• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

伊勢物語 芥川 現代語訳

  • 質問No.3079262
  • 閲覧数4538
  • ありがとう数186
  • 回答数1

お礼率 9% (14/142)

伊勢物語 芥川
の現代語訳が載っているサイトを教えてください!!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
タイトルの「伊勢物語 芥川 現代語訳」で検索すれば結構出てきますよ?

私ならば、こんなカンジに訳しますけれど。

むかし、をとこありけり。
 昔、一人の男がいた。

女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。
 自分のモノにはできそうにもなかった女で、何年も求婚し続けていたが、やっとのことで盗み出して、たいそう暗い時分に(逃げて)来た。

芥川といふ河を率いければ、草の上におきたりける露を、「かれは何ぞ」となむをとこに問ひける。
 芥川という河の辺りに連れて行ったところ、女が草の上にたまっていた露をみて「あれは何?」ということを男に尋ねた。

ゆくさき多く夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥におし入れて、をとこ、弓やなぐひを負ひて戸口に居り。
 行く先はまだ遠く、夜もすっかり更けてしまったので、(男は)鬼の住処とも知らず、雷までたいへんひどく鳴り、雨もひどく降ったので、荒れ果ててた蔵に、女を奥の方に押し入れ、男は弓や”やなぐい(矢を入れ、右腰につけて携帯する道具)”を身につけて蔵の戸口に居た。

はや夜も明けなむと思ひつゝゐたりけるに、鬼はや一口に食ひてけり。
 (男は)「早く夜もあけてほしい」と思いながら座っていたが、(その間に)鬼は(女を)たちまち一瞬のうちに一口で食べてしまった。

「あなや」といひけれど、神鳴るさわぎにえ聞かざりけり。
 (女は)「あーっ」と言ったけれど、雷の鳴る音が騒がしく聞こえなかった。

やうやう夜も明けゆくに、見れば率て来し女もなし。
 次第に夜が明けてきたので、(蔵の奥を)見てみると連れてきた女もいない。

足ずりをして泣けどもかひなし。
 地団駄ふんで泣いたけれども何の意味もない。

白玉かなにぞと人の問ひし時露と答へて消えなましものを
 真珠かしら何かしらとあの人が尋ねた時、「あれは露だよ」と答えて消えてしまえばよかった

これは、二條の后のいとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐ給へりけるを、かたちのいとめでたくおはしければ、盗みて負ひていでたりけるを、御兄人堀河の大臣、太郎国経の大納言、まだ下らふにてうちへまゐり給ふに、いみじう泣く人あるをきゝつけて、とゞめてとりかえし給ふてけり。
 これは二條の后(二条后・藤原高子)が、従姉妹の女御(文徳帝の女御・藤原明子)のところに、お仕えするような形で住んでおいでになったのを、(二條の后は)容貌がたいそうお美しくいらっしゃったので、(男が)盗んで背負って逃げ出していたものを、(二條の后の)兄上の堀河の大臣(藤原基経)と長兄の大納言(藤原)国経が、まだ官職が低い時分に宮中へ参内なさる際に、ひどく泣く人があるのを聞きつけて、足止めし、取り返されたということ(が真相)だった。

それをかく鬼とはいふなりけり。
 それをこのように鬼(の仕業)と言ったのだった。

まだいと若うて、后のたゞにおはしける時とか。
 まだ(二條の后が)たいそう若くて、(二條の)后も(入内もなさっていない)「ただ人」(=臣下の娘)でいらっしゃった時のことのようだ。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ