• 締切済み
  • 困ってます

DNAライブラリからの遺伝子クローニング法

『ゲノム情報が未解読の微生物からアミノアシルtRNA合成酵素をコードする遺伝子Aの部分塩基配列が得られた。 この微生物のゲノムDNAライブラリから遺伝子Aの全長クローンを取得するまでの流れを説明せよ』という問題です。 私の考えでは、 既知の塩基配列からDNAプローブを合成して、cDNAライブラリとハイブリッド形成させれば全長クローンを得られると思うのです。 しかしこの問題ではcDNAライブラリではなくゲノムDNAライブラリから得よとのこと。。 ゲノムDNAライブラリだと、 既知の塩基配列からDNAプローブを合成してハイブリッド形成させても遺伝子Aの一部とイントロン部分を得ることになり、全長は得られないと思うのですが… こういう場合は何か違う方法があるのでしょうか?? わかる方いらっしゃいましたら是非教えていただきたいです! よろしくおねがいします!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2184
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3

>これは、1回目とは異なる制限酵素で処理して作成したDNAライブラリを用いるのでしょうか?1回目と同じライブラリで良いんですか? 普通は同じライブラリでやります。ライブラリの作り方を勉強してもらうとわかると思いますが、ゲノムDNAを断片化するときはなるべくランダムに切れるようにします。一般的には認識配列の頻度が高い4塩基認識の制限酵素を使って、(完全消化でなく)部分消化します(超音波やDNase Iでランダムに切断するという方法もあります)。こうすると各々の認識配列について、切れているDNA分子と切れていないDNA分子が生じ、それぞれのクローンに両側にオーバーラップするクローンが存在するというライブラリができます。 >全長が得られた、というのはどうやって判断するんでしょうか? そこまでの解答は求められていないとは思いますが、実際、未知の遺伝子の場合どういうことがおこなわれるかというと、求められる精度にもよりますが、 転写開始点、終結点を決定する。簡単にはcDNAの末端がどこに位置しているかをしらべたり、ゲノムクローンの断片でNorthernをしてどの断片で目的の転写産物が検出されるかで見当がつきます。転写開始点は正確にやるならprimer extensionなどの手法が使われます。塩基配列から推定するという場合もあります。 転写調節領域を調べる。転写開始点がわかれば、プロモータ配列の推定、実証実験は比較的容易です。しかし、転写エンハンサーは位置が予測できないので、周辺のいろいろな配列のエンハンサー活性を調べなければなりません(主として真核生物の場合ですが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>制限酵素を使って、(完全消化でなく)部分消化 完全消化だと思っていました。部分消化ならばかなり納得です。 後半部分も細かい回答ありがとうございます! 勉強中に多発する疑問を、解決できてすっきりしました。

関連するQ&A

  • ゲノムDNAライブラリーとcDNAライブラリーの違い

    ゲノムDNAライブラリーとcDNAライブラリーの違いって何でしょうか? また、これらのライブラリー中にクローン化されている遺伝子の構造の大きな違いって? よろしくお願いします

  • DNAの系統関係と個体差

    系統関係(例えば人とイヌ)の違いはDNAの塩基配列の違いと学習しました。が、(どこにある、何のDNAでしょうか?)また人間の個体差は、何の違いによって生じるのでしょうか?(やはりDNAの塩基配列?)もうひとつ、人ゲノムの全塩基配列が解読されたといいますが、人の持つ“全”DNA情報とは?頭がこんがらがって、わけがわからなくなってしまいました・・質問の意味も変かもしれませんが、DNA、ゲノム、遺伝子、染色体 などについて教えていただきたいです。

  • タンパク質を合成する遺伝子がどの部分に、またはどんな塩基配列のとこにあるのかを調べる方法は??

    DNAの塩基配列を調べる方法以外に、DNAのどの部分に、またはどの塩基配列に、目的とするあるタンパク質を合成する遺伝子があるのかを調べる方法はありますか??教えてください。

  • 回答No.2

>既知の塩基配列からDNAプローブを合成して、cDNAライブラリとハイブリッド形成させれば全長クローンを得られると思うのです。 それはあくまでもmRNAを反映したcDNAをとるということで、遺伝子の全長を取ることにはなりませんね。イントロンも、alternative exonもさらには、転写調節配列も含んだものが遺伝子です。じゃあ未知の遺伝子の始まりと終わりはどこか、というのを確定するのはかなりやっかいで一筋縄ではいかないところがあるのですが、この問題ではそこのところは問うていないと思います。 おそらく、出題者の意図した答えは、 「得られた配列をプローブにしてゲノムライブラリーをスクリーニングする。得られたクローンの末端の配列をプローブにしてさらにゲノムライブラリーをスクリーニング(walking)し、これを遺伝子全長が得られるまで繰り返す。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>イントロンも、alternative exonもさらには、転写調節配列も含んだものが遺伝子 そうなんですか!そこを勘違いしていました。 スプライシング後に残ったもの(エキソン部分)を遺伝子というのだと今まで思っていたんですが、ちがうんですね。認識し直します。 >得られたクローンの末端の配列をプローブにしてさらにゲノムライブラリーをスクリーニング(walking)し、 これは、1回目とは異なる制限酵素で処理して作成したDNAライブラリを用いるのでしょうか?1回目と同じライブラリで良いんですか? >遺伝子全長が得られるまで繰り返す 全長が得られた、というのはどうやって判断するんでしょうか? 質問ばかりで申し訳ありません。 親切な回答ありがとうございます。

  • 回答No.1

「微生物」って、バクテリアですか? 酵母ならば、イントロン部分はありますが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

問題文中には『微生物』としか表記されていませんでした。 「原核生物はエキソンのみで真核生物はイントロンとエキソンがある」 というのが頭にあって、私も最初は『微生物』がどっちをさしてるのかと考えました。 『微生物』という表記は、どう考えるべきなんでしょうね…? 答えになっていなくてすみません。

関連するQ&A

  • 遺伝子とDNAについて

    「ゲノム解析」の話に必ず出てくるのは、「ヒトのDNA塩基配列はなんと30億個もある」という話と、「ヒトの遺伝子はたったの2万5千個しかない」の話です。   同じようなテーマについて話しているのに、どうして、こんなに違うのでしょうか?

  • DNAのイントロンとエキソンに関する実験

    ある遺伝子のゲノムDNAの塩基配列を決定したいのですが、どこがイントロンでどこがエキソンかが分からない場合、イントロンとエキソンを明らかにするためにはどのような実験を行えばよいのでしょうか?

  • DNAとrRNA

    DNAの持つ遺伝子情報とrRNAの遺伝子情報は同じなのでしょうか? mRNAが転写したDNAの遺伝子情報をrRNAが受け取り翻訳するわけですから、rRNAの塩基配列を解析するのとDNAの塩基配列を解析するのは同じと思ったのですが実際はどうなのでしょうか?

  • cDNAライブラリーについて質問です

    cDNAライブラリーから目的とする配列を持つものを選別する方法はどのようにして行うのでしょうか? また、cDNAライブラリーとゲノムDNAライブラリーの違いについて教えてください どなたかご存知の方がいらしたら教えてください よろしくお願いします。

  • DNAでまだ分かっていないことって何ですか?

    DNAに関する質問なのですが、 ゲノム解析を行うことで、ヒトゲノムを始めとして、他のゲノム配列も徐々に明らかになってきつつあります。 またAFMやSTMを用いて、DNAの塩基配列を認識することも出来るようになってきています。 それでもなおまだDNAの論文が結構出ているところを見るとまだDNAに関して分かっていないことがあるようなのですが、一体どういうところが分かっていないのでしょうか? 専門家でない人に分かるように最近のDNA研究のトレンドについて教えて頂けないでしょうか?

  • 高校生物のゲノムの問題 お願いします。

    問 1 ( 1 ) ヒトとチンパンジーのゲノムの塩基配列を比較すると約1.2%の違いがある。両種のゲノムの塩基配列は30億の塩基対 で構成されるとすると、両種のゲノム間の塩基配列において異なる塩基対の総数を求めよ。 ( 2 ) ヒトどうしのゲノムの塩基配列の比較では平均0.05%の塩基対に違いがあるとされる。このとき、同じ遺伝子(相同遺伝子)の塩基配列には、平均何個の塩基対の違いがあるか求めよ。ただし、ヒトゲノムには2万個の遺伝子が存在し、遺伝子がのっている領域はゲノムの3%とする。端数が出た場合は、四捨五入して小数点以下第二位まで求めよ。

  • DNA塩基配列の「相同性」?

    ある生物のある遺伝子のDNA塩基配列があり、既知の生物種の配列と「99%以上の確率で相同性を示した」(ので同じ生物種か極めて近縁の種である)と書いてある場合、具体的にはどのような計算をしているのでしょうか? 例えば、長さ900塩基のうち、調べたい配列と既知の配列が892個は一致していたとします。この場合は99.1%の一致率(同一性?)ですが、「相同性」ということとは違いますか?文献をみていると、塩基が99.1%で一致していたことを「塩基配列で99.1%のホモロジーであった」と書いてあるものがあったのですが、ホモロジー・相同性とはそういう用語なのでしょうか?「相同性は質的性質(ある/なし)である」という説明も見たことがあって、そうすると単純なパーセンテージで示せないと思うのですが…。 よろしくお願いします。

  • 遺伝子の塩基配列の調べ方について教えてください

    初心者なので詳しい方,分かりやすく教えていただけたらと思います. 近々,PCRのプライマー作成のために遺伝子の塩基配列を調べることが必要となりました. ある蛋白のmRNAの塩基配列と,イントロンを含めたDNAの塩基配列を調べたいのですが,PubMedの『Nucleotide』というカテゴリーで検索したものの,どうも要領よく探せません.そこで質問なのですが, (1)Gene Bank accession No.の頭についているアルファベット2文字(NM,AC,DQ,NW,XM…その他…)にはどういった意味があるのでしょうか? (2)キーワードとは関係なさそうな遺伝子も大量にピックアップされてきました.これはなぜでしょうか?何かうまく調べられるコツみたいなものはありますか? (3)論文やPabMed以外で,目的の遺伝子のmRNA,ゲノムの塩基配列を簡単に入手できる方法は他にどういったものがあるのでしょうか? ひとつだけでもかまいませんので,ご教示賜りたいと思っています.

  • 遺伝子の機能について

    DNAや遺伝子について調べていて分からなくなってしまったので質問します。 DNAやその塩基配列についてゲノム解析などで詳しいことが分かってきている、といろんなところで書いてあるのですが、遺伝子は具体的にどんな機能を持っているのですか? ゲノム解析が終わっても遺伝子の同定は出来てないところが多い、というようなことを読んだのですが、その同定できている情報が知りたいです。 素人なので出来るだけ簡単にお願いします。

  • cDNAライブラリーからのDNAアレイ作成について

    遺伝子発現を網羅的に解析する方法として、DNAマイクロアレイがありますが、ある本で「cDNAライブラリーからランダムにクローンをピックアップしてDNAアレイを作成する・・・」とありましたが、具体的にはどのようなことをするのでしょうか。 クローンをピックアップとは、大腸菌のコロニーをランダムにとるってことなのでしょうか。。。 どのようなことをするのかが、あまりイメージ出来ませんので、実際の実験法等について教えて頂ければと思います。 よろしくお願いします。