• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

agree to do の agreeは 自動詞?

不定詞関連でよく見るんですが stop ...ing と stop to do 意味が違うと教わるけれど、実はstop ...ing葉他動詞、 top to doは 自動詞だったりもしますよね。 問題集では準動詞を目的語にとる動詞のなかにagree to doが含まれる ことがあるんですが、これって自動詞で、不定詞は副詞用法なのではないでしょうか。Geniusにはagreeの他動詞項目はないですし、反対語のdisagreeは準動詞をもくてきごにとりませんし・・・ 気になってしまいました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数2111
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

はじめまして。 1.問題集の説明の仕方に混同されてるのでは?と推測されます。 ご質問: <問題集では準動詞を目的語にとる動詞のなかにagree to doが含まれる ことがあるんですが> 問題集にはagreeが「他動詞」と明記してありましたか?恐らく、問題集が「目的語をとる動詞」と表現した時の「目的語」は=「動詞の対象となる名詞」という意味で使ったのだと思われます。 下手な辞書や参考書は、例えば前置詞の後にくる名詞に対しても、「前置詞の目的語」という表現を使います。正確には「前置詞で受ける対象となる名詞」となるはずなのですが、いとも簡単に「目的語」という単語を使ってしまい、利用者の疑問を導くわけです。 2.agree to: (1)agree「同意する」は自動詞です。通常は、「適合・一致」を表す前置詞toが来て「~に同意する」となります。 (2)toは前置詞ですから、名詞を従え、動詞なら動名詞にしなければいけません。 例: agree to doing 「~することに同意する」 (3)一瞬、to不定詞は名詞的用法として目的語になるような錯覚を持つのに、なぜそれらが目的語にならないのか。それは「同意する」「賛成する」agreeが自動詞だからです。 (4)agreeが自動詞になる理由は、本来「~について…と意見が一致する」「~という事柄に意見が合う」、という意味で使われ、agreeが意志を持った能動的な動作ではなく、「自然に合う」「一致に向かう」という「自動的な」ニュアンスを含んでいるからです。「~に一致する」「~に合う」といった動詞はほぼ全て、自動詞扱いです(例:consent 、assent、accede、accord、correspond、adjustなど) (5)agreeを他動詞とみるのは、一部の「~を承諾する」という用法しかありません。 (6)従属節をとる場合も「同意する」のagreeは自動詞になります。節が同意の対象になる場合は、as to「~について」が省略されたものと考えられています。従って、agreeの直接の目的語にはならないのです。 例: I agree (as to) that you will go there. 「あなたがそこにいくことに(ついて)同意する」 (7)確かに、agree to do「~することに同意する」agree that「~ということに賛同する」などは、to不定詞やthat節を名詞的用法ととらえて、目的語にできるような気がします。が(4)のような理由が根本にあるため、今は未だ自動詞とされているのです。実際は、agreeが「意志を持った能動的な所作」で用いられることもあるので、その用法が多数派で定着していけば、文法書の書き換えも起こりうるかもしれません。 (8)従ってご質問の場合の訳し方は、「~するべく賛同する」=「~することができるように同意する」といった、「目的」を表す副詞的用法になります。場合によっては「同意して~した」と結果の用法(副詞的用法の)で訳し下げても構いません。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • go_urn
  • ベストアンサー率57% (938/1643)

こんにちは! (1)おっしゃる通り、agree は自動詞として考えられており、agree to do を、文法書の、agreeは「to 不定詞を目的語にとる」という解説はやめて、「to 不定詞を従える」に変えたほうがよさそうですね。名詞を目的語に取れない動詞は「自動詞」とすべきだと思います。『ロイヤル』『英文法解説』は「to 不定詞を目的語にとる」動詞に agreeを入れてあります。『フォレスト』『ネクステージ』は入れていませんが、agree to do を教えないことに逆に不安が生じます。 (2)ある辞書では、agree に "be in harmony" という訳語が与えられており、「自動詞」であることを汲んだ、うまい定義だと思いました。有名な、agree to disagree にしても、be in harmony to disagree と取れば、to 不定詞の副詞的用法として収まりがつきます。「意見の違うこと【を】同意する」では、何となくしっくり来ません。「意見の違うこと【で】喧嘩をしないことにする」という感じなのでしょう。 (3)しかしこの疑問は根の深いもので、伝統文法のアキレス腱の1つかもしれません。hope は名詞を目的語にできず、「to 不定詞を従える」点では agreeと同じですが、辞書では他動詞扱いです。hope はthat節は取りますが、それなら agreeも同じです。agree to do は自動詞、hope to do は他動詞というのは、理由が見つけにくいです。 (4)僕の英文法についての議論に対する根気は、このレベルで疲れて来ます。他の文法の専門家の方に明快な解説を期待します。 以上、御参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

一般的には agree は, agree that 節のときのみが他動詞で, agree to do の場合は自動詞に扱われていると思います。 agree to ~ing という言い方もありますので,agree to do の to は現代英語の不定詞のしるしでしかない to というより,昔の英語の前置詞 to +動詞の名詞形としての不定詞(原形)が残っているのだと思います。  ただ,hope to do は一般的には目的語となる名詞的用法とされていますが,hope+名詞という用法はない(hope for 名詞を用いる)点では本来は,副詞的用法なのかもしれません。  hope that 節のみ他動詞で,hope to do は自動詞とする考え方もありだと思います(さらには that 節は副詞節とすることも可能ですが)。  tend は自動詞用法しかないので,tend to do は副詞的用法なのですが,名詞的用法と感じる人も多いでしょう。  このように,to do が目的語かどうかは,分類上,説明上,便宜上のことだと割り切った方がいいでしょう。  そういう意味で,agree to do を目的語となる名詞的用法と分類することも可能だと思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • to不定詞について

    大学受験の英語文法についての質問です。動詞+to不定詞で動詞が他動詞の場合はto不定詞は目的語、自動詞の場合は補語、と考えてよいのでしょうか?

  • to 不定詞の目的語

    to不定詞の動詞が他動詞なら目的語をとると習ったのですが 形容詞用法のときはto不定詞が他動詞か自動詞+前置詞で目的語は なかったと思うのですが 混乱してきました。どっちが正しいのですか? 回答お願いします。

  • 自動詞と他動詞について

    自動詞と他動詞が全くわかりません。 自動詞→後ろに目的語を置かない動詞 他動詞→後ろに目的語を置く動詞 と書いてあるのですが、まず目的語が何か分かりません。色々YouTubeで講座を聞いてみたりしましたがさっぱりです。だから自動詞と他動詞について分かりやすく教えて欲しいです。 それと今解いている問題が I can't (agree /agree with)you on this matter. なのですがこれは後に続くyouが代名詞だから前置詞が必要という考えで良いのでしょうか。 教えてください。

  • stop to do と stop doing

    英語を初歩から学び直している社会人です。幼稚な質問かもしれませんが教えてください。 動詞には (1)動名詞をとるが不定詞はとらない動詞 (2)不定詞はとるが動名詞はとらない動詞 (3)動名詞、不定詞両方とる動詞 があり、stopは(1)だと学習しました。しかし、使っているテキストによれば、タイトルのように 「~すために止まる」の意の場合は不定詞(副詞用法)を用い[~stop to do~] とする、との こと。 これは stop だけの特殊な例ですか?他の動詞でも同様のケースはあるのでしょうか?

  • to 不定詞は他動詞ですか?

    Merphy Technology uses three indicators of laboratory accuracy to ensure consistent results. Merphy Technology (S)uses(V) three indicators(O) of laboratory accuracy to ensure(toVto不定詞で目的語consistent resultsをとる?) consistent results. 上の文について1つだけでもいいので教えて下さい 1,この文は単文ですか? 2,この文にあるto ensureはto不定詞で、他動詞の役割をし、consistent(形容詞)results(名詞)を目的語にとっているんですか? 3,to不定詞は他動詞ですか? toの後ろには自動詞の意味の動詞はこれませんか?

  • bother to do/doingは自動詞?

    『ジーニアス英和大辞典』におけるbotherの自動詞の項目で、  Don't bother to call me back.  折返し電話をかけて頂くには及びません。 という例文がありますが、どうしてこのとき、botherは自動詞なのでしょうか? to call以下が不定詞の名詞的用法で、目的語を取っているように見えます。 また『研究社新英和中辞典』では、同じく自動詞の項目で、 doingよりもto doの方が一般的としつつ、  Don't bother coming to see me off.  わざわざお見送りには及びません. という例文を上げています。このときcomingは動名詞で目的語、とは 言えないのでしょうか? このbotherがなぜ自動詞なのか、いまいち分かりません。 色々調べてみると、上の例文は次のような文の省略形という説がありました。  Don't bother YOURSELF BY coming to see me off. もしこの説が正しいとして、これはどういう文法になるのでしょうか? あるいは、bother以外にも、自動詞なのにto do/doingを 目的語を取るように見える動詞はありますか? どうぞ、よろしくご教授ください。

  • walk 自動詞だけど目的語をとれる?

    A woman is walking up some stairs.という文があるんですが walkは自動詞 upは副詞ですが目的語some stairsを取っています。 なぜ自動詞なのに目的語を取れるのでしょうか?upは副詞なので前置詞の目的語でもありませんよね? walk upを句動詞とみなして、句動詞は目的語を取れるつまり他動詞になるということなんでしょうか?

  • 動名詞やto不定詞が目的語になることに関して

    You can’t avoid doing it by yourself. という文がありました この文の~ingは動名詞で目的語になっています。 ここで思ったのですが、今まで見てきた文で動詞の後に~ingとか、動詞の後にto不定詞とかはほとんど動名詞やto不定詞が目的語になっているのですが、動詞の後にto不定詞とか動名詞がきたら目的語になるのでしょうか? わかりにくくてすみません

  • 他動詞と自動詞

    高校生です。 後ろに目的語を置くとき、 他動詞⇛そのまま置ける 自動詞⇛前置詞+目的語 ということは解釈していますが、 どの動詞が他動詞か自動詞かは覚えるしかないのでしょうか。 日本語→英語にするときに、「あれ、これはどっちだっけ?」と思う度に 辞書を引いて調べています。 動詞と前置詞をセットで覚えるのがいいのでしょうか。 アドバイスをいただけたら嬉しいです。

  • 自動詞と他動詞

    すごく初歩的な質問かもしれないんですが、、他動詞プラスに副詞イコール自動詞のようなものですよね。それで、自動詞に前置詞が着くと他動詞のように目的語をとれると。 それでは自動詞たす前置詞と他動詞、自動詞と他動詞たす副詞の違いってなんですか?意味でしょうか。 そしたらルールなど特になく一つ一つおぼえるしかないんでしょうか?こういう時はこういうのが慣用句、みたいな、、 言い換えも特に出来ない感じでしょうか