• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

有権者に直接電話をするのは、公職選挙法違反ですか?

先日、友人の携帯に○○事務所の方から、選挙のご挨拶の電話がありました。「□□さんからのご紹介でお電話致しました。(省略)」と言っておりましたが、友人は全くその□□さんのことも、○○事務所の方も知らないそうです。 で、ふと思ったのですが、有権者に直接選挙のご挨拶をすることは、公職選挙法に違反するのではないのでしょうか? 公職選挙法のことは無知ですので、どなたか詳しい方ご教授願います!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数34613
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

補遺です。 地方選ですが、公明党が共産党を選挙当日運動禁止罪で告発した 例があるようです。 http://turenet.blog91.fc2.com/blog-entry-722.html なお、私の前の投稿は分かりにくかったようです。 ・選挙当日運動禁止罪は電話でも該当する。  電話選挙運動員はもちろんダメ。その紹介を受けた人も、  紹介者が電話選挙運動員または候補者、運動員だったら、  その紹介自体が告発に該当。 ・電話選挙運動員以外の人が選挙当日前に「だれだれの紹介で」  ときたら、その人とだれだれを聴いてメモしておきましょう。  電話選挙運動員以外に電話選挙運動をさせたことで告発できる  かもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • Fuu1962
  • ベストアンサー率29% (426/1425)

質問に答えれば、全然問題なし。違反ではありません。 電話は結構OKなところがありますね。 「友人は全くその□□さんのことも、○○事務所の方も知らない」のはよかったじゃないですか?知ってたら今後の人間関係に微妙な影を残す?(いやこれはジョーダン。) □□さんがあなたの知人で「紹介した覚えはないよ。」っていったらちょっと問題かな? #5#6さんが書いているのは選挙当日の話ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

私もよく分からないので調べてみました。 ・選挙当日運動禁止罪 というものがあり、電話でもダメです。  相手の電話番号が特定できれば、選挙違反として告発が  可能のようです。 ・電話選挙運動員という報酬を払う運動員は認められているようです。  ただし、選挙事務所にいて人数はある報酬の枠内に限られている。  従って、選挙事務所以外からかけてくる場合は、電話選挙運動員と  しては認められないのでは。これも相手の電話番号が特定できれば  告発できる可能性があります。 詳しくは選挙管理委員会に聞くのが一番でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • big0822
  • ベストアンサー率37% (61/164)

違反ではありません。電話作戦と言われ、認められています。メールだと別で、違反になる可能性があります。電話は選挙期間中のみ認められますが、投票日でも「投票には行きましたか?是非行ってください(候補者名を出さず)」という主旨の電話は違反ではないのでかかってくるかもしれません。

参考URL:
senkyo-navi.net/18/25

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

ちょっと補足しておきます。 選挙期間中は誰でも選挙運動を行う事が出来ます。 従って電話で投票を依頼しても全く問題ないです。 これが選挙前、つまり告示前だったら違反になりますけど、今は選挙中ですから何も問題ありません。 但し、投票依頼に対して利益供与と考えられる事があった場合や、職場その他の上下関係を利用した場合は違反になりますので、選挙管理委員会に届け出ると、選挙終了後、警察によって捜査が行われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

こんにちは。 候補者本人だろうと事務所の人だろうと赤の他人だろうと、「xxに入れてください」とお願いするのは、口頭でも電話でも路上でも全く問題ないです。 むしろ、問題があるとするなら、後半の部分ですね。 >人は全くその□□さんのことも、○○事務所の方も知らないそうです。 これって、つまりウソ言ってるって事じゃないですか? ・・・これは投票の判断材料になりそうですね。(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

違反だからこそ、必ず「□□さんの紹介で」と「紹介」をキーワードに電話してきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 公職選挙法違反

    市議会議員選挙で当選した 新人議員のブログに 下の書き込みが有りました 書き込んだのは議員本人のようです このような書き込みで有れば 公選法違反にはならないのでしょうか? よろしくお願いします。 >「ありがとうございます」と声を大にしていいたいところですが、 >公職選挙法の関係で御礼を申し上げることが出来ませんが、 >ご理解頂き、ご挨拶にかえさせて頂きます。 ****参考**** 公職選挙法第178条  何人も、選挙の期日(第100条第1項から第4項までの規定により投票を行わないこととなつたときは、同条第5項の規定による告示の日)後において、当選又は落選に関し、選挙人にあいさつする目的をもつて次に掲げる行為をすることができない。 2.自筆の信書及び当選又は落選に関する祝辞、見舞等の答礼のためにする信書を除くほか文書図画を頒布し又は掲示すること。

  • 「公職選挙法違反」

    「公職選挙法違反」 友人宅にこのような電話があったようです 「〇〇地区の〇〇さんに入れてください」 本人は相手との認識が無く全く知りません、相手は友人を知っているかのような 内容で自身を名乗ってきたようです どうやって自宅の番号を手に入れたのか? 入れなければ何か嫌がらせされるんじゃないか?など 気味が悪く、大変困っていた様子でした この場合、電話を掛けてきた相手に関連する、指示をした人や 名前の出ている立候補者は「公職選挙法違反」に該当しますでしょうか? 該当するのであれば、違反報告先を添付していただければと思います 宜しくお願いします

  • 公職選挙法違反について

    こんにちは。 以前知り合いから、身内が市議会選に立候補するから、選挙事務所を手伝って欲しいと言われました。 ただ、お金は払えないと後で申告がありました。 ボランティアで無償で手伝って欲しいとの事です。 その後に、友達ならお金が払われなくても、手伝うのが当然。 お金の話なんて聞かれても困る。 と言われました。 選挙事務所を手伝うのにあたって、お金を支払わないというのは 公職選挙法違反になるのですか? 意味不明な質問ですみません。 よろしくお願いいたします。

  • 逮捕される?公職選挙法違反???

    勤務する病院での話です。 現在、患者が行う不在者投票の際の選挙違反疑いで、警察が事情聴取に入っています。 警察は、施設管理者(院長)が患者に選挙運動をしたことが違反になると言っています。 確かに、院長は選挙に積極的で、患者に「○○さんをぜひよろしくお願いします」というようなことは言っていますが、不在者投票の会場に入ることもありませんし、不在者投票自体には全く関わりません。 しかも、一年前の市長選の際には、立候補者の後援会長まで勤めていましたが、特に何も言われませんでした。 なのになぜ今回だけ突然捜査が入るのかわかりません。患者にまで聴取しているため、何もないのならちょっと迷惑です。礼状も持っていないようですし。。。 何か、公職選挙法に触れるようなところがありそうでしょうか。インターネットでちょっと調べてみたのですが、自分では当てはまるようなことは見つけられませんでした。

  • 公職選挙法違反について

    公職選挙法違反について 先日地方の市長選があり勤務している会社の社長がその候補者の地区担当者になりました。そのため社長より指示され勤務時間に選挙活動をしました。活動の内容は各家庭に電話にて支援のお願いをし地域で行われる候補者演説会を知らせるために各家庭にチラシを投函しました。勤務時間ということもあり賃金は支払いされています。さらに昼食をごちそうになっています。後日知人より「選挙違反ではないの」と言われて心配しているようです。もちろんその人は社長の指示で活動しており違反になることを知りませんでした。この場合、指示されて活動した人は選挙違反になるのでしょうか。そして指示した社長はどのような違反になるのでしょうか。 詳しい方、教えてください。本人は大変心配されていてもし逮捕されるようであれば社長も同罪ではないかと思っています。

  • 勝手に得た個人情報で年賀状を送ってくる議員!公職選挙法違反で訴えたい!

    公職選挙法に「年賀状などのあいさつ状の禁止(公職選挙法第147条の2)」がありますよね。後援会に入ったわけでもないのに、勝手に活動報告や年賀状を送ってくる図々しい議員に困っています。どこへ訴えればいいのでしょう? 夏ごろ、地域のボランティアに登録をしたんです。それまで地域活動などには全く縁が無く、でも小さい子供もいるし…と思って市の外郭団体へ登録するかたちになりました。それからしばらくして、地元の自民党の市会議員から時々郵便物が送られてくるようになったのです。 市や市議会の他の活動には全く関与していないし、このボランティア名簿を勝手に使用されているのは間違いない事実だと思うのです。 違反をしていることは間違いないので、公職選挙法違反を訴えたいのですが、どこへ言えばいいのでしょう?窓口がわかりません。教えてください、よろしくお願いいたします。

  • 公職選挙法について

     国会議員の公職選挙法について質問です。  ウグイス嬢や事務員、労務者以外に報酬を与えると公職選挙法違反と言うことですが、 (1)選挙前に公設秘書、私設秘書をやっていた人は1か月ただ働きになるんですか??? (2)無償で働く人なんているんですか????  もちろん買収は問題だともいますが、ただ働きする人がそんなにたくさんいるとは常識的に考えられないような気がするのですが。。。。  実態に即した公職選挙法に改正する必要はないのですか?

  • 公職選挙法について

    〇〇党への選挙の投票依頼の勧誘で、友人の家一軒に行って、政党名を出さずに、「選挙のお誘いに来ました~」って言うだけなら、公職選挙法にはひっかからないのでしょうか? それと、別件訪問による友人の家一軒への訪問(別件訪問のついでに、〇〇党への選挙の投票依頼をする行為)は、公職選挙法にはひっかからないと聞いた事があるのですが、実際どうなんでしょうか?

  • 【名古屋市長選挙】公職選挙法違反、大丈夫?

    前略  名古屋市長選挙が本日行われていますが、節々に公職選挙法ギリギリ の選挙活動を行うなぁ、と思われる候補者が続出しているのですが、 要するにギリギリだったら良いのですよね?公職選挙法に反し なければ、ギリギリだったらそれらの行動はおこなっても良いの ですよね?思うところお書きください。  私は節々で、ギリギリの選挙活動を候補者は行っているけど、 もしギリギリの一線から飛び越えていたらどうしたものか、と、 色々考えさせられるのですが・・・。  Wikipediaより公職選挙法に違反する行為を以下に列挙します。 どの候補者もみんなこれ守れているかな?思うところ お書きください。一線超えた候補者の行為があったら気になるので それも教えてくださると幸いです。まぁ、そんな事は無いか。 正しい選挙が名古屋でおこなわれていますよね??教えてください。 Wikipediaの情報は2013年4月21日現在の情報です、なお法律を正確に 反映させた情報とは必ずしも言えないでしょう、皆が情報を提供しあって 情報をまとめあげたサイトですから。 ■公職選挙法に反する行為一覧■ 【自由妨害罪】 候補者のポスターを剥がす、いたずらをするといったポスターへの 棄損行為や候補者への暴力行為。2010年の参議院選挙では前原誠司 国土交通大臣が演説中に有権者から投石を受けた事例や、長崎市の 市長選挙では立候補した前市長が銃撃され死亡するという事件も 発生している。 【買収】 金品で有権者に投票を依頼する、または取りまとめを依頼するなどの 行為。「金権政治」となってしまうため、禁止されている。法律上、 現金でなくても、缶ジュース1本でも買収は成立する。 【事前運動】 事前運動を行うと、選挙期間が無制限となり多額の費用がかかるので、 禁止されている。しかし2009年の総選挙では選挙公示前に候補者が 候補者名ではなく「本人」というタスキを付けて活動を行う現象が 起きたがこれは選挙違反には当たらないものである。 【戸別訪問】 買収に結びつきやすいとされ、以前は逮捕事件も起きている為現在は 禁止されている。しかし、対話により直接政策を知り、深める手段 として、解禁を求める動きがある。 【人気投票の公表】 人気投票の方法が必ずしも公平とは言えず、その結果によって 有権者が影響されたりすることを防ぐため禁止されている。 新聞社等が行う世論調査は調査員が被調査員に面接して調査をした 場合に該当し、人気投票には当たらないとされている。 【特定公務員の選挙運動の禁止】 特定公務員は選挙運動に参加することは禁止されている。 なお、特定公務員に限らず公務員(議員などを除く)が、公務員 として選挙運動を含めた政治的行為を行うことは、国家公務員法及び 地方公務員法などにより禁止されており、地位利用の有無に関わらず、 法令に違反する行為となる(但し、一個人としての選挙運動は個人の 自由であるため、一部の運動を除き認められる)。 【地位を利用した選挙運動の禁止】 一定の公務員や教育者は地位を利用した選挙運動をすることが 禁止されている。 【不特定多数への法定外文書図画の頒布】 野放図な宣伝費をかけないようにするために、このような制限が 設けられている。しかし、インターネットが発達し、多数の人々が 瞬時に情報に触れることができる現代においても、インターネットや メールによる候補者の情報発信(ネット選挙)は公示後から投票日 まで制限されている。このため、多くの政党や候補者のサイトは、 法律に抵触することを防ぐため、選挙期間中は更新しないなどの 措置を取っている。近年ではブログやツイッターなどを行う候補者も 珍しくないが、選挙期間中はこれらの書き込みも停止されることが ほとんどである。 ただし、そもそも公職選挙法にこのような条文が制定された時代は インターネットの発達を想定しておらず、これほどインターネットが 発達した時代にあって、この制限は有権者の情報取得を阻害している 欠陥にもなっており、改革を求める意見が高まっている。 インターネットでの選挙運動が禁止される一方で、電話やはがき、 新聞広告などでの選挙運動は合法であり、法律の矛盾が指摘 されている。 比較的安価で自らの主張を発信できるインターネットは、知名度や 資金力に乏しい候補者にとっては有用な手段であるため、 インターネットの制限は多様な人材の政治参加を妨げているという 批判もある。しかし一方で、ネット上では「なりすまし」などが 容易に行なわれることから、悪質な選挙妨害に利用されかねない として、全面的な解禁には慎重な意見もある。現実に、 ツイッターでは、有名人などになりすまして、さも本人であるかの ように書き込みを行う事例も報告されており、選挙に悪用される 可能性も否定できない。 インターネット上での投票呼びかけなどの選挙運動はできないものの、 ウェブサイトなどでプロフィールや政策に関する意見を述べたりする ことは選挙運動とは異なるため、基本的には制限はなく、その範囲で ならば選挙期間中もサイトを閉鎖したりする必要はなく、有権者は 自由に閲覧することができる。近年では多くの政党や議員が ウェブサイトを開設しており、多くの有権者がそれらを情報源として 活用している。 2009年9月に、民主党を中心とする連立政権が発足した。民主党は インターネット使用の制限の大幅な緩和に積極的な姿勢を見せて いたが、法的には何も変えることができず2012年11月に国会は解散し、 2012年12月、再び政権交代を迎えることとなった。一方で同党議員の なかには「見切り発車」とマスコミから指摘される中で、完全に 合法と称して強行する議員も出た。 【投票干渉】 企業、業界、宗教団体、福祉施設などにおいて特定候補者への投票を 誘導する行為。経営者や職員らが利用者の特定候補への投票を 誘導する行為が行なわれることがあり、逮捕された事例も多く最近は 増加傾向にある。事例としては特定の業界が支援する候補者への 投票依頼、宗教団体による特定候補者への投票依頼やそれらを 遂行するための投票監視などがある。近年の選挙では自らの判断で 投票することが難しい知的障害や認知症を持つ人が利用する施設に おいて問題となることが多く摘発された事例も少なくない。2001年の 参議院選挙では創価学会が認知症の人間を投票所へ連れて行き ある特定の候補者のみの名前を書く練習をさせたり、名前の書かれた メモを渡す、代理人が本人の意思と称し特定候補者への投票を 行おうとしたとして5件の選挙違反が摘発され、複数の学会員が 逮捕された。2010年の参議院選挙でも同様のケースで2件の選挙違反が 摘発された。                               草々

  • 公職選挙法に違反して当選した人の有効性はどうなりますか

    公職選挙法に違反して当選した場合、その当選は有効でしょうか?それとも無効になるのでしょうか?また、それについての提訴の仕方などはどうなっているのでしょうか?刑事事件扱いでしょうか?