-PR-
解決済み

遺伝子の転写について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.30826
  • 閲覧数1863
  • ありがとう数18
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

遺伝子の転写におけるenhancerとシス因子とトランス因子とプロモーターの
関係について教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

シス因子とは、同じDNAにある領域に働く因子で、トランス因子とは、どちらのDNAにも働くことのできる因子です。
エンハンサーとは、転写を促進するDNAの領域のことで、エンハンサーに結合したタンパク質を介してRNAポリメラーゼと結合し、その活性を高めます。これはトランス作用性因子です。なぜなら、エンハンサーはプロモーターと同じDNA上になくても作用するからです。(エンハンサーは確かにトランスに働きますが、このことが発見されたのはつい最近で、一般的にはシスに働くのと言った方が良いのかもしれませんが・・・・。その辺は曖昧です。すみません。)
転写を調節するタンパク質(リプレッサーなど)は普通、トランス因子です。なぜなら、核の中を自由に移動できるので、どちらのDNAにも結合できるからです。一方、転写を調節するDNAの領域(オペレーターなど)は一般的にはシス因子です。なぜなら、プロモーターと隣接しているので自由に移動できず、同じDNA上のプロ-モーター領域にしか働けないからです。ただし、エンハンサーは特別のようです。それはプロモーター領域ととても離れて存在するので、ある程度自由に移動できるからだと思います。
どの程度の知識をお持ちかわからなかったので、標準的な説明をしました。もっと詳しく、またはもっと簡単に、というときは補足したいと思います。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ