• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

気密シートについて

現在新築土台敷中のものです。 ちょっと話が複雑なのですが 今我が家で頼んでいるHMは気密シートをつけない 内断熱在来工法になります。 私もいろいろ調べさせて頂いて 蓄熱式暖房機を採用しようと考えました。 そして、それには断熱材を厚くするだけではなく 気密も大事なのだとしり、多少値がはっても気密シートを 付けてもらえないかと依頼したところ、最初はしぶしぶでしたが 「100%の効果は保証できませんが」と言われながらも 見積もりに入れていただきました。 2週間ほど前に「我が家は気密シートをお願いしてますが シートを貼ってくれる方は経験者の方なのでしょうか? それとも未経験者がはるのでしょうか」と質問してみました。 「特にわざわざ貼る為に別の人に依頼する事はしません。 気密シートの製造元に施工方法など聞きますので」と言われました。 ハッキリとした回答はしてもらえなかったのですが 今日改めて連絡があって、「家の在来工法だと気密シートの 効果が得られないので、今からだと付けないように削除できますが」 と、言われてしまいました。 発売元の(株)マグーが言ったそうです。 電話して聞いてみようと思ったのですがHPが見当たり無く こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいのですが、 在来工法内断熱では気密シートは難しいのでしょうか? やっぱりまったく施工経験の無い人に施工してもらうのは無理でしょうか? 諦めるしかないでしょうか? もし、何か良い解決方法がありましたらアドバイス頂ければ ありがたいです

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数624
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

前の回答で、参考URLを貼り忘れてました。スイマセン。 是非、先に一読ください。 http://www.house-support.net/seinou/kimitu.htm http://www.sotodan-ouken.com/lecture/wooden_structure/index.html IV地域ですか。 断熱材の厚さに関しては、OKかと思いますが、ここまで断熱するのなら気密施工も合わせて行いたいところです。 断熱と気密は、双方が相まって、初めてその性能を発揮するものです。 但し、IV地域で有れば、旧公庫の基準、現行の省エネ基準などで、気密施工が推奨されてはいますが、必須ではないため、施工経験がない、知識がない業者も居ます。 断熱材自体に気密シートが付いているタイプも有りますが、断熱材自体の吸湿防止程度で、それで建物自体の気密を確保しようというのは無理で、別シートの施工が必要と私は考えています。 気密シートの施工で、電気のコンセントや設備の配管の処理が重要なのは当然ですが、これは建築が貼る気密シートがきちんとしているのに電気・設備業者がそれを台無しにしてしまう可能性がある、ということで、いくら電気・設備業者が気を使って施工しても元の(建築の)気密シートがきちんと施工されていなければ、全く意味が無いこととなります。 結論としては、業者は、正直なところ、気密施工の経験やノウハウが無いのだと思います。 今回、気密施工の要望が有ったため、一応、見積はしたが、調べていくと今のままでは施工が難しいこと、施工しても効果が得られないこと、に気付いたので、止めると言い出した、のではないかと勝手に想像しています。 気密シートの施工費の20数万円は、概ね妥当な範囲と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただき有難うございます。 URL 大変具体的に記載してあり分かりやすく 早速印刷させて頂きました。 下のURLが飛べなかったので何が書いてあるのか 非常に気になるところではありますが。。。 >断熱材自体に気密シートが付いているタイプも有りますが、断熱材自体の吸湿防止程度で、それで建物自体の気密を確保しようというのは無理で、別シートの施工が必要と私は考えています。 実はHMの説明ではらちがあかないと思い 製造元メーカーの営業と話をさせて頂いた所、我が家に用いる断熱材は気密シートが付いているもので、それにさらに気密シートを重ねるとかえってその間に湿気が溜まり良くないと言われてしまい、気流止めを意識した施工をすれば大丈夫なような事を言われました。 HMに施工内容を聞いたところ断熱材と断熱材の間はホチキスの大きいやつ(名前が;;分からなくてすいません)で止めるだけだと言ってました。気流止め以前に断熱材の施工自体から、おかしい気がしてなりませんが、水道業者・電気屋さんにとも良く話し合って気密施工をしてもらえるよう話したいと思います。又製造元の営業さんが施工方法の説明を現場監督と大工さんにはすると約束してくれたので、後は私が舐められて手を抜かれないように、勉強しなければという感じでしょうかね^^;。 大変参考になりました。有難うございます。

関連するQ&A

  • 気密シートについて

    現在新築の打ち合わせ中のものです。 家が頼んでいるHMでは気密シートは施工しないと判明しまして 「施工できないのでしょうか?」と聞きましたら 「壁と床の外側なら出来ない事はないみたいですが、それだと気密シートに意味が無いと思いますよ。普通部屋を包むように1個1個していかないと効果でないです。でもそれだと、料金がかなり高くつきますよ」と言われてきました。 確認なのですが設計さんの言うように外側だけの気密ではやっても意味の無い事なのでしょうか? 気密シートって高いものなのでしょうか? 取り扱っていないHMに依頼するのは無謀というものでしょうか? 「断熱材に気密シートが付いているものがありますよね?」と質問してみたところ「それも意味がありません」とも言われました。 品物が存在するのに意味がないと言う言葉にどうも納得がいきません。どなたか詳しい方がいましたら説明して頂けるとありがたいです。 宜しくお願いします。

  • 根太レス工法の場合の床の気密シートの位置

    根太レス工法の場合の床の気密シートの位置 「在来工法+根太レス工法」で、気密住宅の場合の質問です。 気密シートを部屋に覆う場合、床の気密シートの位置は24mm厚合板の下に 施工するのが一般的ですか? 断熱材(GW)の内側に貼る気密シートとどうやって気密テープで気密する のでしょうか? 24mm厚合板の上に気密シートを施工した方が、気密テープで気密しやすいと 思うのですが、いかがですか?

  • 気密性

    最近、よく耳にする高気密性住宅とは、どういったものになりますか? 当方、在来工法での新築ですが、 外壁は、漆喰でおねがいしています。壁には断熱材無し。 今のところ、床下も断熱材はありません。 こんな中で、床暖房は無意味なようにも感じてきました。 気密性(度)が、どれくらいになるのか知る方法はないでしょうか? 非常に困っています。 この休みに打ち合わせがあい、今後の要望ださないといけません。 これ以外にも、ココに注意!っていうようなものありますでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

北海道などの寒冷地では当たり前の施工となっています。 在来(軸組工法)だろうと施工する意味を分かった業者であれば、何の問題も有りません。 一番重要なのは布基礎であればなおの事、壁面内部の通気止めを確実に行わなければまったく意味が有りません。 1階床、胴差し周り、2階天井など外気と干渉しそうな部分または外気の通り道となる部分は気密シートの先張り施工を行う必要が有ります。 もちろん、コンセントや換気口周りなどのの通気止めや24時間換気、窓の性能もとても重要です。 気密シートは寒冷地のように、冬期の暖房仕様によって発生する結露を断熱材にため込まないための施工なのです。 それでも100%とはいかないので、外壁面に湿気を通すダイライトのような構造用合板とタイベックのような通気シートを張って、なおかつ通気工法で湿気を外部に逃がすような構造にしているのです。 この辺を理解した業者が施工しないと、まったく意味の無い工事となんてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただき有難うございます。 >施工する意味を分かった業者であれば、何の問題も有りません。 そうですよね、そこなんですよね意味が分かってないから問題なんですね;; >壁面内部の通気止めを確実に行わなければまったく意味が有りません。 はい、1F床と壁部分の通気止めは木工工事の早い段階でしないと行けないのでは?と思い早めに施工状況をHMに確認したつもりだったのですが、結局「意味がないから」と意味不明な回答で悲しくなってきます。 >1階床、胴差し周り、2階天井など外気と干渉しそうな部分または外気の通り道となる部分は気密シートの先張り施工を行う必要が有ります。 分かりやすい説明ありがとうございます。その点をHMが出来ないと判断しているのか製造元が何をもって意味が無いと言っているのか不明な状態ですので;;もう少し食い下がってみます。 >コンセントや換気口周りなどのの通気止めや24時間換気、窓の性能もとても重要です。 こちらに関しては電気屋さんが良い方なので良く相談したいと思います。 HMが言うには施工順番として断熱材に気密シートを張って石膏ボードを貼ると言っているのですが、何か違うような気がするのですが、合ってるのでしょうか? >それでも100%とはいかないので、外壁面に湿気を通すダイライトのような構造用合板とタイベックのような通気シートを張って、なおかつ通気工法で湿気を外部に逃がすような構造にしているのです。 ココの部分など凄く分かりやすく説明していただいて素人の私からしたら大変助かります。本当に感謝です HMは施工中止をしたいようですが、結果中止にになるにせよ もう少しジタバタとしてみようと思います。 大変参考になる説明有難うございました。

  • 回答No.3

>HMは気密シートをつけない内断熱在来工法になります。 付いていますよ。きっと。 他の方への補足を見ましたけど、マットエースのHG(高性能グラスウール)などを使うのですよね? これは標準では気密シート付きになります。袋入りのグラスウールを使うのですか?と確認して下さい。 つまりもともと気密シートというのは断熱材の中での結露防止が主目的です。 そのために気密します。ただ最近ではそれだけではなく計画換気や断熱性向上を目的とする向きもあるので、それだと確かに断熱材の気密シートだけでは足りないかもしれません。 >家の在来工法だと気密シートの効果が得られないので 在来工法という言い方はあいまいであり、仮に木造軸組工法のことを指すとしても、実はこれにも沢山のバリエーションがあります。 >在来工法内断熱では気密シートは難しいのでしょうか? いえ、まったくそういうことはありませんが、おそらく単に施工しただけではだめだということがわかったということでしょう。 実は気密シートの施工自体は簡単なんです。 難しいのは気密施工する場合の他の工事なんです。 他の工事のやり方を全部変えないとだめなんです。 たとえばコンセントは気密コンセントに変えないとだめとか、配線の取り回しもそうですし、それ以外にも実は気密確保のためにやらねばならないことは沢山あります。 それらをせずに気密シートだけ施工してもほとんど効果がないというわけです。 少なくとも断熱材には気密シートは付いていますからね。 >やっぱりまったく施工経験の無い人に施工してもらうのは無理でしょうか? 気密シートの施工経験はあまり問題になりません。 家を作るときに入る業者全員、つまり水道、電気などのほかの業者の意識まで変えてもらわないとだめなんです。もちろん先にも少し書きましたけど、コンセントの話とか、あとレンジフードも同時給排気型にしないとだめなど、使用するものの違いも出ます。 あと窓は極め付けに気密低下の原因になるから、窓は気密のよいものを使わないと全くだめですね。 金額的に安いのであれば気休め覚悟でやってもよいかと思いますけど、、、、追加料金次第ですね。数万円なら気休めでやってもよいかも。。。。それ以上ならお金の無駄ですね。 あと、1F天井に高性能グラスウールは...何の意味があるのか私には全く理解できませんが。。。。(吸音効果を求めるなら袋に入っていない普通のグラスウールでよいかと)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただき有難うございます。 >マットエースのHG(高性能グラスウール)などを使うのですよね そうだと思います。ただ施工状況があいまいというか、多分グラスウールとグラスウールの間に何もしない、ただの重ね付けになると思います。それで良いのか、私もそこが引っかかっている部分です。 >少なくとも断熱材には気密シートは付いていますからね。 せっかく付いていても何の意味も無い状態ですよね。 金額的には二十数万ですね・・・やっぺり高いんですね・・・ 1F天井は高性能に使用したわけではなく 依頼したらそう帰ってきて私の勉強不足で そのままお願いしただけなので、普通への変更可能か聞いて見ます。 大変参考になりました 有難うございました。

  • 回答No.2

建て込み前ならば、きちんとした気密施工が望めます。 アドバイスも何も、業者に「きちんと気密の取れる施工をさせる」しかないです。 業者は気密シートについて知識がないのか、知識を持った上で不要と判断しているのか(気密シートを用いない内断熱も無いわけでは有りません)を、きちんと説明させましょう。こちらが納得するまで。 よろしければ、断熱材の種類と厚さも教えてください。 参考URLを貼ります。 「違うだろ」というところも正直なところ有るのですが、一般的な考え方がまとめられています。 少し難しいですが、絵も多いので見るだけでも雰囲気がつかめると思います。 業者と話す際の基礎知識が持てます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 IV地域 断熱材種類 グラスウール 天井断熱材 16HG  100mm   (75) 壁断熱 16HG  75mm   (55) 床断熱 36K  60mm  (42) 1F天井 16HG 55mm  (なし) 元は()内の厚さでした。無理いって厚く出来るという 厚さまで上げてもらいました。 宜しくお願いします(ペコ

  • 回答No.1

今時、気密シートを知らない???もぐりの業者さんですか??? それとも、断熱が不要な地域でしょうか??? 内断熱の場合、確かに気密施工は難しいとは言えます。 きちんとした手順を踏んで施工しないと、効果が発揮されません。 今、工事がどこまで進んでいるのか不明ですが、骨組みが出来上がってしまっている場合、「今から入れても無駄」な場合もあります。 何れにせよ、業者の知識が乏しいことによる問題です。 ちょっと、恐ろしい業者では・・・不安ですが。 工事の進行など、もう少し詳しく解らないと、アドバイスは難しいと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答有難うございます。 土台敷き 基礎パッキンを入れアンカーボルトを締めたまで 終わりました。 上棟予定が 今度の17日(日)18日(月)になります。 どうぞ宜しくお願いします(ペコ

関連するQ&A

  • 気密と壁内結露について教えてください。

    いつもお世話になってます。 新築で上棟したところです。今更ながら教えてください。 木造在来工法で、ピコイという会社のパネルをプラスしています。 普通、内断熱の壁の構造は、内壁→気密シート→断熱材→空気層→透湿防水シート→外壁サイディングでいいんですよね? でも、気密シートや断熱材が安定的に確実な施工をするのは難しく、不十分だと壁内結露がおきるんですよね? それは避けたかったために、パネル工法をプラスしたのですが、施工例とある図を良く見ると、 内壁→空間→ウレタンフォーム系断熱材→構造用パネル→透湿防水シート→空気層→外壁サイディングの順なのです。 構造用パネルに断熱材がくっついていて、柱の間に外側から貼り付けるような感じです。柱ほどの厚みの断熱材でないので、内壁から断熱材まで空間ができるのです。(イメージがつくでしょうか?) 建築する業者の人は、外側で気密をとっているといいます。外側から気密パッキンとか気密テープを貼っていました。 が、そもそも、室内と壁内の温度差が室内結露をうみ、内壁の隙間から壁の中に湿気が入り、壁内結露になるんですよね? で、あれば、断熱材が内壁に接しておらず、内壁と断熱材の空間に壁内結露おきませんか? 外側で気密をとっていても、内壁からの隙間が問題に思えるんですけど・・・。 よくわかっていないので、質問の意味がわからないかもしれませんが、汲み取りいただき、教えていただけませんか?

  • 床の気密シートについて

    床の気密シートを、合板の上に敷くべきか、下に敷くべきか ご意見をお聞かせください。 現在、木造外張り断熱で、床下断熱を採用しています。 無垢の床材を施工するため、できるだけ湿気を抑えようと 床に気密シートを施工するよう業者にお願いしています。 その際の気密シートの施工位置ですが、 建築者側は、施工手間の関係上、床合板を張ってから 気密シートを張りたいと言っています。 私としては床合板を張る前に、大引・断熱材を施工した上から シートを張ってもらいたいと思っています。 その理由は、大引間に施工する断熱材が、 室内側に防水気密処理がされているもので、 それと同じ位置で気密シートを張った方がよいのではないかと 思ったからです。 合板を張った後にシートを張ると、断熱材の気密層と、気密シートの間に合板が挟まれる形になります。 気密シートは合板の上に敷いても問題ないのでしょうか? 上に敷くとどのような問題があるか、逆に下に敷くとどのような問題が あるか教えてください。 なお、補足情報を下記にいくつかあげておきます。  ・床断熱材は床トップ(大引間施工)  ・その上に根太レス合板  ・その上にプラスターボード9.5mmを捨て張り  ・その上に無垢床材20mmを施工

  • 吹きつけの断熱の方法

    木造在来工法で家を建てます。 断熱は、内断熱、通気工法で硬質ウレタンフォームの吹きつけを考えています。 (1)吹く付けではない場合、外壁ー通気層ー透湿防水シートー合板ー防湿シートー内壁だと思うのですが、吹き付けの場合も、防湿シートは必要でしょうか? (2)屋根や床の断熱も(1)と同じでしょうか? (3)外張りシートをきちんと使う必要があると聞いたのですが、どういうもので、何のために必要なのでしょうか? (4)繊維系断熱材に比べて、吹き付けのほうが、気密性が上がるといわれました。C値で2ぐらいといわれたのですが、木造在来工法では、この数値が妥当なのでしょうか。 以前にも断熱のことでいろいろと教えていただいたのですが、より具体的にになり、詳しい事を知りたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

  • 在来工法での気密値について

    現在、一戸建ての購入を検討している者です。 そこで、疑問に思った事があったのでご質問させて頂きます。 宜しくお願い致します。 先日、建売住宅を見学しに行ったのですが、その建物は在来工法との事で、仲介業者に「気密値」について尋ねた所 「高気密、高断熱の2×4なら気密値が大事で24h換気も必須だが、在来工法と言うのは通気性が良いので気密性は必要ない。換気システムも本来ならいらない位だ。気密値と言うのは2×4の為のもの」 との事でした。 しかし、後でよく考えたらそんなに風通しが良かったら、真冬はものすごく寒いのではないか?と疑問におもいました。 ほんとの所、どうなのでしょう?お詳しい方の情報をお待ちしております。 宜しくお願い致します。

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 高気密高断熱でない住宅の暖房

    もうすぐ着工予定ですが、まだ暖房選定で迷っています。 蓄熱暖房機や蓄熱床暖房を有力候補として考えていたのですが、工務店から「うちは高気密高断熱ではないので、蓄熱の性能を十分発揮できない」と言われてしまいました。 また、24時間換気が義務になっており、これは2時間で家全体の換気を行うということなので、24時間暖房にはならないとの事でした。 在来工法でもかなりの密閉度はありますと言われたのですが、やはり蓄熱暖房は諦めなきゃですかね;;

  • サッシの周りに先張り気密シート

    サッシの周りに先張り気密シートがありません。 色々なサイトを参考にさせていただくと、高気密化を目指す施工では窓を設置する前に気密シートを張っているケースを多々見かけます。 拙宅では、サッシを木枠に取り付けた後、木枠の上下左右の断熱材(GW)の防湿気密シートをサッシの木の枠まで伸ばして、シートを巻き込まず、端で気密テープを貼るようです。 外側にも先張りシートのようなものはありません。 サッシとサッシの枠?の隙間にはコーキングをして隙間を詰めて気密化するとのことです。 拙宅は省エネ地域III地域になり、充填断熱にGW100mm、付加断熱に押出法ポリスチレンフォーム断熱材30mmを施工します。 先張りシートが無いためになにか問題になる可能性があるでしょうか? また、この部分に防湿気密シートを先張りするのはどのような理由で施工するのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 断熱材の施工

    我が家(在来工法の新築)で断熱材(グラスウール)の施工が始まりました。断熱材の品名(マットエース)が分かりましたので早速どんなものなのかで調べてみましたら、施工方法の悪い施工例(防湿シートの耳を間柱の見附ではなく横に留め付ける http://homepage.mac.com/headswill/glass/manual/sekou6.htm )で施工されていることが分かりました。この場合、どういった問題が起こるのでしょうか。正しく施工し直してもらうとすると、断熱材および付属の防湿シートが傷むような気がするので、是正するにしてもどうしてもらうのが良いでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 気密シートの施工

    押出法発砲スチレン(ミラフォーム)を使った外張り断熱の住宅を新築しています。 充填断熱は天井にはしません。勾配天井で室内側から垂木、天井材兼野地板材(杉板10mm)、ミラフォーム、透湿防水シート、通気胴縁(高さ18mm)、野地板(構造用合板12mm)、金属製の横葺き(横断ルーフ)となっています。 発砲系の断熱材で、躯体の外側ですが、天井材と断熱材の間に気密シートを施工すべきでしょうか? また外壁においても、枠組み構造でPBボード漆喰塗り仕上、構造用合板、90mmのツーバイ材、構造用合板、断熱材、透湿防水シート、通気胴縁、金属製サイディングとなっていますが、 同様にPBボードと内側の構造用合板の間に気密シートを施工すべきでしょうか。 気密フィルムの施工をすると、シートの中にどうしても水蒸気が侵入し、フィルムの外側に水滴がつく現場がよく見られると聞きます。 どなたかよいアドバイスをいただけないでしょうか。

  • 断熱材に気密テープ

    現在、新築中で断熱材(グラスウール)を施工中です。 断熱材の切り口(グラスウールがむきだしの所)やコンセントボックスの廻りなどに気密テープを貼ろうかと思っているのですが、気密や断熱に効果がでるでしょうか? それとも他に自分で出来てで効果がある方法ってありますか? 詳しい方、ご助言お願いいたします。

専門家に質問してみよう