-PR-
解決済み

マックの定番ワープロって?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.31702
  • 閲覧数176
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

先日、『EGWORD ver.11』バージョンアップのDMが届きました。
実は、マックはQuadra 650(+PPCカード)でMac OS 8.1 のままタイムカプセルに入っている状況なのですが、Mac OS X、iDVD、PowerBook G4、などに刺激されてもう一度マックを創造のメインインフラに戻そうと企んでおります。
さて、マッキントッシュのワープロもやはりWordが定番なのでしょうか? EGWORDのシェアはどのくらいですか? たしか一太郎はver.5で終わってますよね?(しかもユーザーインターフェイスがなっとらんとボコボコにされたような…)
EGWORDって買いですか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

私は,業務上必要な書式形態での文書作成が可能なワープロソフトがこれしかなかったという消極的理由からEGWORDを使って,現在まできています。

ワープロソフトの選択は何に使うかが一番で,書式を揃えての印刷は問題ではなく,中身が全てでデータ入稿という執筆のプロであれば,そもそもワープロを使う必要がなくなります。

Windows マシンとの文書交換が必要で,かつ,書式情報は維持する必要があるというなら,Word の方が同じ会社のソフトですから安心感があると思います。

後は操作性とIMの仕様が自分の感性とマッチしてストレスなく文書を作れるかどうか。こればかりはある程度使わないと仕方ありません。

私は文書を作ること自体も仕事なので,気になったものは購入して試して来ました。昔にくらべればワープロソフトの値段は格段に安くなっていますし,バージョンアップ料金なら取りあえず試してみるつもりで購入して,最近の MacOS 用ワープロの最新事情に触れてみるだけでも価値があると思います。
お礼コメント
noname#415

「バージョンアップ料金なら取りあえず試してみるつもりで購入して,最近の MacOS 用ワープロの最新事情に触れてみる…」いいですね、これにします。
私は、エディタやIMにもこだわってまして、マックもjeditの定番は2まででしたが、King'sEdit、LightWayTextの登録ユーザーですし、WindowsもDanaとかPeggy Proとかakiraとか、またATOK、WXGなど両方持ってたりして…
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-25 12:23:12
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 25% (873/3452)

論文提出でApple Works(元クラリス)が必須という場合がありますが、
やはりMS-Officeが今となっては定番じゃないでしょうか?
正確なシェアデータは持っていませんが、データ交換の必要があれば
MS-Office、特に拘りがない場合でもMS-Officeの出来は悪くないので
妥当な線だと思います。(むしろタブーだった一太郎よりずっと良い
です)
お礼コメント
noname#415

いつもお世話になります\^o^/。
やはりデータ互換ではMicrosoft製品ですか…
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-25 12:13:19


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 53% (21/39)

買いです、私としてはですが。私の使用環境ははSE30 QUADRA700 G4 G3 PM8500です。あくまでも個人的なのですが、会社の姿勢がまず好きです。いまどきあそこまで対応しているものは他に類を見ません。上記の全機種に入れられますし、どれでもさくさく動きます。しかもFEPがいいいえす。ATOK EG-B VJE WX3としようしましたが1番しっくりきたのがEG-Bでした。さすがWINからのコンパチじゃなくMACから出たFEPだけあります。MACの香りがする会社ですね。変換効率もなかなか良いです。ワードはエクセルなどとDATAやりとりしたりというメリットがありますが、画像コピーで対処すれば事足りますし、DATAリンクさせなければ必要ないような気がします。それにOFFICE2000は新しい機種でもよくフリーズします(あくまでも私のマシンで)。古い書類が壊れたりしましたので、一応クレームでMSにもフィードバックしてもらいましたが、エクセルも古い書類が壊れたりとあまり調子よくないような気がするもの事実です。大所帯な分、やることも派手なのですが、私は旧マックユーザーからなものでどうしてもEGのようなソフト会社が好きです。フィードバックも柔軟ですし、バージョンアップに反映させるのも良心的なような気がします。しかも安定してる!それで食べてるわけですからね。MSのように一種のバンドル的な販売ではないぶん本気です。一太郎はそういう意味でもっと世界にも通用するワープロだったのに潰されてしまった感があります。私としては今でも非常に残念です。ソフトってこういうもんだよな。。と思うのが一太郎やEG-Wです。ブランドに奢らず、使いやすさに重点を置いている。(MSはショートカットがOFFICE98の時と違っていたりと、おごりとしか思えない部分が今回は見受けられますね、残念です)。機能はほぼ横一線のワープロですが、だからこそこだわりたいんです。私もDMきましたが、今回もVUPする予定です。ご参考になりましたら幸いです。
お礼コメント
noname#415

う~む、マックおよび国産品への限りない愛情を感じます。久しぶりに祖国へ帰ってきたような…
まあ、OfficeはWindowsでも落ちたり固まったりしていますが(;_;)。
大変参考になりました。
投稿日時 - 2001-01-25 12:17:53
  • 回答No.4

個人的にはNisusWriterを使っています。動作が軽いのと、検索機能がエディター並に強力、必要なカスタマイズが簡単にできる点が気に入ってます。
EGWordは職場でたまに使いますが、動作が重いのが好きではありません。それ以外は、EGBridgeも含め、悪いソフトではないと思います。もちろんインターフェースの好みはあるでしょうが。
Word98は、職場でWindowsとのデータ互換がいいという理由だけで使っています。バグと思われる動作不良も多いし、重いし、プリントは遅いし、いろいろわけのわからない機能拡張を勝手に作るし、できれば使いたくないというのが本音です。
ご参考まで。
お礼コメント
noname#415

わたしも入力だけならエディタで、しかもマック・ウインとも沢山持っています。
最後の印刷で、書式をデコレートしたり、表物にしたりで、ワープロを使うだけなんです。
WindowsでもMicrosoftのものは不安定・不具合の根源だったりして…
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-25 12:27:05
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 35% (302/848)

使い勝手や趣味の部類の範囲で有れば、「EGWORD」は良いワープロソフトと思っています。

前の方々が「Windows」との文書交換についてMS-Wordを薦めていますしたが、実際にユーザサポートをしている経験からすると、単純な文書でさえフォントの問題で完全に同じ状態にはできませんし、最近のバージョンでサポートされて始めた新しい機能を使っていると、「開く」ことができてもページをめくったり・印刷したりするとフリーズすることも多く、互換性が高いわけではありません。また、編集の履歴を文書中に残しているようで、やたらと文書(ファイル)のサイズが大きくなる傾向もあります。従って、文書交換する相手の人がMS-Wordを使っている場合を除いて、私としてはお勧めしません。

「一太郎」は問題外です。既にサポート対象から外れているような製品です。

どこかの会社で、機能が少なくてもいいから、機種依存しない(完全互換の)ワープロソフトを安く提供してくれませんかね~~。
Sunが「StarOffice」のMac版を早くリリースしてくれるのを期待しているのですが...。
ちなみに、個人的には「マックライト2」が、たった1つのプログラム(ファイル)でできていて、非常に軽いので、G4でMacOS9になってからも使い続けています。

以上。
お礼コメント
noname#415

ありがとうございます。結論としては、ある程度揃えて、自分で使い比べる、TPOで使い分けると云うことでしょうか…
投稿日時 - 2001-01-25 12:28:51
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ