

清里にあるKMopaという写真の美術館でやってました<水俣展
テーマの割にへんに押しつけがましくなくて、
淡々としてるのに泥臭くてとても複雑な気持ちになりました。
(患者のいる家族がお金持ちになっていく様とか、なんともやりきれない)

ユージン・スミス氏の写真集ぜひ探してみます。
本やになかったら、KMopaに行って探してみます。
投稿日時 - 2001-02-06 10:18:25
14件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ