• ベストアンサー
  • 困ってます

could と was able to の違いがわかりません

could と was able to の違いがわかりません。 couldn't はどちらにも使えるのは知っていますが、肯定のときどう使い分けたらいいんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • 閲覧数248
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

ご質問文を拝見するに、 「できる」の過去形をどうすればよいか、 という趣旨ですね? ご質問文にある couldn't は、cannot の過去形、すなわち、 「できなかった」の意味になります。 一方、 (肯定の)could という助動詞は、元来 can の過去形ですが、 その意味で使われることよりも、仮定法や敬語の表現として用いられることの ほうが多いので、紛らわしいです。 was able to とすれば、間違いなく過去形の「できた」「できていた」 の意味として伝わります。 ですから、誤解を受けないようにするには、was able to が良いですね。 理屈ではなく実用上の問題である、と言えます。 追伸 本題と関係がありませんが、 can が入った文を未来形にするとき、will can とはできないので、 その代用として、will be able to とします・・・たぶんご存知でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#42839
noname#42839

引用:(4)see,hearのような知覚動詞などの場合は、能力を強調するableを使うと露骨であったり失礼になることもあるためなのか、couldを好む場合もある。 このかたの解説は優れていると思います。一点、この点だけ、「能力を強調するableを使うと露骨であったり失礼になることもあるためなのか」というところが初めてのところです。 別の質問をたちあげてもよろしいでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

私は、どちらが能力どちらが可能性と、かならずしも分けて考えにくいととらえます。 主語が変わったりした場合は、文脈によっては、そう簡単ではないケースによくぶつかります。 Union members would never be able to reach an agreement.  労組の組合員は、合意に達しはしないだろう。 主語がIとかHeの場合はいいのですが、上記の文ではableは「skill(能力)」というよりも、単純に「possible」であるかどうかを表現しています。 これはwillにも同じような使い分けが感じられ、 I will. 私はやるよ!という場合は強い「意志」ですが、Things will change.のような場合は、「未来」でしかありません。 最初は覚えるために択一的にカテゴライズしていいと思いますし、私も昔はそうしていました。 ただ、今はいろんな英文でどういう場合にcouldが、どういう場合にbe able toが使われているかを、自分で集めてみて、用例の違いを見比べたほうが良いような気がします。(つまり日本語で考えるのではなく、英文の違いを見比べて理解する)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

まず、canとbe able toに大差がないというのは違います。 canというのは実現の可能性を述べる助動詞です。 どういった理由で実現するのかによって、ニュアンスが色々変わります。 状況が許すからor確率の問題として→推量、可能性 決まり事としてor誰かの権限によって→許可 するに足りるだけの実力があるから→能力 といった感じで、他の助動詞も含めて形の上で過去形にすることによって話者の気持ちを弱める働きもあります。 一方、be able toというのは能力を強調した表現です。 そのため、canが能力を表していない他のニュアンスの時にはイコールにはならず置き換えができないことがあります。 また、似た表現でbe capable ofというのがありますが、これが「(潜在的な)能力がある」と言うのに対して、ableというのは「(実際に実行するだけの)能力がある」というニュアンスになることがあります。 このことから多分、過去の能力のことを述べる際によくいわれる以下の使い分けのことをお聞きになりたいのでしょうか? (1)過去の一般的な能力を表す際は、couldもwas able toもどちらも可能。 (2)ただし、仮定法と紛らわしくなる事も多いために"能力"に言及する場合は、was able toを使う方が好まれることがある。 (3)過去の1回限りに可能だった行為に関しては、couldを使わずwas able toを使う。 ただし、能力にしろ何にしろ「"できた"からこそ"行なった"」とも言えるために、単に"過去単純形"で言ってしまうことも多い。 更に、"やり遂げた感"を加味してmanaged toを使うこともある。 (4)see,hearのような知覚動詞などの場合は、能力を強調するableを使うと露骨であったり失礼になることもあるためなのか、couldを好む場合もある。 (5)従属節中で、いわゆる"時制の一致"で過去形にしなければいけない場合はどちらも使う。 お役に立てれば…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

何故過去形なのか、 またどちらにも使えるという意味が分かりませんが、 両方とも同じ意味で大差ありません。 ただ、 can(could)は助動詞なので、 他の助動詞と同時には使えませんよね。 例えば、 (今日は都合が悪いが)明日はあなたを訪問できるだろうと言う文を作るとした場合、 will can とは出来ないわけです。 なので I will be able to visit you tomorrow とすれば表現できます。 否定にする場合も I will not (won't) be able to ~ とする事ができます。 質問されている意味が違ったらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • could と was(were) able to の使い方

    英会話を習っているのですが、 「○○の時はcould で良いけど、△△の時は was(were) able to を使う方が自然だよ」 と、会話の最中によく注意を受けます。 その都度、理由を説明してくれるのですが、先生が外国人なので「解ったような・・・解らないような・・・」です。 ・can と be able to の違い(←これも、よく解りません) ・could と was(were) able to の使い分け を、教えていただけますでしょうか?

  • was able toとcould

    1、I was able to acsess. 2、I could acsess. これって同じですか? もし同じ意だとしたら使い分けはどうすればいいですか? あと、could goは行くことができたとは言わないのは何故ですか?

  • could, was able to など。

    これらの違いについて 参考書では、下記のようにいくつかありました。 ~~~~~~~~~~~~~ 1  a. I could swim.    (私は泳ぐことができた。)    b. I could speak English.    (私は英語を話すことができた。)    c. I was able to swim.    d. I was able to speak English.  過去の「能力」の意味として用いた場合は、4例とも意味においてほぼ同じである。これはcanとbe able toにある能力の意味が、単に過去に存在していた能力として表されているにすぎないからである。しかし、過去時制の場合は動作の完結を表すことができるため、be able toにおいてはもう1つの意味である、実際の動作を表すことが可能になる。そこで、話し手が実際に生じさせた動作について発話する場合は、(a)と(b)は用いることができないことになる。couldは実際の行為を表すことができない。  以上のようにcanとbe able toについては、現在時制と過去時制で相違が生じる。次にもう1つ例をあげてみる。 2  After she studied hard, she was finally able to pass the entrance exam. (彼女は一生懸命勉強して、ついに入学試験に合格することができました。)  上はbe able toを過去時制として用いた例である。意味は彼女が入学試験に合格したという実際の出来事を表している。この意味においてはcouldを用いることができない。もしもこの例をcouldで書き換えたとするなら、それは過去において入学試験に合格をする能力があったという意味だけが生じ、実際に合格したかどうかは不明のままになるからである。 ~~~~~~~~~~~~~ ・・・・・・・もう一つ別の参考文 ~~~~~~~~~~~~~ • 例えば、「若い頃は何時間でも泳げたものだ」と言いたいなら、I could swim for hours when I was young.です。この場合、個別具体的な過去の例を取りあげているわけではなく、漠然とした思い出話ですから、I was able to swim...は使えません。 ~~~~~~~~~~~~~~~~ ・・・・・・・過去の具体的例をあげるのでは、なく漠然とした思い出ならcould をつかってもいいと、言っているようです。 また、 be able to は、canの「できる」という意味で使うのであれば 丁寧な言い換えだという文献もありました。 過去のしたことに使えないこともない!(使えることもある!ということでしょう。例文は、いただけませんでしたが) という人もいるようです。 それで困っています。 なんだか could が実際のちょっと前の過去のしたことを表せないのは、これで学習するとして、 他は、どうなんでしょう?  一応  A practical English Grammar のcouldのところでも1と2の内容で同じことが載っていたように思いました。 なにより一番??問題は、 ≫>例えば、「若い頃は何時間でも泳げたものだ」と言いたいなら、I could swim for hours when I was young.です。 ・・・・・・のところです。   I would (used to) be able to swim for hours when my youth. などになったりは、しないのかな? と思っています。 couldでも表してしまうの~?と思っています。 長くなりすみません。 ご意見をいただきたいです。

  • couldとwas able toについて

    以下の例文についてお尋ねします。 I went to Mexico last week, and I was able to meet her then. (訳)私は先週メキシコに行き、その時彼女に会うことができた。 解説 「(過去に)…する能力が備わっていた[…することが可能だった]」の場合、could doもwas able to doも共に用いられるが、「(過去のあるときに)…する能力があり[…することが可能であり]実際にその行為、動作を行った」の場合could doは不可。 解説では上記のようにありますが、could doは何故用いることが出来ないのでしょうか。 詳しく教えていただけると幸です。 何卒、よろしくお願いいたします。

  • could と be able to の違い

    「彼女のおかげで、宿題を終わらすことができた。」を英訳すると、Thanks to his help,she was able to finish her homework. となるようですが、was able to の代わりに could を使ってもかまわないでしょうか。「具体的に~できた。」は be able to の方が良いと聞いたことがあります。「友達に追いつけるように急いだ。」は、I hurried so (that) I could catch up with my friends. となるようですが、could の代わりに was able to が使えますか。参考書を見ても両者の使い分けが良くわかりません。お願いします。 

  • 英語 過去形be able to, could

    I couldn't sleep well last night, because I had a bad cough. という例文がありました。 そして疑問に思ってのですが、 canの過去形はbe able to~は「過去に一度出来た」という意味で、 couldは「昔は~出来たものだ」みたいな能力的な感じですよね? じゃあ、なぜここはbe able to~でなく、couldなんですか?

  • could と was able to の差は丸暗記で覚えるしかないのでしょうか

    could は「いつもどおりできた」 She could solve the question. 彼女はいつもどおりその問題を解けた。 was able to は「たまたまできた」 She was able to solve the question. 彼女はたまたまその問題を解けた。 というように学んだことがあるのですが、 上記の差を丸暗記しようとがんばっているのですが、 いつも混同してしまいます。 丸暗記以外に語源を利用して覚える等、よい方法はないのでしょうか。

  • couldn't と was not able to

    先日英会話の先生が私に言ったのですが、   could より was able to を使う方が良い と言いましたが、本当にそうなのでしょうか? 文法的に be able toの方が良いのでしょうか? ネイティブの人はどちらを良く使っているのでしょうか? 特に否定形になると、私はどうしても couln'tの方を使ってしまうのですが。

  • could ableについてお尋ねします。

    1I'm relieved that I was able to take a load off my mind at last. 2I'm relieved that I was able to take a load off my mind at last. 両者の英文で、2の方が無難であるが、1でも間違いではないと、海外のサイトにあったのですが、couldは過去の能力、able toは一度の実際にできた事との理解なのですが、やはりcouldは過去形と共に、若しくは否定文以外では極力避けた方が無難な表現(推量の助動詞と捉えられやすい等)でしょうか?この二つのコアな違いを文法書より多角的に(主観でも結構です)説明いただければ幸いです。

  • canとbe able toの違い

    「私は泳ぐことが出来た。」という文を英語にすると次の二つが可能ですよね。 I could swim. I was able to swim. そこで質問ですが、この二つの文にはどういうニュアンスの差があるでしょうか?