• 締切済み
  • すぐに回答を!

get to不定詞 とcome to不定詞

get to不定詞と、come to不定詞は、両者とも「~になる」という意味ですが、その後に続く動詞は違いがありますか? come to enjoy といいますが、get to enjoyとはあまり聞かないと思うのですが。どういう風につかいわけるのでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • 閲覧数7441
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.5
  • go_urn
  • ベストアンサー率57% (938/1643)

こんにちは! (1)難しい質問だと思います。とても重要なことなのに、英和辞典はこういう情報を与えてくれません。数種比べてみましたが、『スーパーアンカー』が一番丁寧に扱っており、get to do に対して1)「~するようになる」2)「どうにか~できる」3)「うまく~する」の3種の訳語を与えています。(僕は『スーパーアンカー』の訳語に感心することが一再ならずあります。) (2)これまでの回答者の方々も指摘されているように、get to do のほうは、「徐々に」とか「努力」というニュアンスが籠められることが多いように思います。これは、No. 1の方がおっしゃっているように、他の get の用法とも通じている部分があるとは感じています。ただ、全面的にそう言えるかというと、首肯しがたいです。 (3)come to enjoy は言えるが、get to enjoy は言えないというのもどうかなと思います。 I used to hate Japanese dishes, but somehow I have gotten to enjoy them. は、口語でありそうです。同様に多くの用例が、get to でも come to でもどちらも言え、意味的にもそんなに変らないように思います。例)How did you get to know each other? に、「徐々に」や「努力」のニュアンスを求めるのは難しいでしょう。How did you come to know each other? と同じです。 (4)結局、一番大きな違いは、 come to do は formal であり、get to do は colloquial だということではないでしょうか。 (5)come to ×× とは言えても、get to ×× とは決して言わない用例、そしてその逆の用例――こうしたものがもしあるなら、これを綿密に採集していくことが、相違の理論化のための必須の作業ですが、それがまだ行われていない段階ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

はじめまして。 どちらの動詞も自動詞で、come/get to doでほぼ同じ意味で使われています。 あえて違いを言えば、動詞自体に微妙な違いがあります。 1.come: (1)comeは本来、「向こうから来る」「向こうから近づいて来る」という意味が原義にある自動詞です。 (2)そこから「こちらから行ってそうなる」という意味では使われず、「自然にそうなる」という「自動的な」意味で使われています。 (3)例: I came to excited. 「興奮した」 The dog came to live with us. 「その犬は私達と一緒に暮らすようになった」 2.get: (1)getは本来、obtain「手に入れる」という意味を持つ北欧語から、中期英語に借用された動詞です。 (2)そこから、「~に手に届く」→「~に達する/至る」→「~の状態に達する」→「~できるようになる」という流れになり、getするといった「能動的な」意味が含まれていると思われます。 (3)つまり、comeに比べて、こちらからgetしようと歩み寄る姿勢が感じられます。 例: You'll soon get to like it. 「それをじきに好きになるでしょう」 I got to understand it. 「それが(やっと)理解できるようになった」 微妙ですが、以上のようなニュアンスの違いがあると思われます。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

他の掲示板「 http://xbbs.knacks.biz/english4a/a1046 」に主にget to knowとcome to knowについて出ていましたが、そこから引用させていただきます。 get to不定詞は「どうにかしてなる」「機会があってなる」「徐々になる」など come to不定詞は、メンタル、態度の変化を意味する などであるそうです。 なので、たぶん続く動詞によっては意味が合わないこともあると思います。 ちなみにknowではget to knowもcome to knowも、他人と親睦を深めるなどの意味と、認識や知識や理解力や判断力の取得や向上などの意味があって、文脈によって漸進的な変化と、即座の変化があるらしいです。

参考URL:
http://xbbs.knacks.biz/english4a

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

comeは、goと同じように、単なる移動を表現します。 getは、変化が意識されるので、変化に伴う苦痛とか苦労、大変さなどがニュアンスとして出てくるのです。 enjoy は、「苦労」と言う感覚とはあまり結びつきませんから、get toと enjoy が直接結びつかないことが多いと言うことだけです。 なお、普通は、come to do は、単に「~しだす」と言う意味です。 get to do は、あまり普通は言わないと感じますが、「だんだんと~するようになる・できるようになる」のような意味だと思います。 どちらかと言うと、「~を何とかやり始める」はget to doing になるはずだと思います。つまり、「彼はやっとテニスをやり始めた。」はHe got to playing tennis. のように言うのだと思います。 どこどこへ行く道を教えてくれ と言う意味で get to が使われるのも、そういった変化と言うニュアンスからgo to でなく get to が選ばれています。つまり、現在位置からどう変化すれば目的地につくか と言う意味になるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

come to enjoy  楽しむようになる get to enjoy 楽しめるようになる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • to不定詞のtoは前置詞か

    I want to get a pencil. wantは自動詞ですよね?toは前置詞ですよね? 前置詞toの後ろに動詞の原形(原形不定詞)はこれないはずなのになぜgetという 原形不定詞がこれるのでしょうか?

  • to不定詞以外の前置詞不定詞がないのはなぜですか?

    不定詞について調べてもいまいちわからないのですが、 to不定詞 to+動詞の原形 はありますが in 不定詞、at不定詞、on不定詞、等がなく、なぜtoだけto不定詞があり、 独特の意味や効果を持つのでしょうか?

  • 前置詞のto不定詞のto

    不定詞のtoは、後ろは動詞の原形 前置詞のtoは、後ろが名詞形or名詞 というのはわかるのですが decide や want の後に来るto は不定詞だとか覚える以外でどうやって 見分けるのですか。

  • uset to は、不定詞?

    used to ですが、文法の本を見ると助動詞のところに、「助動詞のように使用する」と書いてあります。 辞書で確認しても、不定詞とは書いてありませんでした。 used to の後ろは動詞の原形なので、to 不定詞なのでしょうか。

  • to不定詞について

    This Spanish book is difficult to read (このスペイン語の本は読むのが難しい) という文があるのですが、このto不定詞は主語+be動詞+形容詞+to不定詞という構文らしいのですが、文の主語のThis Spanish bookは、不定詞句 to read の意味上の目的語に当たり・・・・・という説明があったのですが、よくわからなく困っています It is difficult to read this Spanish bookに書き換えが可能と書いてあり、read this Spanish book の this Spanish book が主語の位置に移動した文が、This Spanish book is difficult to read なのですと書いてあるのですが、問題を解くときはIt is・・・・みたいに書き換えてto 不定詞の目的語?かな、それを文頭のitと書き換えて完成みたいな感じでやったらいいのでしょうか? それとも「主語+be動詞+形容詞+to不定詞」という構文を覚えて 問題で、主語+be動詞+形容詞が来て次が空欄になっていたら、次はto不定詞だなという風に解いていったほうがいいのでしょうか? 大学受験の勉強で困っているので助言お願いします

  • to不定詞?動名詞?

    beginのあとはto不定詞や、enjoyのあとは動名詞だと習いました。そして、tryなどの一部の動詞はtoがくるかingがくるかで意味が変わるとも習いました。そこで書き換えの疑問です。 It is 形容詞 to 動詞の原型は、(1)to不定詞を主語にしたバージョン(2)動名詞を主語にしたバージョンの2パターンで書きかえることができるとも学びました。 It is important to try to this work.を、To try to this workを主語にして書きかえるのと、Trying to this workを主語にして書きかえるのとでは意味が異なってしまう気がするのですが、どうなのでしょうか。 単純に It is 形容詞 to 動詞の原型は、(1)to不定詞を主語にしたバージョン(2)動名詞を主語にしたバージョンの2パターンで書きかえることができるとは思いこまないほうがいいのでしょうか? ぜひ教えてください。

  • to不定詞について

    大学受験の英語文法についての質問です。動詞+to不定詞で動詞が他動詞の場合はto不定詞は目的語、自動詞の場合は補語、と考えてよいのでしょうか?

  • 前置詞のtoと不定詞のto見分け方

    さっきのは見返すと分かりにくかったので、、 不定詞のtoは、後ろは動詞の原形 前置詞のtoは、後ろが名詞形or名詞 というのはわかるのですが decide や want の後に来るto は不定詞だとか覚える以外でどうやって 見分けるのですか。 例えば、He decided /to work/to working on Sundays. どちらかを選べ、といわれたとき、覚えている以外ではどうみわけるのですか

  • 前置詞の後のto不定詞詞について

    She went in to get it. この文で、前置詞の後は to 不定詞はこないと習ったのですが、to get itという不定詞が来る場合は、別と考えるのでよいのでしょうか。

  • 不定詞は原形不定詞とto不定詞の2つだけですか?

    不定詞は原形不定詞とto不定詞の2つだけですか? 中学1年の一番最初に習う、 this is a pen.このis(be動詞)は原形不定詞ですか? もしくは、 I like a dog.このlikeは原形不定詞ですか?いわゆる動詞の原形は原形不定詞のことですか? もしそうだとすると、私達は中学1年の最初の授業ですでに不定詞を習っていたということですか?