• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

緩衝溶液の塩

緩衝溶液に良く使われるものとして、 酢酸と酢酸ナトリウム、アンモニアと塩化アンモニウムなどが あると思いますが、これらは、 弱酸とその弱酸と強塩基の塩、弱塩基とその弱塩基と強酸の塩というような 組み合わせかと思います。 弱酸と弱塩基の塩、たとえば酢酸アンモニウムなんかは 緩衝溶液に使うことはできないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数423
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

> たとえば酢酸アンモニウムなんかは緩衝溶液に使うことは > できないのでしょうか。  頻度は少ないでしょうが,使われるようです。「Google」(↓)等で「酢酸アンモニウム緩衝液」を検索してみて下さい。いくつかヒットします。

参考URL:
http://www.google.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 緩衝溶液について HPLC など

    HPLCなどで緩衝溶液を使うと思います。 緩衝溶液とは、定義として弱酸と共役塩基だと思います。 たとえば酢酸と酢酸ナトリウムの混合液など。 つまり「2つ」の化合物を入れて完成するのが定義だと思います。 しかしHPLCでは、ギ酸アンモニウムなど塩だけを入れても緩衝液と言っているような気がします。 このように、ギ酸アンモニウムや、ギ酸、酢酸、うすめのTFAなど「1つ」の化合物を入れただけでも、緩衝液と言うのでしょうか?そして緩衝能はあるのでしょうか? よろしくお願い申し上げます。

  • 緩衝溶液

    緩衝溶液の作り方なんですが、 1. 酢酸ナトリウムを何グラムか計りとる。 2. 計りとった酢酸ナトリウムを水に溶かす。 3. 酢酸を使ってpHを4.8にする 4. 最終的に緩衝溶液が1 mol/lになるようにする。 この緩衝溶液を作るには、酢酸ナトリウムと酢酸は何グラム必要ですか?それと、ステップ4のところで、濃度が1mol/l になるようにするにはどうしたらいいんでしょうか?

  • 塩の反応について

    お世話になります。 弱酸と弱延期の塩に強アルカリを加える場合、弱酸と強アルカリの塩になるのでしょうか また、弱アルカリを強酸の塩に強アルカリを加える場合、強酸と強アルカリの塩になるのでしょうか 例えば、酢酸アンモニウムに水酸化ナトリウム水溶液を加えると、酢酸ナトリウムになるのでしょうか、また、塩化アンモニウムに水酸化ナトリウムを加えると塩化ナトリウムになるのでしょうか 上記の場合、どちらの反応のほうが早いのでしょうか 申し訳ございませんが、ご教授願います

  • 緩衝溶液の作り方で、、

    実験で緩衝溶液をつくりました。酢酸と酢酸ナトリウム溶液で酢酸緩衝液をつくるとき、pHメーターをつかいますよね?その時に、酢酸に酢酸ナトリウムを入れるか、酢酸ナトリウムに酢酸をいれるかという違いで、何がどう違うんですか?一応、酢酸ナトリウムに酢酸を入れた方が無難だと聞いたのですがどうしてでしょう?

  • 緩衝液に関する質問です

    緩衝液について教えてください 酢酸-酢酸ナトリウム緩衝液において酢酸イオンの濃度が増大するのは強塩基を添加したときですか?それとも強酸の添加したときですか? ご存知の方がいらっしゃったら教えてください よろしくお願いします。

  • 緩衝剤と緩衝液の言葉の定義

    ふと思ったことです。 緩衝溶液とは互いに共役する酸と塩基の水溶液ですよね。 たとえば、酢酸と酢酸ナトリウムの場合、 緩衝剤と言われたときに、何を指すのでしょうか? 酢酸+酢酸ナトリウムのこと 酢酸ナトリウムのこと のどちらかとは思いますが、ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

  • 塩と塩の液性(酸・塩基)

    水に溶解させたときの塩の液性 強酸と強塩基からできた塩は中性 弱酸と弱塩基からできた塩は中性 強酸と弱塩基からできた塩は酸性 弱酸と強塩基からできた塩は塩基性 とあったんですが、「塩の液性」とあるのに、塩が塩基性だとか、酸性だとか いうのはどういうことなのかわかりません。 これは液性のことをいってるのではなく、塩の性質のことをいってるので しょうか・・・?? 酸性塩でも液性は塩基性を示すものだってありますし、 混乱しています。 もうひとつ質問ですが、 CH3COONa + HCl → CH3COOH + NaCl 酢酸ナトリウムも塩酸も0.1mol/lずつです。 酢酸が加水分解しないのは、H+がHCl由来のものだからなのでしょうか。 しかし、Na2CO3 + HCl → NaHCO3 + NaCl Na+ + HCO3- + H2O → H2CO3 + OH- Na+がOH-と結合しないのが不思議なんですが・・・ Na+は強塩基由来ではないですよね? 酸塩基は混乱することがいっぱいで意味がわからなくなってきました。

  • 緩衝溶液について

    アンモニア水に塩化アンモニウムを溶かした水溶液のpHは、なぜアンモニア水のpHより小さく、また、この混合溶液は緩衝作用があるのですか?

  • 塩と酸・塩基の反応

    (1)弱酸の塩と強酸の反応 弱酸の塩に、より強い酸を加えると弱酸が遊離し、強酸の塩を生じる。 [弱酸の塩+強酸->強酸の塩+弱酸] CH3COONa+HCl->NaCl+CH3COOH これは、電離度の大きい強酸のほうがイオンになりやすく、イオン性物質である塩をつくりやすいためである。 (2)(1)弱塩基の塩と強塩基の反応 弱塩基の塩に、より強い塩基を加えると弱塩基が遊離し、強塩基の塩を生じる。 [弱塩基の塩+強塩基->強塩基の塩+弱塩基] NH4Cl+NaOH->NaCl+NH3+H2O これは、電離度の大きい強塩基のほうがイオンになりやすく、イオン性物質である塩をつくりやすいためである。 (3)揮発性の強酸の塩と不揮発性の強酸の反応 揮発性の強酸の塩に、不揮発性の強酸を加えて熱すると揮発性の強酸が遊離し、不揮発性の強酸の塩を生じる。 [揮発性の強酸の塩+不揮発性の強酸->不揮発性の強酸の塩+揮発性の強酸] NaCl+H2SO4->NaHSO4+HCl これは、揮発性の強酸が加熱されることにより、気体となって反応系(反応する場所)から出ていくためである。 NaClが、(1)では強酸の塩になっていて、(2)では強塩基の塩になっているのですが、 どういう場合に強酸の塩になったり強塩基の塩になったりするのでしょうか。 また、揮発性の強酸が気体となって反応系から出ていくことが、どのようにして(3)の反応の理由になるのでしょうか。

  • 正塩を構成する酸や塩基の強弱について

    正塩の水溶液の液性ついて参考書等には、 強酸と強塩基からなる塩=中性 弱酸と弱塩基からなる塩=中性 強酸と弱塩基からなる塩=酸性 弱酸と強塩基からなる塩=塩基性 と書かれていますが、この「強酸」「弱塩基」等の 酸と塩基の強弱はどうやって判断すればいいのでしょうか。 正塩の化学式をみるだけでわかるものなのでしょうか。 ご回答お願いします。