• 締切済み
  • 暇なときにでも

死刑について

凶悪犯罪の抑止力とするために、死刑は必要であるという意見があります。 しかし、日本の死刑が絞首刑であるならそれほど強い抑止力としての機能は果たさないのではないかとも思います。 例えば、自殺したいが勇気が無く死に切れないという人の場合、2人以上の人を理由無く殺せば国が自分に代わって殺してくれる。しかも一番苦しくない首吊りで。と考える人には何の意味もなさないと思うからです。 昨今の凶悪犯罪をメディアで見るたびに、犯人は被害者と同じくらい苦しい思いをして死んで償うべきだとつくづく思います。 そこで私が考えるのが、餓死による死刑執行です。 餓死は人間の死の中で最も苦しいと聞いたことがあります。凶悪犯罪者にはもってこいの刑であると思います。 死の局地になって、自分の犯した罪を心から詫びる気持ちも出てくるかもしれません。 さらに、現在の絞首刑の場合、死刑を執行した人は(誰がボタンを押したかわからないようになっているとは言われていますが)精神的な負担が計り知れないと思います。餓死なら独房に2~3ヶ月(餓死にどれくらいの時間が必要なのかは知りませんが)入れておけば勝手に死ぬので、自責の念にさいなまれることもないと思います。 皆さん、私の意見はどう思われますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数198
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.8
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

概ね真っ当な回答が揃っていると思いますので、補足&サマリーだけ… 法的には、No.3さんのおっしゃるとおり憲法36条への抵触が大問題になるでしょう。 バランス論としては、「被害者や遺族の立場になって考えろ」という人は得てして、No.4さんのおっしゃる >あなたが死刑になる立場になったり、身内が死刑になる立場になった時 という視点が欠落していることが多いです。 そこまで考えた上でなければバランスの取れた考察とはいえないでしょう。 刑罰の歴史(残虐さだけでなく、刑罰がどういう目的で使われてきたか)、 当事者の立場にたつなら『双方の』立場に立って考えること、 これができていない刑罰論議は、まず感情論に堕してしまい、 「言いたいことだけは言うけど、問題解決には何も寄与しない」ことになっていしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 死刑は凶悪犯罪抑止に役立つのですか

    先進国で死刑制度が残っているのは日本とアメリカの一部の州だけだそうですが、死刑の廃止されたEUやカナダなどで殺人などの凶悪犯罪が増えたとは聞いたことがありません。 逆に死刑執行が多いアメリカのテキサス州などはこれらの凶悪犯罪が減らないと聞きます。 死刑制度の是非ではなく、単に死刑が犯罪抑止に効果的であるという根拠をわかりやすく説明願います。

  • 私は死刑反対派の人は無責任だと思います。

    世の中には何人殺しても何とも思わない人もいます。 被害者の親族のことを考えれば、死刑は必要でしょう。 実際、死刑執行しなかったとしても、凶悪犯に心理的ダメージを与えることができます。 死刑の存在が、犯罪の抑止効果にも繋がるのではないでしょうか。 みなさんは どう思いますか?

  • もし死刑執行で死ななかったら

    もし死刑執行で死ななかったら 死刑執行の場が公開されました。 絞首刑ですが、首を強靭に鍛えた人なら生き延びる可能性があると思います。 その場合はどうするのでしょうか。 再執行するのでしょうか。

  • 回答No.7
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

法律のカテゴリーでのご質問なので、法的に回答すれば、以下のようなものもそのひとつになりましょう。 憲法は、すべての人に基本的人権を保障しています。つまり、死刑囚であっても、死の瞬間まで人権が保障されます。 他人が強制する形での餓死は、人権を尊重したものとはいえません。したがって、憲法違反であり、許されません。 逆に言えば、餓死による死刑執行をおこないたいのであれば、憲法から基本的人権擁護の条文を削除する必要があります。ただし、その場合には、私たちの人権が蹂躙(侵害)されても文句を言えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

ただの感想で申し訳ないが。 >日本の死刑が絞首刑であるならそれほど強い抑止力として >の機能は果たさないのではないかとも思います。 死刑制度が「抑止力」になっているとは私も思っていません。 そして、私は抑止力になるべきだとも考えていません。 >自殺したいが勇気が無く死に切れないという人の場合、 >2人以上の人を理由無く殺せば国が自分に代わって殺してくれる。 普通に考えて、自殺する「勇気」の無い人間が無差別に殺人を犯せるとは思えませんが。(事例を知っていますか? > ayakyokyo さん) 個人的には死刑制度は結局の所、懲罰の一形態でしかなく、「ある程度重大な社会的犯罪を犯した場合」には「自分の死という形で報復を受ける」というだけの話だと思っています。 >餓死なら独房に2~3ヶ月(餓死にどれくらいの時間が必要なのかは >知りませんが)入れておけば勝手に死ぬので、自責の念にさいなまれ >ることもないと思います。 きっと餓死による死刑となれば、その死亡を確認する手間と死体の処分に非常に手間がかかると想像されます。 2ヶ月経って、死んでるだろうと思って確認したら、まだ虫の息で生きていた。。。イヤすぎる。。 また、看守人(?)はその間、死刑囚の阿鼻叫喚を耳にすることになり、その精神的苦痛はいかばかりでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

それこそ飢えて苦しんでいく死刑囚を見守らされる看守がかわいそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#35478

日本は憲法で人権が万人に保障されているため、まず無理でしょうが… 例えば、あなたが死刑になる立場になったり、身内が死刑になる立場になった時、少なからず悲しむ人が出てきますよね?被害者の遺族の感情もありますが、加害者でもない加害者の身内は、加害者以上に苦しめということでしょうか? 万人に人権が保障されていると言っても、死刑囚や、また獄中死した人は、手錠をかけられて出てきます。逃亡する可能性など全く無いにも関わらず、です。これは、本人ではなく加害者の身内を苦しめる結果にしかなりえないと思いませんか? 加害者が苦しむだけならいいです。でも加害者にも家族や友人はいるでしょう。だから、報復を禁止しているのですよ。 それに、冤罪の人たちは、どうしたらいいのでしょう? ただ怒りにまかせた感情論で解決する問題ではありません。 あと、死んだことがある人は証言できないので、科学的にも最も苦しい死に方などわかりえません。医学的におそらく絞首刑が安楽であるだろうと推測されているに過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#33552

憲法には「公務員による残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる」というのがあります。 現行の死刑はひとおもいにやっちゃうからオッケーというのがこの憲法との折り合いをつけるポイントになってるんだと思います。つまり、殺すけど残虐ではないという理屈です。 おっしゃるような食わさずに殺したりとか凌遅刑とか、残虐さにかけては歴史的な実績があるわけですが、その論理的帰結としてそういうことはやめておこう、という設定になっているのが現代社会です。 逆に残虐でさえあれば殺すまでもないというような刑罰のあり方も否定されているようです。 抑止力としての死刑を議論したいのであれば「びびってやめておく」というタイプがどれくらいの割合で居るのかということを考えるべきでしょうね。「自殺したい!でも怖いけどその代わりに人を殺して死刑にしてもらう」というのはどう考えても少数派でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • momo62
  • ベストアンサー率30% (12/40)

死刑について反対派なので、質問に対する意見はありません。 ただ、凶悪犯人を死刑という形で人が裁くのは死刑のやり方がどうあれ基本的には人殺しです。人が人を殺すのです。もちろん野放しにするわけではありません。第二第三の殺人を防ぐためにもなんらかの処置は必要です。だが、死刑はダメです。人が裁かなくっても、カルマが必然のようにやってきます。人を殺すっていうことがどうゆことかを教えられます。それが、カルマの法則なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

過去に、あなたの考えとほぼ同じやり方で死刑を執行していた例があります。 狭い部屋に、死刑囚を何人もギュウギュウ詰めにして、後は放置するだけ。 最終的には餓死しますが、当座のところは糞尿まみれになる、というオマケ付きです。 が、このような方法は国際法的にも非難の対象になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 死刑の抑止力

    死刑には凶悪犯罪をある程度は抑止する力があると思います。 しかし、宅間守や加藤智大ようなケダモノには無力です。ある程度の抑止と、被害者感情を晴らすために死刑制度が必要であると思うだけです。 みなさんは どう思いますか?

  • もし死刑が廃止されたら、殺人件数は・・・?

    こんにちは。 ちょっと皆さんの考えを教えてください…。 死刑制度に賛成する人の意見の中に、 「死刑が廃止になると、凶悪犯罪を起こしても死刑にはならないと安心して犯罪を犯す人が増えるのではないか?犯罪を抑止するためにも、死刑が必要だ」 という意見があります。 ですが、実際、カナダでは死刑を廃止した後殺人件数は3.09から1.74に減少し、また一方で死刑を存続している日本では殺人件数は増えています。 また、最新の調査結果報告書の中では、 「死刑のもたらす脅威やその適用が、より軽いと思われる終身刑のもたらす脅威やその適用よりも、わずかでも殺人に対する抑止力が大きい、という仮説を受け入れるのは妥当ではない」 という結論が出されています。 私はこれらの矛盾がよくわからず、皆さんのこれに対する意見を教えていただきたいのです(><)死刑は犯罪の抑止にはならない、という明確な理由があるのでしょうか?またその逆もありましたら教えてください。 長くなってしまってすみません。 お暇なときに、考えてみてください(>o<)

  • 死刑制度

    10月31日に発足した第3次小泉内閣の法務大臣、杉浦正健氏は、死刑制度につて反対とかそうじゃないとか言ってましたが、最終的にどっちだったのですか? 12月は死刑執行がある事が多いので、今度の杉浦氏の判断がまたれるのですが。 凶悪事件が多発している現在、死刑確定囚は約60名もいるのですから、犯罪抑止の為にも死刑執行すべきではないでしょうか? 死刑存置論の立場から。

  • 死刑の利点についてお聞きしたいです

    死刑賛成の利点として、遺族心情の救済、凶悪犯罪の抑止、無期有期刑と比較してのコスト減、以外に何が挙げられますでしょうか。 ちなみに私は、冤罪問題を除けば、死刑積極賛成派です。

  • 犯罪の抑止力としての宗教はいかに。

    イスラムではジハードは犯罪でなく賞賛される行為ですが、死刑が凶悪犯罪の抑止力となるなら、多くの宗教は犯罪に対し抑止力の役目となるのでしょうか。

  • 死刑制度については

    死刑制度について議論されるべきは制度存続の是非ではなく、 刑の執行方法が現行のままで適切かどうかについてだと思います。 被害者=死んではならない人が強制的に苦痛を伴う死を強いられた というのに、加害者=他人の命を理不尽に奪った者 が絞首刑という 安楽死(温情刑)で苦痛の無い安らかな最期を与えられているという あまりにもアンフェアな現状に激しい憤りを覚えます。 死刑は司法による殺人などではなく犯した罪に対する適正な処罰です。 理不尽に他人の命を奪ったのは殺人犯の方です。 他人の命を奪うという犯罪が存在しているのですから、 自らの命をもって償うという罰が存在するのは当たり前のことです。 死刑囚は他人の命を理不尽に奪ったから死刑を言い渡されたのです。 自分が先に殺さなければ死刑判決を受けることなど無かったのです。 死刑判決を言い渡される原因を作ったのは犯罪者自身なのですから。 刑罰には犯罪者に罰を与えるというだけでなく 見せしめることで犯罪抑止力を持たせるという役割もあります。 犯した罪の重さと比べてそれに課せられる刑罰が著しく軽いようでは 犯罪抑止の効果は全く期待出来ないと思います。 たとえば100万円を盗んだ罪に課せられる刑罰が罰金10円では、 刑罰としての体を成さないばかりか、犯罪抑止にも繋がりません。 しかし、これが我が国の刑罰の現状なのです。 支那人によるサンゴ密猟事件がその良い例ですね。 また、死刑を廃止するということは、 どんな罪を犯しても国と法が犯罪者の存命を保証するということです。 どんなに残虐な方法で、どんなに多人数を殺しても 更生不能な凶悪犯罪者の生存が保証されるということです。 これはまさに国による殺人許可です。法による殺人幇助です。 適正な罰則規定があってこそ公序良俗、安寧秩序が保たれるのだと思います。 そこで質問ですが、みなさんは 死刑制度について いかがお考えですか?

  • 今の日本から死刑制度が無くなれば

    全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 今の日本から死刑制度が無くなれば、殺人を犯す 者が増えないとも限らない。 例えば、何人殺しても終身刑位で人生を刑務所で 終えるだけになる。 死刑が正しいとかは別として。 殺人に対しては自分の命を代償とする位の 重みがあると思います。 死刑にしたからと言って死んだ人が生き返る訳では 有りませんが。 殺人の抑止力として必要なのかも知れません。 それでも、犯罪者の中には「死刑で結構」と言う 者もいます。 死には死をが全く不要とは言い切れません。 残念ながら。 みなさんは どう思いますか?

  • 凶悪少年犯罪の判決について、ご意見下さい

    少年凶悪犯罪に対して、死刑執行は賛成ですか?反対ですか? 私は被害者遺族が気の毒でなりません。皆さんはどう思われますか? 賛成OR反対の理由も述べて下さい。

  • 死刑の抑止効果

    死刑の抑止効果はあるとは思いますが 最近「死刑になりたいから~」との動機で 犯行に及ぶ輩が増えていると感じます。 そのような輩は、死刑ではなく 懲役もしくは禁錮、刑期はその人物が死を迎えるまで。 禁錮は、閉じ込めておくので 懲役による他人との接触もなく、もしかしたら 懲役よりも苦痛に感じるか? 死刑の執行方法は 生き過ぎと思われる行為は いわゆる人権団体の猛抗議があるかな。 その当たりを考えれば 現在の執行方法が、良いのかも。 ただ、執行前に本人に お茶や、茶菓子の提供、自分の遺体をどうするか、 最後に、言い残しておきたい事とかの確認等、いらないと感じる。 死刑執行命令が出たら 淡々と、房で命令が出たことを告げ 刑場まで連れて行きすぐに、執行すべき。 殺された相手は、そのようなことは 出来なかったのだから・・・。 犯罪時、殺された相手の方は そこで質問です。みなさんは、死刑の抑止効果について どう思いますか?

  • 死刑執行の人数変遷の差について

    死刑執行されたのは1976年は10数人だったのに対して今は120人前後が年に執行されているようですね。ここ数年は凶悪犯罪が増えてきたのは実感していますがそれでもこの差は大きいと感じます。司法制度が変わったのでしょうか?