• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

誘電分極

誘電体の存在によって、静電容量が増加するのですが、その原因を友禅分極現象とむずびつけて説明していただけませんか?御願いいたします。 なお、参考になるサイトなどがありましたら、是非お教え下さい!些細なことでもかまいません、是非御願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数1
  • 閲覧数391
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nta
  • ベストアンサー率78% (1525/1942)

 静電容量というのは2つの電極に+Qと-Qの電荷をおいたとき、その電極間の電位差が小さいほど静電容量は大きいといいます。  さて金属板に挟まれた誘電体に電圧がかかり分極が起きると+Qの電荷のある電極に-σの分極電荷が集まり、-Qの電荷のある電極に-σの分極電荷が集まります。分極電荷は自由に動けませんが、電極の表面では見かけ上の電荷は+Q-σ、 -Q+σ となります。この電荷の和を自由電荷といいますが、この電荷により2つの電極間の電位が決まることになります。この値は誘電体がない場合よりあきらかに小さくなります。すなわち最初に書いたように静電容量は大きくなります。誘電体の内部での電位の変化については議論していませんが、誘電体内部では分極が発生しても動くことができませんから、一様に分極する限りは誘電体のない場合と同じ分布になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 静電誘導と誘電分極について

    よろしくお願いします。 高校物理です。 今、電場のところを勉強しているのですが、静電誘導と誘電分極について質問です。 教科書には、静電誘導は帯電体を近づけたとき、帯電体に近い側には、帯電体と異種の電気が現れる、と書いてあるのですが、 誘電分極についても、不導体について、静電誘導と同じような現象が起きているという考え方でよいのでしょうか? 静電誘導はなんとなくわかるのですが、誘電分極についてよくわかりません。誘電分極の場合は、 「不導体では、電子は構成粒子から離れられないが、帯電体の静電気力によって構成粒子の中の電子配置がずれる。これを分極という。」 とあるのですが、不導体の中の電子は動けないのに、電子配置がずれる、という意味がよくわかりません。 電子配置がずれるとは、電子が動くことではないのですか? 結局静電誘導と同じように、帯電体の反対の電気が表面に現れるのですよね?つまり、電子が動いたのではないのでしょうか? 誘電分極について、いまいちよく理解できません。 基本的なところですが、教えていただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • 水溶液と誘電分極について

    電極間に誘電体を挟んだ場合の分極の様子は理解できるのですが、電極を誘電体で薄く密に覆って、その上に水溶液をのせた場合の分極の様子がどうも想像できません。 どなたか説明していただければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

  • 分極ベクトルがわかりません

    「並行平板コンデンサが間隔1[mm]で存在している。このコンデンサの平板間を満たすように誘電体を挿入すると、静電容量が5倍になった。このコンデンサの両極に1[kV]の電圧を加えた時の電界の大きさEと分極ベクトルの大きさPを求めよ。」という問題がわかりません。 並行平板コンデンサにおいて電界E、電位差Vと間隔dに関して V = Ed よって今回、E = 1*10^6[V/m] 静電容量が5倍になったことから、挿入された誘電体の比誘電率は5。よって電気感受率x=5-1=4 P = ε0*x*E(ε0は真空中の誘電率) だと聞いたので、P = 8.854^(-12)*4*1*10^6 = 35.4[C-m^2] と思ったのですが、解答には7.08*10^6とあります。 どうすれば解けるのでしょうか? よろしくお願いします

  • コンデンサーと誘電体

    なぜ、コンデンサーに誘電体を挟むと、静電容量が増えるのでしょうか。 誘電体を挟むと、電場が小さくなるし、誘電体を挟むということは、コンデンサーの直列つなぎになるので、静電容量が減ると思うのですが。 どなたかご教授お願いします。

  • 分極ベクトルとは?

    分極ベクトルが、いまいちよく分かりません…。 コンデンサーの極板間に誘電体を挿入した時、コンデンサーの極板間に生じる電場に逆らう方向に誘電体内部に弱い電場が生じる。この弱い電場を生じさせているものが、分極電荷。この分極電荷によって、生じる電場によってコンデンサーの持つ電圧が高くなり、電気容量が大きくなる。 というのが、一応僕の理解なのですが、分極ベクトルというのは、この分極電荷が作り出す電気力線のようなもの…なのでしょうか? 分極ベクトルの向きは外(コンデンサーが作る)の電場の向きと基本的に同じになる、と書いてあるのですが、そうすると(分極電荷が作るなら)外の電場と逆向きになると思うのですが…? 特に、分極ベクトルの向きが釈然としません…。ということは、分極ベクトルの定義がよくわかってないのだと思います。。。 よろしくお願いします。

  • 導体の静電誘導や誘電分極の際物体は不安定にならないのか?

    高校2年で物理をしています。 今、静電誘導について勉強をしているのですが、導体の静電誘導の時導体の中にある自由電子が帯電体のせいで帯電体の方へ引き寄せられたりして導体の中の自由電子が一部に固まり、その導体は不安定になってもろくなったりしないのでしょうか? また、誘電分極の際不導体内の構成粒子の電子配置がずれ、同様に不安定になってもろくなったりしないのでしょうか? (理由が高校生には理解できないものでしたら、不安定になるかならないかだけでも教えてください)

  • コンデンサーに誘電体を入れた場合

    平行平板コンデンサーに誘電体を満たした場合の容量は分かるのですが、それでは平行平板コンデンサー内に一様に厚さ方向の何分の一かだけを誘電体にした場合(例えば平行平板の片側に誘電体を塗るとか)の容量はどうなるのでしょうか?その際蓄えられる静電エネルギーは?なるべく詳しく教えて頂きたいです。

  • 平行平板コンデンサーに誘電体を挿入する

    平行平板コンデンサー(面積S,距離d、表面の電荷密度qで帯電している)に誘電体をきっちりいれるとき、誘電体が 分極の強さPで誘起されるとき、このコンデンサーの静電容量を求めよ。(ただし両極板は何もつながれていないし、真空の場合の静電容量C。=ε。*S/dは使ってよい) という問題を考えているのですが、 コンデンサーの間の電場は、極板から電気力線がqS本でていたのが誘電分極で誘起された分pSの分だけ減って、 結局qS-pS本が極板から極板にでているので、 両極板の電位差はqS-pS本の電気力線が出ている場合の真空中のコンデンサーの両極版の電位差と等しいのでこれをVとおくと V=d(q-p)/ε。 よって帯電している電荷はqsで保存しているので 求める静電容量Cは C=qS/V=ε。S(q-P)/dと考えたのですが、 何か違うような気がします。 どうか何が違うかご指摘ください

  • 誘電体について。

    はじめて利用させてもらいます、チャドです。よろしくおねがいします 早速ですが、誘電体には3つに分類できるものがあるらしく、それらの分極の機構、および動的特性、特に周波数依存性について説明できる方 回答宜しくお願いします。

  • タッチパネルと誘電率について

    静電容量タッチパネルでは表面材(ガラス等)の誘電率が性能に関わるとの事なのですが、静電容量C=比誘電率ε×(表面積S÷電極間距離d) を考えると、静電容量Cの大きさが性能に関わると置き換えても良いのでしょうか? そう考えると、電極間距離(ガラス等の厚み)を変化させてやる事で、 静電容量を制御できるとの考えでよいのでしょうか?(強度の問題などあるでしょうが・・・) 上手く説明できていませんがご存知であれば教えてください。