• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

マイナスイオン製品について

最近、ニセ科学サイトや、あるあるの捏造事件もありニセ科学に対して厳しい目が向けられていると思います。 しかし、いまだに○○イオンやネット通販でもいまだにマイナスイオン商品が売られています。 学術的には言葉の定義もないので、効果はあるはずがないものだと思うのですが、これって法律には触れないのでしょうか? 逆に、言葉の定義がないから造語ということで逃れられるのでしょうか? 言葉として定義がないものであれば、造語であることを明記した上でその内容を説明する義務があると思うのですが、いかがでしょうか? どなたか法律に詳しい方、教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数142
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • popesyu
  • ベストアンサー率36% (1782/4883)

>健康に関する商品であるので~説明は可能かと 可能であるということと、必要・義務であるということは大きく違います。 またもや掃除機を例えに出しますが、機能の説明として、塵などを吸い取る(どれぐらいのパワーで)というのはありますが、具体的にどのようなものを吸い取るのかとか、家ダニ(ハウスダストや家ダニなどという言葉も造語です)がどれだけアレルギーに関わっているのかを、雰囲気として伝えることはあってもそこまで詳細に説明しているわけではありませんし。 一応医療用具に該当しているマッサージ機でも、血行をよくするとか、筋肉のコリをほぐすなんてうたい文句はあっても、血行をよくするというのが具体的にどういうことか、体内では血管がどのように変化するのかとか、その変化によりどのような影響を与えるのか、なんて説明されているのでしょうか? 具体的に質問者さんが要求されているレベルのものを他の一般の電化製品なりはどこまで達成されているのでしょうか。 個人的にはマイナスイオン発生装置をその目的のために購入する人はちょっと騙されすぎだとはおもいますが、バカな人はそんな説明がいくらあろうがどうせ買うわけですし、そこまでバカに気を使う必要はないと思います。少なくとも他の電化製品にも対バカ用説明義務というのが発生してしまうのであれば、開発コストがそれでいくらかでもあがるわけですから、いらぬお世話というものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

確かに昔、電子レンジで猫を暖めてという都市伝説がありましたが、 実際にそこまでの説明をしている電子レンジもないですね。 これは、電子レンジで猫を暖めてはいけないというのがすでに常識として通っているからだと思います。 ただ、マイナスイオンという言葉だけしか存在しないものを信じて購入するというのは お守りを購入するというのと同じと考えてよいのでしょうか? それであれば納得できなくもないです。 ありもしないものとわかっていてもなんとなくご利益がありそうだからと 初詣に出かけ、お賽銭を投げ、お守りを買いに行くわけですから。 消費者保護と知らないほうが悪いというのが混在しているので その線引きがちょっとわからなくなってました。 極端かもしれませんが、マイナスイオンという言葉が存在していないので効果もないというのは常識 (イオンについては中学生の理科で学ぶので義務教育の範囲ということで) 常識を知らないで買うほうが悪いという論法でよいのでしょうか? ただ、ちょっと前までは売る側もこれをつけないと売れないということで、 マイナスイオン(または他の名称でも)がないエアコンなどが見つかりませんでした。 我が家も仕方なしにマイナスイオン付きのエアコンを使っています。 騙される人が多いため、騙されてない人の選択肢がないというのはちょっと困ります。 ちょっと調べてみましたが、大手メーカーではほぼイオン発生機能というのはなくなってるようです。 訴えられる前に逃げたとも取れますが、ここは好意的にインチキはやめようというメーカーの良心としてとらえることにします。

関連するQ&A

  • そもそも「イジメ」という言葉が

    そもそも「イジメ」という言葉が、日本を犯罪社会にしたい捏造虚報メディアの造語です。 マスメディアの捏造虚報を罰する法律を制定し、明らかな犯罪を「イジメ」と表現して事実を曖昧にする報道行為を罰する旨、明記すべきだと考えます。 また、学校関係者の犯罪隠蔽行為も厳しく罰する法律を制定すべきです。 特に公教育に携わる者は公務員ですので、公務員の告発義務がある http://houmu.h-chosonkai.gr.jp/jireisyuu/kaitou77.htm 筈ですが、厳正に運用されていません。 ちなみに、犯罪に関して少年や精神障害者を特別扱いする悪法も廃止すべきだと考えています。 みなさんは いかがお考えですか?

  • 消火設備点検の記録の保管について

    勉強不足で申し訳ありませんが、教えて頂きたく存じます。 私は工場勤務の事務員です。 会社の消火器などの設備点検は義務なので、当社でも点検を行っています。 また、ISO14001(環境)に係り、その点検記録を保管していこうと思うのですが、消防法などで記録の保管期間は定義されているのでしょうか? ネットで検索してもなかなか分からなかったので…(調べ方が下手なんでしょうが…) 法律で定義されているのであれば、法律名・第○○条など、明記して頂けると大変助かります。 宜しくお願い申し上げます。

  • 起訴と捜査についてお尋ねします。

    起訴と捜査についてお尋ねします。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E6%A9%9F%E9%96%A2 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B7%E8%A8%B4 「起訴」は裁判手続きであり、「捜査」は起訴以前の事実究明活動だと思います。 しかし、法律や、ウィキペディアの情報でも、明快な説明がありません。 国民は行政に税金を払って治安の維持をお願いまたは命令しているわけですが、 公務員たる警察組織にとって、起訴と捜査は権利なのか義務なのか、このような行政組織の入口の概念がありません。 例えば、殺人事件があって、死体も出ず、被害者家族も訴えない場合、この事件の捜査をするかどうか、警察には権利があるのでしょうか。それとも義務があるのでしょうか。義務には、当然、捜査しないことについて公開説明する義務を含みます。 また、起訴ですが、国民から訴えがあれば、それが書面であろうと口頭であろうと意思表示があり、事件の概要が認識できる状態であれば起訴または不起訴処分(後日審査を受ける)を公開すべきだと思いますが、警察の説明では、受理するかどうかは、警察の、あるいは警察官個人の裁量でどうにでもなる。と言います。 一体、この国の犯罪取り締まりはどうなっているのでしょうか。 質問1. 「起訴」や「捜査」は警察組織の権利ですか、義務ですか。それとも、法律上何の解釈もないのですか。 質問2. 事件の告知があった場合、警察には捜査の義務(不捜査の説明の開示)があると思いますが、法律上どのように解釈すればいいのですか。 質問3. 事件の告知の処理は現場の警察官に全権が委任してあり、その警察官がした処理に県警本部などの上部組織は責任を持たないと回答します。このような組織は文化的人間の組織とは言えないと思いますが、どうでしょうか。 質問4. 「納税者は警察に義務を負うことはない。法律を守ることは国民相互の義務であり、警察に対する義務ではない。なぜなら、私は生れてから警察に義務を契約(意志表示)したことがない。法律や憲法の権利者が警察や公務員と明記した憲法・法律がない。警察が権利を有するのは、犯罪が発生した時であり、それも納税者に対する義務の範囲の中での権利にすぎない。」と、考えます。この考え方は正しいですか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

マイナスイオン関連製品が、いい加減なブームから多数市場に送り出されたのは確かです。ニセ科学の汚名を着せられて当然でしょう。しかし、ヘアドライヤーだけは多くのユーザーから、それまでのドライヤーになかった「髪がさらさらになる」「しっとりする」といった効果が多数報告されています。「マイナスイオンドライヤー」のカテゴリーで売られたドライヤーは全国で1000万台以上にのぼり、3000万人ぐらいは利用していると推定できます。 恩恵を受けているユーザーが少なくないことから、単純に「マイナスイオンはニセ科学」「ニセ科学に騙されるな」と決め付けることはできないと思います。嘘から出た誠、瓢箪から駒というべき現象でしょう。メーカーはマイナスイオンの直接的な効果をうたっていますが、第三者による科学的な検証は進んでいません。科学者が検証作業に熱心でないことが一因と思われます。 マイナスイオンは空気中に存在しないという極論もよくみかけますが、これは認識不足でいくらでも存在しています。測定手法が最近になってJIS化されており、下記サイトの団体がものすごい高額ながら測定サービスを手掛けています。

参考URL:
http://www.japan-ion.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 このような測定器があるのですね。 しかし、この測定自体は人体への影響というよりもイオン個数の測定ですよね? それと、団体は確かにマイナスイオンに対するか藤堂をしているようですが、 測定は「空気中のイオン密度測定方法」となっています。 正負関係ないのでしょうか? 当然、空気中にもイオンは存在しますし、測定は出来ると思いますが、 その人体への影響はどのようになっているかは私が知る限りではまだ 未解決だったと思います。 また、話を繰り返すようですが、ソ連軍のイオン空調での成果は 期待したほどの成果は出ていなかったようです。 これらの元になった論文を探しておりますので、もしご存知の方がいましたら教えてください。 ドライヤーについてですが、これについては空気に負電荷を与えているため、静電気が中和されたということも考えられるのではないでしょうか? ただ、人体にたまった静電気が正電荷であるという保証もないので正しいとはいえませんが。 >マイナスイオンは空気中に存在しないという極論もよくみかけますが、 イオンは確かに空気中に存在します。 しかし、マイナスイオンという言葉自体の定義はないはずです。 それから、負電荷のイオンが存在すればそれと同数くらいの正電荷のイオンも存在しているはずです。 電荷が極端に偏っていれば感電死してしまうはずですよね。

  • 回答No.2
  • simakawa
  • ベストアンサー率20% (2834/13884)

イオンの効能・効果をうたっていない限りは違反として取り締まれません.完全なムード商品ですね. 滝とか森林浴は気持ちいい,=マイナスイオンが沢山あるというだけのことで,電気的に発生したものが効果あると証明はされては居ませんし,測定法にも問題あります. 消費者が勝手にいいだろうと理解して買ってしまうだけの事です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 法的には問題がないのですね。 消費者が賢くなるしかないということでしょうか。 マイナスイオンについては、1の方がおっしゃるように、あるある大辞典で広まったようです。 ただ、イオンに関する商品は25年ほど前にもあって一時的なブームで終わりましたが、そのときのイオンブームもソ連の論文が根拠になっていたそうです。 当時、ソ連とは国交が少なく、なぞの国というようなところだったので怪しいことについてはうってつけだったのではないかと思います。 また、ソ連はオカルト研究が盛んだったこともあり、超心理学分野が学問として存在して、心霊研究や霊界交信などの研究を国費でやっていたということもあります。 この流れはスターリン政権時の共産主義を否定する科学の排除が発端のようで、 有名なものはダーウィンの進化論を否定し(自然淘汰はブルジョア社会を肯定するから誤りだという主張) ダーウィン主義者をシベリア送りにしたという事実もありました。 そのため、ソ連の古い論文を持ち出すということは根拠としてはどうかと思います。 ここまで調べておいたのに法律については調べなかったのかといわれそうですが、 根拠としては1の方への補足でも書いたPL法の私なりの解釈です。 それが間違っているとしたらもう少しPL法を見直してみたいと思います。

  • 回答No.1
  • popesyu
  • ベストアンサー率36% (1782/4883)

法律上はマイナスイオンで癌が治るとかまでやると薬事法にひっかかります。マイナスイオンが発生していますは全然OKです。そもそもマイナスイオンの定義が無いという訳ではなく、それぞれが好き勝手にこれがマイナスイオンと言っているだけですから、そこに何かがあれば嘘でもありません。 ただし例えば本にただ書くだけなら薬事法の対象外です。そのためある一時期にマスコミがこぞってかきたてていました。なぜそうなったのかは「発掘!あるある大事典」が発端だとする説があります。 でマスコミの規制は放送法によって可能ではあるのですが、こちらは適用条件が非常に厳しい(ちょっとやるだけで言論弾圧となる)ので、事実上野放しです。 >明記した上でその内容を説明する義務があると思うのですが そんな義務はどこにもありませんし根拠が全く触れられていないのですが。具体的に他の製品等ではそうなっているというような事例はあるのでしょうか。それとも単に思うからというだけのことでしょうか。 そもそもの言葉というものの始まりを考えてみれば、最初は全て造語です。今手元にあるものを適当にあげると、掃除機とか発泡酒とかパソコンとか・・・これは造語ですと一々説明はされていなかったと思います。掃除機って何ですかと問われれば、掃除をする機械ですしか言いようがないですし、発泡酒は酒税法では厳密に定義はされていますが、その定義の内容を商品そのものやCMなどで示しているわけではありません。マイナスイオン発生装置はマイナスに帯電したイオンを発生させる装置です以外にどう内容を説明すればよいのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 法律に関しては素人なので、PL法などからその義務があるのではと考え、このように書きました。 マイナスイオンの定義については学術的な用語としての定義はないということです。造語であるならば、それが造語であるということを明記してもよいのではないでしょうか? 造語であるものの代表で言えばphonograph(蓄音機)などはエジソンが音を蓄えて再現できる装置と説明しています。phono(音)+graph(図式化するなどの接尾語)ただ、これは義務ではなく売り込むためのプレゼンかもしれませんね。 イオンの効果については、イオンと人体に対する研究は1959年のソ連の論文にもあり、実際にソ連の爆撃機の空調装置に使われたこともあるという事実はあります。 しかし、それが特に効果を出したという結論もありません。 その最後の部分だけを省けば古くからの研究のように見えますし、 楽天などで扱ってる商品でもそれを根拠にしているものがいくつかありますが、その結論まで書かれているものはありません。 大手企業ではマイナスイオンという書き方をやめて別の言い方に換えているようです。 また、マイナスイオンや別のイオンがどのような物質か説明が書かれているメーカーのカタログやホームページはありませんでした(ホルムアルデヒドの減少に効果があるというような記述はあります)。 また、何のテレビかは忘れたのですが、私がマイナスイオンについて調べるきっかけになったのも上記の論文のことがテレビでふれていたからです。 説明についてですが、健康に関する商品であるので そのイオンがどの程度大気中で電離状態を持続できるか。 →電離状態である時間が短ければ期待した効果が出ないのではないかという疑問への回答 何イオン(OH^-やSO_4^2-などの表記は出来ると思います)が発生しているのか →有害物質でないという証明 そのイオンがどのように作用するので体によいのか →効能の説明 といった説明は可能かと思います。

関連するQ&A

  • イジメは犯罪?特別法いじめ防止法制定に向けて

    こんにちは。 いじめ防止法を作るべきだと言う質問が出ていて人気あるみたいなので応援トピ立てました。 過去の質問回答をまとめるとこんな感じになります。 定義が難しい→どんな法律、どんな言葉もそう。法律が出来ても定義や解釈問題がずっと尾を引くのが常です。 ちょっとした行為も罰せられる→軽微な行為は刑法の世界では原則罰せられません(可罰的違法性の概念)。警察に呼び出されても微罪処分になる可能性もあります。 大津市中学いじめ事件では不要だ→おっしゃるとおりです。今回の事件は明確な刑法に触れる犯罪が含まれており、今回のような今時珍しい事件は従来の法律で十分罰せられるでしょう。他にはネットいじめ、会社でのいじめなど陰湿なものがたくさんありますがなかなか罰せられないのが現状です。 さて私が考えたいじめ防止法の概要ですが、 学校、ネット、就業場所でのいじめを禁止する。 監督者はいじめを防止しなければならない。 違反者には罰則。 こんな感じです。 必要じゃないかというトピはすでに出ているようなので、今回はどうしたら制定に向けて国は動いてくれるのか中心でお願いします。 ご意見=批判=新鮮な意見と考える方が多いようですが、いずれにしろまじめな議論おねがいしますねー。 よろしくお願いします。

  • 外国人団体・民団の活動に違和感を感じませんか

    民団の綱領には「大韓民国の国是を遵守する」という項目に「在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します」と明記されており[58]、民団加入者は韓国国防の義務を負うことが明定されている(日本国憲法・日本の法令を遵守するか否かについての明記はなし)。(ウィキペディアによる) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD%E6%B0% この綱領を見ただけでびっくりしませんか。 活動費は大部分韓国政府が出していると言われています。 活動としては韓国の捏造歴史観を日本の教科書に押しつけようとしたり、韓国政府の手足となって反日活動をしています。 こういう外国政府が操る反日団体の活動・存在に違和感を覚えませんか。

  • マイナスイオン製品の効果は?

    最近やたらとマイナスイオン関連の商品が出回ってますよね? あれって実際効果があるのでしょうか? そもそもマイナスイオンのメリット・デメリットがわかりません。 ちょっとインターネットで調べたら「マイナスイオンの効果は不明」という内容のページもありました。 科学的に解明されてるメリットがあれば教えてください。 ※結局メーカーが流行に乗って「とりあえずマイナスイオン機能をつけよう!」という発想なのでしょうか?

  • 国語辞典について

    所謂国語辞典というものは色々あるとおもいます。 例えば、広辞苑、広辞林等、 ただこれは出版社が作っているようで、勿論辞書編纂者という形で言語学者等の方々が編纂をしていると思いますが、特に文科省が内容を確認している訳でもないようですので、そういう意味では 出版社が独自で作っているともいれるかと思うのですが、ご存知の様に辞書によって同じ言葉でも 定義が微妙に違う場合が多いとおもいます。 第156回通常国会で平成十五年五月六日提出の質問第六五号において長妻 昭議員が質問しています。 一三省堂の新明解国語辞典第五版によると「事実」とは「実際に有った事柄で、だれも否定することが出来ないもの」とある。 「客観的」とは「見方が公正であったり、考え方が論理的であったりして、多くの人に理解・納得される様子」とある。 1報道の定義の中にある「客観的事実を事実として知らせること」にある、「事実」という言葉と、「客観的」という言葉の意味は、基本的に前記国語辞典で説明されているものと同一と考えて宜しいか。 2国語辞典と異なる場合、「事実」「客観的」についての内閣が作った独自の意味を本法案に明記する必要は無いのか。 3法案に明記しないとすれば、国民は、「事実」「客観的」を日本語の本来の意味と誤解しかねない。どのような手段で独自の意味を伝えるのか。 二 本法案の報道の定義にある「客観的事実」とは何か。分かり易く詳しくお示し願いたい。 三 本法案の報道の定義にある「事実」(「客観的事実」の後にある)とは何か。分かり易く詳しくお示し願いたい。 四 本法案の報道の定義にある「客観的事実」と「事実」とは異なる概念か。意味の違いがあれば、明確にお示し願いたい。 五 本法案の報道の定義は分かり難い。分かり易く詳しく報道の定義を説明願いたい。 (内閣提出の個人情報保護法案における報道の定義に関する質問主意書) この質問では『三省堂の新明解国語辞典第五版』が出てきてますが、もし定義を調べた辞書が違うと定義も微妙に違ってくる可能性が出てくるわけでそうなれば法律の解釈も違ってくるという事になってしまうのかと感じます。 所謂国語辞典というのは使う側としてどの様に捉えたら良いのでしょうか? 私は英語を勉強していましたが、英語も辞書によって単語の定義が微妙に違います。 私は英語の辞書に関しては参考程度と考えています。

  • TVでの若者言葉蔓延と若さ信仰

    新語・造語などには確かに流行・ファッションの側面はありますが、 他と違い、筆跡のように長期間当人に染み付くものだと思います。 その観点からすると、若者言葉・イントネーションは飽くまでタメ語であり、 何年続くか判らない流行に、殆どのタレントが当たり前のように乗るのはおかしい気がします。 司会者クラスの、しかも四十歳前後のタレントまで 「~じゃなくない?」などと喋っているのを聞くと、その人が独身なせいか 「合コンとかで少しでも若く思われようと足掻いているんだろうな」 などと、私生活は寂しいんだなあと想像してしまいます。 逆に、男性は訛りが抜けにくいせいもあるのか、 島田紳介さんや明石家さんまさんなどは殆ど感化されていなくて、 「自分をしっかり持っているんだなあ」と感じて少し尊敬します。 若者とは言えない世代が懸命に若者言葉に迎合する事で、 若い=いい→年上はカス と青少年に上世代への軽視を植え付けて、 最近のモラルハザード的な事件の土壌になっている気がするのですが。 それに若者言葉は仲間語、大人に理解できない会話を楽しむ部分があるので、 新語ができる度マスコミが取り上げて一般化して、 さらに品のない言葉が増殖して行くのは問題だと思うのですが。 言葉は生き物だからなるようになる、ですか? それともやはりある程度律した方がよいと思いますか? 若者言葉・イントネーションに感化されない工夫がある方はそれもお教え下さい。

  • マイナスイオンのでるおすすめの家電製品

    M電機の、マイナスイオンのでるドライヤーを購入しました。 そのすばらしさに感動! 髪をかわかすだけで、コンディショナーをしたようにしっとり、さらさら、ぴかぴかになるのです。不思議だなあ、すごいのができたんだなあと 毎日愛用しています。 他に、イオンが出る家電で、こんなすごくいいのがあったというのがあれば教えて下さい。

  • 契約責任とは何ですか?

    『契約責任』という言葉がいまいち理解できません。 インターネットで検索をしたところ、以下のような定義を見つけました。 契約責任とは: 当事者の間に契約関係が存在している場合に、一方の当事者がその義務を履行しなかったことから損害が発生した場合の責任のこと 例えば、AさんとBさんとが車の売買契約をしたとします。(A:売り主/B:買主) Bさんが車の購入代金を支払ったにも関らず、Aさんが車を引渡さない場合、Aさんは車の引渡債務を履行しないことになりますよね? この場合の『契約責任』とは、債務不履行のAさんが負う責任のことを指すのでしょうか? 法律に詳しくないので、できる限りわかり易い説明をいただけると助かります。 宜しくお願いします。

  • マイナスイオン

    質問1.最近の機器や製品はやたらと「マイナスイオン」発生とあります。ホントにマイナスイオンが出ているのでしょうか? 質問2.「マイナスイオン」発生原因を教えてください。(例えば:そうじの後、雨の後・・・・)何でもかまいません。

  • マイナスイオン

    よくマイナスイオンは肌に良いといいますが、 具体的にどういいのですか?? 誰かおしえてください。

  • マイナスイオンについて

    マイナスイオンは疑似科学だと聞いたことがあります。 だとすれば、ちょっと前に流行ったマイナスイオンって結局なんなんですか? マイナスイオンが疑似科学だとするなら、今でもマイナスイオンのドライヤーなんかが売られていますが、これは大企業がマイナスイオンの効果を検証せずに売ってしまっているということですか? そもそもマイナスイオンって陰イオンのことだとすれば、塩化物イオンとか酸化物イオンとかいうことなんでしょうか・・・ 疑似科学だと信じていたのですが、この前ドライヤーを買いに行ったら、大企業ですらマイナスイオンを謳っているので気になりました。