• ベストアンサー
  • 困ってます

これは分詞構文の使い方ではないのでしょうか?

スペースアルクで「~を使って」で検索すると次の通りの文章が見られます。 1. 同社の他の商品を購入する場合と同様、クレジットカードを使って5ドルから200ドルの額を献金することができます。 People can donate from five to 200 dollars using a credit card just as they do when buying the company's other items. 2. また、偽名を使って8種類もの薬を入手していたことから、カウンセリングを受けるようにも命じられました。 She was also ordered to receive counseling because she had obtained eight different kinds of drugs using false names. 3. JR東海は山梨県の実験線を使って、1997年から試験走行を行ってきました。 JR Tokai has been conducting test runs since 1997 using its test line in Yamanashi Prefecture. そこで質問なのですが,上記例文は全て「~を使って」の表現があり,それを英文では「using ~」としています。 私も,以前よりこの表現方法を使っています。 そしてそれは”分詞構文”の1つの働きであると思っていました。 今日ふとしたことから分詞構文についてまとめてあるサイトを見ていると次の様に記されてありました。 ----------------- http://anglaisfrancais.hp.infoseek.co.jp/i/participle2.html 分詞構文とはさらっといえば 動名詞(-ing)と同じ形をしたから始まる文のことです 意味は次の5こあります A.  ~するとき、~すると Arriving at the station, he gave me message. =駅に着くと彼がメッセージをくれた B.~なので Getting up late,I had to run. =おきるのが遅かったので,私は走らなければならなかった C.~だけれど Admitting what you say, I still think you are wrong. =君の言っていることは認めるが、私はまだ君が間違っていると思う D.もし~ならば Turning left at the next corner, you will find a tall building. =次の角を左に曲がれば、高い建物がみつかるでしょう E.付帯状況~しながら、 そして~ Reading a book, he waited for his mother. =彼は本を読みながら、かれの母をまった -------- 冒頭に上げました「using~」は,分詞構文の働きのどれにも属さないような気がします。 「using~」は,やはり分詞構文になるのでしょうか? それとも他の働きなのでしょうか? ご教示お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数6
  • 閲覧数855
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。6/27のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。 ご質問: 「using~」は,やはり分詞構文になるのでしょうか? それとも他の働きなのでしょうか?  ご質問文の例文3題は、分詞構文ではありません。が、現在分詞です。 ご質問を拝読すると、現在分詞と、分詞構文を混同されていると拝察します。この2つの表現は別のものです。 1.現在分詞は動詞のing形という、動詞の一形態を意味します。ingの形で、形容詞、副詞、動詞の一部(進行形)になります。名詞になるのが動名詞と呼ばれるものですが、分詞と区別され動名詞として準動詞のひとつとして独立して存在します。 例 (1)形容詞: It is interesting.「面白い」 (2)副詞: Speaking frankly,「率直に言うと」 (3)動詞の一部: I'm studying.「勉強している」 (4)動名詞: I like studying.「勉強することが好き」 2.分詞構文とは、分詞を用いて、ちょうど副詞節と同じような意味(理由や時など)を表す形式のことです。現在分詞を使うと現在分詞構文、過去分詞を使うと過去分詞構文になります。 分詞構文は、副詞句として主文全体を修飾します。つまり、ご質問にある5つの現在分詞構文は、以下のように節(副詞節)に書き換えられます。 A.Arriving at the station,「駅に着くと」 =When he arrived(時) B.Getting up late,「おきるのが遅かったので」 =As I got up late(理由) C.Admitting what you say, 「君の言っていることは認めるが」 =Though I admit what you say(譲歩) D.Turning left at the next corner,「次の角を左に曲がれば」 =If you turn left at the next corner(仮定) E.Reading a book,「彼は本を読みながら」 =While he was reading a book(同時) 3.例題3題のusing: 全て、「手段を表す副詞句としての現在分詞」になります。ここでは、特に「理由」や「時」などを表す意味はないので、分詞構文とは呼びません。 副詞句として動詞を修飾しています。分詞構文が、副詞句として主文全体を修飾しているのと違い、現在分詞は直接動詞のみにかかります。 また、これらのusingに前置詞byをつけると、直訳は「~を使うことによって」となり、このusingは前置詞の後に置かれた名詞=動名詞になります。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Parismadamさん, いつもご丁重なご説明ありがとうございました。 ご回答を頂きました最初のころは,どうしても分詞構文は「副詞節的な意味がある」ことと,現在分詞の「動詞を修飾する副詞の役割」の区別がどうもしっくり行かず,理解に時間がかかりました。 現在分詞とは名詞を修飾する形容詞の役割のことばかりが,頭にこびり付いており,理解がスムーズに行きませんでした。 でも,今ははっきり現在分詞の動詞を修飾する副詞的役割のこと。 ありがとうございました。 またの機会ありましたら,宜しくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

他回答者へのレスや問いかけは、削除されたことがあるので短くいきますが、分詞構文の文を聞いたり見たときには、そこには「ものの哀れ」があるのです。 どういうことかというと、分詞構文が表す、時や、原因や理由にしても、譲歩でも、条件でも、結果でも、「それより他なかった」「それがまさに起こるタイミングだった」のような「哀れ」「あきらめ」「自分ではコントロールできなかった」のような見えざるものものがあります。中国的にいうと「天の時、地の利、人の技」的なもので、それが欠けたら、なしえなかった。そんなニュアンスがあります(もちろん全ての文がそうだとはいいません)。 JR東海のケースは、それは単に選択肢であり、他のテストラインを使っても文の意味はかわらないのです。 なので文を見たとき、分詞構文ではないことがすぐに感じました。 文法用語での解釈は、専門家にまかせます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Jayoosanさん,複数回数の回答投稿ありがとうございました。 私の質問例文は分詞構文でないこと,また分詞構文には対してJayoosanの持っておられるイメージのご説明ありがとうございました。 私の理解の参考となりました。 また次の機会がありましたら,またよろしくお願い致します。

  • 回答No.5

Milancomです。 みなさんの回答を読んで考え込んでしまいました。 副詞句として働く分詞句と、分詞構文の違いですか? 確かに、あるような気もしますがなんだかしっくりこないのは私だけなのでしょうか?  最初に質問したのは私ではないことは承知しながら、もし許していただけるなら、整理してもいいですか?ただ、文法の専門家ではないので、一般人にも読める参考書片手に、奮闘しているところです。外国語として正しく英語を使うために、多少なりとも理解を深めておきたいと願うものです。 まず、ご質問にある3つの文にある分詞句は副詞句であることは間違いないですね。「クレジットカードを使って」「献金する」と動詞句を修飾するのですから。 次に、分詞構文と呼ばれるものも、分詞句を副詞句として用いる方法のひとつですね。 そうすると、分詞句の、分詞構文としての用法と、それ以外の副詞句としての用法の違いの基準は何なのでしょう。「方法」を表すのは分詞構文にはならないという意味上の問題なのでしょうか? 特に3の例文などは、動作の同時性というもっとも分詞構文らしい働きから考えるとぴったりくるように思われるのですが、いかがでしょう。 JR Tokai has been conducting test runs since 1997 using its test line in Yamanashi Prefecture. =JR Tokai has been conducting test runs since 1997. And it has been using its test line in Yamanashi Prefecture. 「使って」と訳しているから、方法だと思われるかもしれません。そうだったら、確かに違うでしょう。しかし、日本語の「…て」は必ずしも方法に限るわけでないことは、先ほどの回答でご説明を試みました。うまく説明できなかったでしょうか。ここでも、「JR東海は山梨県の実験線を使って、1997年から試験走行を行ってきました」という日本語は、特に方法を述べているわけではなく、「JR東海は山梨県の実験線を使ってきました。そして、1997年から試験走行を行ってきました」と事実を列挙しているようにも十分読めるとも思われるのですが、いかがですか? みなさんの考えを混乱させてしまったようでしたら、ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Milancomさん,複数回のご回答ありがとうございました。 私は,ご回答を頂けました内容を見る限り,自分自身は「現在分詞の副詞的用法」が回答ではないかと感じています。 今まで”現在分詞”は名詞に掛かる形容詞の働きしかないと勘違いしていました。  でもMilacomさんの分詞構文に対するお考えを沢山聞かせて頂きましてありがとうございました。 また機会がありましたら,宜しくお願いします。

  • 回答No.4

すいません。コピペ欠けました。 donate from five to 200 dollars using (with/by) using a credit card

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

そこでのusingは分詞構文的な使い方ではありません。 どれも前の単語を修飾する分詞として働いています。分詞とは、動詞が形容詞としての用法・働きをもつものです。 もし修飾しているように見えなければ、便宜上下記()のようなものを思い浮かべると、修飾の前後関係がみえると思います。 200 dollars (with/by) using a credit card drugs (which are/were)using test runs (with) using its test line 質問文後半にあげられた分詞構文の働きは、一般的に下記のようにいわれているものです。質問と同じ順番に並べてみました。6番目のような付帯状況もあります。 時(when、while、afterなど) 原因・理由(as、because、sinceなど) 譲歩(although) 条件(if) 結果 (and it caused, and it resultedなど) 付帯状況(~ing)=~しながらの意味 ⇒質問のusingはこれに当たらない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

う~ん、分詞構文ですね。これはなかなかの難問ではありませんか。そんなものかと流してしまえば、それですむのかもしれませんが、少し考え出すと、どうもうまく説明がつかなくて困ってしまいます。 私はこう理解しています。ご参考までに! 英語では、二つの動作を表すとき、次のように考えることができます。 1)ひとつの動作をひとつの文で表す。すなわち、2文になる。 2)接続詞を用いて1文にまとめる。このとき動作の主語が同じなら後を省く。 3)どのような接続詞が用いられるか状況からよくわかる場合や、特に接続詞を用いるほどのことでもない場合は接続詞を省略して、動詞を-ing形にする(分詞構文) 「駅に着いた彼がメッセージをくれた」といいたいとしましょう。上のそれぞれの方法を使うことができます。 1)He arrived at the station. He gave me the message. これは、これで味のある文体です。わかりやすいし、起こったことが順々にリズミカルに目の前によみがえってきます。 2)He arrived at the station and gave me the message. 長い文章を書くときなどには、全体に1のような文が並ぶとかえってパンチが薄れるでしょうから、効果を出したい部分だけにしておいて、それ以外はこのようなおとなしい表現がよいのではないでしょうか。 3-A)Arriving at the station, he gave me the message. 3-B)He arrived at the station, giving me the message. 定形動詞(分詞や不定詞ではない形の動詞)をひとつに絞ることで、文がリズミカルですっきりします。そして、情報量は増えます。込み入った内容を長文で表現するときには好まれるスタイルです。AとBの違いは、到着したという行為と、知らせをくれたという行為のどちらに重点があるかです。 さて、このように分詞構文を用いるのは、接続される流れが前後の様子から明らかである場合に限られます。時には、適当な接続詞が見当たらない場合さえあるのです。いえ、実はこういうケースは結構多いのかも知れません。 たとえばこんな文はいかがでしょう。 Feeling a liitle foolish, Pluskat hung up. プラスカットさんは、「少しばかばかしい思いをした」のも、「電話を切った」のも確かです。そして、彼の置かれた状況はなんだか想像できますし、気持ちはよくわかります。この文は、伝えたいことを十分伝えています。しかし、接続詞を使った文に書き換えなさいなどという問題が出て、万一正解はただ1つと言われたら、悩んでしましませんか。「…したので」と理由でしょうか。それとも「…しながら」と同時でしょうか。「…したあとで」と時間的にあとでしょうか。この1文だけ見て、どこかに決め手はあるでしょうか? 和訳をしろといわれれば、「少しばかばかしい思いがしたプラスカットさんは、電話を切った」くらいでいかがでしょうか。 私は、日本語の「…だけど」とか「…が」に近いなあと思っています。これもただ、たいした意味もなくつなぐときに使いませんか?  高校生の頃に、「お米は好きですが、パンも好きです」というようなときに、butを使うと、andにしなさい。butは、それ以前に言ったことに反するような内容のことを言いますよという合図ですからと注意されたことがあります。「お米は好きですが、毎日は食べません」の場合はbutで自然なのだそうです。日本語では、どちらも「…が」で自然なのですが。 たとえば、ご質問中の例文もこれを使うと自然な日本語になるような気がします。 「駅に着いた彼がメッセージをくれた」 →「彼、駅に着いたけど、メッセージをくれたの」 「おきるのが遅かったので,私は走らなければならなかった」 →「走らなきゃなんなかった、おきるの遅かったんだけど」 (う~ん、これは、かなり無理があるか?) 君の言っていることは認めるが、私はまだ君が間違っていると思う →この文は、そのままでOK! 次の角を左に曲がれば、高い建物がみつかるでしょう →次の角を左に曲がるんだけど、そしたら、高い建物があるの もちろん、英語の分詞構文は、書き言葉に使われる表現で、日本語の「…が」「…だけど」は話し言葉中心ですが、なんだか、どちらもその言語の事情のようなものを感じて、私にはとてもいとおしく思われます。 もしかして、よけいわかりにくくなったら、ごめんなさい。少しでも考える材料になれば幸せです。もし、何かありましたら、書いてください。考えます!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

わぁ~ ありがとうございます。 分詞構文に対するお考えを詳細にご説明頂きました。 頂きました内容を,一度読んで直ぐ理解するのは難しいです。 ゆっくり読んで勉強します。 少し時間を下さい。

関連するQ&A

  • 分詞構文について教えてください

    There was no vacant seat on the train, so he had to keep standing. 上の英文を分詞構文で書き換えると、 There being no vacant seat on the train, he had to keep standing. になるそうです。 私の答えは、以下の通りです。なぜだめですか? There was no vacant seat on the train, he having to keep standing. there が残るのはわかります。 分詞構文とは、学校で使っている参考書によると、分詞が動詞と接続詞の働きを兼ねて、文を簡潔化された文であると書かれていました。 どうして、接続詞soがある従属節の動詞(had)が分詞にならないのですか? よろしくお願いします。

  • 現在分詞の分詞構文

    On arriving there, he went to see her. このarrivingは現在分詞で、on arrivingは分詞構文ですか?

  • 分詞構文について

    Because he had deeply moved, he tired to express his thanks. 上の文章を分詞構文にすると Having been deeply moved,he tired to express his thanks. となりますか? ご回答よろしくお願いします。

  • 分詞構文

    次の文の( )内の動詞を適切な形に直しなさい。 (1)(Wacth) by many people, she could not talk very well. (2)(Open) the door, I saw Bob enter the building. (3)(Listen) to the music, she was writing a letter. (4)(Cover) with snow, the garden looked beautiful. (5)(Praise) by his mother, the boy was smiling. (6)(Turn) right, you will find the post office. 分詞構文の問題で、 現在分詞と過去分詞の使い分けがよく分かりません。 詳しく説明してくれる方よろしくお願いいたします。

  • これは分詞構文ですか?

    英語の書き換えの問題で  He was not aware that he had done wrong.  =He was not aware( of)( having)( done) wrong. (彼は間違ったことをしたことに気づいていなかった。) という文ですが、awareがあるのでthat節を使うものをofを使うもので置き換えたものです。 この場合はhavingに書き換えられているのですが、これは分詞構文ですか? 分詞構文を作るためには(カンマ),が必要ではないのでしょうか? もし分詞構文であるなら何故そう言えるのかと、そうでないなら何故そう言えるのかを教えてください。 よろしくお願いします。

  • 分詞構文と助動詞

    分詞構文を作るとき、助動詞はどうすればいいんでしょうか? 例えば、以下の分の分詞構文はどうなるんでしょうか? ex.Bcause I would see her the next day,I decided to go to bed early. 回答をお願いします。

  • 分詞構文がでしょうか?

    分詞構文を勉強中です。 分詞構文の現在分詞と動名詞の区別ができません。 After enjoying my tea, I went to the shop . という文の前半部分ですが、 分詞構文なのでしょうか? enjoyingは動名詞という解釈は成り立ちませんか? 同じく分詞構文で A polar bear had discovered the camp and was eating the dogs' food . の前半部分を分詞構文に変える問題で A polar bear, having discoverd the camp , was eating the dogs' food . が正解になっているのですが、 Having discoverd the camp , a polar bear was eating the dogs' food . とすると定期テスト(高校)では不正解になりますか? 重ねての質問ですみません。 よろしくお願いします。

  • 高校英語の分詞構文について

    こんにちは 自分は中学程度の英語はできたのですが、高校での英語に苦戦しています。 課題をもらったのですがその中に分詞構文の問題がありました。 そこで分詞構文について教えてください。 問題 次の各文を分詞構文を用いて書きかえなさい。 1.When he speaks English, he doesn't make any mistakes. 2.As we knew how to get there, we didn't buy a map. 3.As I am farmer, I have to get upearly. 回答 1.Speaking English, he doesn't make any mistakes. 2.Knowing how to get there, we didn't buy a map. 3.Being a farmer, I have to get up early.  となっています がしかし、分詞構文に書き換えるとなぜこうなるのかいまいち理解できていません。 分詞構文について自分で検索してみましたがよく意味がわかりませんでした。 そこでわかりやすく教えていただける方を探しています。 どうかおねがいします。

  • 分詞構文です

    次の分を分詞構文にして、一つの文にするとどうなるのでしょうか? He hoped to pass the examination. He worked hard Ann heared the doorbell. Ann ran to open the door

  • 『,コンマ』が3つある分詞構文

    『,』コンマが3つある分詞構文というのは 例えば The guard climbs out of the bus and I relax, wondering what, if anything, he is looking for. 警備兵がバスを降りると、私はほっとし、彼がもし何かを探しているなら、何を探しているのだろうと思う。 wondering whatの『what』は分詞構文とセットになっているのに 分詞構文のセット【,】から離れて What he is looking forということになりますよね? 単独で分詞構文になったwonderingは 付帯状況ということで、思いながらと訳すんだと思いますが 本題は『,コンマ』が3つあるときは ~ ,~ , 〇〇〇 の〇〇〇の部分に、分詞構文の一部 もしくは、分詞構文では無いコンマの前の部分を〇〇〇の部分に 付け足すということでしょうか? The same thing, happening in a large hotel, would amount to disaster という文も コンマが3つあり 分詞構文では無いコンマの前の The same thingが〇〇〇のI would amount to disasterとセットになって The same thing would amount to disasterになってますよね 参考書で分詞構文の範囲を調べてみても コンマが2つしかないので またコンマが2つの場合は ,の後を分詞構文が補うことがないので コンマが3つある場合、どういうことなのか よくわからないです