• ベストアンサー
  • 困ってます

逆三角関数の計算

次の計算ができません。 tan(arctan15)= arcsin(cos9π/5)= 上の式では、15が1/√3のような値だとわかるのですが…。

noname#104164

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数103
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>tan(arctan15)= これを日本語に直すと、「『tanの値が15になるような角度』のtanを求めなさい」になるので 15 >arcsin(cos9π/5)= こっちは少しややこしくて、「cos9π/5の値に等しいsinθの値を返すθを求めなさい」。 9π/5=2π-π/5だから、cos9π/5>0  -π/2≦θ≦π/2に限ると、θはπ/2-π/5の値に等しい。(分かりにくければ単位円を書いてください) だから3π/10

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

説明がとても分かりやすかったです。 それと自分は逆三角関数の考え方が ようやく分かったような気がしました。感謝してます(^ー^)

関連するQ&A

  • 解析学/逆三角関数の証明・問題

    誰かわかる方、下の問題に答えてください!一つでも構いません。 1微分せずに証明 Arctan(x/√1-x^2)=Arcsinx (-1<x<1) Arctan(1/x)=(1)(π/2)-Arctanx (x>0) (2)-(π/2)-Arctanx (x<0) 2次の値を求める Arctan(3/4)+Arctan(1/7) tan(Arcsin(4/5)+Arccos(12/13)) 3多項式または分数式で表す cos(Arcsinx)sin(2Arcsinx) tan(3Arctanx)

  • 逆三角関数の問題です。

    次の式を簡単にせよ。 arctan(1/2)+arctan(1/3) arcsinx+arccosx という問題で、解法には、それぞれtan(与式),sin(与式)とあり、 答えはπ/4,π/2となっているのですが、 どのようにこの答えが導き出されたのかが分かりません。 どなたか解説していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 逆三角関数の値

    ちょっと式がややこしいですが、 sin(arccos√3/2)+cos(arctan((-1)/√3))+arcsin((-1)/√2) を計算すると、 sin(π/6)+cos(-π/6)-π/4 となり、 結果が 1/2+(-√3/2)-π/4 だと思ったのですが、 解答は、(√3-1)/2 となっていました。 どこが間違っているのでしょうか。

  • 逆関数の問題です。

    (1) x>0 とすると arctan 1/x + arctan x = π/2 を示せ。 (2) arccos x = sin 4/5 をみたすxをもとめよ。 という問題なのですが、解けませんでした。 どなたか解答とその導入過程を教えてください。 わたしの考えたことを少し載せます。間違っていたら申し訳ありません。 (1) acrtan 1/x =α, arctan x = βとすると、求めるものは α+β  arctan 1/x =α より tan α = 1/x (-π/2 <α< π/2) arctan x = β より tan β = x (-π/2 <α< π/2) よって tan(α+β)の定義域は -π<α+β<π …(ここからどうするのかがわかりません) (2) この問題も(1)と同様に arccos x = α, arcsin 4/5 = β として cosα、sinβの値は出せますが、どうすればよいのか訳がわかりません。 ※arcsin θ =sin^-1 θ

  • 【逆三角関数についての問題です】

    ・α = arctan1/5のとき,tan(4α-π/4)を求めよ ・-π/2 < 4α-π < π/2を示せ ・π/4 = 4arctan1/5 - arctan1/239を示せ 1問目は解けたんですが,2,3問目がいまいち分かりません…。 2問目は tan(-π/2) < tan(4α-π/4) < tan(π/2)ということでは説明不足ですか? 時間のある方,どれか1つでもいいので考え方やヒントを教えてください。 お願いします。

  • 逆三角関数の微分

    ある問題集に arctan(x)+arctan(1/x)=π/2 (x>0) となることを証明せよ。 という問題がありました。 解答では arctan(x)=α,arctan(1/x)=β とおけば tanα=x,tanβ=1/x となるので、 tan(α+β)=… と加法定理を用いると、分母が0になる。よって α+β=π/2 となっていたのですが、どうも 「分母が0になるので」 というのが、証明として何となく腑に落ません。 そこで、左辺を微分すると0になることを示せば左辺は定数であり、例えば x=1 を代入すれば、その定数が π/2 になることを示せる! と思ったのですが、 arctan(1/x) がうまく微分できません。 計算の仕方を入力するのは大変だと思うので、方針だけでもいいので教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 積分、逆三角関数の問いについて教えてください。

    大学の微積の問題に困ってます。お願いします。 次の(4)(5)はどうといたらよいでしょうか?よろしくお願いします。 (1)x/1+x&#8308;を部分分数に展開せよ。 (2)x&#178;+1&#8723;√2xを平方完成せよ。 (3)(2)を利用して、(1)の式を積分せよ (4)tan&#8315;&#185;(1+x√2)+tan&#8315;&#185;{1/(1+x√2)}の値を出せ。 (5)tan&#8315;&#185;{1/(1+x√2)}+tan&#8315;&#185;(&#65293;1+x√2)+C=tan&#8315;&#185;(x&#178;) と書ける。その理由と定数Cを決定せよ。     自分の解答 (1)&#65374;(3)はx/1+x&#8308;={1/(2√2)}{1/(x^2 + 1 - (√2)x) - 1/(x^2 + 1 + (√2)x)} として、(2)を使い、  ∫x/1+x&#8308;dx=1/2{&#65293;tan&#8315;&#185;(1+x√2)+tan&#8315;&#185;(&#65293;1+x√2)}+A  (Aは積分定数) という形で、(3)の答えが出ました。  (4)はtan&#8315;&#185;(1+x√2)=α、tan&#8315;&#185;{1/(1+x√2)}=βと置く。  tanαtanβ=1より、  sinαsinβ/cosαcosβ=1  ⇔cosαcosβ-sinαsinβ=0 ⇔cos<α+β>=0 ⇔α+β=(π/2)×n (nは自然数)・・答 となりました。  (5)は、c=0と計算上、出ました。しかし、とても煩雑な計算でした。筋の良い計算方法はありますでしょうか?また、(5)と書ける理由がわかりません。x&#178;が平方完成したときに出てきたり、tan&#8315;&#185;{1/(1+x√2)}+tan&#8315;&#185;(&#65293;1+x√2)は(4)と似ていますが、何から由来して、(5)のようにかけるのでしょうか?  (4)(5)の解答、不明点について、教えてください。    よろしくお願いします。  

  • 三角関数の計算問題

    三角関数の計算問題です。 模範解答を途中計算もできるだけ書いて教えてください。 どちらか1問でも解いていただけると助かります。 (1) arctan3/4=α, arctan5/12=βのときtan(α+β)とcos(α-β)の値を求めよ。 (2) f(x)=xarcsinxのとき(1-x^2)f"(x)-xf'(x)+f(x)を簡単にせよ。 よろしくお願いします。

  • 数学 逆三角関数

    sin(arccos√3/2)+cos(arctan-1/√3)+(arcsin-1/√2)の答えをお願いします。途中式も があると嬉しいです。ちなみに、解答は√3/2-1/2です

  • 逆三角関数の求め方について教えて下さい。

    電気理論を勉強していたら、「arctan4/3=53.13°,cos12.43°=0.9766」といった具合に、(arctan4/3)や(cos12.43°)の値をあたり前のように求めています。 ですが、自分はその求め方がわかりません。どなたか値の求め方を教えてください。