• 締切済み
  • 困ってます

駐車場での自動車事故について

ありきたりな事故ですが皆さん教えてください。よろしくお願いします。 大型ショッピングセンター内の駐車場で起きてしまった接触事故についてです。事故当時の状況:立体駐車場 駐車スペース前の路上は右側通行(進入路と出口が駐車場特性上逆になっている為)進行方向からみて、駐車スペースが右側(6台収納可能) その奥に左に大きくカーブしながら路上が交差し、一方通行になっている状態(円を描くように周回し、出口へ戻る)です。事故が起きたのが、進入路から入った右側に6台駐車スペースがある路上です。進入口から進行していた私は、右側に駐車している車両のバックランプや、発進車両を確認し、安全を確認しながら徐行していました。その駐車スペースを通り過ぎると直ぐに左に急なカーブがあり、路上も交差する事から瞬時に止まれる程のスピードで進行していました。その時です、先ほど確認した時には、バックランプが点灯していなかった車が急にバックをしはじめたのです(加害者の車の後ろを、私の車が半分くらい通過した頃)。右サイドミラーで発見したのですが、時すでに遅く、衝突まで1秒から2秒の間位でした。瞬時にアクセルを踏んだのですが、加害者の車が左にハンドルをきりながらバックしていた為、私の進行方向へカーブしながら追突するような形で衝突しました。被害は右後方のタイヤ付近一帯、加害者の被害は後方バンパーの右(ほとんど角)を損傷していました。直ぐに、加害者が降りてきて、怪我の確認と、全く後方を確認していなかった事に謝罪をしてくれました。また、今回の事故が加害者の不注意である事を前面的に認めてくれたので、保険会社への連絡のみで終了してしまいましたが、後になって事故証明を発行してもらえばよかったと反省しております。その後、加害者の保険会社から連絡が入り、私の車両がすこしでも動いていたなら、過失が発生する、また前方確認を怠った事が過失に含まれると言われました。私は、微速ではありますが、直進していましたし、衝突を回避しようとハンドルをやや左にきり、アクセルを踏み込んだ事は事実です。また、前方確認はしていましたし、急にバックしてきたのは、私の車が加害者の車を半分位越えた頃からですので、事実上右斜め後ろから生じた事故です。どうにも納得が行かず 加害者に状況をしっかりと確認して欲しいと加害者の保険会社担当へ訴えましたが、確認しますと言いその後連絡は明日しますと言われました。自分の保険会社へも連絡しましたが、過失割合は9:1位と言われました。私に、過失があるのであればそれで致し方ないとは思いますが、本当に過失が生じてしまったのかわからない所がくやしいです。長文になりましたが、私の過失と、今後の対応についてみなさんのご意見お聞かせください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数706
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.1

 保険会社は互いから事故状況を聞いただけで杓子定規的に過失割合を判断します。よく使われるのが「すこしでも動いていたなら過失が発生する」という言葉です。がこの言葉は間違いであり、動いていても過失がないケースもあります。  具体的数字には踏み込みませんが、今回双方の保険会社の認識が一致しているところから、質問者さんがその提示を受け入れる事ができれば、即解決になると思われます。  この場合、質問者さんに与えられた選択肢は2つです。 1.納得できないとしても保険会社の提示したものを受け入れる。先ほども書きましたが双方の保険会社も認めていることから一番早い事故処理に成ると思われます。 2.自分の過失を一切認めない。こうなればまず自分側の保険会社は相手と交渉する事ができません。無過失主張ということは賠償保険が機能しません、示談交渉代行サービスも機能しません。「弁護士特約」等があればそちらが利用できると思われますが、そうでなければ質問者さんと相手側との交渉になります。もちろんこの間、相手側からの賠償は一切されません。場合によっては修理工場への支払いの問題も発生します。  真実を追究することはとても大切なことです。しかしもう一方で自分のおかれた状況等を勘案して、いわゆる「大人の解決」というのも選択肢の一つですね。また過失が認められないのであれば「0:95」「0:90」などを提示してみるのも策ですね。  あと「事故証明」についてですが、今回は駐車場無いということなので、警察が交通事故として受理するかどうかも疑問です。それに受理したところで「事故のあった事実」を証明するだけであり、民事上の賠償問題には一切関係ありません。証明があっても無くても同じ結果です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。皆さんも、事故の被害にあわれた方にはこのように疑問に思われる方がたくさんいるんでしょうね。

関連するQ&A

  • 納得いかない駐車場の事故

    妻が地方のスーパーの駐車場で事故に遭いました。 妻の車の軽自動車が駐車場の通路を走行中に、加害者のハイエースの後ろを通過した瞬間にいきなりバックランプが点いて、バックしてきました。 妻は運転席にめがけて自分の車より大きなハイエースがバックしてきたので、そのままでは運転席に直撃で怪我の可能性がある為に左にハンドルを切り、逃げるが前方に駐車車両があり、それ以上進めず停止しました。 そこにバックしてきたハイエースがぶつかってきました。 加害者の運転手はその場で妻に謝罪、そして警察の事故調書時には、後方確認を全くせずにバックしたと自分の過失を全面的に認める証言をしました。 ここで、妻の車が加害者のハイエースの後ろを通過する瞬間までバックランプもテールランプも点灯せず、動いてもいないのでバックする事は予想できず、妻は回避行動の末に完全に停止していますから、10(加害者):0(妻)とこちらの保険会社の人は話していましたし、他の保険会社の友人に聞いても、それは10:0と判定と言っていました。 そのまま保険会社同士の話合いになるのと思ったら、妻の加入している保険はこちらに過失をない、認めない事故は対応できないと言ってきました。 また相手側も最初は過失を全面的に認めていたのを途中から、後方確認をしっかりしたのにこちらがつっこんできたという証言に変わりました。 後ろに大型バイクを積んでスモークガラスという悪条件なら後方確認は普通の車以上にしっかりと確認するのが、常識ですが加害者はそれを怠っていました。 妻が停止した時には、そのハイエースのバイクを積んだ状態でも左右ミラーは使えるから、左ミラーから妻の車のボンネットは見えていましたので、そこでブレーキを踏めば停まれたはずです。 また加害者は何故そんなところにいたのか?と言いましたが、駐車場はお客様みんなが利用するものであり、通路は車は通過するものと説明してあげました。 また加害者は全て保険会社に任せてある。保険会社が出す判例に従う。そちらも保険には入っているなら10:0にならなくても何も問題はないとの人を馬鹿にしている言動や事故をおこした自分の責任からも逃げていました。 加害者の保険会社も、斜めに停まっている車を注意しないのはおかしい、ぶつかる寸前4秒前は停止とか言わない、文句あるなら自分で直せまで暴言を吐いてきました。 斜めにとまっている車は全て危ないのですか?(笑)停止の定義とは4秒以上?(笑)加害者の代理といえる保険会社が自分で直せと言うか?(怒) こちらに保険会社がつかないとわかると相手保険会社はこちらを馬鹿にした対応でした。 また、当初は誠意あるように見えた加害者でしたので、妻は首の痛みを多少感じていましたが、公務員という地位ある相手の事を考えて我慢していました。途中から二転三転する加害者の証言は誠意のあるものとは言えず、責任逃れをする悪意のある行動になっていたので、そんな人間に我慢する事はなく警察に人身の届出をしました。 すると警察に届けると出るところに出ると言ったり、過失が出てもそちらの知り合いの修理工場でうまく調整して欲しいとか、嫌がらせだと言ってきました。 また人身にしなくても、物損で人身事故を保障できると勝手な判断をしてきました。 そこで私が、あなたにも誠意は今は見えないが、あなたの保険会社も暴言を吐く等、あなたの代理と言える保険会社が今回の件を台無しにしている。あなたの誠意のなさと保険会社の対応がここまでこじれたのではないのか?そちらが誠意ある対応をしてくれれば妻も人身にする事もなく穏便にすませたかもしれないと言うと保険会社にこちらから頼んで欲しいとか、保険会社とうまくやって欲しいだの、事故を起こした自分の責任をほうり投げて非常識な事ばかり言ってきます。 そして、保険会社からでた過失は7:3(妻)でした。加害者はこちらから突っ込んできたと言う割には過失3はおかしいですし、今までの判例での結論と言い張りますがどう考えても納得いかず、紛争センター等で闘うつもりです。

  • 駐車場内での事故の過失割合について

    駐車場内で、後ろを確認せずにバックしてきた車にぶつけられたという状況の事故です。 当方がパーキングエリアに車をバックで駐車中に、突然向かいのエリアに止まっていた車がバックをしてきて、フロント部分にぶつかり、グリル部分が破損しました。(加害者の車は、向かいのパーキングエリアにフロントから停車していました) 直後に警察を呼び事故扱いになりました。 ◆事故後の加害者の発言 「車が駐車しようとしていたのは知っていた。もう駐車したと思った。左右しか見ていなかった。後ろは見ていたなかった。」と。 ◆加害者(加害者の保険会社)の主張 動いている車同士の事故なので、20:80ではないか。 ◆こちらの主張 こちらがバックをしている最中に(停車直前)前方から、しかも後方確認もせずにバックしてきてぶつけられているのだから、当然過失割合は0:100ではないか。 動いているという主張に対して、こちらも加害者も後方へ動いてる(同一方向)状況での過失割合の算定としては合理性がないのではないか、と思っています。 このような事故の過失割合についてご存知の方がいらしたらご意見を頂きたいと思います。現在加害者側の保険会社と話している最中です。 ◆補足 ・パーキングエリアから約50cm出ているところでぶつけられました

  • 駐車場での事故

    駐車場でバックしてきた車と接触事故を起こしました。状況を説明しますと、(うまく説明できないかも・・・。) 4つの駐車スペースがある駐車場で並びは前に2台分後ろに2台分という感じの駐車場です。 □□←こんな感じです。 □□ ←この方向に進み駐車体制に入りました。 私も相手の車も道路から駐車場にはいり、駐車する ところでした。 相手の車は先に左前方に入っていくように車を進め、 私は右後方に入るように車を進めました。しかし、 相手の車が左前方に完全に入りきる前に止まったため 私は左後方のスペースに10cmほどはみ出したまま (はみ出していたものの、右にハンドルをきり前進すればれば駐車スペースに入る) 相手の動きを見るために停車。その直後相手の車が バックをしてきたため、クラクションを鳴らして注意 を促したが接触。 昨日相手の保険会社から電話がきて、私が線をはみ出 していたことに過失があるといわれ100対0はありえな いといわれました。 保険会社の言うとおり、100対0にすることは無理でしょうか・・・。もし私に過失がある場合、私の過失割合は?

  • 駐車場の事故での過失割合は? どちらも動いている時

    どちらかが止まっている場合ではなく双方動いている場合の過失の割合をお聞きしたいです 他の質問をみると駐車場の場合は50対50が基本とする回答もあれば、事例によって20対80などもあるようで見当がつきません 先日公共機関の駐車場で友人の車と接触事故をおこしました 友人の車に続いて駐車場に進入、進行方向にたいして両サイドに駐車スペースがあり、前を走っていた友人は左の駐車スペースに入ったためその後ろを抜けようとしたところ、友人は右の駐車スペースにバックで止めたかったらしく後退してきた友人と接触しました 幸いどちらもスピードはあまり出していなかったためケガもなかったのですが過失割合をどうしようか悩んでいます 友人は駐車スペースへの進入は予測できない、として過失は私にあるのでは?と言っています また友人が言うには「駐車場での事故は50:50、もしくは100:ゼロ」だそうでこの場合自分に過失はあまりないので私に修理代の全額負担をしてほしいとのことです 私は友人がバックするという危険予測を怠った、素早く抜けようとはしたもののクラクションを鳴らさなかった、ので私にも過失はあると思います ただ、友人はぶつかるまで全く気がつかなかったとのことで「進行方向に対しての確認不十分」なのでは?と私は思います 正直、バックという予測も難しかったのではと思います この場合私100:0友人になるのでしょうか? 50:50とはいかなくても私60:40友人などにはならないでしょうか? どちらも任意保険には加入しているものの友人は車両保険に入っているのに対し私は加入していません これからも付き合いのある大切な友人ですのでできるだけもめたくありませんし、お互い納得のいく解決をしたいです みなさんの協力をお願いします

  • 駐車場での接触事故

    一般に開放されている駐車場で接触事故を起こしました。 駐車場は進入路に対して左右に垂直に駐車スペースが確保されており、通り抜けが出来ない駐車場になっています。 私は右前方に進入路右側を歩行者が歩いていたので、歩行者の後ろを最徐行で進入し、左側駐車スペースに駐車しようと左ハンドルを切り駐車枠内に車の前方が入った時に、後から進入してきた車と接触しました。私はぶつけられたと思いました。まさか後から来た車が左から追い越して先に行こうとしているとは思いませんでしたので、左後方は全く気にしていませんでした。歩行者と駐車済みの車を気にしていました。相手の運転手は車を止めて私の様子を見ていたと言っています。危険を察知してクラクションを鳴らすなどはしておりません。 事故直後、相手に警察を呼びましょうかとか名乗らなくて良いのかと言ったところ、お互いに自分の車を直しまっしょうとなって分かれました。私は一応警察の事故届をし、その後相手が分かりました。 それから、相手は自分が止まっていたから私が100%悪いから修理代を出せと言っています。 保険会社に入ってもらって交渉をしますが、相手からは80対20なら譲歩しても良いと言っていますが納得出来ません。保険会社は路外の出入りという判例を元に過失割合を決めているそうですが、よく分かりません。過失割合を含め対応をご教示下さい。よろしくお願い致します。

  • 駐車場での事故

    突然で申し訳ございませんが、困っているのでアドバイスを聞きたいことがあります。 先日、駐車場で駐車中に車をぶつけられました。 加害者が駐車中の私の車に気づかずにバックして衝突してしまったようです。 お互い怪我もなく、加害者の方はすぐに非を認め、「私(加害者)が全面的に悪いので、修理代は全額負担致します」とすごく誠意を持って謝罪及び保険会社に連絡をしてくれたため、加害者の連絡先と免許証のコピーを取り、その場で別れてしまいました。 しかしながら、警察をその場で呼ぶべきだったなぁと今は後悔しています。完全な言い訳ですが、お互い100km以上離れている他県の観光地での事故で、かつ夕方だったたお互い帰宅時間を考えてしまいました。別に加害者とも連絡が取れますし、事故の後も揉めているわけではないのですが・・・。常識的に警察を呼ぶべきだったとすごく反省しております。 ここからはお互いの保険会社での話し合いになると思いますが、私と加害者は今後どのような話の進め方をするべきでしょうか? また、私は会社員で被害者側ですが、(警察を呼ばない)このような事故の場合も一般的に会社に報告するべきなのでしょうか? 初めての事故のため、今後の展開が心配です。警察を呼ばなかったことで保険が適用されなかったり、保険が適用されないことで加害者と示談するようになったりとネガディブに考えてしまいます。他県同士で距離も離れているため、お互い一緒に警察に今後行くことも難しいと思いますし・・・。長文で大変申し訳ございませんが、こんな私にアドバイスをよろしくお願い致します。

  • 自動車事故について

    加害者側の保険会社においての質問です。(私は被害者側です) 事故後、加害者側の保険会社から、最初に見積もりが必要なので、 破損部分の写真を送るように指示されました。 しかし、3週間たっても音沙汰がなく、こちらから連絡をしたら、 まだ、何も手を付けていない様子で、挙げ句の果てには、 時価の10%が上限で、それ以上は保証されないと法律で定められているといわれました。 事故の状況としては、駐車中の車に一方的にぶつけられたので、こちらに過失はなく、 こちらの知識としては、修理の全額は保証されると思っていたのですが、一体、事故の補償にそのような上限はあるのでしょうか?

  • 駐車場での接触事故

    駐車場での接触事故 先日郊外にあるコンビニの駐車場で接触事故をおこしました。(道路から駐車スペースまで車3台分ある大きな駐車場です。また、駐車スペースはたくさん他にもありました) 当方は、前をつっこんだ形で駐車していたので、バックで方向転換して出ようとしていたところ、道路から当方が停めていた駐車スペースのコンビニ出入り口を挟んで右側に駐車されようとしたときに接触しました。(相手の方は、当方がバックしてくるのが見えていました。とおっしゃっています。) 当方は、バックバンパーの真後ろから右後ろあたりにキズがつきました。大きなへこみはないです。相手は左ガソリン注入口下あたりが、少しへこんでいます。 警察をよび、警察からは駐車場での事故なので、50:50から穏便に解決してくださいといわれました。相手は保険で解決しましょうといわれました。 当方の保険会社に連絡したところ、相手は0過失主張をされているとまずいわれ、2日たって、10なら過失を認めるという主張をされているそうです。 お互いの保険会社の間では、バックをしていた当方の過失をかんがみて、60:40という話になっているのですが、相手の方が応じてくださらないようです。 そのため、当方の保険会社から質問されました。早く解決したいなら、保険金が少ないので多少の譲歩はします。(当方の過失割合をあげる)過失割合を60:40ので変えたくないというのなら、それで交渉を続けますが、どちらがいいですか?と。 こういう質問は普通なのでしょうか? わたしは素人なので、過失割合は過去の経験からプロが決めるものだと思っていました。また保険会社が譲歩しているのに、こちらが譲歩しないというふうに相手に伝わったら相手が感情的になりやすいのではないでしょうか?穏便に解決するために、保険会社に間に入っていただいているのに、かえって話がこじれると思います。いかがでしょうか? 駐車場の事故は、道路ではないので、どちらもどちらで、バックをしていたので、当方60の過失が妥当だと思うのですが、保険会社から正当な理由(論拠)がなくても、相手が応じないので、過失を譲歩するのは、正しい選択なのでしょうか? もしくは、相手がへこんでいるという事実から70までは過失を認めるのが正しい選択なのでしょうか? その判断基準がわからないです。 当方は、穏便に解決したいと思っています。相手の方が、感情的にご立腹されているのであれば、時間が経過しても持ってもいいと思っています。相手のいうとおりの過失を認めるのは、何の正当性もないのと思うのですがこういう考え方は、事故のときには、思ってはいけないのでしょうか? このまま相手の方が裁判をおこしたりすると、こちらは何か不利益がありますか? お詳しい方、どうぞ教えてください。よろしくお願いします。

  • 駐車場内(こちら停止中)での事故で揉めています

     先日、私が大規模ショッピングセンターの地下駐車場内でこのような物損事故にあいました。  その駐車場は対面して通行できる通用路がある場所です。当日は休日で大変混雑していた状況で、やっとのことで私が進行方向から見て右側に駐車スペースを発見したため、バックで駐車しようと一度左車線から右車線側にはみ出したうえ、通用路をまたぐ様な状態で車を斜めに止め、ギアをバックに入れました。  右後ろをまず確認し、左後ろを確認しようとしたところ、目の前(斜めに止まっていたため、目の前に車両があったが実際は私の車の左側をすり抜けていった)を相手方が勢いよくすり抜けていき、私の車の左フェンダーと相手方の右リアバンパーが接触したのです。  警察を呼び、事故の届けを出し、後は保険会社にまかせますということとなり、相手方からの謝罪も受けたので円満に解決するかと思ったのですが、相手の保険会社からは「うちのお客様はあなたの後ろを走っていて、あなたが右によられて道を譲ってくれたと思いいったのです。事故はあなたがバックしていたので五分五分です。」と言われました。  こちらは「バックしておらず10対0以外あり得ない。駐車場のスペースに入れようとして止まっていたのにぶつけられ、納得がいかない。傷もバックしてできた傷でないことは明白だ。」と交渉が暗礁に乗り上げました。私の過失は認めたくないため保険会社も使えず、自分で交渉しております。  私の主張としては    1 駐車場内で駐車する車を見た場合、後ろからきた車は一旦待って安全確認する義務がある    2 余地がない場所を強引に通り抜けようとしておきた事故である    3 停止中の事故でありこちらには過失がない    4 損傷部位からバック事故はあり得ないこと を伝えましたが相手の保険会社の回答はかわりません。  それで裁判にもちこんででも争いたいのですが、その場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。  図面がないのでわかりにくく、申し訳ありませんが何かアドバイス等あればよろしくお願いします。

  • 駐車場での事故

    これまでもよく似た事例があると思いますが、あえて質問させてください。 一月ほど前、大型スーパーの駐車場で事故にあいました。 当方は、駐車しようとして、通路の角をまがって、前進し車5~6台分とばして一旦ストップ、後方を確認し、車が来ていないことを確認した後、バックで駐車しはじめました。 すると、ゴンという鈍い音が聞こえました。 見ると、別の車が当方の車の左角に軽く衝突しています。 当方の後方確認後、角を曲がって来ていた車だったようです。 クラクションも何もありませんでした。 どうされるのか静観していると、先方から車を降りられ、「大丈夫ですか?」と尋ねてこられました。 その場では警察も呼ばず、保険会社のみに事故の報告をしました。 後日、先方の主張としては、「止まっていると思ったので横を通過しようとしたら、動き出したので、内輪差でふくらんだ部分に当たってしまった。お宅が悪い」と主張しておられることが解りました。 事故の経験がなく、駐車場での事故は5対5からスタートするという程度の認識しかないため、ご質問なのですが、当方の認識でいうと、バックで駐車をしはじめ た車の横をすりぬけるというのは、ちょっと考えられません。 あえて通過したいのであれば、一旦であれ、車がすべて車庫スペースに収まってから、恐る恐る通過すべきではないかと思います。 過失の割合をご教示頂ければ幸いです。 宜しくお願いいたします。