• ベストアンサー
  • 困ってます

もしX染色体に「男性化失敗遺伝子」が発生したら・・・?

もしX染色体に「男性化失敗遺伝子」が発生して、この遺伝子を持つXY女性が発生した場合は、その女性に子ができたとき、その子の性別はどうなると思われますか? その女性からは減数分裂でX卵子とY卵子が発生しますが、X卵子に含まれるX染色体には「男性化失敗遺伝子」がありますので、この卵子が受精した場合は必ず女性になるはずです。 X卵子+X精子→XX女性 X卵子+Y精子→XY女性 しかし、Y卵子が受精した場合はどうなるのでしょうか? Y卵子+X精子→? Y卵子+Y精子→? ちなみに、このXY女性のY染色体は正常です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数14
  • 閲覧数719
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9

質問者さんの考えたような現象は実際に存在します。 マイオプスという北欧の森林に住むネズミの一種ではXYの雌が存在します。この雌は雌しか産みません。Y染色体は正常(つまりSryは生きている)と考えられ、どうやらX染色体上にY染色体の雄化作用を抑制する遺伝子が生じたのだろうと考えられています。 XY型の性決定で、雄と雌が同数出てくるのは当たり前と思われがちですが、実はこれは非常に危うい。X染色体上にY染色体の伝播を妨げるなんらかの因子が偶然生じた場合(たとえば、Y精子の形成をじゃまするとか、XY雄を殺すとか、性転換させるとか)、宿主の適応度を下げてしまうような場合でも、その因子は集団の中にひろまって遺伝子頻度が高まります。ハミルトンやフィッシャーらが理論的に証明していますし、実際自然界でもそういう例は数多く見つかります。 ですから、質問者さんはかなりいい着眼点をもっていると思います。 何を馬鹿な、と思った人は自然界にはまだまだ知らないことがたくさんあるということを知りましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。

質問者からの補足

雌しか生まない雌ということは、つまりY卵子は発生しないということなのでしょうか?

関連するQ&A

  • X染色体にある遺伝子について

    生物学は全くの素人ですが、よろしくお願いします。 常染色体は母親由来のものと父親由来のものがあり、性染色体(X,Y)も同様だと思います。しかし男性は性染色体がXYであり、女性はXXです。ということは必然的にX染色体には生命維持に極めて重要な遺伝子は殆どないのでしょうか? というのも男性にはX染色体が1つしかないので、それが駄目になってしまうと女性はもう一つで補えるかもしれませんが、男性は致死に至ってしまうと思うからです。 よろしくおねがいします。

  • 性染色体は二価染色体になりますか

    減数分裂の際、相同染色体が対合して二価染色体になりますが、XY型の場合、性染色体も対合するのでしょうか。xxの場合はどうでしょうか。

  • 人の46本の細胞で22本の染色体とY染色体はどれか?

    冬休みの課題で問題を解いているのですが、下の問いが分からないのでどなたか解説や参考知識を教えて下さい。 「人の46本の細胞で22本の染色体とY染色体はどれか?」 (1)男性の体細胞 (2)女性の体細胞 (3)接合子 (4)精子細胞 (5)卵子細胞 精子と卵子の減数分裂で46×2→46となるのはわかるのですが、いまいち問題の意味が分かりません。 よろしくおねがいします。

その他の回答 (13)

  • 回答No.14

>X'染色体があると雌になるから、X'精子はありえないのでしょうか? そうなるでしょうね。まだ見つかっていない、あるいは将来生じるかもしれない、X'無効化の遺伝子がない限り。 ついでに、さらに補足情報ですが、 大野先生は「スカンジナビア森林レミング」と書いていましたが、標準和名は「モリレミング」あるいは「モリタビネズミ」のようです。 それと、自分の仕事関係の論文を読んでいて偶然見つけたのですが、 Dicrostonyx属のレミングの、ある2種でもX'が存在して、X'Yが雌になることが知られていますが、マイオプスのような生殖細胞でY染色体の消失、X'染色体の倍化は起こらず、そのままX'卵とY卵が生じるそうです(もちろんY卵にX精子が受精すれば雄が生まれ、Y精子が受精すると致死)。 まったく、生き物の世界は多様で奥深い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13

>XY雌からY卵子が発生した場合、性別の決定が精子から卵子に移行するわけですね? そうとも言えますが、X'卵の場合でもすでに精子には性別の決定力がありませんから、卵の方に決定因子があるといっていいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

X'卵子も卵子のほうに性別決定要因があると解釈することもできますね。 X'染色体があると雌になるから、X'精子はありえないのでしょうか?

  • 回答No.12

>X’YYでも雌になるのでしょうか? これも私には情報不足でわかりません。 Yのdose(すなわちSryのdose)が増えてもX'が完全にepistaticに作用して雌になる可能性と、両者に拮抗性があり量的にYがX'を勝っているので雄(あるいは間性)になる、という可能性が考えられるでしょう。Sryにしてもその下流のSoxにしても他の因子と相互作用しながら働く転写因子なので、量比が影響するという後者の可能性はありますね。 「実験医学」のバックナンバー(vol. 16, 1995)にある故・大野乾先生の文章を読み返しましたので、いくつか追加情報、訂正を書きます。 ・マイオプスは学名 Myopus schisticolorで和名はスカンジナビア森林レミングというらしいです。 ・マイオプスXY雌からごくまれに雄が生まれることがあり、それはYを捨て損なったXY生殖細胞から生じたY卵子がX精子と受精することによるそうです。Y卵子というのもあり得ないことではないのですね。 ・また別の種では雄雌の核型がXOのものやXXのものがあるそうです。どちらの種にもSry遺伝子は存在せず別の睾丸決定因子があるようです。 XOの種では、父方Xを受け継いだ方が雄、母方Xを受け継いだ方が雌、XX, OOは致死です。 XXの種では見た目同じXでも睾丸決定因子が乗っているものといないものがあって、それで雌雄が決まっているようです。先の投稿で触れた、XXの生殖細胞は精巣では死んでしまうという原則を破る例です。 興味がおありでしたら、もっと新しい文献を調べてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

マイオプスXY雌からY卵子が発生した場合、性別の決定が精子から卵子に移行するわけですね?

  • 回答No.11

>マイオプスの例で雄化抑制因子を持つX染色体をX’とすれば X’Yは雌になりますが、もしX’XYという染色体異常の受精卵が発生しても やはり雌になるのでしょうか?> そういう事例が実際にあるかどうかということは知りません。しかし、性染色体の不分離によってXY精子ができることは珍しいことではないですからX'XYの個体が生まれることは十分考えられますね。 おそらく、この雄化抑制因子は機能獲得型(gain-of-function)の突然変異であり、epistatic(遺伝子間相互作用で支配的)な因子で、正常のXがあってもその効力はキャンセルされないと考えられます。だとすると、X'XYは雌になるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

雄化抑制因子は、雄化因子より上位支配的な因子であると考えるならば、 X’はYよりも絶対的な優位性があることになるから X’YYでも雌になるのでしょうか?

  • 回答No.10

>雌しか生まない雌ということは、つまりY卵子は発生しないということなのでしょうか? 実は、生殖細胞ではY染色体を失いXが倍加して、XXになっています。したがって雄化抑制因子を持ったX染色体の卵しかできません。これにX精子が授精すればXXの雌、Y精子が授精しても雄化抑制因子のためにXYの雌、で雌の仔しか生まれません。 実際のところ、ほ乳類ではXYから生じる卵というのは私の知る限りありません(これも例外があるのかもしれませんが)。ショウジョウバエや魚類ではかなり容易に出来るのですけれど。 ほ乳類では、生殖巣の雌雄と、生殖細胞の性染色体核型が一致していないと生殖細胞が消失してしまうという現象があります。ご存じのように、Sryのあるなしによって決まるのは、生殖巣を構成する体細胞の性です。 そこに移動してきた始原生殖細胞は、性分化した体細胞性の生殖巣の誘導で精原細胞になるか、卵原細胞になるかが決められます。性モザイクや性分化の異常で、精巣にXX始原生殖細胞、卵巣にXY始原生殖細胞が入る場合がありますが、初期にはそれぞれ精原細胞、卵原細胞に分化しますが、すぐに退縮してしまいます。マイオプスの場合は、雄化抑制と同時に生殖細胞の核型変更をすることによって不妊になることを切り抜けているわけですね。 結論としては、 「XYの卵巣でXYの生殖細胞が発達することはなく不妊になるでしょう。マイオプスの例のようにXYの雌が生じ生殖可能であったとしても、Y卵子はできないでしょう」。 ちなみにショウジョウバエの場合だとY卵子というのは可能で、X精子と受精するとXY雄、Y精子と受精するとYYで、生存に必須のX染色体を欠くので致死になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

マイオプスの例で雄化抑制因子を持つX染色体をX’とすれば X’Yは雌になりますが、もしX’XYという染色体異常の受精卵が発生しても やはり雌になるのでしょうか? X’XYの受精卵は、1つのX染色体に雄化抑制因子を持ちますが もう1つのX染色体は正常です。

  • 回答No.8

「思われますか?」という事なので、個人的な考えでも良いでしょうか。 エピジェネティクス的な事はよく分からないのですが、例えばマウスで、正常な卵子(性染色体:X)に正常な卵子から取り出した核(性染色体:X)を移植して、染色体上は不備がないように受精(XX)させたとしても、受精9日目(マウスなので出産は約20日目)ほどで発生が止まってしまいますよね。(同様に卵子から核を除いて、精子由来の染色体のみでXXやXYにしても。) これはゲノムインプリンティングによるものですが、同様に(ゲノムインプリンティングとは関係のない事かもしれませんが)、「Y卵子+X精子」という事があったとしても、正常発生はしないと私は思います。(YYは致死)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほど、そういう考え方もあるのですね?

  • 回答No.7

いろいろと都合のいい仮定をしておきながら「Y卵子+X精子→XY男性」の部分に引っかかりを覚えるというのがよくわかりません。受精卵が正常なXY型なら男性になる、でいいんじゃないですか? WZ型みたいにメスがヘテロのものもいるわけだし、こういう仮定の下なら卵の型によって性が決定されてもおかしくはないと思いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

性別の決定が精子から卵子に移行した状態と考えたら良いのですね?

  • 回答No.6

岩倉洋一郎、他「動物発生工学」(朝倉書店、2002)によると、SRY遺伝子(Y染色体に存在する男性化遺伝子)が欠損したXY型は女性となりますが、人での報告では、SRY遺伝子欠損型XY女性の場合、不妊となるようです。 男性化に一番関わる重要な遺伝子はY染色体のSRY(マウスだとsry)なので、X染色体に生じる男性化は分かりません。 そもそもあるんでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

SRY遺伝子欠損型XY女性が不妊であることは知っていますが、このXY女性のY染色体は正常です。

  • 回答No.5

X染色体がないと卵子できないので、 X卵子+X精子→XX女性 X卵子+Y精子→XY女性以上終了です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • wa7779
  • ベストアンサー率53% (46/86)

面白い質問ですね。生物学的に起こりえない現象でしょうが、仮に『起こった』として考えてみましょうか。 本題に入る前にまず数点確認しておきましょう。本来、正常男性はXY、正常女性はXXですよね。つまり、男性はX染色体を1本、女性は2本持っていることになります。X染色体には生命活動に必要な遺伝子が乗っており、逆にY染色体にはそういった遺伝子が乗っていないことが推察されます。また、女性はX染色体上の遺伝子を男性に比べて2倍持っていることになります。つまりX染色体一本で生命活動を維持できるわけですから、男性と女性のX染色体遺伝子量を合わせるために、女性のもう片方のX染色体は不活性化され遺伝子発現を行わないようになっています。女性の場合、父親由来のX染色体と母親由来のX染色体のどちらか一方が細胞ごとにランダムに発現している状態です(つまり正常女性はX染色体モザイクの状態)。 本題に入りますが、まず、「男性化失敗遺伝子」が発生してしまったX染色体を「X’」とします。そうすると、この女性はX’Yと表すことができますよね。実際には生殖不能でしょうが、仮にこの人からX’卵子とY卵子ができたとします。これらを踏まえ、ご質問にお答えすると... 正常男性(XY)との交配によって、子供の性染色体の組合せは以下のものが出来上がります。 X’X、X’Y、XY、YY それぞれ、発生率は1:1:1:1 それらの表現形を考えてみましょう。 X’X:Y染色体がないので女性(細胞レベルではX染色体およびX’染色体の発現はランダム) X’Y:Y染色体がありますが、それの発現を邪魔するX’があるので女性 XY:X染色体は正常なので、正常男性として生まれることができる YY:生命活動に必須なX染色体がないので発生できない(致死) つまり、このX’Y女性から正常なY染色体、正常男性から正常なX染色体を受けついだ受精卵のみ正常に男性になると思われます(あくまで机上の理論です)。 X’染色体は異常な染色体ですので、実際には遺伝子発現がおかしい、もしくは発現しない可能性があるので、X’Yは致死あるいは重症の女性、X’Xは軽症の個体発生異常を起こした女性になるとと思います(知能障害が起こる可能性大)。 そもそも、このX’Y女性には正常な排卵はないでしょうね。 ご質問の答えはこんなところでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

男性化失敗遺伝子は、性別を女性化するだけで他の部分(体質や性格など)には影響を及ぼさないという前提です。 Y卵子+X精子→XY男性 Y卵子+Y精子→YY致死 普通に考えたら、こうなると思いますが・・・ しかし、X精子が受精したのに本当に男性になるのでしょうか? Y精子が受精したら、YYで致死なのは理解できます。

関連するQ&A

  • 生物 染色分体 染色体 相同染色体 二価染色体 ?

    生物の細胞分裂のところで分からなくなっていて悩んでいます。   あるテキストで   「体細胞では相同染色体が2本ずつ含まれていて この状態の細胞を 核相は複相(2n)         生殖細胞では相同染色体が1本しか含まれていない よって核相は単相(n)」     と書いているのですが、 相同染色体が1本とはどういう状態ですか?     (n)ということは相同染色体はないということではないのですか?   1本=1セット??(;゜゜)     では減数分裂のときに対合した相同染色体(=二価染色体)ができるのはなぜですか?   減数分裂が起きるのは生殖細胞だけですよね?    ?ばかりで申し訳ないですが 教えてもらえると助かります!

  • 染色体の問題です(´・ω・`)

    猫の染色体の本数は38本である。猫の同じ両親から生まれる猫の兄弟の遺伝子が同じである確率はいくらか? ただし、減数分裂と受精というシンプルなプロセスのみを考えることにする。 説明よろしくお願いします(´;ω;`)。

  • 染色体異常

    染色体異常となる段階を教えて欲しいです 体外受精をした方で 18トリソミーの赤ちゃんを授かっているようですが 卵子 精子の状態の時に染色体を調べたりはしないのですか? 受精後に染色体の数が増えることはあるのですか? 卵子 または 精子の減数分裂時に問題があって 染色体の数が異常となるだけではないのでしょうか?

  • 性染色体異常の起こる過程についての疑問です。

    講義では、X染色体よりもY染色体のほうが軽く、軽いほど動きが活発になるので受精しやすいというようなことを習いました。しかしそれならば、減数分裂に失敗して、XもYも持たない生殖細胞のほうが、正常な生殖細胞よりも受精しやすいのではないですか?でも、性染色体異常がそれほど頻繁に起こっているという訳でもなさそうですし・・・ 遺伝学習い始めたてなので易しく教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 染色体

    こんばんは、 よろしくお願いいたします。・ 2n=4の生物の場合減数分裂によって生じる配偶子のもつ染色体の組み合わせが(4通り)ですが、なぜ4通りなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 染色体の乗りかえ

    染色体の乗りかえが起こる。に当てはまるものを選びなさいという問題で答えは一次卵母細胞だったのですが、『染色体の乗りかえ』とはどのようなことでしょうか? 染色体の乗りかえは減数分裂第一分裂の前期に相同染色体が対合した時に起こるので… と解説文には書いてありました。

  • 遺伝子や染色体について、不思議だと思うことを教えて

    DNAや細胞、染色体について、不思議だなあ、と思うことを教えてください。 授業で遺伝子について習いました。 難しい言葉ばかりで、あまり親しみが持てません。 そこで、皆さんが抱いている、「ここが不思議だなあ」という事について教えてください。 「不思議だなあと思っていたけど、これを知って合点がいった」などのエピソードも嬉しいです。

  • ショウジョウバエの染色体の現象について

    ヒトは、性染色体として、女性は2本のX染色体を、男性はX染色体とY染色体を1本ずつ持っている。X染色体上には細胞の生存にとって重要な遺伝子が多く存在するが、女性の場合、X染色体の1本が強く凝縮された状態をとる。一方、ショウジョウバエは、メスは2本のX染色体を、オスはX染色体とY染色体を一本ずつ持っているが、オスのX染色体は、メスのX染色体と比較して、より脱凝縮した状態となっている。これらの現象が、どのような生物学的意義を持っていると考えられますか? 推測でもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 染色体数の変化

    メダカでは雌の場合、生殖細胞の形成から胚発生に至る一連の過程で、 染色体数の変化が重要であり、二倍体から一倍体へ変化する減数分裂の 第一分裂の時期と、一倍体から二倍体へ変化する受精の時期とがある。 「二倍体から一倍体へ変化する減数分裂の第一分裂の時期」というのが 理解できないのですが、減数分裂の第一分裂ならば、四倍体から二倍体に なるのではないでしょうか。 二倍体から一倍体へ変化というのは減数分裂の第二分裂のように思うのですが。 よろしくお願いします。

  • もしYOでも生存可能ならば?

    O卵子(X染色体が欠損した卵子)が発生した場合、この卵子にX精子が受精すると受精卵はXOで女性(ターナー症候群)になり、Y染色体が受精すると受精卵はYOで致死になりますが、もしYOでも生存可能ならば、Y染色体があるから、やはり男性になるのでしょうか?