-PR-
締切り
済み

ピューリタン革命について・・・レポートを書いているんですが。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.31706
  • 閲覧数662
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/19)

今、ピューリタン革命について・・・レポートを書いているんですが、なぜその革命が起こったのか背景がよくわかりません。他にも、この革命について何か知っていたらレポートの参考にしたいのでお願いします!!
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

16~17世紀は、ヨーロッパはまさに宗教戦争の時代です。 シュマルカルデン戦争、ユグノー戦争、オランダ独立戦争、三十年戦争等々。敵を攻撃し自分を正当化するモノとして宗教が利用された。ピューリタン革命もその意味では同じ面もあるのですが、他とは違う、単なる宗教上の対立ではない別な原因がありました。それは、王と議会の対立で、これがこの革命の最大の原因となります。これは、ちょっとこの欄で説明するのはしんどいので ...続きを読む
16~17世紀は、ヨーロッパはまさに宗教戦争の時代です。
シュマルカルデン戦争、ユグノー戦争、オランダ独立戦争、三十年戦争等々。敵を攻撃し自分を正当化するモノとして宗教が利用された。ピューリタン革命もその意味では同じ面もあるのですが、他とは違う、単なる宗教上の対立ではない別な原因がありました。それは、王と議会の対立で、これがこの革命の最大の原因となります。これは、ちょっとこの欄で説明するのはしんどいので、悪いけど下記参考URLを見て下さい。

これも参考に(ちょっと文字化けするかも)
http://members.tripod.co.jp/ISA00/puritan.htm
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 64% (69/107)

ピューリタン革命の発端は1939年にスコットランドで起こった反乱で(反乱の原因は国王の国教会強制政策)この反乱を鎮圧するための戦費を調達するために国王は議会を招集しましたが、議会は課税を拒否して国王を弾劾したため、怒った国王は即座に議会を解散。(※この議会は非常に短いかいきで解散されたために短期議会とも呼ばれる。) 同年11月に、反乱の長期化のために国王は議会を再度招集しましたが、議会は「大諫議書」を可 ...続きを読む
ピューリタン革命の発端は1939年にスコットランドで起こった反乱で(反乱の原因は国王の国教会強制政策)この反乱を鎮圧するための戦費を調達するために国王は議会を招集しましたが、議会は課税を拒否して国王を弾劾したため、怒った国王は即座に議会を解散。(※この議会は非常に短いかいきで解散されたために短期議会とも呼ばれる。)
同年11月に、反乱の長期化のために国王は議会を再度招集しましたが、議会は「大諫議書」を可決し、国王を批判して専制政治に抗議しました。
(この段階で議会の中には王を支持する「王党派」と王権に反対する「議会派」に分裂。)
このような中、1642年に国王は武力による議会弾圧を企図。この弾圧はやがて内乱へと発展し、ピューリタン革命が開始されました。


※さらに詳しく内容を知りたい場合は下記の「世界史猛特訓」バックナンバーを参照してください。
http://www.sekaishi.com/mailmag/sekamo/67.html
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ