• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

交際費5千円以下

法人税の交際費損金不算入の件ですが、5千円以下の物で、誰とどこでという細かい書類があれば、全額損金になると聞いたのですが、お中元とかもなるのでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数245
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gutoku2
  • ベストアンサー率66% (894/1349)

交際費であっても下記の場合は交際費に算入しなくても良くなっています。 http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/houzin/5065/5065.pdf (条件がありますので、上記URLにて確認願います) ○自社の社員(役員)同士の飲食でない事    他社(親会社・子会社もOK)との交際費の場合のみ ○一人、一回当たり5000円未満の飲食である事    消費税は、税抜経理の会社は税抜で5000円    税込経理の会社は税込みで5000円。    5000円を越える場合は、全額交際費に算入します。      →6000円/人の場合は全額交際費です    一次会、二次会の場合は、それぞれ別の場所で行う場合については    それぞれ、一人当たり5000円以内であれば認められます。 ○保存書類   その飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の   氏名又は名称及びその関係を記載した書類を保管する必要があります。   これは、社内飲食費で無い事を明らかにする為です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 5000円が交際費の社内ルールの場合の3000円

    こんにちは。 飲食の際の法人税申告の損金不算入交際費は一人当たり5000円を基準にしています。 お取引先へ弔電を打つのに3000円かかったのですが、これは交際費として損金不算入にするべきだという意見がありますが、そうでしょうか? よろしくお願いします。

  • 交際費について質問です。

    1. 一人あたり3000円以下の交際費を処理する際に、勘定科目は何が良いのでしょうか?やはり交際費が良いのでしょうか、それとも雑費等の他の科目で処理した方が良いのでしょうか? また、交際費で処理した場合には、決算の際にはパソコンが3000円以下の交際費まで含めて、損金算入限度額を計算してしまわないですか?それともパソコンが自動で判断して3000円以下のものは限度額計算の際に除いてから計算してくれるのですか?ちなみに私が利用しているソフトは弥生とミロクです。 2. なぜ法人税では交際費は損金算入限度額があるのに、所得税には限度額が無いのですか?もしかして、ありますか?

  • 損金について

    経理勉強中の初心者です。損金がよくわかりません。損金の意味を調べたところ、法人税の課税所得の対象となる費用とあるのですが、具体例で 交際費を全額費用と認めると、儲けが出た場合、税金を払うよりも、飲み食いで使ってしまえとなるので、大企業では、交際費は全額損金不算入 とあるのですが、この場合損金の意味からして交際費はなぜ全額損金算入ではなく全額損金不算入になるのでしょうか?。交際費は課税所得の対象となるべきではないのでしょうか。 また損金の意味をわかりやすく教えてもらえたら助かります。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

全額損金の対象となるのは1人あたり5千円以下の飲食費のみです。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/5265.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

飲食費のみなんですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 交際費にかかる消費税額

    95%ルール廃止に基づく法人税の申告について教えてください。 当社は一括比例配分方式を選択することになりました。 控除対象外消費税額等については、 1)経費に関わる部分 2)棚卸資産にかかるもの 3)その他(省略) について処理を判断、 また、「控除対象外消費税額等に交際費等に係るものがある場合、 交際費等の額に加算したうえで、交際費等の損金不算入額を計算する必要がある」 とありますが、一括比例配分方式を選択していると、どの部分に該当するか 特定できませんよね? 以下のような実務対応でよいのでしょうか。 (課税売上割合は95%を超えます) ・1)、2)ともに損金算入 ・交際費で計上した金額×課税売上割合を損金不算入金額として別表15へ転記 なんだかごちゃごちゃしてきました。。。よろしくお願いします。

  • 交際費 5000円まで損金算入について・・・

    詳しい方、教えていただけますか? 交際費が1人5000円までなら損金参入になるという件について・・・。 たとえば、年間1,000万円交際費がかかったとします。 その中に、1人5000円の対象となる交際費が800万円あったとしたら、この場合損金不算入の金額はどのように計算をしたらよいのでしょうか? すみません、よろしくお願いします<m(__)m>

  • 【法人税】交際費の損金不算入の根拠条文

    交際費は原則損金不算入で、中小法人のみ400万円の90%まで損金算入できる特例があると学びました。 中小法人の特例は、租税特別措置法61条の4に規定を見つけたのですが、 大法人が損金不算入である根拠を探しています。 ネットでは調べ切れませんでした。 宜しくお願いいたします。

  • 交際費か役員賞与か

    総勢60人ほどの中小企業(オーナー会社)です。 名目をまだハッキリ聞かせてもらっていないのですが、 取締役会長(オーナー)が、専務取締役に、50万円分の商品券を贈ることになりました。 これを経費に入れられるなら入れたい、とのことなのですが 交際費とするか(社内交際費?)、役員賞与とするか、どちらが税務上得になるのでしょうか? というか、この場合、交際費にすることは可能なのでしょうか? また、もし役員賞与になるのなら、税務上の税金(法人税)には、いくらくらいの影響があるのでしょうか? 私自身が、税務上の損金不算入というのがよく解らなくて、質問内容の書き方が不十分でしたら、補足させていただきます。どうぞよろしくお願いします。 当社は、資本金は1,000万円、年間の交際費は通常400万円超です。

  • 交際費等の損金不算入額の計算について

    法人税の試験で、「交際費等の損金不算入額の計算」の、問題が出たのですが、3、の解答欄の書き方がわからなかったので、教えて頂きたく思っています。 問題は、<資料>として、損金経理として交際費勘定に計上した金額の内訳は次の通り、と7つ程項目(交際費と福利厚生費と広告費が混じっている)がありました。 解答欄は、 1、支出交際費の額 ( )+( )+( )+( )+( )=(  ) 2、定額控除額 (  )*( )/12=(   ) 3、損金不算入額 (   )-(1か2いずれか少ない額   )*( )/100=(   ) となっていました。 1、は問題の中から交際費になる物を選んで計算しました。仮に470万とします。 2、は400万*12/12=400万にしました。 3、はこの式が過去問でも見たことのない物で、わからなく自分の知ってる式で計算すると、答えが1100万になったので、 1500万-400万*10/100=1100万 としました。 ちなみに過去問の解答欄ですれば、 3、(400万)*10/100+{(470万)-(400万)}=(1100万) です。 色々考えましたが、 1)1、の計が400万以下だったのかも?(それでもおかしいですね) 2)3、の解答用紙の式が間違えてる? 3)法改正があってこれが新しい計算式 4)私のまったくの勘違い ですが、納得がいきません。 問題用紙も回収されたので、具体的な数字が書き込めず、わかりにくい文ですが、どなたかお願いします。

  • 法人税の交際費

    法人税の教科書を読んでいてわからないところがあるので教えて下さい。 法人税の交際費等になるもので 下請工場、特約店、代理店になるため、またはするための運動費等の費用 とありますが、 ただし書きで、 「取引関係を結ぶために相手方である事業者に対して金銭または事業資産を交付する費用は除かれる。」 とあります。 この但し書きの意味がわかりません。 運動費は交際費で、取引を結ぶために相手方に金銭または事業資産を交付する費用は損金になる??? これこそまさに交際費な気がするのですが? 納得できなくて困っています。 よろしくお願いします。

  • NPO法人の交際費について

    NPO法人の交際費について 収益事業を行っておらず、非収益事業のみを行っているNPO法人は、基本的に法人税の徴収はないと思いますが、であれば、理事長等が交際費をいくらでも使っても法人税はかからないという理解でよろしいんでしょうか。もしそうだとしたら、何か納得できない所があります。そもそも営利事業がない場合の交際費の定義とは何でしょうか?(事業に関係ない知人との食事は当然、交際費にはならない?)

  • 交際費と会議費の取り扱い

    小さな会社で総務・経理をしていますが、先日決算前にあたり、大量の交際費の領収書および伝票があがってきました。 でも、そのなかには、時間帯も昼頃で、普通の食事をしている明らかに会議費で落とせるものも交際費であがってきていました。 当社は資本金1000万円の会社なのですが、400万円までは損金不算入とされていると思うのですが、会議費で落とせるものをあえて交際費で落とすメリットってあるんですか? むしろ逆のほうが(交際費での利用を会議費で落とす)好まれる処理パターンだと思うのですが・・・? また交際費の金額が多いほうがよしとされる場合等を教えてください。

  • 接待交際費の損金不算入について

    企業の接待交際費は 資本金1億円未満の企業 = 接待交際費の10%は損金不算入 資本金1億円以上の企業 = 接待交際費の全額損金不算入 となっているとのことですが、ということは 資本金1億円以上の企業においては接待交際費というのは全く無用な仕訳科目、ということになってしまうのでしょうか? もちろん、赤坂の料亭で100万円の接待をしたら数千万円の受注が確実になる、というほど、確実に、リターンのほうがはるかに大きい、という接待交際費ならば「捨て金」と割り切ってもいいでしょうが、取引先にお中元、お歳暮を贈る、そのほか冠婚葬祭のために出ていく金はバカにならない金額ですが、それによって確実にリターンが見込める、というほどではないでしょう。だからと言って冠婚葬祭の付き合いをすべてやめる、または社長のポケットマネーというわけにもいかないでしょう。 どうして税務署は接待交際費の一部、または全額を損金不算入としているのでしょうか? また「バブルのころは交際費使い放題だった」というような話も聞きますが、あのころは税制がちがったのでしょうか?

  • 【法人税】接待交際費について

    現在、法人税について勉強しています。 何冊か書籍を読んでいた所、内容の記述に相違点があったので質問させていただきます。 書籍1: 資本金1億円以下の場合、600万円までの90%が損金算入することができ、10%は経費とならない。 事例として:年間交際費800万円の場合 (600万円×10%)+(800万円-600万円) =260万円が損金不算入となる(540万円は経費になる) 書籍2: 例えば、資本金5,000万円の会社で、年間600万円の交際費を使ったとします。 その場合、経費にできるのは、600万円の90%にあたる540万円ということになります。 さらに年間610万円の交際費を使ってしまったとすると、今度は一転して1円も必要経費にならなくなります。 これは書籍1と書籍2ではどちらが正しいのでしょうか? 600万円を越えると1円も経費にならないのか、600万円を超えた分だけが経費にならないのか、教えてください。