• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

欠格事由

現在行政書士の資格を取得するために専門学校に通っております。 昨日、欠格事由というものが受験資格にあると知りました。 実は、過去に執行猶予付きの実刑判決を受けたことがありまして、猶予期間は3年で昨年の12月までなのですが、ここから2年間は受験資格がないという意味なのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1004
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

執行猶予の場合は、その期間を無事に過ごすことができれば刑そのものがなかったことになりますので、それを終えるという概念は存在しません。 『執行を受けることがなくなってから』とは、執行猶予とは特に関係ない事項でして、例えば刑務所などを仮出所した者の、残りの刑期を終えるまでの期間のことを言います。 仮出所の場合には、出獄しても刑期はまだ続いていますので、出獄してから何事もなく残りの刑期を終えたときが「執行を受けることがなくなった」ことになります。 つまりこの条文は、「仮出所の場合は『出獄から2年間』ではないよ」と言いたいのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変よくわかるご説明、どうもありがとうございました。 執行猶予の部分が心配でした、気が楽になりました。

関連するQ&A

  • 行政書士 欠格事由と登録について

     これから、行政書士を目指そうと考えています。欠格事由について、不明な点がありますので、ご教示下さい。    実は実刑判決を受け服役の経験があります。 「禁固刑以上の・・・2年を経過していない者」に未だ該当致します。 この場合、 (1)受験資格は有ると思うのですが、間違い有りませんでしょうか? (2)仮に合格した場合でも、欠格事由により行政書士として活動は出来ないと解しますが、この場合、合格の事実はいつまで有効なのでしょうか?(合格したときは、欠格事由に該当したが、欠格事由経過後に登録、活動が出来るのでしょうか? 以上、2点よろしくお願いいたします。

  • 欠格事由

    私はある国家資格を受験する為に現在勉強しております。 その資格の欠格事由という蘭に 禁固又は罰金刑に処されたもので5年を経過しないものは営業を営んではいけないというのが記載されておりました。 実は私は2002年4月にある事件で10日間拘留の10万円の罰金刑に処せられました。 今時点で5年経過してないのでまだ無理ですが、来年5月以降なら受験資格が発生するのでしょうか。 それとこれはあまり関係ないかもしれませんが、執行猶予の判決とかでも「禁固刑」に該当して、受験資格はなくなるのでしょうか? 素人考えだと実刑が禁固刑になるような気がしまして。

  • 行政書士資格の欠格事由について

    質問させて頂きます。 行政書士資格の欠格事由について, 第一章第二条二の四に >禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから二年を経過しないもの< と明記されてますが, 「執行を受けることがなくなってから二年の経過」 と言うのに,執行猶予も当てはまるのでしょうか。 それとも執行猶予は,単に猶予の最終期間が過ぎればこれには外しなく 執行猶予が終わっていれば,試験は受けられるのでしょうか。 自分で見出だした答えでは執行猶予は終われば関係ないと思うのですが 自信がない次第ですので。 当方,無免許での執行猶予が切れたのが18年4月でしたので,関係する のかな・・と。 宜しくお願い致します。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

不十分でした、追加します。 執行猶予期間を無事に終えられたのであれば、受験も、合格後の登録も問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。執行を終わり又は執行を受けることがなくなってから2年を経過しない者、に該当しているのではないかと思うのですがこれはどういった意味なのでしょうか、ご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。

  • 回答No.4
  • mouryou
  • ベストアンサー率27% (229/826)

もう1回該当個所を良く読んでみましょう。 それくらいのことがわからないようであれば、試験合格はおぼつかないのではないですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

執行猶予の場合、禁固以上の刑が執行されていないのだから、欠格自由にあたらないのではないでしょうか? 自信なしですが、欠格自由になった場合、受けられるけど資格が認められないのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私もその部分が気になっております。

  • 回答No.2

受験することは可能です。 合格後に行政書士会に登録し、行政書士として業務を行うことができないという意味になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

執行猶予期間中に何事もなく経過すれば、結核事由には当たりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。執行を受けることがなくなってから2年を経過しないもの、という部分が気になるのですが。

関連するQ&A

  • 第2種電気工事士の欠格事由

    平成17年に傷害事件で捕まり 11月に懲役1年6ヶ月執行猶予3年の実刑判決を受けました 来年の4月に電気工事士を受験したいと思っているのですが 欠格事由に該当しているのか?していないのか? 分かりません どなたか、教えて下さい

  • 国家資格に合格。ただし欠格事由ありにつき登録できない場合というのは?

    すいません、他のQ&Aなど見ますとたとえば執行猶予中の人は行政書士などの試験を受けることはでき合格もできる、ただし行政書士として登録はできない、ということのようです(よね?) この場合執行猶予が来年終わる人がいたとして今年受けて合格、すると来年無試験で登録ができるわけでしょうか?それとももう一度来年受けるわけですか?

  • 無資格になってしまった行政書士

    私の友人である行政書士が、ある犯罪で有罪になってしまい、執行猶予付きの懲役刑を宣告されました。 そうなると彼は、行政書士法第2条の2(欠格事由)に該当し、行政書士業務ができなくなるのですが、将来、執行猶予が解けて2年を経過した時、又は懲役刑になり刑が終了した時に、また行政書士として業務ができるようになるのでしょうか? 根拠法令や判例、実務上の例などがあれば、併せて教えてください。 お願いいたします。

  • 行政書士資格制限

    行政書士法にある欠格事由について質問なのですが、 「第2条の2  4.禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから2年を経過しないもの」 とは、例えば、懲役一年執行猶予三年の判決を受けた者は、 どの時点で欠格事由に該当しなくなるのでしょうか。

  • 欠格条項について質問です。

    介護福祉士の資格を持っていましたが執行猶予付きの判決を受けてしまいました。 この場合は介護福祉士の資格は取り消されてしまうのですか? それとも執行猶予がすぎればまた介護福祉士として働けますか? 欠格条項に禁固以上の有罪判決を受けたものとあったのですがどうなるのでしょうか? 経験された方、何か知っている方いたら教えてください。お願いします。

  • 社会保険労務士の受験資格について

    現在(平成25年)19歳で、社会保険労務士試験を受験しようと思っています。 そこで受験資格について質問させていただきたいのです。 行政書士試験には合格しているのですが、未成年で社労士試験を受けることは可能なのでしょうか? 受験資格には「行政書士となる資格を有する者」とあるのですが、行政書士法の欠格事由には未成年者が含まれており悩んでいます。  ご返答の程、よろしくお願いいたします。

  • 執行猶予中に取れる資格

    大変お恥ずかしいお話ですが、ただいま懲役1年6月、執行猶予3年の判決がでたばかりです。これから社会に復帰し、更正しようと思っています。 そこで考えていたのが、資格を取ろうと思いましたが、行政書士、宅建、社会保険労務士、看護士などなど、いろいろ調べましたが、どれも欠格事由に該当して、取る事ができないようなのです。執行猶予中に取れる資格をご存知の方、どのような資格が取れるのかお教え願えないでしょうか? また、執行猶予期間満了とともに取れる資格がありましたら、お教えください。宜しくお願いします。 当初ファイナンシャルプランナーと宅建を勉強しようと思いましたが、今後8年しないと、資格を取得できないと分かり、あきらめました。何とか老後も働いていけるような資格はないものかと探しています。 あとひとつ疑問があるのですが、有限会社や株式会社の設立は、できるのでしょうか?只今、必死になって今後の事について考えている最中ですので、宜しくお願いします。

  • 介護保険法の欠格事由、禁錮刑以上の刑に処せられ~~について教えてください!

    私は刑事事件を起こして、執行猶予付きの有罪判決を受けました。 まだ、執行猶予中です。今では大変、反省しています。 このたび、介護の分野で新規事業をやろうと思っているのですが、 「 介護保険法」で県知事から指定を受けなければなりません。 要するに許認可です。 その中で、申請者の欠格事由に 「 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者」 というのがあります。 この場合、執行猶予中の者は欠格事由にあたるのでしょうか??? ちなみに同様な表現で、公職選挙法に (選挙権及び被選挙権を有しない者) 第11条 次に掲げる者は、選挙権及び被選挙権を有しない。 1.成年被後見人 2.禁錮以上の刑に処せられその執行を終るまでの者 3.禁錮以上の刑に処せられその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。) とあります。 微妙なニュアンスの違いが分かりません。 どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 犯罪における欠格事由と国家試験について

    見てくださってありがとうございます。 26歳の男です。 今年、刑法130条の住居侵入の罪で捕まり、執行猶予付きの判決が出ました。 今は 後悔と反省のの日々を送っています… 実は出直すために、医療系<理学療法士や作業療法士>の学校へ進学しようと思ってます。3年間通うつもりなのですが、卒業後 国家試験を 受けることになります。 そして、国家試験に合格しても、欠格事由に引っかかり免許を貰えない場合があるということを最近知りました。 前科は一生残るものだと分かっていますが、どうしてもなりたい職業です。あきらめた方がいいんでしょうか…また、試験を受けるころには執行猶予もすべて終えていますが、資格免許はとれないのでしょうか 質問内容 分かりづらかったかもしれませんが、 法律関係に詳しい方いらっしゃいましたら、些細なことでも構いませんので、アドバイス よろしくお願いします。

  • 行政書士の問題に関して

    行政書士の欠格事由についてです。 行政書士会の会則の定めるところにより除名処分を 受けたものは、当該処分の日から2年間は行政書士 となる資格を有しない。 上記の文章は×なのですが、どこが間違っている んでしょうか。教えて下さい。