• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

火山噴火後最初に生育する生物は?

ちょっとした疑問です。 火山の溶岩上にちらほら植物が生えています。 この植物たちはどのようにして栄養分を得ているのか疑問に思い質問させていただきます。 質問1. 火山噴火後、溶岩が流れ出て大地を覆ったとします。 その後溶岩が冷え、その溶岩に最初に生育するのは菌類でしょうか? それとも地衣類でしょうか? それとも普通の植物でしょうか? ただし、胞子や種は風で運ばれたのもとします。 (言い代えると地衣類が菌類を栄養とし、普通の植物が地衣類を栄養としているのでしょうか? 菌類が繁殖しないと、地衣類や普通の植物は繁殖できないのでしょうか?) 質問2. 火山礫、火山灰に花の種を植えた場合、正常に育つでしょうか? ただし、水分は常に補給し乾燥させないものとします。 肥料は一切やらないものとします。 ペーハーはpH7になっているものとします。 その他の条件は一般の場合と同じとします。 (言いかえると火山礫、火山灰に花が育つ栄養素は有るのでしょうか?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2120
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>質問者さんは何歳ですか? これは馬鹿にしているのではなくて、相手の知識レベルがわからないと適切な回答ができないからです。あなたのいう栄養分が有機物なのか無機物なのかで答えが変わってくるのです。 質問1.地衣類、シダ類、コケ類が最初にはえ、それと同時にほぼ菌類が繁殖します。 質問2.すでにお答えの通り窒素リンカリ等が火山灰にあれば育つでしょう。ただ実際には火山灰には植物がこれらを利用できる状態で含まれてはいないのがほとんどです。そして常に乾燥しない環境というのも少ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >知識レベルがわからないと適切な回答ができないからです なるほど、でも「知識レベル」というのはおかしくないですか? >質問者さんは何歳ですか?   これも変ですよね。 この言葉だと誤解を生みます。 質問内容に疑問が生じたら どのような定義付で栄養分を使っていますか?   とか、 栄養分が有機物を指すのか、無機物を指しているのでしょうか? と前置きして回答するのが普通だと思います。

関連するQ&A

  • 火山の噴火様式について

    こんにちは。 現在,大学のレポートで火山の噴火様式について,調べているのですが,以下について気になった質問させていただきます。 【質問内容】 ・溶岩流を主体とする噴火及び溶岩ドームを形成する噴火の場合は,火山灰の噴出は少ないのでしょうか。 ネットや文献を調べているのですが,上記についてハッキリと記載があるものが見つかりません。 (てことは,違うのですかね) 詳しい方,関連する文献をご存知な方がいらっしゃいましたらご教示願います。 よろしくお願いします。

  • 溶岩ドームの 噴火は激しい?

    昨日も質問をしたのですが、さらに疑問がわきました。 溶岩ドームは、一番激しい噴火だと習いました。 (中学校の地学で、三種類の火山(盾、成層、溶岩ドーム) 溶岩ドームは、盛り上がるようにしてできるので、他の二つのように、火山灰と溶岩がシマシマ模様を作ることはないとも習いました。 さらに突っ込んで、インターネットで調べてみると、溶岩ドームは激しい爆発で、火山灰を吹き飛ばし・・・。といった記述がありました。 ある方は、溶岩ドームがシマシマにならない理由を、 「一回の爆発で形成されるから」と言っていました。  → 一回の爆発・・・これは、溶岩ドームはマグマの粘り気が強いから、なかなか噴火しない。その代わり、いざ噴火する時は、ドッカンとでっかいのを一発打ち上げる・・・といったような理解でよいのでしょうか? つまり・・・溶岩ドームがシマシマ模様にならないのは、 1.噴火の頻度が少ないこと (でも、ちゃんと火山灰も出てくる) 2.噴火の仕方が ムゴムゴっ といった感じで盛り上がってくること。 以上の二種類だということで 、 よいでしょうか? (ただ、そうすると特に2番。 噴火の仕方が「盛り上がってくる」ということは、あまり激しい噴火のように思えないのですが・・・) ちょっと、その辺で混乱してしまっているので、 アドバイスをいただけると、有難いと思いました・・・。 このままもう少し調べ続けますが・・。 どうぞ、お待ちしております!

  • 溶岩、火山礫、火山灰の成分について

    ちょっとした疑問です。 溶岩、火山礫、火山灰の成分について質問します。 質問1. 新しく噴出された新鮮な溶岩、火山礫、火山灰  それぞれに有機物(でんぷんやタンパク質等)は含まれているのでしょうか? また含まれているとすると、どのくらいの割合なのでしょうか? 質問2. 溶岩、火山礫は一様に黒っぽいのは何故でしょうか? どのような成分が黒っぽくしているのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

質問者さんは何歳ですか? 栄養分、養分と言う言葉は生物学的にはとても曖昧で、中学校の教科書でも時代によって多少違うようです。下記参考まで。 http://www.shinko-keirin.co.jp/j-scie/q_a/biology04.html http://www.tokyo-shoseki.co.jp/e-mail/qanda/q-js-rika/q02-02.htm 本題に入ります。 火山灰や火山礫等、溶岩が地中から噴出して冷えて固まったものには、高温で灰化しているため、おそらく有機物(でんぷんやタンパク質等)はほとんど含まれていないでしょう。有機物が無いと言う事は、有機物を摂取している動物はもちろんのこと、有機物を分解している細菌類、菌類も生きていけません。 従って、最初に生育する事が出来るのは、光合成能力がある生物しか無いでしょう。当然地衣類も含まれます。地衣類は過酷な条件で生育出来るので、おそらく最も早い生物の一つでしょう。 菌類、細菌類はそれよりは少し遅れるはずです。分解すべき有機物が無いからです。ですが、恐らく地衣類が生育したとすれば老廃物を分泌したり枯死したりするでしょうから、間もなく細菌類や菌類が生育するものと思われます。 > 火山礫、火山灰に花の種を植えた場合、正常に育つでしょうか? 火山灰の質や植物によっては正常に育つでしょうね。無菌状態で水耕栽培すればほとんどの植物が育ちます。土壌細菌等が必須という訳ではないと思います。当然、火山灰に植物が必要とすべき無機養分(窒素リンカリ等)がある程度含まれている必要がありますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 えー、まずURLの部分について、 分野によって定義付けが違っています。 年度によっても定義が変わっています。 また社会一般的にも私のような使い方を現在でもしています。 現在もまだ曖昧な定義付けをされている以上、 私の書き方が間違っているとあなたは言い切れるのでしょうか? >質問者さんは何歳ですか? このような回答をされているあなたが精神的に幼稚に思えます。 質問1の回答について 光合成能力がない生物(菌類)は火山の火口や温泉などで繁殖しています。 高温で硫黄などを含むガスが噴出している場所でです。 この場所には高温や有毒ガスを嫌う地衣類や一般植物は生育していません。 生物学上でも、地球誕生後に一番早く陸上に進出したのは粘菌などの菌類とされています。 したがって、あなたの回答は納得できません。 質問2の回答について こちらは納得できました。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 火山灰はどこから生まれる?

    火山の噴火で火山灰がたくさん出ます。マグマが地表に出てきて冷えて固まって溶岩になったり、飛ばされてちぎれて火山弾になったりは直感的に理解できるのですが、火山灰のようなとても細かいさらさらな砂のようなものはマグマのどこからどのように生まれるのでしょうか。教えてください。

  • 火山の形と火成岩について

    火山についての質問です。 それは、火山の形と、火成岩の関係についてです。 学校で以下の2点を学習しました。 (1)火山の形は、マグマのねばりけと関係がある。  マグマのねばりけが強い火山は、  ドーム型をしていて、火山灰や溶岩は、白っぽい。 (2)火成岩の、流紋岩、花こう岩は、  無色や白色鉱物が多くふくまれる白っぽい。 この2つから考えると、 ドーム型の火山の火成岩は、 流紋岩や花こう岩である、ということですか。 また、なだらかな形をした火山の火成岩は、 玄武岩や斑レイ岩である、ということにもなりますか。 教科書には、(1)と(2)のことが別々に書いてあり、 結びつけて書いてはないので、質問のようなことは言えないのかな、 と悩んでいます。 どなたか、ぜひお教えください。

  • 竹について教えてください。

    ど素人の一般人です。こちらでお聞きすればいいのでしょうか。 日本でよく見かける竹林がありますよね。 種類はわかりませんが、住宅街の近くでもよく見かけるフツーの竹です。緑色で、直径10~20センチくらいで高さ7~8メートルくらいのやつです。 質問:これはいったいどこからやって来たのでしょうか? 竹って地下茎で結ばれていて、単独(個体?)では生えていることはありません(私の見る限り)。 また、花が咲くのは見たこともないから種がある訳じゃなさそうだし、胞子を飛ばすとも思えないし…。 植物って、種を鳥に運んでもらったり、胞子を風に乗せたりして子孫を増やしていくんだと習ったような気がするのですが、では「竹」はどのような手段でそこいら中に繁殖してるのでしょうか? どなたか教えてください。

  • 花粉四分子と胚のう細胞は胞子?

    よろしくお願いいたします。 種子植物で胞子体の花からでてくる花粉四分子と胚のう細胞は 胞子という事になるのでしょうか? なんか中学の時に胞子で繁殖する胞子植物→コケ、シダ 種子で繁殖する種子植物 と習ったので違和感を感じます。高校で世代交代を習ったら 中学のあの解説はなんだったんだと混乱してしまいました。 やはり、種子植物も単相世代の時は胞子と呼ばれる時期があるでよいですか? 逆にまた、シダやコケにも精細胞と卵細胞が受精した種子のようなものが できると思いますがこれは何と呼ばれているのでしょうか? ご教授よろしくお願いいたします。

  • 地中ではどのくらいの深さまで生物がいますか?

    深海では8000mくらいの場所から魚類や甲殻類が発見されていますね。でも、地中では最深何メートルくらいまで、生物がいると思われているのでしょうか。 植物は光合成をしなければ生きられないので、地面の表層以外は繁殖できないと思いますし、ミミズやモグラ、昆虫類もそんなに深い所では棲めなさそうです。光も酸素も必要としない種類の菌類なら、地中深くでも分布しているのでしょうか。ただ、地中は海と違って栄養源となる物質や分解物の循環が難しそうです。 何となく気になったので、もしご存知の方がいたら教えて下さい。

  • 三時草の増やし方を教えて下さい。

    三時草と呼ばれる3時に花が咲く多肉植物を増やしたいのですがどのような方法があるのでしょうか。花が咲いた後の種をルーペで覗いてみたのですが種が細かくて分かりませんでした。種はどうすれば採れるでしょうか。その他の繁殖方法にどんな方法がありますでしょうか。

  • 動物と植物の定義

    過去に質問されていそうな質問だと思ったのですが、見つからなかったので、質問します。 動物と植物の定義を教えてください。 素人なりにいろいろ考えました。 1)植物は光合成をする生物 2)動物は自らの意志で移動ができる生物 3)動物は他の生物から栄養を得る生物 ですが、自分の中では全て否定されました。 1)まず、菌類、細菌は光合成をしない。菌類、細菌類が植物に分類されているのかは知りません。しかし、動物ではないと思うので。(動物でも、植物でもないのですか?)菌類、細菌が植物ではないとしたら、これは、反論にはなりません。 でも、1)の定義なら、ミドリムシは植物だと言い切れます。しかし、言い切ってはいなかったと思います。 2)サンゴは動かない(と思う)。サンゴはなぜ、動物なんですか? ミドリムシが動物だと言い切れる。(これは1)と同様) 3)食虫植物は他の生物からも栄養をとる。 確か、木に寄生して栄養を奪う植物がいた。(ラフ何とかだったような)

  • とても強い雑草の名前

    写真がありませんが葉は卵型でやや肉厚で良く茂ります。 花はかなり小さく2~3mm位の鮮やかなショッキングピンク色です。 花が終わると小さいこれまた鮮やかな黄色い小さい実を付けます。 茎はやや赤紫がかっています。 数年前に近所の公園の草むしりに参加して見つけました。 花が可愛かったので種で蒔ければいいな、と空いてる土に おいてみたらその後に凄い勢いで繁殖しました。 抜いても抜いても何処からか芽を出す繁殖力が強い植物です。 住んでいる所は東京ですがよく公園などの日陰で見かけます。 情報が少なくて申し訳ないのですがこの植物が分かりましたら 教えて頂きたいのです。 宜しくお願い致します。

  • レア鉱物、サヌカイト…とは?

    今、サヌカイトについて調べている、地学初心者です。 ただ、ネットで調べても、あまり情報がないので、 回答のほどよろしくお願いします。 サヌカイトとは、ガラス質の安山岩との事ですが、この石は どのようにして出来たのでしょうか?香川県の五色台、火山(活動)、 マグマ、プレートテクトニクスが関係しているのはわかるのですが、 はっきりしたことがよくわかりません。 また何故、サヌカイトは割ると切れ味がよく、叩くと音色がよいのでしょうか?どうして、サヌカイトは非常に貴重なのでしょうか? 質問ばかりですが、よろしくお願いしますm(_ _)m ------------------------------------------ 聞くばかりもアレですので、以下に私の考えを書いておきます。 まず香川県の下にあるプレートが動いた結果(プレートテクトニクス論)、 地球内部にあるマグマが地上にまで押し上げられた。そのマグマは、 香川県の五色台付近の山から噴火した。噴火したマグマは、溶岩と なって流れ出した。その溶岩が長い年月をかけて、岩石内に 閉じ込められた。非常に高い圧力によって押し固められた溶岩は、 成分が変化して、ガラス質のサヌカイトにへと変化した。

  • 山が近いと、良い畑や良い魚が取れるとは?

    お世話になります。 農業をやっている人から聞いたのですが、「畑は川を伝って山から栄養が来るので、近くに山があると良い畑ができる」とのことでした。 一瞬なんのことかわかりませんでしたが、それを受けて、別の知り合いも「海の漁場も、近くの山から良い栄養素がおりてきて魚が繁殖する」とのことでした。 これらの点、初めて知ったのでかなり驚きました。 「具体的にはどういう栄養素が山から降りてくるのか?」という質問をしたのですが、「農業の基本はリン・窒素・カリウムだが、山の栄養はそこまで具体的にはわからない」とのことでした。 それで思い出したのですが、山脈のふもとの街で、雪解け水で一年中?うるおう街があるというテレビ番組を見たことがあります。そこでは川にも魚がたくさん繁殖していてキレイでした。 また、山の種類にもよるようです(火山など)。火山灰は栄養素がある、と聞いたこともあります。 この点に非常に興味を持ったのですが、いったい、山からどういった栄養が降りてくるのでしょうか? 山はよく神が宿るなど、神秘的なものとして例えられますが、それが周辺の生物に影響を実際に及ぼしていると知り面白いと思いました。 このあたり、参考になるような書籍やウェブページなどありますでしょうか? 私見で結構ですので、ご教授頂けましたら幸いです。